引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『運動をするのとしないのとではどちらが健康?』『キリストはなぜ生まれて来たのか』『子供が盗みを働くのはなぜ?子供が反抗する理由』『思い通りに引き寄せられないときはどうすればいいの?』など多数です。

Home » 自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!

自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!

自分が嫌い
Pocket

自分が嫌いで自分を愛することができない・・・という悩みは

なかなか克服できないものとして認識されているようですが

けっこう簡単にそれができる方法を聞いてしまいました!

この方法はすごい!と私は感じました。

 

Hay House World Summit 2018(既に終了)というイベントの中で

マット・カーン(Matt Kahn)さんが話して下さった内容をご紹介しますね。

重要だと思う部分を抜き出して翻訳しました。

以下、マット・カーンさんの言葉です。

 

自分を愛することができないのは

自分は愛されるに値しない存在だと自分が信じているからだ

と多くの人は思っています。

でも、もしあなたがそう信じていても

それが「あなたは愛されるに値しない存在だ」という理由にはなりません。

あなたがどう信じていようとも

あなたはもっと愛されるべき存在だという事実に変わりはありません。

 

私達が育った環境の中で

愛とは何か「良いこと」をした後に得られるもの

という考え方が身についてしまっています。

そして「愛している。」という言葉を言われたときに

相手の行動がその言葉とは矛盾していたこともあったでしょう。

例えば、親から「愛している。」と言われたのに

親の行動は愛情に溢れたものではなかったかもしれません。

あるいは、恋人から「愛している。」と言われたのに

その後裏切られたり、捨てられたりしたかもしれません。

そのような経験があると、潜在意識の中で

愛は怖いもの、安全ではないもの、

愛は傷つくもの、失われるもの、

愛には報酬や罰が伴い、条件が付いているもの、などと思うようになります。

 

そこで、これを解決する方法をご紹介します。

私はこれを個人でできる「愛の革命(love revolution)」と呼んでいます。

 

まず、自分に次のように質問して下さい。

「私に対して、今まで言ってもらえなかった言葉、

あるいは十分に言ってもらえなかった言葉で

私が本当に聞きたかった言葉は何か?」

過去を振り返り、この質問を自分にするのです。

親からでも、家族の誰かからでも、恋人からでも、友達からでも

先生からでも、上司からでも、亡くなった人からでも、誰からでも構いません。

自分に一番影響を与えた人々から

あなたが本当に聞きたかった言葉は何でしょうか。

 

ある人にとってはそれは「愛している。」かもしれません。

またある人にとっては「あなたのことが好きです。」かもしれません。

「好き」のほうが「愛している」よりも深く心に響く場合もあります。

他人や社会から認められるような言葉かもしれません。

「ごめんなさい。」かもしれません。

「あなたのせいじゃないよ。」かもしれません。

「あなたの気持ちを聞きたい。」という言葉かもしれません。

 

あなたが考え得る、想像できる、どんな言葉でもいいのです。

間違った言葉というものはありません。

あなたの心が誰か(ある特定の相手)に言ってほしいと

ずっと待ち望んでいる言葉は何でしょうか。

決して聞くことができなかった、

あるいはどうしても十分に聞くことができなかった、

あなたが心の底から聞きたいと思っている言葉は何でしょうか。

 

その相手に対して自分が人質になったように感じ

相手が自分にそのギフトを与えてくれるのを待つ代わりに

自分で自分にそのギフトを贈ってはどうでしょうか。

これらの言葉を自分の心の中で聞くことで

あなたのハートのとげとげした部分が

やわらかくスムーズに溶かされて行きます。

 

それらの言葉はあなた独特のものですから

どんな言葉であっても構いません。

その言葉をジャッジする必要は全くありません。

あなたに言ってほしい言葉は、あなただけが知っているのです。

あなたに言ってほしい言葉は、他の誰でもないあなたが一番よく知っているのです。

他人にはそれはわかりません。

そして、他人にそれを決めさせる力を与えていては

あなたはずっと人質として捕らえられたままなのです。

 

さらに、その言葉を聞く必要があるのはあなただけです。

あなたが聞く必要のある言葉は、あなた自身が一番よく知っていて

あなただけが聞く必要があります。

だから、あなたがあなたに言ってあげることができれば、それでいいのです。

その言葉は何なのかを考えるだけで

あなたのハートは、全ての恵みや奇跡を迎え入れるために開かれます。

 

その言葉を言ってほしい相手が

もう亡くなっていても、二度と会えなくても、連絡が途絶えていても

そんなことは関係ありません。

その言葉を自分に言えば、悲しみのサイクルを終わらせることができます。

なぜなら、潜在意識は

あなたがその言葉を言っているのか、他人がその言葉を言っているのか

という違いを認識しないからです。

だから、他人が自分に言ってほしい言葉を

自分で自分自身に言ってあげて

そしてそれを一度だけではなく、長期に渡って何度も言ってあげれば

他人が同じことをしてくれたのと同じことになります。

潜在意識はあなたが言おうと他人が言おうと

それを全く同じこととして認識するのです。

 

自分が他人に一番言ってほしいことを

あなた自身が言うことは

相手のことを手放し

相手を自由にすることにもなります。

そして、彼らに心の中で次のように言うことができます。

「あなたが魂のレベルで教えてくれていたことが

今やっとわかりました。

私こそ(私だけ)がそれらの言葉を私に言うべき人だったのですね。

私だけが聞く必要のある言葉を

私自身に言うことによって

私自身が自分を癒す人となり

私自身がこの悲しみのサイクルを終わらせる人になれました。

そして、この肉体を持って体験できたあなたとの関係に感謝します。

いつか私はこのヒーリングの旅を

今までで一番アラインした状態で終えることができるでしょう。」

 

私達は人に頼ることはできません。

「人に頼ることができない」という意味は、

他の人からの愛をはねのけるという意味ではありません。

他の人からの愛や承認(validation)に頼ることはできないという意味です。

なぜなら、相手から認められるためには

相手からの承認(approval)を受け続けられるように

相手が承認する行動をし続けなければなりません。

そうすることは、自分のパワーを相手に手渡すことと同じです。

自分が囚人となって、自分の入っているろう屋の鍵を

相手に手渡すことと同じなのです。

 

私が提案しているこの自分を愛するプロセスは

自分の無限のパワーを取り戻し

自分が入っているろう屋への鍵を取り戻すことを意味します。

そして、囚人である状態から

自分のハートを軸として生きる人間になることを意味します。

 

すると、あなたは次のように言えるようになるでしょう。

「私が欲しいものや必要とするものを私に与えることを拒否する人、

あるいはそれを私に与える方法を知らない人は

私自身が私に与えることのできる全てのものを

鏡のように見せてくれているだけです。

そして、私が欲しいものや必要とするものを私に与えてくれない人、

あるいは私に与えることができない人に対して

私は感謝します。

それを自分で自分に与えられたときに

私は本当の意味で、無限のパワーを手にすることができます。

それは自分自身の内側で「愛の革命」を起こすことになります。」

 

革命と言うと、相反する2つの集団が戦っているイメージがありますが

私が言う革命は、私達の内側で起こる戦いを意味します。

「ある言葉を相手に言ってほしいと思っている状態」と

「その言葉を自分自身に言うことを拒否している状態」が存在し

自分の中で戦っているような状態になります。

しかし、この革命の特徴は

そこで起こる変化がワクワクすることです。

そして、たった一人が自分を愛せるようになると

その変化は世界中に広がり、愛の革命が起こります。

そして、全ての魂が家族のようにつながるようになるでしょう。

——————–

マット・カーンさんが推奨するプロセスは以上です。

自分がある特定の人に言ってほしいと思っている言葉は何かと考え

それをまるでその人が言ってくれているように

心の中で想像するというプロセスですが

これ、本当に心が動くと思います。

 

相手によっては、何年もずっと言ってほしかった言葉を

やっと言ってもらえて、涙が出そうになることもあると思います。

 

想像の中で相手との会話がどんどん進んで行くうちに

自分の気が済むのと同時に

相手に対する理解も生まれると私は感じました。

まるで相手も自分も死んで魂になってから会話しているようで

相手にも相手の事情があったことがわかるし

本当は相手は自分のことを大切な存在だと思ってくれていた(いる)ことも

わかるようになりました。

 

自分が満足したからか、相手に対して

「もういいから、いいから」という気持ちも出て来て

相手を責める気持ちが激減しました。

 

でも、本当にそのような心境になるまでは

気が済むまで相手に言ってほしいことを

言いまくってもらわないといけないと思います。

想像の中なので、相手が疲れるとか気にしなくていいですしね(^o^)

 

一度気が済んだと思っても、また不満の気持ちや

相手を責める気持ちが出て来たら

その度にそのプロセスを何度も繰り返したらいいそうですね。

 

このプロセスをやってみたら

自分の心が本当に自由になったように感じました。

相手が言ってくれるまで待っていたら

きっと一生待っても無理だったでしょうけど

自分の心の中でなら今すぐできますよね。

 

自分が相手に言ってほしい言葉は自分にしかわからないのだから

それを自分に言ってあげられる人は、実は自分しかいなかったのですね。

マット・カーンさんがおっしゃっていた

「私こそ(私だけ)がそれらの言葉を私に言うべき人だった。

(I was the one who was only meant to say those words to myself.)」

というのは真実ですね。

 

そして、その言葉は自分だけが聞く必要があるものなので

誰にも言わなくていいし、心の中で自由に再生できますね。

潜在意識は本当にそのことが起こっていると認識しているので

実際に相手が言ってくれなくても全然オッケーだと私は感じました(^o^)

自分を自分で癒すことができる人って

ものすごく自由だったのですね。

 

このプロセスは個人のスピードで

個人独特のやり方で、経験するものだと思います。

だから、静かに座って、ある特定の人を思い浮かべて

ゆっくりやってみるのがいいと思いました。

 

もしよかったらやってみて下さい。

私はそのプロセスをお伝えする役目だけしました。

その割には自分の感想をしゃべりすぎなんじゃないのって?(^^;)

 

あ、最後に付け加えたいことがありますが

この内容がどうして自分を愛することにつながるのか

わからないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、マット・カーンさんはこれを自分を愛するためのプロセスとして

紹介していらっしゃいます。

 

エイブラハムもこのHay House World Summit 2018の中で言っていましたが

「人を許す」ために何をすればいいのかというと

実は自分の機嫌が良ければいいと言っていました。

アライメントの状態にあるということですね。

実は相手とか、起こった出来事がどうこうというのではなくて

自分がハッピーな状態でいれば

相手が何をしていようと気にならないし

責める気持ちもなく、許すこともなくなると言っていました。

 

だから、自分を愛することも、人を許すことも

結局は自分を満たすことに取り組むことで

知らないうちに自然に解決される問題のようですね。

一つ一つの問題を個別にやっつけて解決しようとするよりも

不満を抱えた気持ちで生きている自分を癒してあげることで

それらの問題は自動的になくなり

自分の中にあった神性が花開くようです。

 

こんなに長くなってしまって・・・(^^;)

今回も最後まで読んで下さって本当に有難うございました。


事務連絡のようなものですが

6月15日頃からサーバーの関係で

今後以下のような古いバージョンのブラウザをお使いの場合は

このサイトにSSL接続(http://〜ではなくhttps://〜)でのアクセスが

できなくなるそうです。

【影響を受ける主なご利用環境】
  [PC]
  ・Internet Explorer 10.0以前
  ・Mac OS X 10.8以前のSafari
  ・Google Chrome 29以前
  ・Firefox 26以前
  [スマートフォン]
  ・Android 4.4以前の標準ウェブブラウザ
  ・iOS 4以前の標準ウェブブラウザ
  ・Google Chrome 29以前
  ・Firefox 26以前
  [フィーチャーフォン]
  ・すべての環境で影響を受けます

これらの環境に該当される場合、ご利用の機器、ソフトウェアを

最新版に更新するなどご対応の上、このサイトを閲覧して下さいますよう

よろしくお願い申し上げます。

このサイトのURLを数ヶ月前からhttps://〜に変更しましたが

その理由は安全なサイトとして認識されるためです。

(でも以前のhttp://〜からでも自動的にhttps://〜に飛びますので

何もして頂かなくて大丈夫です。)

今はURLの前に鍵マークが付いていますよね?

なんかこれからはそうしないといろいろと不都合があるそうです。

こういうの、よくわからない私には「えええええ!?」って感じなんですが・・・

変更するの苦労しました(^^;)

でもいい勉強になりました。

ちゃんとできてよかった・・・(^o^)

もし何かご不明な点がある場合はご遠慮なくお尋ね下さいませ。

大変お世話をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Name of author

Name: メアリー

6 thoughts on “自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!

  • メアリーさん、こんにちわ!

    素晴らしい。。。。の一言につきる内容ですね。。

    私は自分を愛するの意味が全く理解できず長年苦しんできました。

    最近、自分で自分を愛で充たそうというテーマで努力していた時にこのタイムリーな内容。。。

    相手から「有難う」の言葉が欲しくて。。。。随分苦しんだ気がします。

    でも・・・・・

    私が欲しい言葉を一番いってほしい人は、私そのひと自身だったことが分かりました。

    私はずっと私を無視しつづけてきた。

    だから私は私にたいして「もう、頑張らなくていいんだよ。我慢しなくていいんだよ。相手の顔色を伺いながら生きなくていいんだよ。あなたはあなたのままで十分素敵なんだよ。」

    と言ってあげたい。

    私は自己肯定感が非常に低く、自分に対してどうしても自信がもてない。。ということに近年気が付き、それが一体何故起こるのか、どこから来ているのか。。を知りたいと思っていました。

    メアリーさんの今月のこの素晴らしい投稿内容を何度も読み返しながらワークしていこうと思います。

    自分を充たせるのは自分のみ。他人ではなく、私だけ。
    自分を愛せるのは自分のみ。

    自分で自分自身をしっかりハグしてあげたいと思います。
    「ゴメンね。大丈夫だよ。寂しかったんだよね。辛かったんだよね。」って言いながら。

    メアリーさん、本当に沢山の気づきをくれて有難うございます。
    沢山のありがとう。。を込めて(^_-)-☆

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも有難うございます。
      マット・カーンさんのお話、本当に良かったですよね。
      自分で自分に言っても、他人に言ってもらっても、潜在意識は同じように認識する
      という事実に驚きました。
      どっちも変わりないんだったら、自分でどんどん言ってあげればいいですよね。
      それに他人だと「いや、そうじゃなくて、こう言ってほしかった。」などと
      文句も出るんでしょうが(笑)、自分だったらバッチリですよね。
      これで自己肯定感も上げられて、自分も愛せて、人も幸せにできるんだったら言うことないですね!
      自分はどんなことを言ってほしいんだろう・・・と考えるだけで
      いつも自分のことを大切にする習慣がつきますね。
      私もこのワークを続けて行こうと思います。
      もう苦しまなくていいんですね。
      エイヴリィさん、素敵な毎日をお過ごし下さいませ。
      どうも有難うございました。

      Reply
  • ここでその記事をシェアして頂けたこと、本当に本当に感謝いたします!
    知識、情報は頭の中に一杯入っていて、わかってはいるつもりで、また、実践していても、どうも行き詰まりというか、スカッと抜けない感じでした。
    自己肯定も自愛も、以前に比べれば、そこそこの状態になっていると思っています。
    ここしばらくは、潜在意識に、これはなんなのかを問い合わせしていました(つもりです。ある程度はわかってはいたのですが、モヤモヤしていました)。
    そこに、この記事が、「私の世界に顕れた」のです。
    質問するまでもなく、そこの文章を読んでいるだけで、あ、そうか、という感じで、私が求めていた言葉が、あっという間に二つ浮かびました。
    記事を読み終えて、言ってもらいたい人にそれを言わせてみました。何度も何度も。
    すると、胸の辺りがポワーンと温かくなったのです。
    その言葉は、普通にアファメーションやイメージングでも使っていたはずなんですけれどね。
    同じような言葉であっても、視点(立ち位置)がちょっと変わっただけで、効果ってこんなに変わるのか、と思いました。
    更に、これは、ジョセフ・マーフィー的に言えば、「潜在意識は、内なる心の世界を外の世界に実現してくれる」ということについてもとても有効だと思います。
    ほとんどの人は、今までは、外の世界の人にそれを言ってもらいたいと、意識的無意識的どちらにも関わらず、思っていたと思います。しかも、それを延々と待っていた。もしくは、それを言ってもらうために、自分を押し殺して、それを聞くための行為をしていた。
    そんなの関係なしに、自分の心の世界でそれを展開し、それを潜在意識に植え付けるだけでよかったんですよね。
    そうすれば、潜在意識は「勝手に」外の世界にそれを顕現してくれます。
    今回の記事のやり方は、結果的にと言いますか、最終的に、自愛・自己肯定だけではなく、その心の中で描いたことが、外の世界でも同様のことが実現する、という一石二鳥なやり方、ということになると思います。
    昨日の今日なので、すぐにどうこうということはないのですが、これを切っ掛けに、改めて、外の世界は自分の内面の現れた結果だったんだな、「本当の世界」は自分の心の中にあったんだな、そして、目の前の現実は、気付きのための世界だったんだな、と思わされました。
    また、先の二つの言葉以外にも、自分はこうありたい、ということに気付かされました。
    さて、自分の場合は、外の世界にどういう形で顕現するのだろう?と思っています。
    潜在意識の豊かさ(内面の世界の豊かさ)が、メアリーさんの記事のような形として顕れ、嬉しくなり、また、次の文章を見たので、コメントとして書かせて頂こうと思った次第です。
    そのジョセフ・マーフィーの『マーフィー 眠りながら、「思い」をかなえる』を読んでいました。
    最後の最後のページにこう書かれていました。
    『自分が今ここで行動しているように感じることと、映画のスクリーンに映っている自分を眺めていることの違いを理解しなさい。それが成功するか失敗するかの違いなのです。あなたの真正面に、よい知らせを聞きたがっている誰かがいると想像するのです。そしてこの人に、あなたが聞きたがっていることを何度も何度も話させるのです。これが潜在意識に何かを刻みつけるよい方法です。』
    まさか、この記事の後に、ジョセフ・マーフィーの本の「最後の最後」に、ほぼ同じと言っていい文章を見るとは思いもしませんでした。しかも、超簡潔に。
    このシンクロニシティーに驚きです!
    ここは、エイブラハムのBlogなので、こんなことを書くのは恐縮ですが、改めて、ジョセフ・マーフィーの凄さを痛感しました。
    ちなみに、記事を読んでから、約18時間以内の出来事です。
    長文失礼しました。そして、有り難うございました。

    Reply
    • メアリー Post author

      Mさん、長い感想を有難うございました。
      このコメントの中にはすごい気づきがありますね。
      自分に自分が言ってほしい言葉を言うとことが
      自己を愛することや自己肯定感を高めることだけでなく、
      外界に自分の心の中の状態を反映させて行くことにもつながるというのは気づきませんでした。
      とても素晴らしいことを教えて下さって有難うございます。
      マット・カーンさんも、ジョセフ・マーフィーさんも、エイブラハムも、他のスピリットも、
      皆Source(宇宙・神など名前は何でもいいですが)とつながって得た情報なので
      似たようなことが多いのでしょうね。
      その中でも様々なアプローチの仕方があっておもしろいですね。
      Mさん、本当に素晴らしいコメントを有難うございました。
      私もとても勉強になりました。
      毎日こうやって新しい気づきがありながら旅するのっておもしろいですね。
      本当に、本当に、どうも有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん、今晩わヽ(・∀・)ノ※。.:*:・’°☆
    今回マットカーンさんの自分を愛するプロセスを読ませて頂いて気付いたのは、メアリーさんがこれまで訳して下さったエイブラハム&他の方々の愛あふれる言葉の数々をエナジーに、私は、自分を愛するプロセスにしていたのだということ。今では「自分を愛すること」が自然なことになっています。ようやく自分のfeelingに気付くようになってきました。エイブラハムの出した課題にBe nice to yourself !がありましたね、自分を愛せないでいると、機嫌が悪い私ですが、それでも相手にムッとした時なんかに浮かぶのは「ソースはこの(失礼な)人を愛してる」です。ガッカリ..だわ。。でも…ちょっとうれしい..この認識が結局のち晴れ☀になるんですね。
    以前のメアリーさんの記事の今まで欠けていた「パズルの最後の一片」にとてもとても心引かれました。この前後の会話内容に何が語られたのかとても興味がありますが、「あなたがアライメントでない時でも私はあなたが間違ったことをしているとは認めない(=思わない)」と。。え!?/そうなのー?ほんとだったらうれしいー( ≧∀≦)ノありがとーこれ以上の愛があるー?って思わせてもらえましたが、あるんですね、ソースですから。
    エイブラハムもマットカーンさんももちろんですが、メアリーさんの言葉に惜しまない愛があふれているのを今、感じられる私でうれしいです。私は、何かと惜しむ方なので、メアリーさん、すごいナアって思います。
    また、前回のお返事の「いきなりいて、びっくりした~」はおもしろいですー!!!子供さん達との「ガハハ」エピソードは何度読んでも波動上がりました( *´艸`)私からは、コメントというよりお便りですね。
    今日も明日もお幸せに。。。

    Reply
    • メアリー Post author

      ふ~みさん、いつも読んで下さっていて有難うございます。
      コメントも何度も書いて下さって有難うございます。
      以前のコメントのこともよく覚えていて下さっていて、感謝しています。
      「いきなりいてビックリした〜」のコメントは
      『引き寄せの法則に過去生は関係ある?エイブラハムの意見は?』
      の中のコメントですね。
      「ガハハハ・・・」のコメントは
      『キリストはなぜ生まれて来たのか』
      の中のコメントですね。
      そして、パズルの最後の一片についての記事は
      『他人と自分の欠点の関係』
      のことですね。
      この記事を書くときに参考にしたのはある動画だったのですが
      そのときに取ったメモを参考に書いたので、私ももうその動画がどこに行ったのかわかりません。
      今からですともう6、7年前に書いたメモだと思います。
      動画もたぶん削除されていると思います。
      そこで言われていたことがとても良かったので、走り書きでメモに取っておきました。
      そのときは、自分が後にブログを書いてその中で紹介するなんて思っていませんでしたけどね。

      ふ~みさんも今日も明日もお幸せにお過ごし下さいませ。
      いつも本当に有難うございます。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.