引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『三浦春馬さんやミスチルやB'zが尾崎豊さんをチャネリングした⁉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » 恋人との関係がうまく行かないのはなぜ?恋愛の極意

恋人との関係がうまく行かないのはなぜ?恋愛の極意

恋人とうまく行かない
Pocket

エイブラハムが恋人との恋愛関係で悩んでいる女性から質問を受けて

次のようにアドバイスをしていました。

 

エイブラハム(以下エ):あなたが望む全てのことは

Sourceからあなたのところに流れ入って来る。

言い換えれば、ヴォルテックスから

あなたのところに来るのだ。

だから、それは恋人や母親など

Source以外、つまりヴォルテックス以外のものから来るのではない。

ヴォルテックスの中には

あなたが創り上げたバージョンの恋人がいる。

もしあなたが、それについて考えることを楽しめば

その恋人が現実となってあなたの目の前に現れる。

その恋人は、今あなたが付き合っている人かもしれないし

他の誰かという場合もある。

どちらにしても、あなたの目の前に恋人が現れて

あなたの望む通りの行動をしてくれるようになる。

しかし、それには「恋人が私の望む通りの行動を

しなくても全然かまわない。」とあなたが思っている

という条件が必要だがね。

 

言い換えれば、恋人が何をしようとも

あなたの心が安定していれば

あなたが望む全てのことは現実になる。

しかし、あなたの心の安定が

他人の言動に依存しているのなら

あなたの心は不安定にならざるを得ないのだ。

不安定に感じながら、安定を得ることはできない。

あなたは何かに頼りながら

同時に何にも頼らないでいることはできないのだ。

 

ある女性がこう言った。

「もし私が完璧な関係というものにフォーカスしたら

主人は私の人生からいなくなってしまうかもしれない。

それは嫌です。」

 

しかし、私達はこう言う。

「もしあなたが完璧な関係というものにフォーカスしたならば

御主人のことも含め、あなたの望む全てのことが

現実となってやって来る。」

あなたは自分の波動についてコントロールできるだけなのだから

他人の行動について心配する必要はないのだ。

 

エスターはヴォルテックスに入っているときには

勝利を得たような意気揚々とした気持ちになる。

そして、何にも頼らない、自立した、無敵の感覚を感じる。

更に、強い自信と独立心も感じる。

これは、ジェリーとの関係を悪くすることにつながるのだろうか。

そんなことはない!

それは、ジェリーとの関係を更に良くすることにつながる。

それは、ジェリーとの関係を脅かすものではなく

更に強化するものなのだ。

あなたがヴォルテックスに入ることによって

あなたは他人に最高の贈り物を与えることができる。

これ以上に素晴らしい贈り物はないのだよ。

 

しかし、多くの人は、何かを必要とする

ということに慣れてしまっている。

自分の気分を良くするために

周りを変える必要性を常に感じている。

しかし、他人を通してSourceを自分に流し入れようとすると

その入り口が開いていないときには

失望の気持ちを味わうことになってしまう。

あなたも知っているはずだが、あなたの恋人は

あなたにSourceを流し入れる水門ではないのだよ。

 

「自立しながら繁栄する」ということは

素晴らしいことだと思わないかい?

二人の自立した、パワフルで、繁栄した人が出会い

その二人が共同でどんなことを創造したとしても

それは信じられないほど素晴らしい経験となる。

それは、一人がもう一人を必要としている場合よりも

ずっと喜びに満ちた経験になるのだ。

 

「私が必要なものはあなたが与えてね。

私がテイカー(taker)になって

あなたはギバー(giver)になる。

そしたら私達は仲良くやって行ける。」

ある人がこう言うのを聞いたとき

エスターは「そんなことはあり得ない!」と言った。

エスターの言う通りだ。

それは波動的に不一致な状態で

そこに調和はないのだ。

 

アライメントの状態にある二人が集まり

共創することほど素晴らしいことはない。

アライメントの状態にはない二人が集まり

共創することほどみじめなことはない。

それは一人がアライメントの状態にあり

もう一人がアライメントにない状態で共創するときと

ほとんど同じぐらいみじめなことだ。

しかし、その場合でも

あなたがアライメントの状態にあるほうの人であれば

相手がアライメントの状態にないことに

気づかないものなのだよ。

(皆の笑い)

女性:それは大きな鍵ですね。

では、私がヴォルテックスに入っていれば

そのヴォルテックスの波動にマッチしない人は

私の人生からいなくなるのですか。

エ:その通りだよ。

しかし、ここで私達が言いたいのは

あなたがヴォルテックスに入っていれば

そんなことはどうでもよくなる。

 

ヴォルテックスの中にいるとき

あなたは他人をジャッジしない。

ヴォルテックスの中にいるときには

他人をSourceの目を通して見るようになり

他人との関係から価値を見出すようになる。

更に、他人によって自分から良い面が引き出されることに

感謝するようになる。

ヴォルテックスの外にいるときだけ

あなたは他人の言動に左右され

他人に頼っている(依存している)と感じる。

 

女性:ヴォルテックスの中にずっとい続けて

もう一生そこから出ないでいることはできないのですか。

エ:できるよ。でも、それができるということは

私達のように死んでいる状態にあることを意味する。

(皆の大爆笑)

エ:つまり、抵抗の波動が全くなくなるから

ヴォルテックスの中に常在することが容易になる。

しかし、あなたはすぐに戻って行くだろう。

なぜなら、自分の望むことを選択し、願い(=宇宙に頼み、ask)、

自分をアライメントの状態にすることの中にこそ

楽しさというものがあるからだ。

あなたはこのことを苦しみのように言うが

そこにこそ、喜びや楽しさがあるのだよ。

 

次の違いがわかるだろうか。

「私はヴォルテックスの中に入っていない。

だから、その中に入りたい。」と言うときと

「私はヴォルテックスの中にいて

この状態を保つことができる。」と言うときとでは

あなたの引き寄せのポイントは大きく異なる。

 

私達が一番言いたいのは

ヴォルテックスに入ることは簡単で

ただそれには練習が必要なだけ、ということだ。

ヴォルテックスの中に入ってから

アライメントの状態をできるだけ長く保つ練習をするのだ。

 

具体的に言えば、ヴォルテックスに入ってから

本を読んだり、自分が楽しく感じるようなことをするのだ。

ヴォルテックスの中に入ると

非常に大きな安定感を得ることができる。

普段からその練習をしていると

ヴォルテックスの外に弾き飛ばされたときでも

恐れたり、焦ったり、戻れなかったらどうしよう

などと心配することはなくなる。

なぜなら、あなたはどうやってヴォルテックスの中に戻ればいいかを

知っているからだ。

 

ヴォルテックスの中に入ってその状態を保つことができると

そこに戻る方法がわかるので

そこから出たときにも怖くはないし

他人がヴォルテックスに入っているかどうかということも

どうでもよくなる。

他人がヴォルテックスの外にいるのを見ても

大してヴォルテックスの外にいるようには見えなくなる。

なぜならあなたは完全に

ヴォルテックスに入った状態にいるからだ。

それが真のお手本、感化、啓発、upliftmentというものだ。

あなたはそれによって

自分の力を取り戻すことができるのだ。

 

信頼(trust)とは

一体何を指すか知っているだろうか。

それは、フォーカスすることができる自分自身を

信頼するということだ。

それが全ての鍵なのだよ。

 

女性:では、もう二度と彼に電話をしない

ということでいいでしょうか。

エ:・・・(少しの間)

あなたは恋人のことを話し続け

私達はヴォルテックスのことを話し続けている。

それは2つの全く異なる話題なのだよ。

女性:・・・(沈黙)

エ:恋人に電話をしないことが

あなたにとって良い場合もある。

しかし、ヴォルテックスの中から

今の恋人について考えたり、会ったりすることをしない限りは

次の恋人もさほど変わりのない人になるのだよ。

 

ヴォルテックスの中に入らない限り

自分が望む方向には進めないのだ。

わかるかい?

逃げることはできないのだよ。

だから、あなたは自分の心の中に平和を感じ

自分自身の安定感と安心感を見つけなければならない。

 

私達がいつも言っていることだが

あなたは愛を全て間違えた場所で探しているのだ。

あなたは安定感や安心感を全て間違えた場所で探しているのだ。

何百万ドルというお金の中や

恋人や他人の中にそれはないのだよ。

自分への承認を間違えた場所で探しても

それは見つからないのだよ。

 

あなたがなぜイライラしているかわかるかい?

それは、この入り口(=恋人)から望むことが流れて来ると思ったのに

それが全然流れ入る気配がないからだ。

しかし、その入り口はあなたにとって必要ではない。

あなたには「この入り口」、つまり「自分」があるということがわかったら

そして、自分がアライメントの状態になり

自分を信頼できるようになったら

他人はあなたが望むように行動するようになる。

なぜなら、あなたのアライメントの波動にマッチしない人は

あなたの前には現れなくなるからだ。

それが宇宙の法則というものだ。

 

何が本当にあなたをイライラさせているかわかるかい?

自分の波動にマッチした

自分の波動にピッタリの恋人が宇宙から送られて来たのに

あなたはその人のことを気に入らなかったからだ。

(女性も含む皆の大爆笑)

 

あなたが自分のヴォルテックスと

波動的にマッチした状態になれば

宇宙はそのあなたの波動に等しいものを

運んで来てくれる。

そして、あなたはそれを気に入るはずだ。

あなたに送り届けられたものは

あなたが波動的にどういう状態にあるかを

示したものにすぎない。

 

恋人に電話して次のように言いたいと思わないかい?

「有難う!有難う!有難う!

私が波動的にどういう状態にあるかを教えてくれて有難う!

私は今までアライメントの状態にあると思っていたのに

あなたがそんなに腐った状態になるまで

自分がアライメントの状態にいないことがわからなかったわ。」

(皆の爆笑)

 

そしてあなたは次のように言う。

「私は、あなたの最高の状態にマッチする自分だと思っていたのに

あなたの最低の状態にマッチする波動を出していたのね。

あなたの最低の部分を引き出す波動を

出してしまっていることがわかったから

今日からはそれを改善するために

私には練習しなくちゃいけないことがあるの。

だから電話しないでね。」

(皆の笑い)

ここで気をつけてほしいのは

これを彼の問題だと見ずに

あなた自身の問題として見ることだ。

この問題をあなたのものとして所持し、手中に収めることによって

これはあなたがコントロールし、解決できる問題だということに気づく。

 

ところで、あなたがヴォルテックスの中にいるときには

エスターがこのような形であなたにメッセージを伝える必要はない。

あなたは直接、無限の叡智とつながり

私達が知っていることを受け取ることができる。

 

そしてもっと言えば

もしあなたがヴォルテックスの中にいなければ

エスターがあなたの耳という肉体的な器官に聞こえる形で

このエネルギーを言葉にして表現したとしても

それでも、あなたには聞こえないのだ(理解できないのだ)。

あなたがヴォルテックスの領域にいなければ

あなたの耳を通したとしても

私達の言うことは意味をなさないのだよ。

 

しかし、ヴォルテックスの中にいれば

あなたはエスターを必要としない。

なぜなら、あなたは既に答えがある場所にいるからだ。

ヴォルテックスの中にいれば

人生の出来事が、全て教えてくれる。

もともと言葉では教えることはできないのだから。

 

女性:では、私がヴォルテックスに入りさえすれば・・・

エ:(さえぎって話し出す。)

後ろで聞いている皆があなたに

「頼むからヴォルテックスに入ってくれ!」

と懇願しているよ。

(皆の歓声と拍手)

女性:(笑いながら)知っています。わかっています。

エ:これからやることはもうわかっているね。

練習すればいいだけなのだから。

女性:はい。

エ:素晴らしい。

女性:どうも有難うございました。

 

ここでこの動画は終了です。

盛り沢山の内容でしたが

ここにあった内容を少しずつでも実行することができれば

ものすごく生きやすい人生になりますね。

 

「信頼(trust)とは

一体何を指すのか知っているだろうか。

それは、フォーカスすることができる自分自身を

信頼するということだ。

それが全ての鍵なのだよ。」

というところは、私にとって大変大きな気づきでした。

自分がフォーカスできるということを知っていることが

信頼というものなのですね。

 

「フォーカスすることができる自分を信じる」というのは

「ヴォルテックスに入ることができる自分を信じる」とか

「アライメントの状態になることができる自分を信じる」ということですよね。

「練習すればできる」ということを信じることでもありますよね。

 

末筆になりましたが

本年もお付き合い下さって本当に有難うございました。

お蔭様で一年無事に過ごせました。

とても良い一年でした。

皆様には心から感謝しています。

来年もまたどうぞよろしくお願い致します。

 

関連記事として、以下のようなものもどうぞ。

『男女が別れる時はなぜ辛いのか』

『理想のパートナーを引き寄せ至福の人生を送る方法』

『愛を間違えた所で探すとどうなる?』

Name of author

Name: メアリー

9 Replies to “恋人との関係がうまく行かないのはなぜ?恋愛の極意”

  • メアリーさん、いつも素晴らしい投稿ありがとうございます(^^)

    Reply
    • メアリー Post author

      yumeさん、こちらこそいつも読んで下さって有難うございます。
      内容が素晴らしいのはエイブラハムのお蔭ですよね。
      私は訳しているだけですから。
      わざわざコメント有難うございました!

      Reply
  • メアリーさん、こんにちわ!

    今年最後の素敵な投稿、本当に有難うございました。

    この女性の言わんとするところが非常に良く分かる内容でした。

    彼女の中では「この人ではない・・」って分かってはいるのだけれど、それを認めて受け入れるのが苦しかったり、執着だったりと複雑ですよね。

    ヴォルテックスの中にいることは個人的にはとても難しいです。
    日々、本当に様々なことがある中で、アライメントの状態にあるのは難しいです。

    外れたらスグ分かるけど、戻すのが大変(^^;

    でも、外れている自分もOK(笑)

    エイブラハムはサラっというけど、、、、

    今世も出たり・入ったりしながら日々過ごして行きます(笑)

    本年度も素敵な投稿を本当に有難うございました。

    メアリーさんと出会って何年経ったのかしら・・・
    成長がありませんが(^^;

    メアリーさん、今年も素敵なクリスマスをお過ごしください。
    素晴らしい2022年を願っております。

    本当に有難うございました。

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも本当に有難うございます。
      調べてみたら、エイヴリィさんが初めてコメント下さったのは
      2015年10月6日でした!
      以下の記事でです。
      『子育てにおいて子供との戦いに勝てない理由』

      もう6年もたっているんですね!
      私もビックリしました。
      そんなに長い間有難うございます。
      本当に光栄です。
      そんなに長い間忘れずにいて下さるなんて、奇跡のようです!
      本当に有難うございます。
      エイヴリィさんも楽しいクリスマスと良いお年をお迎え下さいね。
      いつも本当に本当に有難うございます。
      語彙力がなくて「有難うございます」しか言えませんが
      本当に有難うございます!!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    ありがとうございます。

    わたしがわたしのなかの真の私の存在に気づき、
    真の私を尊厳し愛していれば、
    他者からマイナスを受けないし、他者にマイナスを与えることもない。
    真の私は、わたしがもうすでに、すべて満たされた幸せ(愛)のなかにいることを自明としているわたし。だから恐怖は無い。恐怖が無いから他者からマイナスを受けることも、他者をマイナスすることもない。只、幸せ(愛)を周囲に、宇宙に放射することを働きとする。
    すこしずつ、すこしずつそんなわたしに近づきたいです。擬することなく。修行あるのみですね。

    Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    でも、人間関係の愛憎にのたうち、泥まみれになりながら。自分の汚さ、いやらしさ、ずるさ、残酷さをまざまざと見せつけられて、それでも自分を受け入れて生きてゆくなかにこそ。
    人として生まれた喜びがあるのかもしれません。
    自分を受け入れたその先にこそ、幸せ(愛)は見えるのだから。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、2つもコメント有難うございます。
      人間は完璧ではないからいいのかもしれませんね。
      おっしゃるように、自分の汚い部分も見せつけられながら
      それでも生かして頂けているところに
      真の感謝を感じるのかもしれませんね。
      そこに無条件の愛を感じるのかもしれません。
      いつもいろいろなことを考えさせて下さって有難うございます。

      Reply
  • メアリーさん メリークリスマス!!

    ヴォルテックスの中にいればあなたはエスターを必要としない。なぜなら、あなたは既に答えのある場所に
    いるからだ!

    では、なぜ私はエイブラハムwsを聞くの? 答えはいつもアレですからね。なので、私はエイブラハムの
    ジョークに わはは♪したいだけ。ユーモアに感心したいだけ、かもです。それと同様に毎日sourceのお膳立てに
    感心している。しかも自分の手柄にしたりして笑 いつかエイブラハムwsに参加したいと思った事もありました。
    でも質問はもうありません。ただ思わず唸るほどユーモアには触れていたいなアと思います。
    メアリーさん、今年もたくさんの気付きをありがとうございます。素敵な聖夜を❇

    Reply
    • メアリー Post author

      ふ~みさん、今年も有難うございました。
      変わらず読んで下さっていたのですね。
      本当に感謝しています。
      いつも有難うございます。

      私もエイブラハムのユーモアが大好きです。
      やはり人生を楽しむ心って、すごいですね。
      話しながら笑っちゃうような波動にいるのって、心地いいですよね。
      やっぱりユーモアのセンスって大事ですね。
      人生っておもしろいことに溢れていますよね。

      「わはは♪したいだけ。ユーモアに感心したいだけ」って
      ほんとそれですよね!
      そういう純粋な理由っていいですね。
      ふ~みさんはいつもブレなくて素敵ですね。
      どうぞ穏やかな年末年始をお過ごし下さいませね。
      Happy Holidays!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください