引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『三浦春馬さんやミスチルやB'zが尾崎豊さんをチャネリングした⁉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » 自分と他人のどちらの感情のほうが強いの?心を開くとは?

自分と他人のどちらの感情のほうが強いの?心を開くとは?

自分と他人の感情
Pocket

マット・カーン(Matt Kahn)さんいうアメリカ人男性が

チャネリングした内容をご紹介しますね。

 

今回は、まずは人間関係において

お互いのエネルギーがどのように影響し合うのかについて

説明された内容をご紹介します。

 

(以下マット・カーンさんの言葉)

お互いのエネルギーは意識的にではなく

潜在意識のレベルで影響を与え合っています。

ですから、誰もそれを意識的に(わざと)しているのではありません。

 

その瞬間において、最も強く感情を表している人が

その場の優位を占める(=その場をリードする)ことになります。

その瞬間において、最も優位になっている感情が

そこにいる全員が感じる感情になります。

例えば、3人いるうちの1人がある感情の状態にあり

もう1人は別の感情の状態にあり

またもう1人は違う感情の状態にあるとします。

そのうち、自分の感情を最も強く感じている人が

その場(瞬間)の優位を占めます。

そして、十分に強く自分の感情を感じていなかったあとの2人は

その1人の感情の状態にマッチすることになります。

 

この仕組みの素晴らしいところは

あなたが光(Source)とアライメントの状態にあり

その光を強く放っているならば

相手の状態にマッチしないで済むことです。

 

そして、今私が私の言葉や存在を通して

あなたの中の光を輝かせ

あなたも光を放っている存在であることを思い出させているように

あなたも相手が光であることを思い出させてあげることができます。

私はあなたも光であることを鏡のようにあなたに見せているだけです。

あなたにも同じことができます。

 

ヒーラーとして働くときに気をつけなけらばならないことは

相手が相手の暗い部分や陰(かげ)とアラインしている状態以上に

あなたがあなたの光と強くアラインした状態にないと

相手の心の痛みなどの波動が勝ってしまうことです。

すると、あなたも相手と同じ感情や心の痛みを経験することになります。

 

次にご紹介するのは、あるセミナーのQ&Aのときに

マット・カーンさんが話された内容です。

 

(以下マット・カーンさんの言葉)

あなたが今学んでいることは

あなたが他人に愛を与えることによって自分が満たされることであって

相手があなたの愛に対して与えた評価によって

あなたが満たされることではありません。

 

あなたはまだ次のように思っていますね。

「私はあなたを愛しますから

あなたも私の愛に応えてくれるのを待ちます。

公平なゲームにしましょう。」

このように思うと、あなたの人生において

全く公平にそのゲームをプレイしてくれない人が現れます。

(皆の笑)

他人があなたに愛を与えることができるのは

他人が自分自身を愛しているときだけです。

ですから、あなたは「与えること」自体によってのみ

自分が満たされることを学ぶようになります(=学ぶ必要があります)。

これは世界で最も偉大な教えだと言えます。

 

あなたが愛を与えている姿を見ることによって

彼らは自分一人でいるときにどのように行動すれば良いか

ということを学びます(=自分一人でいるときにも

自分を大切にして、自分を愛すべきだということを学びます)。

 

そして、彼らがあなたの与えた愛を評価しないときには

あなたの愛が最も純粋な形であることが、更に明確になるだけなので

何も心配することはありません。

 

自分に次のように言って下さい。

「私は他人に心を開かせるために他人を愛するのではありません。

私は自分が心を開くために他人を愛します。

その結果、他人が心を開けばそれは素晴らしいことです。

でも、それは私の目的(フォーカス)ではありません。

他人は、他人がそう選択したときに心を開きます。

私が他人に愛を与える理由は

私が自分の心を開くことを選択したからです。

それこそが私自身の愛の力です。」

 

ですからあなたは、他人に愛を与えれば

彼らが心を開くだろうという思い込みを捨てなければなりません。

他人に与える愛は、あなたが心を開くためだけに存在します。

あなたの心が開いていれば、他人もあなたの心の状態を

真似するという選択はできます。

でも、それは彼らの選択です。

 

他人の心を開かせることができる人というのは

自分の愛によって他人の心が開くとは思っていない人です。

だからこそ、そのような人は非常にパワフルなのです。

ある効果を促進する人(=ある効果に対する触媒)になろうと思ったら

その効果を起こそうと試みていない人になることです。

 

ある効果を起こそうとすると

あなたはその効果を起こそうと「試みる」ことを経験し

その結果、その効果を受け取ろうと「試みる」人が集まって来ます。

しかし、結果的にその効果は現れないのです。

ある効果を出すために何かをすると思っていない人こそが

最も効果的にその効果を引き出すことができるのです。

 

あるライトワーカーが私に言いました。

「私はその部屋にいる全ての人が心を開くようにしたいです。」

私はこう言いました。

「本当にパワフルな存在になりたいのなら

あなたの心を開くことだけにフォーカスして下さい。」

 

あなたが心を開けば、周りの全てが美しく輝いて来ます。

(中間略)

あなたが答えを見つけたと思うか思わないかは

重要なことではありません。

真に目覚めている人は、答えを知っている人ではありません。

真に目覚めている人というのは

議論することから解き放たれた人です。

もう質問によって催眠術にかかることのない人です

(=もう質問に囚われることがない人です)。

そして、もう質問に答えがあるとは思っていない人です。

質問はただ、質問をした相手に愛を与えるきっかけになるだけだ

と知っている人です。

それが真の答えです。

 

以上2つほどマット・カーンさんのお話の内容をご紹介しました。

どうぞ実生活に役立てて下さいませ。

本日もお読み下さって本当に有難うございました。

 

マット・カーンさんの関連記事もどうぞ。

『思い通りに引き寄せられないときはどうすればいいの?(Part 1)』

『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』

『自殺をしたら楽になるのか?どこに行くのか?』

Name of author

Name: メアリー

15 Replies to “自分と他人のどちらの感情のほうが強いの?心を開くとは?”

  • メアリーさん、今回も素晴らしい投稿有難うございます(^人^)
    とてもわかりやすかったです(^^)

    Reply
    • メアリー Post author

      yumeさん、コメント有難うございます。
      マット・カーンさんの説明、わかりやすいですよね。
      ただ、英語なので主語や所有格が多くてわかりにくい所もあると思いますが
      2回ぐらい読んだらわかると思います。
      自分がそうでした(笑)
      自分で訳しておいて、また読み返すと「えっ?なんて?」と思う所もありました。
      でも、気合入れて読んだらわかりました(笑)
      yumeさんはわかりやすいと言って下さって有難うございます。
      ほっと安心させてくれるようなコメントをどうも有難うございました。

      Reply
  • お久しぶりです。
    良いお話ありがとうございます。
    よくわかりました。
    しかし、私は愛を与えるってどういうことなのか、その意味を理解できてるのかってことにはまっちゃいました。
    どーしましょー(笑)

    Reply
    • メアリー Post author

      あくあさん、いつも有難うございます。
      私もどーしましょー(笑)
      でも、愛を与えるって人それぞれの答えがあると思いますし、
      わかった!と思ってもまた人生経験の中で
      様々な形を学んで行くものなのかもしれませんね。
      わからないと思っているほうが、謙虚でいいんじゃないかと思います。

      愛を与えるって、Sourceといつもアラインした状態にいることなのかも・・・
      と思ったりもしています。
      いつも機嫌がいい人に会うと
      自分に愛を与えてくれているな~と感じますね。
      すごいことだと思います。
      私も一秒でも長くSourceとアラインした状態にいられるよう頑張ります。
      というか、そうすると自分も幸せですしね。
      何が起きても笑顔で淡々と受け入れて行けるってすごいことですね。
      そういう人のそばにいると、All is well.と教えてもらっている気がします。

      あくあさん、いつも読んで下さって本当に有難うございます!

      Reply
      • いつも機嫌がいい人に会うと
        自分に愛を与えてくれているな~と感じますね。

        はっ!大きなヒントですっ。
        ありがとうございます。

        Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    全然タイプじゃないのに。
    自分にとって嫌な奴なのに。
    それでもその人のことが好きっておもってしまう気持ち。
    その人に対してそれをすることは、自分にとってストレスだったのに、するそれが、自分のためじゃなく、その人の幸せを願う気持ちに変わったら ストレスが消えちゃう感じ。
    そうして気づいたら そうしている自分のことが なんだか悪くないなって思ってしまった感じ。
    こんな感じでいること。
    愛って呼ぶのかな?

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      そうやって、ご自分の体験を詩を通してシェアして下さると
      大変勉強になります。
      素敵な体験をされているのだなと感じます。

      「その人の幸せを願う気持ちに変わったら ストレスが消えちゃう感じ。」
      って素敵なことですね。
      人間の心の美しさを感じます。
      毎日そうやって向上していらっしゃって、本当に素晴らしいですね。
      どうも有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    コロナ蔓延のいま。
    騒いでいるお客さん(特に若い子たちの集団)への感染対策を促す声掛け。
    ストレスでした。
    政治が悪い。
    こんなときなのに意識が低いこの子たちが悪い。
    感染がでてしまったら自分が困る。
    なにより声をかけずらい。等々。
    でもそれが、
    この子たちが感染しないように。
    この子たちが健康で過ごせるように。
    声掛けすることで、もしかしたら感染のリスクを軽減する
    ことに繋がり、それは医療従事者の方々をサポートすることに繋がるかもしれない。
    こんなふうに考えたら、
    ストレスは消えないまでもかなり軽くなりました。
    自分を(愛?)の方向に変えると、それは周囲にも伝わり、
    気づけば自分を取り巻く環境も(愛?)の方向に変わってた。こんなことがひとりひとりに起こったら、奇跡が産まれてしまうかも。世界が変わってしまうかも。
    こんな夢なら信じてみたいな。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、素晴らしい体験をされたのですね。
      なかなかそんな風には自分の気持ちを変えられないと思いますが、
      にしいひであきさんはすごいですね!

      「他人の幸せを願う」というスタート時点から出発すると
      おっしゃるように結果も愛の方向に代わるのですね。
      そういうスタート地点に立つことで
      奇跡が生まれると私も思います。
      絶対そうですよね!

      相手の役に立つことほどうれしいことはないと思います。
      にしいひであきさんも、そこにいらした方々だけでなく、
      医療従事者の方々など、もっともっと広い範囲の方々の
      お役に立たれたのですね。
      思いやりの気持ちから、全体の役に立たれたという
      素晴らしい構図があるのですね。
      私もそんな気持ちで人と接することができるといいなと思いました。
      いつも実体験を教えて下さって、本当に有難うございます。

      Reply
  • メアリーさん、こんにちわ!!

    「真に目覚めている人は、答えを知っている人ではありません。

    真に目覚めている人というのは

    議論することから解き放たれた人です。

    もう質問によって催眠術にかかることのない人です

    (=もう質問に囚われることがない人です)。

    そして、もう質問に答えがあるとは思っていない人です。

    質問はただ、質問をした相手に愛を与えるきっかけになるだけだ

    と知っている人です。

    それが真の答えです。」

    このくだり、グッときますね。。。

    中々到着できるレベルではないですが・・・(^^;

    深いな~・・・・・

    毎月沢山の気づきを有難うございます。

    毎日色々あるけど、ブレな自分でいたいわぁ。。。(T_T)

    静観作業中・・・大変だ(^^;

    いつも新しいエネルギーを送って下さて本当にありがとうございます♥

    お身体には気を付けて毎日お過ごしくださいね~(^^)v

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも変わらずコメント下さって有難うございます。
      本当に感謝しています。

      毎日新しい気づきがあって、同じような日々を送っていても全然違いますよね。
      いろんな人の考え方や生き様に触れることができるのは、とても有難いことですね。
      実際に会う方々、ネット上で見つけた方々など、いろんな方法があって有難いですね。
      私はマット・カーンさんのお言葉を訳しただけですが
      このような書くネタがあって有難いです(笑)

      エイヴリィさんも健康第一でお過ごし下さい。
      何と言っても健康なこと、命があることは有難いですね。
      「命あっての物種」とよく聞きましたが、最近やっとそう感じます。
      命が今あることは、奇跡の連続があったからこそだと思うと
      こんな自分でも生きさせて(息させて)もらえて本当に有難いと思います。
      その上、仕事やいろんなこともさせてもらえて、本当に有難いです。
      あー、生まれて来て良かった~
      生まれさせてもらえて本当に良かったです!

      Reply
  • にしいひであき

    だれかのことをおもう。
    あなたのことをおもう。
    だれかのため。
    あなたのため。
    おもいやり。
    とても素敵なことだけど。
    だからこそ、注意して。
    そのおもい。行動。
    わたしの恐怖心からでていませんか。
    我欲からでていませんか。
    極端な例を除けば、共依存、いじめ、虐待やdv、
    様々な暴力犯罪等の不適切な行動は、
    ~のため。から産まれているのだから。
    自分の胸に手を当てて。耳を澄まして声を聴いて。
    それをしている自分がいま。ここちよくいられているか。
    わたしが進む道を示す声は、自分のなかにあるのだから。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、お返事遅くなってすみません。
      また新しい洞察を有難うございます。
      そういう例は多いですね。
      相手を喜ばそうとしてしたことであっても
      相手が喜ばないとどうこう思うというのは
      やっぱり相手のためではなかったのですね。
      相手が喜ぼうと喜ばまいとその結果は求めずにするのが
      本当の愛なんでしょうね。
      私も気を付けます。
      いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    だれかのため。
    あなたのため。
    ~のためを言い訳にして、自分を、他者を
    傷つけてしまうことがある。
    その思い、行為をしているとき、
    自分がここちよくいられているか。
    自分が自分に対して素直な気持ちでいられているか。
    自分と対話しながら歩むこと。
    ※この社会には危険な人格の者も存在する。自分と対話   することは、その影響、被害を受けることからの防衛に
     もつながると思う。
     愛?とは。自分を慈しむこと。
     自分を犠牲にして他者に行為することではない。
     その行為の応え(自分の望む)を他者に求めることではな い。自分がここちよく、素直な気持ちでいられたら、その 波は、周囲に伝わってゆくのだから。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、私のお返事とほとんど同時に
      このコメントも下さって有難うございます。
      昨日からこのことを考えていらっしゃったのですね。
      たくさんの考えがまとまって行くと思います。
      おっしゃるようなことも参考に他者と関わって行きたいと思います。
      みんなが笑顔で、温かい気持ちでいられたらいいですね!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください