引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『三浦春馬さんやミスチルやB'zが尾崎豊さんをチャネリングした⁉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » 保江邦夫さん:若返りの方法 | あの世や神や愛を物理学でどう証明する?

保江邦夫さん:若返りの方法 | あの世や神や愛を物理学でどう証明する?

あの世とこの世
Pocket

保江邦夫(やすえくにお)さんが行われた

『お笑い真理塾 2018年』第9回 24歳の頃の写真

〜 僕のUFO・不思議・とんでも体験を熱く語るワンマンショー 〜

というコースの中でお話された内容をご紹介しますね。

(上記のリンクはそのコースの途中の内容に飛んでいますが

ご興味ある方は、もちろん第9回の最初からご覧になって下さい。

そんな時間ないわーって?(笑))

 

シュタイナー教育で有名なルドルフ・シュタイナーが述べていたそうですが

人間はだいたい24歳のときの状態が、魂の姿に一番近いそうです。

魂のひな形が24歳だそうですね。

 

だから、肉体が24歳以上に変化して行っても

魂はずっと24歳のときの輝いたままだそうです。

 

もちろん歳を重ねるほど魂は成長するので

24歳より魂に深みは出て来ると思います。

私達はどんどん賢くなって行くと思います。

 

ただ、24歳のときの若さ溢れる精神状態が

ずっと続くという意味だと思います。

 

そこで、保江邦夫さんから、若返りの方法が紹介されています。

毎日、できるだけしょっちゅう、24歳のときの写真を見る

体もそれを思い出して、本来の姿に戻ろうとするそうです。

 

家の至る所、トイレとかキッチンとか

寝室の壁とか天井(笑)などに

24歳のときの写真を貼っておくと

だんだん体も魂と同じ年齢に戻って行くそうです。

 

思い出すと言ったほうがいいそうですね。

中身は24歳なのに、体は違うと思っているようですね。

だから、自分が24歳だということを常に思い出す

体もそれを思い出すそうですね。

 

これは簡単でいい方法じゃないですか!

まあ、皆さんはまだ20代なので、そんな必要はないんでしょうが…(笑)

将来のために覚えておいて下さい。

 

もう一つ、保江邦夫さんが

『お笑い真理塾 2017年』 第1回

〜あの世とこの世を繋ぐ最先端物理学論を笑いながら学ぶ連続漫談講義〜

というコースの中でお話された内容をご紹介します。

(上記のリンクも話の途中の動画に飛びますが

ご興味ある方は第1回の最初からご覧下さい。)

 

私達の体は素粒子からできているそうです。

素粒子というのは、物質を構成する最小単位のことです。

 

日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者である

湯川秀樹先生が発見された理論に

素領域理論というものがあるそうです。

 

それによると、この世は素領域とその周りの空間からできているそうです。

素領域というのは小さなのようなものと考えて頂くと

わかりやすいそうです。

保江邦夫さんは、ビールの泡に例えていらっしゃいます。

それが無数にこの空間に存在しています。

泡

ビールの泡

その泡はとても小さく、10のマイナス32乗センチメートルだそうです。

0.00000000000000000000000000000001㎝です。

 

そして、空間は素領域で埋め尽くされていて

素粒子はその泡(素領域)の中を

飛び移ることによって移動するそうです。

 

その状態は、電子掲示板に例えるとわかりやすいそうです。

よくビルの壁などに、電子掲示板によるニュースが流れていますよね。

字が移動して行くように見えますが

実は一つ一つの電球が、ついたり消えたりすることによって

字が流れて行くように見えますね。

 

あの電球が素領域で、その中を移動して行く電気が

素粒子だと考えるとわかりやすいそうです。

私達の体はそのように空間を移動しているのですね。

(でも素領域は、電球と違って不均等に並んでいるそうですが

数が多いので、ほとんど全体をまんべんなく覆っていると言えます。)

 

それでですね、素領域の間の空間ですが

数学者の岡潔(おかきよし)先生は

それを「愛と情緒」と呼ばれたそうです。

この世は愛と情緒からできている

数学者も述べていたのですね。

 

湯川秀樹先生も同じお考えだったそうで

素領域を取り囲む空間には神がいて

そこには神の愛があり

いわゆる「あの世」と呼ばれる空間だと

考えていらしたそうです。

 

湯川秀樹先生も、岡潔先生も

神の愛で空間が埋め尽くされていると思っていらっしゃいました。

でも、学術論文にはなかなかそういうことは書けないそうです。

 

でも、岡潔先生は文筆家でもあられたので

随筆の中で「愛と情緒」とおっしゃったそうです。

 

さて、この一連の動画の中でも述べられていますが

実は、アイザック・ニュートンは、その空間のことを

「神様ののぞき穴」と呼んだそうです。

 

ニュートンは運動の法則によって

宇宙の始まりから現在まで、そして未来まで

全ての動きは決まっていたし、

また決まっている、だから予測可能だと唱えていたそうです。

 

宇宙の始まりの時点で

その後の全ての物体の動きは

計算できる、決まっていると証明していたそうです。

 

でもニュートンは後に、そうではないことも感じていたそうです。

運動法則で予想した通りの動きではないことが、この世では起こっている

と感じていて、その説明がつかなくて困っていたようです。

 

不確定性原理というのをシュレディンガーが唱えていたそうですが

物事の結果には不確定性が含まれていますよね。

そうでないと、自由意志もないということになりますね。

 

そこで、ニュートンはこの世の空間には

至る所に「神様ののぞき穴」があると述べたそうです。

彼ほどの有名な物理学者がこれを言わざるを得なかったほど

神の存在は否定できなかったのですね。

 

ニュートンは、神様ののぞき穴が至る所にあって

神様がその穴からこの世を見ている、

そして、神様(=究極は私達とも言えます)が

いろいろな動きを運動法則による動きとは異なるように

変えていると言ったそうです。

 

ニュートン、よく言ってくれましたね。

ニュートンが書いた「プリンキピア」全3巻の第3巻目に書かれているそうです。

 

でも物理学の学者達は

そんな非科学的なことは世に広めたくないので

ほとんど知られていないのだそうです。

ニュートンの運動法則万有引力の法則だけが有名ですね。

 

神様ののぞき穴という概念と似ていますが

それをもっとわかりやすい、物理学的な素領域理論で説明されたのが

湯川秀樹先生ということになるそうです。

(湯川秀樹先生は、この世は神様ののぞき穴しかないと

おっしゃったそうですがね。)

 

わかりにくいかもしれませんが

一応私の理解はこんな感じです。

 

だから、この世とあの世は重なり合っていて

10のマイナス32乗センチずれるだけで

あの世も見えるということですね。

 

そして、自分の体の中にも愛や神の存在が入っていて

混ざり合っているということですね。

この世は愛でできているというのは

物理学でも証明できるのですね。

 

私達は神であるというのは

物理学的にも本当だったんですね。

体の中にも神の空間が含まれていますからね。

 

保江邦夫さんがおっしゃっていましたが

アインシュタイン愛の存在について

愛娘への手紙の中で述べていたそうですね。

 

その手紙は、アインシュタインの死後20年たったら

公開していいという約束で託されたそうです。

 

詳しい内容は以下にあります。

『神は愛、アインシュタインが娘に残した手紙』

以下抜粋です。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、

ある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含み、かつ支配する力であり、

宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、

しかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は「愛」だ。

 

世界を癒すエネルギーは、

光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、

愛には限界がないため、

愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った。

やはり優秀な学者ほど、愛の存在に気づかずにはいられないのですね。

 

ちょっと話が戻りますが

ニュートンの述べた「宇宙の始まりから今の状態は決まっていた。」

という運動法則にも、ある意味愛を感じますよね。

 

今自分がここにいることは

宇宙の始まりから続く一連の連鎖によって

決まっていたんですよね。

 

まだ何もしていない頃から

この状態が与えられることが決まっていたんですよね。

それに対して、ものすごい無条件の愛を感じます。

 

運命が決まっていることにも愛を感じるし

自由意志があることにも愛を感じます。

すごい話ですね。

 

ということで、盛り沢山の内容になってしまいました。

長文読んで下さって有難うございます。

またゆっくり消化して下さい。

 

保江邦夫さんは、すごい物理学者なのに

わかりやすく、おもしろおかしく説明して下さるので

本当に助かります。

こういう内容を学術論文で読んでも

意味がわからないですから(笑)

 

末筆になりましたが、本年も本当に有難うございました。

今年も無事ここまで書き続けられましたのも

ひとえに皆様のお蔭です。

本当にいつも有難うございます。

 

今年は世界規模で同じコロナという経験をした

とても珍しい年になりましたね。

まだ続きそうですが、皆で思いやりを持って進みたいですね。

 

どうぞ皆様、素敵なクリスマスと良いお年をお迎え下さいませ。

本当に有難うございました。

 

・・・ところで、お正月といえばお餅。

これも保江邦夫さんがおっしゃっていたことですが

もしお餅がのどにつまってしまったときには

掃除機を口に突っ込んで吸い取るとすぐに取れるそうです。

 

お年寄りがいらっしゃるご家庭は特に

お餅を召し上がる前に

掃除機をコンセントにさしておくと

万が一の時に役に立つそうです。

 

それでは、これで本当に終わります。

素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください。

 

以下の関連記事も良かったらどうぞ。

『保江邦夫さんおすすめの気功師 困ったときのヒーリングサロン グレース』

Name of author

Name: メアリー

19 Replies to “保江邦夫さん:若返りの方法 | あの世や神や愛を物理学でどう証明する?”

  • メアリーさん、本年も興味深い投稿有難うございました(^人^)
    ステキな年末年始をお迎え下さい(^^)❤️❤️

    Reply
    • メアリー Post author

      yumeさん、こちらこそ本年も大変有難うございました。
      ずっと読んで下さって有難うございます。
      yumeさんのような読者様のお蔭でこのブログは続いています。
      本当に有難うございます。
      yumeさんも素晴らしい年末年始をお迎え下さい。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    すべてのものや、事象は宇宙の法則(神?)の一部であると感覚すると、生死も性別も、思想も、宗派も、肌の色もぜーんぶ飛び越して、すべてが繋がっているとイメージできる。
    法則の一部である私がそのことに気づき、本来の姿として善き方向に進むことは、真の私と繋がっている周囲の事象をも本来の姿に戻していくことに寄与する。するとほら、好転のサイクルが回りだしたよ。まるで踊っているかのように。
    こんなふうに感覚すると幸せの扉が開く。
    不安や恐怖が空のなかに消えてゆく。
    これは現実からの逃避ではなく、現実と真に向き合うための方便となる。今回の記事は、概念をこころに創るためにとても有効でした。記事の内容を脳でとらえるよりも、身体(魂?)で感じることが肝要だと思いました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、また深いコメントを有難うございます。
      私は保江邦夫さんの動画の内容をご紹介しただけなので
      にしいひであきさんのように深く理解することはできませんでした。
      そのように思想を発展させて下さると私もとても勉強になります。

      いつも思うのですが、詩のように、エッセイのように
      とても美しく書かれていて、そこにストーリー性のようなものもあって
      とても興味深く読ませて頂いています。
      それぞれの思いをシェアするということは発展につながるのですね。
      経験に基づいた、正しいも間違っているもない思想を
      他の人にオープンにシェアして行くということは素晴らしいことですね。
      いつも有難うございます!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    こころに沈めた概念を現実のなかで活用しようと
    するとき。あまりの壁の高さに圧倒されて、
    あきらめ、倒れこみそうになる。
    そんな概念なんかうそっぱち、きれいごとだよ。
    そんな声が響いてくる。
    それでも信じたい。あきらめたくはない。
    どうしたら。どうしたらいい。

    自分を大切に思うこと。
    相手を大切に思うこと。
    すべての事象を大切に思うこと。
    どんなときでも。
    変わらぬ現実のなかで、それでも思い続ける勇気。
    そんな生きる仕方のことを、愛って呼ぶのかな。
    でも、ナチスや松永太。角田美代子。その他多くの、相手に危害を加えることを目的とするものの犠牲となったとき。愛(神?)は機能するのだろうか。
    愛。容易く使ってはいけない言葉。
    とても深淵なもの。
    だからこそ、追い続けたい。
    そう思いました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      お恥ずかしながら松永太とか角田美代子の存在を知りませんでした。
      そういう事件が日本であったのですね。
      そのような話を聞くと、神の存在を疑いたくなるのは自然なことだと思いますが
      やはり素領域理論やニュートンの話などから
      全域に神や愛が存在することは、否定できませんね。

      自分の信じたいことを自由に信じて
      自由に生きられることは有難いですね。
      にしいひであきさんもご自分の信じることを選ばれて、
      自由に生きていらっしゃっることは素晴らしいと思います。
      心は自由にフォーカスできることは何よりのギフトですね。
      どうぞこれからも毎日を楽しくお過ごし下さいませ。
      有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    ナチスは民族浄化。
    松永太。隅田美代子は複数の家族を暴力で支配し、こどもが親を。親がこどもを。家族間で殺し合いをさせた者です。人はここまで残虐になれるのかと、恐怖を覚えます。
    彼らは特殊な人間ではない。だれもがきっかけさえあれば
    暴走する怪物をこころに秘めているのだとおもいます。
    だから謙虚に。
    自分から目を背けずに。
    愛という仕方に誠実に向き合うこと。
    考え続けること。
    そう思いました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      いろいろと教えて下さって有難うございます。
      おっしゃるように、残酷な人と自分も同じ要素があると思えるからこそ
      同時にどんな極悪な人の心の中にも神や愛が存在しているという
      科学的な理論を信じられるのだと思います。

      信じられないほど悲惨な世界があるということは
      信じられないほど幸せな世界も今このときに存在しているということですね。
      自分の周りの人に笑顔をプレゼントして
      少しでも周りの世界を明るくするお手伝いをして行きたいですね。

      そして、死ぬとどんな人でも許し合えて
      また希望に溢れて生まれ変わって行くという事実もすごいことですね。
      生きていると何十年でも許せない場合もありますが
      あの世では全然違うようですね。
      でも、そのような幸福感をこの世で味わえると仏教でも言われていますから
      それを実現しようとして、希望に溢れて私達は生まれ変わって来たのでしょうね。
      どんな素晴らしい世界がこの世で実現できるのか
      想像を絶するほどですね!

      Reply
  • メアリーさん、こんにちわ!

    本年も大変有難うございました!
    来年ども宜しくお願いします。

    そうですね・・・20歳のころによく聞いていた音楽を聴き、若返りすます!!

    今、ジムに通っているのですが、時間帯によっては年配のマダムだらけで(^^;

    環境のせいにせずに音楽、写真をみて脳を勘違いさせます!!

    メアリーさん、素敵なクリスマスと2021年を!!

    私のメアリーさんの投稿コメント歴も結構長くないですか?(笑)ふと今、思いました。。。。

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、こちらこそ本年も大変有難うございました。
      おっしゃるようにエイヴリィさんとのお付き合い、相当長いです!!
      調べたところ、2015年10月6日に初めてコメントを頂きましたので
      もう5年以上の仲なんですね!
      いつのまにかダチになっていましたね(^o^)/
      大切に思って下さって本当に有難うございます。

      初めてコメントを頂いたのは以下の記事でした。
      『子育てにおいて子供との戦いに勝てない理由』

      このブログは2014年5月から始めたので
      まだまだ始めの頃ですよね。
      そんなに最初の頃から忘れずに読んで下さって本当に有難うございます。

      ジムに通っていらっしゃるなんて、すごいですね!
      尊敬します。
      運動すると心も明るくなっていいですよね。
      無理なく楽しんで行って下さい。
      お昼間にジムに通えるのはお金持ちのマダムというイメージがあります。
      それはとてもお幸せなことだと思います。
      どうぞエイヴリィさんも楽しいクリスマスと良いお年をお迎え下さいね!
      いつも本当に有難うございます_(._.)_

      Reply
  • メアリーさんこんにちは!
    今回の記事を読んだときものすごく愛を感じました。
    アインシュタインがそのようなことを言っていたのは知らなかったです。湯川さんは名前はよく聞きますが実際どんな人なのかどんな研究をしていたのかしりませんでしたが、記事を読んで興味が湧きました。
    彼らの言葉はもちろんですが、それを紹介しているメアリーさんの文章が愛に溢れていてやはりわたしはメアリーさんの書く記事がとても好きです!
    心がホッとしました。いつもいろいろなことを紹介してくださってありがとうございます!
    来年も楽しみにしています。
    どうか、良いお年をお迎えください!

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさん、いつも有難うございます。
      りんごさんとも本当に長いお付き合いですね。
      長年に渡って読んで下さり、本当に有難うございます。
      エイブラハムなどのチャネリングの内容を主に紹介するサイトのはずが
      いろいろと他の分野のことも紹介してしまっています。
      日本語の内容なら私が紹介する必要もないような気がしますが
      まあ、お付き合い下さって本当に有難うございます。
      英語だけでなく、日本語の内容でも面白ければいいですよね。
      何でも興味があることをご紹介させて頂いています。

      りんごさんもまた希望に溢れた新年をお迎え下さい。
      コロナによって、世界統一政府に近づくことにもなるそうですから
      世界中が共感できる問題を持つことも
      きっと心の奥底では、地球の魂が選んでいることなのかもしれません。

      もしご興味あられたら以下の動画もどうぞ。
      『「世界統一政府」暗躍する力・アカシックレコード 検証』

      どうぞ幸せなクリスマスと明るい新年をお迎え下さい!!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    医療従事者の方々が、院内で感染者をだしてしまったことについて、号泣しながら謝罪している姿をみて胸が苦しくなりました。
    自分のためではなく、あの人たちのために。
    自分のためではなく、感染したら重篤になるリスクを抱えた人たちのために。
    わたしたち一人ひとりが、行動を気を付ける。
    マスクを着ける。
    人と距離をとる。
    大声を出さない。
    手を洗う。
    そしてなにより身体を整えて、感染リスクからの回避を心がける。
    私とあなたを大切にする心がけ。
    これはきっと、あたりまえのこと。
    でも、わたしたちがもういちど、
    思い出さなければならなかったこと。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      毎日目にすることで、いろいろと心が動かされますね。
      おっしゃるように大切なことを思い出して、
      思いやりを持ちながら自分にできることをして行くのが道ですよね。
      そして、どんなときも光や笑いを失わないでいられるといいですよね。

      コロナのニュースを97歳のおじいさんとお孫さんが
      毎日見ていらっしゃるご家庭のほのぼのとした様子をYouTubeで拝見しました。
      どんなときも家庭が温かいと乗り越えて行けそうですね。
      もしよかったらご覧下さい。

      https://youtu.be/rUR1NExfKWw

      Reply
  • メアリーさん メリークリスマス
    今年もお世話になりました。sooo much ありがとうございます!! 今回の記事は深くて、まだまだ読み返す事になると思います。また、シュタイナーが述べていた事は知りませんでしたが、むふ( *´艸`)の嬉しい情報でした。私はシュタイナーシューレには興味があって、子安さんの著書を繰り返し読んでいた事がありました。そして、とうとうアメリカ滞在中に、親子共にルドルフシュタイナーシューレ卒の女の子と知り合い、今日もグリーティングメールを交換しました。あの頃はエイブラハムを知りませんでしたが、改めて、フォーカスの力を思い出しました。ありがとうございす。どうぞ良い新年をお迎え下さいね。

    Reply
    • メアリー Post author

      ふ~みさん、Merry Christmas!
      今年も大変お世話になりました。
      以前はアメリカにご在住だったのですね。
      シュタイナーシューレというのはシュタイナーの学校のことなのですね。
      今日初めて知りました(^^)
      子安美知子さんも有名なのですね。
      いろいろと教えて下さって有難うございます。

      こちらにコメント下さる方々の内容からたくさんのことを教えて頂いています。
      今はキーワードをネットで検索すればだいたいわかるので本当に助かります。
      考えたら以前は図書館で調べたり、人に聞いたりしか方法がなかったので
      わからないことも多かったと思います。
      もちろんネット検索だけでは不十分なこともありますが、
      短時間でわかることも多いのは本当に助かりますね。

      どうぞふ~みさんも良いお年をお迎え下さい。
      長い間読んで下さって本当に有難うございます_(._.)_

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    明けましておめでとうございます。
    元旦の朝。眩しいほどのお天道様をみて、
    心が澄み渡りました。
    今年も心身を大切にして、学びと実践に励んでまいります。
    わたしたちみんなのもとに、幸せの風が届きますように。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、新年明けましておめでとうございます。
      元旦から澄んだお心で希望に満ち溢れていらしたとのこと
      本当に素晴らしいと存じます。
      もうそのお心がご自分に幸せを運んでいらっしゃいますね。
      どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    我への執着を手放す姿勢。
    状況をいちど受けとめてみる姿勢。
    真の自分を信じること。
    真の自分を愛すること。
    この信念が、無意識にまで定着していることで、姿勢は形づくられる。この姿勢で感じ取ったものは、分別を超えている。是非も善悪も、有るも無いも、生も死も超えた世界。
    その世界をいつか見てみたい。
    もう、すでに、世界はそうであったことに、
    気づいてみたい。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください