引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『三浦春馬さんやミスチルやB'zが尾崎豊さんをチャネリングした⁉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » 想像と行動をどのように組み合わせれば良いのか

想像と行動をどのように組み合わせれば良いのか

ボートとしぶき
Pocket

エイブラハムの言葉より:

「自分自身の人生について

想像する人と行動する人の両方でいることは可能なのか。

可能なだけではなく、それがあなた達のほとんどの人が

そうでありたいと意図したあり方なんだ。

それは、全ての世界の最高の形だ。

コントラスト(望むこととは反対のこと)の中から夢を見つけて

その夢にフォーカスし、それが成長するにつれて喜びを感じ

そして、引き寄せの法則 がそれを現実化させるのを

あなたが行動で手助けしながら見ていることほど

心がワクワクすることがあるだろうか。

それよりいいことがあるだろうか。

この肉体に入るという決断をしたときに

あなたはそう思わなかったのかい?

あなたはこう言ったよ。「創造者が創造するために

全ての永遠という時間の中で、今が一番いいときだ。」

Is it possible to be the visionary and the actionary of your own life?

Not only possible, it’s the way most of you intended it to be.

It’s the best of all worlds.

What can be more exhilarating than to find a dream from the contrast,

to fixate on the dream and let it give you pleasure as it grows,

and then to watch Law of Attraction bring it into manifestation

while you help with your action?

Does it get any better than that?

You didn’t think so as you made the decision to come forth

into these physical bodies?

You said, “This is the best time in all eternity for a Creator to Create.”

エイブラハムの教えを知るにつれて

望む現実を想像したり、良い気分でいたりすることは

とても大切なことなのだとわかって来ますね。

でも、じゃあ行動はあんまり重要ではないのかな?

と思うこともありますよね。

 

ところがどっこい(笑)行動の喜びは

本来は想像の楽しみとペアで生じるものなのですね。

 

もし想像だけで、創造者としての喜びが全て味わえるのであれば

行動するための肉体は必要ないということになってしまいますね。

 

でも実は、一番素晴らしい世界というのは

想像と行動の両方が可能な世界なのだ

エイブラハムが言っていますね。

 

この両方を使って作り上げ、味わう世界というのは

最高の中の最高なのですね。

 

確かに、想像も楽しいけれども

それを現実として体験するもの本当に楽しいですよね。

そういう経験は誰にでもたくさんあるので、よくわかりますよね。

 

この世に生まれ出たときの意図は

想像と行動の両方を楽しむということだったのですね。

それが、ほとんどの創造者のあり方なんですね。

どうりで心が軽いと体も軽いと思いました。(^o^)

 

一生瞑想して、全然動かないという人生を歩みたいと思って

肉体を持って生まれて来る方も、まれにいらっしゃいますけど

それはまた違う目的があるのでしょうね。

 

みんな好きな生き方を選べるのですね。

動かない生き方を選べるのも

「動く」という選択肢があってのことですしね。

 

やはり、心と行動の両方で楽しみを享受するというのは

何とも言えないうま味がありますね。

 

ところで、行動だけによって、状況を変えることはできないそうですが

それについて、次のようなエイブラハムの言葉があります。

「ここを離れてどこか他の場所に行く

ということの唯一の問題は

あなたは、自分自身をいっしょに連れて行くということだ。

あなたは、あなたの波動的な習慣(くせ、傾向)やパターンを

自分といっしょに連れて行く。」

The only problem with leaving and going someplace else is that you take yourself with you.

You take your vibrational habits and patterns with you.

場所(環境)を変えれば、心が変わりやすいから

場所(環境)を変えることによって、自分の心(波動)が変わり

その結果状況を変えることはできると言えます。

 

でも、心を変えずに場所を変えただけで

状況が変わるということはないのですね。

 

引っ越しても、職場を変えても、彼氏や彼女を変えても

結婚しても、離婚しても

自分の波動が変わらなければ

また同じような人や物事しか集まって来ないですよね。

 

でも、環境や付き合う相手が自分に与える影響は大きい

というのも本当だから、それを賢く選ぶことも大切ですよね。

 

ただ、環境や人がいやで逃げてみても

自分の波動からは逃げられないんですよね。

 

どこまで行っても、自分の波動はついて来るんですね。

あっち行って~と言っても、くっついてるから離れない(^_^;)

 

だから、反対にいい波動を出していれば

どこに行っても素敵な人や出来事が集まって来るということですね。

 

想像、行動、波動というものは

別々に考えることはできないんですね~

 

本日も読んで下さって本当に有難うございました。

 

関連記事もどうぞ。

『引き寄せの法則の本当の意味:何を想像し創造したいのか』

『あなたの波動は現実でも想像によるものでも関係ない(17〜68秒の法則)』

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

44 Replies to “想像と行動をどのように組み合わせれば良いのか”

  • エイヴリィ

    メアリーさん、こんにちわ。今月の投稿内容はとても分かりやすいですね\(^o^)/

    ただ、いつも同じパターンの現象を引き寄せるのは自分の思考癖が原因なのですが、根が深かったり向き合うことから逃げたりで中々(^_^;)

    今宵、中秋の名月(^o^)
    お月見団子を美味しく頂きましたよ(笑)

    これも身体があってこそですね。

    香港にも中秋の名月ってあるのかしら?

    今月も分かりやすい内容をありがとうございました!

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも有難うございます。
      お返事遅くなって申し訳ありません。
      香港は中秋の名月があるどころか、中秋節の翌日は祝日にもなっています。
      今年は日曜日と重なったので、明日の月曜日も振替休日になっています。
      三連休で嬉しいです。
      昨晩の陰暦8月15日の中秋の名月はとても綺麗でしたね。
      毎年雲がかかったり、雨が降ったりと
      なかなか晴天で見ることは難しいと記憶していますが
      昨日は完璧でしたね。
      日本でもとても綺麗に見えたと聞いております。
      中国では中秋節はとても大きい行事ですので
      親戚が集まって食事をしたりします。
      昨日も美味しい中華料理をいただきました。

      中秋の名月の前日は「迎月」
      当日は「賞月」
      翌日は「追月」と言って
      3日間にわたって満月を楽しみます。
      前後の1日もほとんど満月ですもんね。
      今年もこの時期を無事に迎えられて本当に有難く思いました。
      エイヴリィさんのお蔭でこのブログも続いています。
      いつも本当に有難うございます。
      どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
      お元気でお過ごしくださいね。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    こころ=行動=現実。
    こころ=情動=脳=行動=現実。
    じぶんで創り上げてしまった固定化された間違った信念を変えてあげれば、こころが変わり、情動が変わり、脳の機能が変わり、行動が変わり、現実が変わる。人生に向き合うとき苦痛を感じたら、まずここから始めてみようと今取り組んでいます。
    身体の機能に善悪是非の分別はなく、
    機能の発現(すべての事象)は使わせていただくものの姿を映し出す。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      信念を変えれば心が変わるっておもしろいですね。
      確かに自分がこうだと信じているものが根こそぎ違えば
      世界が変わるというか、心が変わりますよね。

      体も使わせて頂く者の姿を映し出すっておもしろいですね。
      確かに体は使わせて頂くものですよね。
      大切に使わせて頂きたいものです。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    生物には性食闘等生き延びるための生理的欲求があり、欲求を満たされることで生理的報酬を得ます。
    生理的報酬を得ることのできた行動は反復され、脳内の報酬系プログラムによって強化学習され、条件反射として組み込まれます。条件反射による行動は刺激によって誘発されます。この条件反射による行動は無意識に発動するため意識的に制御することは困難です。アルコール依存、薬物依存、虐待、DV等の社会的逸脱行動の要因に身体のこれらのシステムが関与しているとされ、これを嗜癖とよびます。
    身体のシステムに善悪是非の分別はないので逸脱行動を抑え、望ましい行動(合理的報酬獲得行動と私的に呼んでいます。)を発現させることにも身体システムは有効だと考えています。依存の治療法としても確立され、臨床でおこなわれています。
    精神論ではなく科学的に根拠のある技法なので、やる気が無い等自己責任論に責められてきた方にとって建設的となる概念だとおもっています。
    学校教育の場では、いじめの予防、防止、学習意欲の向上等、こどもたちのために有効となると考えています。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    スピリチュアルの概念と身体システムには親和性があると考えています。狩猟採集を生きる術としていた太古の人々は肉体、心体との対応が鮮明でそこから得る感覚も鋭敏であっただろうと。現代のわたしたちが科学と呼ぶもので追及する事象を身体レヴェルで感得していたのではないかと。禅、瞑想、解脱、空等の概念はそこから産まれ成熟されてきたのではないかと。ならばスピリチュアルの概念は、わたしたちが善く生き行動するための原資となり得る。そう考えています。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、2つのコメント有難うございました。
      精神論と科学が同じ結論を得られるのは、本来なら当然のことなのかもしれませんね。
      依存の治療法にも実用されていると聞いて、とても驚きました。
      「やる気が無い等自己責任論に責められてきた方にとって建設的となる概念」というのは
      本当に嬉しい発見だと思います。
      昔の人は「科学と呼ぶもので追及する事象を身体レヴェルで感得していた」というのも
      本当だと思います。
      心と体は切り離せないですよね。
      だから、物理的な体を整えることが心を整えることに繋がるのは本当だと思います。
      外に行けば気分も変わるというのは、多くの人が感じていることだと思います。
      人と話すと心も解放される(「話す=放す」と斎藤一人さんがおっしゃっていました)ということも
      感じたことがありますしね。
      もっと科学と精神をリンクさせて考えると自分を責めることもなくなるのかもしれませんね。
      いつも興味深いお話を有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    週末にじぶんの力ではどうすることもできないトラブルが起きました。
    混乱して気持ちが沈んで不安で怖くて逃げだしたいのにそれもできなくて。
    必死に唱える。
    おれは。善くなる。必ず。だから大丈夫。
    手をひらきにぎりまたひらいてにぎる。
    仕草を伴いながら、自分に向けたおまじない。
    なんどもなんども繰り返す。
    それでも不安はぶり返すけれど、
    なんとか冷静さがもどってくる。
    どうすることもできないなかで、それでもできることをやろう。うまくいきたいなんて執着を手放して。
    明けて月曜日。
    できることをひとつひとつ。あぁしてみよう。
    こうしてみよう。
    手ごたえはよくない。
    最悪か。ついにもう駄目か。
    時間ばかりが過ぎてゆく。
    そしてしばらくたった後。
    なおったっ。なおった。これで稼働できるっ。
    こんなことがありました。
    以前テレヴィでみた航空機のエピソードには及ばないけれど、生きていれば避けられないトラブルに遭遇する。そのとき、どのように対応できるか。そして対応できるように平時から備えをしておくこと。
    あたりまえだけど、大事なのだと痛感しました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、驚くような体験をされたのですね!
      問題の渦中にいるときはなかなか理想的には振舞えないものだと思いますが
      にしいひであきさんは今できることをひとつひとつ丁寧にされたのですね。
      そして、結果に執着せず、何とか冷静に過ごされたのですね。
      パニックしそうな中、目の前のできることだけにエネルギーを注ぐ。
      その後の結果には執着しない。
      これってできそうでなかなかできないことだと思います。
      にしいひであきさんはかなり訓練を積まれて
      そういうときでも自分のバランスを崩さないでいられるのですね。
      もちろん内心はドキドキでしょうが
      変に怒ったり、嘆いたり、八つ当たりしたりしないで
      今できることだけに集中するのは素晴らしいと思います。
      だからこその結果ですよね。
      流石だと思います。
      そして、今後の対応についても熟考される機会となって良かったですね。
      本当にいい体験談を教えて下さって有難うございました。
      私もきっといつかこの体験談を思い出して、自分の行動を正すこともあると思います。
      とても勉強になりました。有難うございました。
      これからもよろしくお願いいたします。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    トラブル=ストレッサー=ストレス。
    トラブル(ストレス)~副腎系~糖質コルチコイド(ストレスホルモン)~経験値により腹側手綱核活性化~縫線核活性化~セロトニン~危険回避行動誘発(トラブル対応行動)~危険回避成功。
    勉強不足で単純にしか書けませんが、今回のトラブル対応には身体のメカニスムと感情、情動が複雑に連携しあって働いてくれていることを感じます。
    この感覚がスピリチュアルの概念に通ずると思うのです。大切にしていきたいです。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    コントラスト(望むことと反対のこと)。
    わたしの場合事象としては誕生の瞬間より常時その状態です。
    そのうえ更に予期せぬコントラストが起こる。産まれつき運が悪い。
    最悪の人生。
    産まれてこなければよかった。死にたい。
    ネガティブな感情と言葉なら際限なく紡ぐことができます。
    でも、
    でも、この状態こそ、
    わたしが学びを実践とするチャンス。

    わたしは善い。(生きて在ることこそ奇跡。)
    わたしには産まれてきた使命がある。(すべての生物にある。)ならば善くなる。必ず。だから大丈夫。(不安恐怖を手放すための善悪是非の執着からの離脱を意識しながら。)=感情、情動の安定=身体機能の適切な発動=行動=顕現(すべて事象は、わたしを映すもの。)

    このサイクルを機能させてゆく。
    わたしにとって生きることはこの作業の反復である。そうおもいます。

    Reply
    • メアリー Post author

      昨日からまた更に2件のコメントを頂きまして有難うございました。
      「わたしにとって生きることはこの作業の反復である」とおっしゃっていますが
      私もそのサイクルは素晴らしいと思います。
      「わたしには産まれてきた使命がある。(すべての生物にある。)ならば善くなる。必ず。だから大丈夫。」
      「感情、情動の安定=身体機能の適切な発動=行動=顕現」
      上記のことは、確かにそうですよね。
      素晴らしい考え方だと思います。
      毎日のそのようなことの積み重ねが大きな変化を生んで行くのだと思います。
      いつも素晴らしいお考えをシェアして下さって有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    必ず善くなる。の善くとは、無いものが在るようになる。
    とか、悪しき状態が善い状態になる。を希求する私の欲望を
    超えた次元での善くの感得だとおもうのです。
    欲望は起こる事象を限定してしまう。
    不安恐怖はわたしを限定することによって産み出される。
    不安恐怖はわたしの心身を縛り拘束してしまう。
    縛られ拘束されたわたしの心身は皮肉にもコントラストを顕現する装置となって機能してしまう。この負のスパイラルを回避するために、禅瞑想空解脱等古来より伝えられてきた概念がある。そうおもうのです。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      バシャールも言っていましたが、自分が望んだ結果というのは
      ハイヤーセルフの最低限の部分で
      本当はそれよりもっと望ましいことが起こるそうですね。
      自分の想像できないくらいの素晴らしいこと、素晴らしい展開が起こるそうですね。
      だから、執着して結果を狭めてしまわないほうがいいようですね。
      人生を信じて、楽しみに取り組んで行くほうがよいようですね。
      人生は最後まで結果なんてわからないですよね。
      いつも希望を持って、にしいひであきさんのように「正しい」努力をされて行けば
      必ず道は開けると思います。
      光はいつもすぐそこに見えていると思います。
      でも結果なんて全く焦ることはないと思います。
      お互いに楽しく努力をして行きたいものですね。
      これからもよろしくお願い致します。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    悪い状況を善くしたい。
    無いものが有るようになりたい。
    コントラスト(自分にとってそうではない状況)のなかで苦痛を感じた末に絞りだされる欲望。
    欲望はコントラスト(自分にとってそうではない状況)を肯定し、嫌悪し、不安恐怖する感情から起きる。これらの感情は自分と自分の状況に対する認識を限定し、縛り、拘束し、負の認識として再固定化し強化する。固定化され強化された負の認識は感情、情動となり、身体の機能を不全し行動を減弱、抑制、消去せしめることになり更なるコントラストを顕現してしまう。皮肉にも。
    ならば、起点となるコントラストへの認識を変えよう。
    わたしは善い。善いわたしがここに在る。
    いついかなるときも。
    そしてこの世界は、(善く。在る。わたしが)、わたしを取り巻くすべてと共に輝くために在るのだ。わたしはそのために産まれたのだ。よってコントラストとは、~ではない状況ではなく、わたしと、わたしを取り巻くすべてが輝くためのトレーニングの場なのだ。道場、ジムがあるように。
    コントラストの認識の転換が、感情情動の安定による、適切な身体の機能により生起される、能動的な行動を誘発する。一連の活動は、欲望(不安恐怖)に強要されていないので、善き事象の顕現として機能する。
    この認識の転換のために、身体へのそして精神性への学びが肝要となる。そうおもいます。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      以下の部分、とても共感しました。
      ==========
      わたしは善い。善いわたしがここに在る。
      いついかなるときも。
      そしてこの世界は、(善く。在る。わたしが)、
      わたしを取り巻くすべてと共に輝くために在るのだ。
      わたしはそのために産まれたのだ。
      よってコントラストとは、~ではない状況ではなく、
      わたしと、わたしを取り巻くすべてが輝くためのトレーニングの場なのだ。
      道場、ジムがあるように。
      ==========
      とても素晴らしい描写というか、概念だと思いました。
      おっしゃる通り、コントラストの認識の転換は大きなカギですね。
      上記のような世界観で生きて行けば
      この世は自分が輝ける場になりますね。
      みんなで輝ける場になりますね。
      「わたしを取り巻くすべてと共に輝くために在る」って素敵ですね。
      共創、いっしょに創り上げて行くって本当に素晴らしいことですね。
      素晴らしい考え方をシェアして下さって本当に有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    善と悪。有ると無い。
    経済的に善くなく悪い。
    お金は有るのではなく無い。=コントラスト。
    コントラスト(善くが悪く、有るが無い状況)の転換。外部の今の状況ではなく自分の今の状況にフォーカスする。自分=生物が今在ること即ち善い。(身体システムへの尊厳。)自分(善き)我は在る(無いのではなく有る。在る。)=コントラストへの認識(向き合う姿勢)の転換。
    善く在る自分が働き、より働く精度を高める場としてコントラスト(経済が悪くお金が無い=現実)は在る。姿勢の変容がコントラスト(現実)に向き合う際の、悪くなること。無くなることを予測することより至る恐怖の感情を抑制、減弱、消去する。恐怖の感情に支配されることのない身体からの顕現されるものは真理へと向かう。
    この心身の活動の仕方で取り組んでみます。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      なんだか難しくて私にはよく理解できませんでしたが
      にしいひであきさんは論理的に理解して行くと腑に落ちる方のようですので
      そうやって筋道立ててご自分を導いて行くのもいいですよね。
      みんな自分にあったやり方というものもあると思います。

      最初は理屈から入って、だんだんと感情が伴って来て
      自分がいつも穏やかで明るい日光のような波動になれるといいですよね。
      「いつも」というのは言い過ぎでしょうが
      その波動にいつも戻れるから外れても心配ないと安心できるといいですよね。
      にしいひであきさんはいつも実践あるのみで素晴らしいと思います。
      なかなか実生活に役立たせられる方はいらっしゃらないと思います。
      そうやって、いつもご自分をしっかりと見つめられて
      ご自分の成長に取り組んでいらっしゃる姿は人の心を打ちますね。
      どうぞ、お体には気をつけて毎日をお過ごし下さいませ。
      いつも本当に有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    経済的困難を改善する心がまえを聞きました。
    出ていくお金に対する認識を変える。

    お金は自分の元を離れて自分と自分をとりまく人たちが
    幸せになる働きをしてくれる。お金に感謝。

    いままでお金を支払うときに苦痛を感じていました。経済的に苦しいのにまたお金をとられてしまう。あぁ苦しい。
    性格も顔も暗くなり言葉も冷たくなる。この心情ではますます苦しみ(お金の困難)を創ってしまう。

    認識を変えて、お金に対する感謝を言葉にだすだけでも感情は明るくなる。この明るい心身の状態を創ることが、行動を産みお金を産む第一歩。だって暗いところには、人もお金も集まらないですものね。よし。いまが実践のとき。
    エクササイズみたいにやってみます。認識の切り替え。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、素晴らしいお考えをシェアして下さって有難うございます!
      「お金は自分の元を離れて自分と自分をとりまく人たちが
      幸せになる働きをしてくれる。お金に感謝。」
      この部分、本当に共感しました!
      人を幸せにしてくれる、もちろん自分も幸せにしてくれる。
      お金って素晴らしいものですね。
      誰が考えてくれたんでしょう。
      超brilliantなアイデアですね!

      お金に対する感謝を言葉に出すっていいですね。
      そして、使うときは喜んで使うのがいいですよね。
      更に、そのお金を使える状況であることにも感謝しますよね。
      本当に有難い!
      有難いんですよね!
      私もそのエクササイズをやって行きますね。
      いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    認識の切り替えについて。

    お金、事象等がでてゆくとき、失うことのマイナス面ばかりに気持ちが向き、悲壮感に囚われてしまう。

    認識の切り替え。
    お金、事象等が今私を離れたことによるプラスの面を意識する。そして、無いの言葉を使うのを封印する。
    お金が無い。~が無い等。
    逆に、創る言葉を使うよう意識する。
    どうしたら、自分や他の人たちにとって善い働きになる?

    ちいさいけれど、おおきい。この切り替えを実践していきます。すべての事象(お金、人、生物、もの等)にとって拠り所となる、豊な自分を目指して、
    顔晴るぞ。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      「どうしたら、自分や他の人たちにとって善い働きになる?」
      ↑この質問から考えるとブレなくていいですよね。
      私もいつもこのように問いかけてやって行きたいです。

      「ちいさいけれど、おおきい。」
      これは本当ですね。
      小さいけれど、やっぱり大きいんですよね。
      こういうところに真実がありますよね。

      いつも素晴らしいお考えをシェアして下さって有難うございます。
      今日も顔は快晴で行きたいですね!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    凄い。次々と困難が起きる。
    いまこそチャンス。実践のチャンス。
    必ず善くなる。

    自分を離れて働いてくれるお金に感謝。
    自分の明るく善き働きが、事象(お金、人、生物、もの)の
    拠り所となる自分を創る。
    自分が拠り所となったとき、安心して精一杯自分と他者のために働ける。

    社内を整えきれいにし捨てるものは捨てる。(完璧を目指さない。できるところから。)
    お金の働きに感謝。
    無いの言葉を使わない。創る言葉を使う。
    具体的な金額をイメージする。
    それができたときの自分の姿、姿勢を具体的に心に描く。
    さあ行こう。前に進もう。必ず善くなる。

    自分への働きかけは自分が一番身近で聴いている。
    筋トレもイメージが結果を産む。

    このエクササイズで明るく積極的自己を創りこむ。
    そして明るく積極的自己を世界にパフォーマンスしよう。
    まずは月曜日。
    顔晴れ自分っ。これが実戦。生きることだっ。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、本日2回目のコメント有難うございます。
      そのようにこの場を使って頂けて嬉しい限りです。
      ご自分のお気持ちの整理の場として、
      そしてお返事はないかもしれませんが、
      読者の方で目を通していらっしゃる方々もいらっしゃると思いますので
      そのご体験をシェアする場としてぜひご利用下さい。
      本当にご利用頂き有難うございます。

      にしいひであきさんの生き様は本当に稀少で貴重なものですから
      教えて頂けると感化される部分が多いです。
      自分も同じ時間に何ができるのかな、
      今この時をどうして行ったらいいのかなと考える良いきっかけになります。
      同じ一日でも皆それぞれにいろんな体験をしているのですね。
      それを伝え合うことが自由にできる今のテクノロジーにも感謝です。
      いつも有難うございます。

      Reply
  • メアリーさんこんにちわ!記事ありがとうございます。

    Sourceはpure, positive エナジーで、わたしがネガティブに反応しているときも、いつも同じように愛でポジティブに包んでますよね。わたしがネガティブに見ていることは幻想で、ほんとはとても大きなポジティブなエナジーがいつもいつもある。
    わたしが「生きている(想像とちがう)」と思うことは、自分にあるこの「肉体感覚」が大きいです。
    「行動」はその肉体感覚をとても感じられるもので、「考える(想像する)暇があったら、行動しろ」みたいに、性質のちがうもののように思ってきました。

    きっと行動も想像の一部・・・この肉体感覚も現実的に表現できる「自分」というものも想像の一部・・・
    そして、それは怖いこととかはかないことではなくて、愛。想像「できる」ということから、もうすでに愛。

    どうしても全部を「人のやったこと」だと見てしまって、「その人がそう見えるのは、その人がわたしには見えないところで、そのための行動をしているからだ(がんばっているからだ)」とばかりとらえてしまいます。
    もちろん、その人がしている行動も関係しているので、全部を想像の産物なんてとらえると「魔法」じゃないか(あ、ここでまた行動と想像が離れる 笑)
    だけど「努力」と評価すると、行動だけが結果をもたらしたように見えてしまう・・・

    だけど・・・もしわたしが見ている全部が、そこに見える人々も含めて想像上のものだったら・・・(ていうかそうなんですよね 笑)

    だから、わたしが思っているほどに、人々は行動していなかったら・・・その人がそう見えてることに、行動はそんなに関係していない・・・としたら・・・(て、これエイブラハムが波動だ波動だって言ってますよね 笑)

    「ありえないこと」めっちゃ起こってる。魔法なんて日常茶飯事だ・・・

    すべてが魔法だったらどうなんだろ 笑?
    ほんとに魔法なの?(いや、丁寧に考えたら全部魔法だけど、なんでこんなに魔法だとかありえないことがもうすでに起こってるって思えないんだろ・・・あ、それがわたしにとって自然でそのものだからか)

    あ、だから、行動も含めてすべてが魔法だったら、
    表面的に見えるものの裏は空気みたいなもので、
    そこに「それはこういうプロセスを経てここにある」ってわたしが思うから、そうなる・・・というか引き寄せの法則でその情報証拠が集まってくる・・・

    つまり、絶対的にもう変わることのない事実として受け止めることには丁寧になった方がよさそうだなぁ。
    世界がそう見えるプロセスの理由もルーツもなんでもよくて(それは世界の自由で)、
    わたしはわたしの感覚を見ることがやっぱり大事なんだなぁ 笑

    えー 魔法~・・・???
    みんなテクノロジーという魔法を使っている・・・??
    みんな「ありえない力」をふっつーに使っている~・・・???

    「行動」について考えるとなんだかこんな感じになりますね 笑
    今まではこんな風に「行動」のこと見たこともないんですが

    最近は自分が現実的に何者なのかわからなかっても、自分というこの感覚に愛をたくさん感じたいなぁと思います。自分のルーツも昨日までのことも人生とか何もわからなくても、自分に愛(`・ω・´)キリッ
    せっかく行動するのだったら、やっぱり純粋に楽しいのがいいな

    Reply
    • メアリー Post author

      jさん、お久し振りです!
      いつも読んで下さっているようで本当に有難うございます。
      とても長いコメントを有難うございました。
      私の頭ではよくわからないところもありましたが(笑)
      素晴らしい内容に共感して、感動していました!
      魔法か・・・なんかとてもいい響きですね。
      奇跡とかもよく聞きますよね。
      でも魔法という言葉はこういう内容では初めて聞きました。
      魔法でこの人と出会えた・・・とか思うととっても素敵ですね!
      あれもこれも魔法なんだ・・・
      なんて素敵なんでしょう!
      なんかファンタジーの世界に生きているみたいで
      とてもフワッとした可愛い気持ちになりますね。
      愛とかいろんなお話をして下さって有難うございます。
      jさんがとても素晴らしい世界観を持っていらっしゃるのがわかりました。
      私も全てが愛だと信じてやって行こ―っと。
      いいお話を有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    台風15号の影響で昨日午前2時から停電。
    山頂の鉄塔が土砂崩れで倒壊したことが原因とのこと。
    復旧のめどはたたないと。
    水も使えずトイレも使えない。
    ひと月は続くであろう停電とこの状況を予想し絶望しかけた矢先、14時を過ぎたあたりで消えていた電気が点く。突然の復旧。災害に備えた送電網への切り替えによる復旧の由。
    なにか言葉にならない感覚。
    この世界は凄い。
    幸い生活圏は停電以外の大きな被害はなし。
    ただただ、懸命に生きろと、なにかにいわれたような気がした。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      台風による停電があったのですね。
      ひと月も続くと最初は思われていたなんて
      本当にどうしようと思ってしまいますね。
      それが大丈夫になったときの感覚というのは
      感謝とも喜びとも何とも言い表せないものでしたでしょうね。
      この世界は凄いとおっしゃるお気持ちわかります。
      本当によかったですね。

      毎日何が起こるかわからず、
      何事もないことがこんなに有難いというのも
      コントラストがあってこそわかるのかもしれませんね。
      自分に何が起こっても、
      この世は何も変わらず過ぎて行くのかもしれませんが、
      やはり自分に起こっていることが自分の世界ですもんね。
      だからにしいひであきさんのおっしゃる「懸命に生きろ」というお気持ち
      本当によくわかります。
      自分に見える世界で懸命に生きるのですね。
      自分に関係のある人々の中で生きて行くのですよね。
      そういうものを大切にして生きて行きたいと思いました。
      どうぞにしいひであきさんもご無事でお元気でお過ごし下さいませ。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    現世は暖かなまどろみのなかでみた夢。
    ほんとうはもう。満たされて光に包まれているのに。
    悪夢に囚われてとじこめられて。苦しみを自分で創ってる。
    自分のこころに魔法をかけて。深い眠りから目覚めたとき。
    幸せのなかにいた自分に気づく。
    そこには
    恐怖も不安もなく。
    有るも無いも、
    善も悪もない。
    ただ私としてわたしが輝くのみ。
    ただ私としてわたしが響くのみ。
    だから だいじょうぶ。
    あなたは きっと だいじょうぶだよ。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      とても美しい詩というか、御言葉を有難うございました。
      読んでいてとても心和みました。

      本当はもう満たされて、光に包まれていて
      幸せの中にいた自分に気づくっていいですね。

      「大丈夫」って人から言われるのってうれしいものですね。
      誰かからそう言われているように感じるのって素敵ですね。
      いつも素晴らしいシェアを有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。仕事(学校教材シール制作販売)の関係でいじめ予防防止の科学的実践について講座を受けています。

    いじめとは、学校等の教育施設に在席するこどもたちの関係性のなかで行為があり、その行為によって心身にダメージを受ける子がいる事象をいいます。(私的に簡素化しており法的に正確な文言ではありません。)

    いじめ予防における基本概念として、
    個人としての性格(強弱等)、身体能力、発達的特性、間違い、失敗等は、いじめの誘発を正当化するものではない。

    いじめ予防の技法として
    学校風土の改善。互いを尊重し、互いの違いを認め、互いの間違い、失敗は責めるのではなく支える。そして困っている人がいたら手を差し伸べる。この風土の醸成。
    学校風土が改善されることにより、安心、安全で楽しく過ごせて、前向きに学べる場が構築される。

    傍観者のエンパワメント
    傍観者が関わることでいじめは止まる。8割強の子たちは、
    いじめを見ても関わらず傍観者となる。理由として、なにをすればいいかわからない。自分が標的になることを恐れる。
    関わることで事態が悪化する可能性を恐れる。しかし8割強の傍観者はいじめを無くしたいと思っている。この傍観者の子たちにスキルを示す。傍観者の関わりがいじめを止める効果があること。8割の子がいじめを止めたいと感じているので、
    ひとりではないこと。行動スキルとして
    やはた行動
    やめてとはっきりいう。
    その場から、はなれる。
    たすけを求める。
    を教える。
    傍観者の力を引き出す。

    まだ完璧に習得できていないので、上記のような拙い文章になりますが、いま習得できているレヴェルで実践として仕事に落とし込む作業にかかっています。

    このスキル、概念は科学的エビデンスに基づいているので、だれもが、繰り返し、間違いが少なく取り組むことができるということです。
    実線し学びながら深めてゆこうと取り組んでいます。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      いじめについて、科学的エビデンスに基づいている実践方法があるなんて
      とても素晴らしいことですね。
      そういう研究がされているのを知って、とても嬉しく思いました。
      内容も教えて下さって有難うございます。

      やめてとはっきりいう。
      その場から、はなれる。
      たすけを求める。
      このや・は・た行動ができるととてもいいですね。
      これができるだけで全然違うのではないでしょうか。
      おかしい行為をさせておいてはいけませんね。
      おかしい相手に合わす必要はないですよね。
      自分を大切にすることは
      人も同じように大切にすることになりますね。
      それに自分を大切にすると
      自分を愛してくれている人々のことも
      大切にすることになりますよね。
      みんな一つというのはそういうことでもあるのだと思います。
      にしいひであきさん、今回も有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    エクササイズ継続しています。
    変化が見え始めたことがあります。

    落胆していた自分の力ではどうすることもできない自然災害による停電がおもいのほか早期に復旧されたこと。(資金繰りに厳しいなかで高額な電気料金が引き落とされ落ち込んだが離れてゆくお金と電気を供給してくれる会社への感謝の気持ちで立ち直ったのが停電の日から4日まえのことでした。)
    仕事の面では、いじめ予防防止の実践のために企画しているシールをお客様にご提案する足掛かりとなる事案が本日おこりました。一見クレームともおもえる案件でしたが善い方向に進みそうです。また今日は断水している地区のお客様に飲料水のケースを届けましたが、立ち寄ったスーパーで不足している飲料水が届けるお客様の数だけ残っており無事お渡しできました。

    おおきな流れは、一見ちいさな出来事から始まるのかもしれません。ちいさな変化に感謝の感得を。

    わたしの現状は自分の力ではどうすることもできない困難です。ならば自分の力以上の力(引き寄せの法則と呼ばれているような。)を起動する働きかけを自分に課してみる。
    自分を使った命がけの人体実験。
    どんな理由があろうと人が虐げられることの正当化にはならない。いじめ予防防止の基本理念はまさしくいまの自分への応援メッセージになっています。
    傍観者にいじめ事態を改善する力があるように、わたしにも、わたしを改善する力がある。外野からの非難の声には耳を塞いで自分の信念を進んでみます。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      着々と結果を出されていてすごいですね!
      「おおきな流れは、一見ちいさな出来事から始まるのかもしれません。
      ちいさな変化に感謝の感得を。」
      ↑本当におっしゃる通りだと思います。
      小さなことには感謝せず、大きなことにだけ感謝するというのは
      きっと順序が逆なんでしょうね。
      小さいことに感謝できるからこそ
      大きな感謝が来るのだと思います。

      いろいろありますが、すぐに笑いが出るような
      明るい自分でいたいですね。
      簡単に笑える軽い波動というか
      そういうリラックスしたときに
      人間って一番能力が出ると聞いたことがあります。
      でも、全力で無我でやってるときにも
      フローになってすごい能力が出るとも言いますよね。

      とにかくクスッてすぐに笑える自分でいたいですね。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    有る無し善悪是非の執着と執着に起因する負の感情を手放し感謝の念に転換する。

    現実においておこるコントラストの状態を肯定(嘆き哀しみ怒り絶望)するのではなく、コントラストが満たされた状態と満たされたときの自分の気持ちと行動を具的にイメージする。(前提として、在ることはすでに満たされているという概念をもつ。こころに安心安全を構築させる。)

    この意識の変容は、自動思考(潜在意識に刻印された)を転換し行動のブレーキを外すだけではなく、自分の力だけではどうすることもできない事象に善い働きかけをし事象の善き転換を起動する。(いま起きているちいさな変化を意識して丁寧に育む。)

    そして自分にも周囲の人にも明るく朗らかで前向きな態度で接する。

    わたしは(みんなも)必ず善くなる。
    だからだいじょうぶ、だいじょうぶだよ。
    顔晴れ自分っ。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。
    笑い。(商業的なだれかを虐げる笑いではなく)、自分とだれかのよい姿が素直にうれしくて産まれてくる笑い。
    そんな笑いをいっぱい咲かせる人になりたいです。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    jさんの文章を拝読させていただいていると、
    わたしが怖くて目をそらしている部分に丁寧に焦点をあてて、思考として取り組まれている姿にとても共感できます。
    他より示されたもの対して、自らの心身を使って感覚し、
    意識し、考え、悩み、葛藤する仕方は、
    とても素敵だとおもいます。
    みなさんにこのような場を提供してくださっているメアリーさんのご尽力に感謝です。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    先日のコメントで記載させていただいた仕事の案件。
    本日これからにつながる善い結果として帰結いたしました。
    従来であれば躊躇していたであろう行動を顕現できたことが
    もたらした事象だと認識しております。
    ちいさな行動。ちいさな変化を丁寧に感得する。
    笑顔の花が咲く世界への一歩だと考えています。
    メアリーさん。いつもありがとうございます。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、4つもコメント有難うございました。
      たくさん書いて下さって、本当に有難うございます。
      もうにしいひであきさんの深いコメント満載で
      私がこの場を提供しているとは言え、
      更新も1ヶ月に1回しかしていなくて申し訳ない気がして来ました(笑)

      本来ならコメントなんて来ないブログだと思いますが
      なぜか皆様のお蔭でコメント欄も花が咲いており
      本当に有難い限りです。
      にしいひであきさんも他の方のコメントも読んで下さっていて
      また、それに対するコメントまで下さって本当に有難うございます。
      お互いに良い影響を与えるってとてもいいことですね。

      にしいひであきさんのお仕事にも良い結果が出たそうで
      それをお聞きして本当にうれしいです!
      お知らせ下さって有難うございました。

      「ちいさな行動。ちいさな変化を丁寧に感得する。
      笑顔の花が咲く世界への一歩だと考えています。」
      ↑本当におっしゃる通りですね。
      小さな行動と言っても、それは全体に対して行ったことになるので
      全体に影響がある というような内容をバシャールが言っていたと思います。
      小さなことに丁寧に感謝して行くことはとても大切ですね。
      それが笑顔の花が咲く世界を創り出して行くのだと思います。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    いまほんとうに土壇場なので、気持ちを整え、前に向かう勇気をこころに創るために利用させていただいています。
    なんどもすみません。
    エクササイズを重ね、行動に変え、その度に少しずつ、少しずつ善き顕れが産まれています。動かぬ巨大なコントラスト(経済的な)に対する恐怖不安の意識は、行動に集中することで緩和しつつ。力の源は、勇気とやさしさ。顔晴ります。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      現在土壇場にいらっしゃるということで、
      この場が少しでもお役に立てるということでしたら
      どんどんご利用下さい。
      私は何もできませんが、読ませて頂くことはできます。
      エクササイズをされているとのこと、
      そのような気分の切り替えは大切だと思います。
      心と体は繋がっていると言いますから
      ぜひ両面から取り組んで行かれて下さい。
      私もにしいひであきさんを見習って顔晴ります!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    状況は全方位で困難に包囲されている。
    受けるのは私ひとり。

    太古の夜。洞窟のなかで迫りくる肉食獣の恐怖に怯えていたホモサピエンス。けれど、彼らは恐怖を乗り越えた。力の源は脳に刻まれたサピエンス。サピエンスは人智を超えた力の源泉。古代宗教もそこから発現した。

    私の脳にも刻まれている力(サピエンス)。みんなの脳にも刻まれている力(サピエンス)。

    人間は種の起源より困難を打開する力を賜ってきた。何から?宇宙?地球?神?  私には知る由もない。
    ただ私が成すべきことは、
    わたしが(あなたが)、輝くのみ。響かせるのみ。
    さぁ勇気をだして顔晴ろう。
    だいじょうぶっ。必ず善くなるっ。私が、みんなが、必ず善くなるっ。だから、必ずだいじょうぶっ。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、また有難うございます。
      確かに先祖から受け継がれてきた困難を乗り越える力は
      ものすごいものがありますね。
      そう思うと困難もご先祖様といっしょに乗り超えている気持ちになりますね。
      でも本当にそういう意味で助けていただいているのですよね。
      いっしょに働いているのですよね。

      大丈夫という言葉にはすごい力があるような気がします。
      語彙力がなくて「すごい」ばかり言っていますが
      本当に計り知れないパワーがそこにはあると思います。
      なぜか大丈夫だと知っている、これはどこから来るのでしょうか?
      根拠なんてないのに大丈夫だと知っているのはなぜなのでしょうか?
      もちろん恐れが身を守るために働いてくれているのですが、
      無理のない、押し付けられることのない、
      自然に「大丈夫」と知っている感覚はどこから来るのでしょうか?
      不思議ですね。
      これもご先祖様に感謝ですね。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    いまの状況で、できる限りのことを先ほどやり終えました。
    無い。とか泣き言。とかでてきたら、創るや笑顔の言葉に切り替えながら。さぁ。一息いれて。
    次のステップへの準備にかかります。エクササイズ。実践。
    エクササイズ。実践。そして、実線。実践また実践。
    輝けっ自分っ。響けっ。自分。生きろっ。自分っ。
    顔晴っれ。俺っ。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください