引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『子供が登校拒否でうつ病でリストカットをする理由』『会社の上司がネガティブな場合はどうすればいいの?』など多数です。

Home » ひどい!残酷だ!と思うような行動をする人の心理

ひどい!残酷だ!と思うような行動をする人の心理

残酷
Pocket

エイブラハムの言葉より:

「あなたが「本当にひどい。恐ろしいぐらい残酷だ。」と

思うような行動をする人達というのは

あなたには理解不能なほど苦悩にさいなまれ、苦しんでいる。

彼らの実にひどい行動というのは

彼らのその痛みの延長なのである。

そしてこれもあなた達に言っておかなければならないことだが

彼らのその痛みや状態に波動が合っていない者が

彼らの犠牲者(被害者、ターゲット)になることはあり得ないのである。」

These beings, that are acting out in those ways that you find so awful,

are tormented and suffering in ways that you will not understand.

Their horrible acts are extensions of that pain.

We also have to say to you—no one who is not a vibrational match to that

could be their victim.

これはエイブラハムの言葉の中で

私の中で一番と言ってもいいぐらい

心に残っている言葉です。

 

この言葉を知っていると

いわゆるイヤな人とか

「なんであんな失礼なことをするんだろう。」とか

「なんであんなひどいことが出来るのかわからない。」

などと思うような人に対しても

全く見方が変わるよね。

 

そして自分が何か嫌なことをされたり

何か被害を被ったときでも

自分の状態がどうだったかっていうことを

まず振り返るよね。

 

もちろん誰か他の人が被害を被っているときに

そんなことは思わないけれど

自分が人を責める気持ちにならないために

そして人のことをもっと違う角度から

見られるようになるために

このエイブラハムの言葉は本当に役に立つよね。

 

そしてこれがわかれば安心な気持ちも生まれるよね。

自分の波動に主導権があるってわかるからね。

 

穏やかな気持ちで争いの心なく

毎日を過ごすことの大切さもわかるよね。

それが一番の防犯防災対策とも言えるよね。

 

何よりもいろんな人のことを

もっと理解のある暖かい心で

見られるようになるのがいいよね。

そうだったのか~って思うよね。

本当に深い話だね。

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

18 thoughts on “ひどい!残酷だ!と思うような行動をする人の心理

  • メアリーさん

    ひどーい!
    って私は良く言うんです!

    さいてー。
    とか。

    実際ひどいことが沢山起こったんですから
    私は正当な権利だと思って
    それを表現していました。
    悪びれなく!笑

    でもね、
    エイブラハムの言葉に沿って
    物事を見ると
    私の中にそれを引き寄せる要因があったのかと
    思いました。

    それでは片付けられないような事もあって
    文句の一つも100っこも言いたくなることが
    山ほどありますが
    深く深く掘り下げた時に
    きっとエイブラハムの言葉と同じ
    からくりに出逢うんだろうなぁと思います。

    まだまだ青春は続くのだー。

    Reply
    • メアリー Post author

      青春!?
      なんだかわからないけど、いいコメントですね~
      有難うございます。
      さやかさんの謙虚な姿勢が素晴らしいですね。
      素直な方はとても成長しやすいそうで、私も青春時代の頃のように
      どんどん新しい考えを受け入れて行きたいです。

      さやかさん、いつもいろんな記事を読んで下さって有難うございます。

      Reply
  • こんにちは。
    メアリーさん。

    青春?!
    私は一生青春だろうなー。
    一喜一憂して。

    メアリーさんの記事には
    私の知りたいことが沢山載っていて
    読者の方の体験も本当に刺激されます。

    先ほど読ませて頂いたのですが
    読者の方が
    「私は幸せな離婚が出来ました」
    と書かれていて
    感動しました。

    涙。

    メアリーさんのブログを読ませてもらえて
    本当にうれしいです。

    Reply
    • メアリー Post author

      さやかさん、いつも読んで下さって有難うございます。
      読者の方の体験談も本当にためになりますよね。

      離婚についてですが、私は個人的に離婚は本当に仕方がないときの最終手段だと思います。
      この読者の方(ゆみこさん)の場合の離婚は、御主人様がお金を持って逃げてしまったという事情から
      どちらかと言えばお相手がそういう手段を選んだからそれに対応した結果になったと言えますが、
      普通は御縁あって結婚したからには最後までやることが幸せにつながるのだと思います。
      ゆみこさんは結婚していても離婚しても相手を責めずに受け入れるということができる方だと思います。
      間違っても、離婚しないと幸せになれないとか、相手の存在によって自分の幸せが害されるというような
      考え方はされない方だと思います。

      相手を喜ばせることに徹底して生きると幸せになると小林正観さんもおっしゃっていますが、
      変なものに合わせるとか迎合するとか媚びるとかそういうのではなく、
      本当に相手の幸せのために協力する生き方をさせてもらえることは幸せなことですよね。
      それによって自分は実はもっと幸せになりますよね。
      これは経験しないとわからないことだと思います。
      さやかさんも結婚していらっしゃるからそういう生き方がとてもよくわかると思います。
      だからこのブログの内容に共感して下さるのだと思います。
      さやかさん、いつも本当に有難うございます。

      Reply
  • こんにちは。
    メアリーさん。

    世の中には2つとして同じ境遇の人はいないのだな。
    と、メアリーさんのブログを読んだり、
    会社の同僚や友達や親戚と関わる中で感じる毎日です。

    一口に「結婚」、「離婚」と言っても
    形の事を言っているだけで
    幸せかどうかを決めているのは本人の心、感じ方なんですね。

    大人になって
    もののとらえ方、感じ方でどんな風にも見える、ということが
    徐々に分かり始めているような気持ちです。

    メアリーさんの読者の方が
    『私は幸せなことをした』と
    自分の判断と行動を肯定している感じが
    とてもすてきだなぁ。
    すばらしいなぁ。
    と感じられたのかもしれません。

    私は正直「結婚」も「離婚」も
    どちらでもいいな、と思います。

    幕が閉じたと感じたら 次の幕が開くのかな。

    感情は着いてこないと思いますが
    そういう大きな流れの時があるんじゃないかなぁと思っています。

    どちらでもいいのかな。

    今日も沖縄はハレ。

    メアリーさん
    こちらこそいつも大きな刺激と学びをありがとうございます。

    Reply
    • メアリー Post author

      さやかさん、いつも真剣に読んで下さって有難うございます。

      エイブラハムもまずヴォルテックスに入ってから(=Sourceと融合してから)
      どんな選択も行っていくといいと言っていますよね。
      私はこのボルテックスに入るという状態がどういう心境なのかはっきりはわからなくて、
      いい気持ちになることや感謝や喜びに溢れている状態なんだろうな~とは思っていたのですが、
      最近その状態の一つの要素として「自分が愛されている。自分は感謝されている。」ということを
      心から感じることなのではないかと思うようになりました。
      実際に誰かから愛されたり感謝されていないとしても
      アインシュタインも言っているように「宇宙は自分にフレンドリーだ。」という事実を感じて、
      自分がものすごく周りから愛されていると感じることは
      真にヴォルテックスに入っている状態だと思うようになりました。

      そして、自分がそのような心境になっていると
      両親や主人や子供達など周りの人にも「自分は愛されている。自分は感謝されている。」ということを
      感じてもらう手伝いを自分という体を使ってできるようになると思いました。
      自分を通して自分の目の前の人がどれだけ宇宙(Source、神)から愛されているかということを表現することは、
      自分が神の化身となっているというか、自分がSourceになっているような気がしました。

      宇宙(Source)がどれだけ私達を愛し、私達に感謝しているかということは言葉では言い表せないほどですが、
      本当にそう感じて生きている人は実は少ないのかもしれません。(もちろん私も含めて。)
      だから戦争とか殺人とか人を傷つけたり粗末に扱うことをしてしまうのかもしれませんが、
      エイブラハムもヴォルテックスに入っている状態の人が
      人を傷つけることをするということはあり得ないと言っていますよね。

      ま、簡単に言えば自分が愛されていると感じている人が
      八つ当たりをしたり、機嫌が悪くなるはずはないということでしょうね。
      まずは、どんなことも自分が愛され、大切にされていると感じることから始まるんでしょうね。
      さて、美味しいものでも食べて、自分を大切にして、
      自分が愛されていることを知って、今日もやってみますね~
      さやかさんも晴天の沖縄で楽しい毎日をお送り下さいませね~(^o^)丿
      どうも有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん

    最近、同僚や夫と話す時
    大きな存在(ソースなのかな)が
    彼らを通して話しかけてくれているんだなぁと、
    思うことが頻繁にあります。

    メアリーさんが感じていることに
    少し似ているのかな。

    ソースのメッセージが
    相手の身体を通って
    届いているような感じです。

    ソースがどれだけ私たちを愛しているか
    感じたら
    もー泣いちゃうどころじゃなくて
    どうなっちゃんだろー。

    そう考えただけでも
    気分が良くなっちゃいますね!

    あはー。

    Reply
  • こんばんは!こちら、午後22時19分です。

    今、メアリーさんのブログ気になるのを続けて3つ読みました。

    わあ〜〜〜♡(^O^)/って感じてます。

    今、会社でイロイロ人間関係がゴチャゴチャしてまして、今日も不愉快なことがあり、なかなかその事が頭から離れず、、、、

    で、メアリーさんのブログを読みましたら
    まだまだエイブラハムの言ってる事理解できてない、その場で理解しても、すぐに忘れてしまうな。
    と、わかり
    かつ、あ〜そうだったと、とても心安らぎました。

    メアリーさんの分かりやすい解説に、本当にたすけられました。
    ありがとうございます。

    職場で、不愉快なまさにその時、この教えというか、しくみを思い出したいものです。

    まぁ、体験して、また読んで、の繰り返しで、地道に心の中に刻み込む以外方法はないですね。

    メアリーさんのブログは、コメントしない方も含めたくさんの方を救っているのは、絶対だと思います。

    本当にブログを書いていただいて、心より感謝いたします。

    これからも、末長く書いてくださいね。
    私も末長く、繰り返し読ませていただきます。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    気持ち、ゆったりと、眠れそうです。

    (o^^o)

    Reply
    • メアリー Post author

      花yuさん、またコメントを有難うございます。
      読んでも内容を忘れるというのは、人間だから当然だと思います。
      書いた私でさえ、もうすっかり忘れていることも多々あります。
      時々過去記事にコメントを頂くと、自分も読み直して
      「あっ、そんな内容もあったっけ。」と脳天気に思い出しています(⌒-⌒; )
      花yuさんは忘れずに何度もこのブログを読んで下さって、本当に有難うございます。
      こちらこそ末長くよろしくお願い致します!

      Reply
  • にしいひであき

    わたしは弱い人間である。恐怖や欲望に支配されることを許し、自我を放棄してしまえば、残酷な行為の加害者にも被害者にもなる可能性をもっている。
    だから生きることを、丁寧に。謙虚に。感謝して。注意しておこなおう。

    ものごとを独善的な尺度で受け止めることのないように。ときに私の(ひとりよがりな)正義は、相手にとって、もっとも害のある刃となるのだから。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、深いお言葉を有難うございます。
      おっしゃる通りですね。
      私も生きることを丁寧に、謙虚に、感謝して行いたいと思います。

      ご存知と思いますが、エイブラハムの言葉に以下のようなものがありますね。

      「無条件の愛(無償の愛)とは
      自分が正しいという立場を諦めることである。」
      ”Unconditional love is about giving up being right.”

      これができるというのは、実にすごいことだと思います。
      でも、実はこれが一番「楽しい」生き方となるのでしょうね。
      刹那的な楽しさではなく、心の底からの楽しさを感じたいものですね~

      Reply
  • にしいひであき

    よい自分も、悪い自分も、不完全な自分を無条件に受け入れ肯定する。それは他者を肯定的に受け入れることにもつながり、人間関係における軋轢を軽減する。

    エゴによる自己防衛意識のたかまりが抑制されるので、破壊的な衝動の使用を選択する理由が消滅し、暴力も軽減する。

    エゴによらない向上心の育成。自他ともに、もっと善くなることを希求する意識と行動の発露。

    無条件の愛という言葉には、こんなにも深い意味がある。幸せへの指標が示されている。幸せへの道程は平たんではなく、迷い、悩み、恨み、憎み、苦しみの嵐が吹き荒れる。ひとりで行くのはつらい。だからこの星にはこんなに多くの生命が在るのだ。在るからこそ、軋轢がおこる。ジレンマ。軋轢は向上を促す資源となる。転換。そしてすべては繋がってゆく。そう思いました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      にしいひであきさんは哲学なども非常にお得意なのではないかと思いました。
      哲学はビジネスにも非常に重要だと聞いています。
      やはり生き方は全てのことにおいて重要ですよね。
      当たり前のことでしたが・・・

      にしいひであきさんがいつもおっしゃっているように
      つらいことというのは自分を成長させてくれる道具なのだと考えると
      生きる目的は自分がどこまで人格を向上できるかにあるような気になって
      物理的な現実化は目的とは言えないと感じました。

      つらいことを料理しながら、自分のエゴに振り回されず
      観音様のような笑顔を浮かべて周りの人に接することができるようになれば
      自分の魂をここまで磨くことができたと満足感がありますね。
      死んでから素晴らしい平穏な心になることは誰でもできますが
      この世で同じようにそれができる方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

      裕福かどうか、健康かどうか、というような基準ではなく、
      どんな心でいるのかということが全ての人の崇高な目的なのかもしれません。
      それを追い求めることは本当に楽しく、至福の道のりですね。
      道のりが至福である方法は、自分の物質世界での魂の向上を
      物質や肉体を使いながら行っていくことかもしれません。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    幸せに生きるとは、自分の望むことすべてが与えられ、満たされた状態で生きることではなく、いかなる境涯であっても、おおいなるもの、宇宙の理の一部である真の自分を感得し、安心して。感謝して。おだやかに。あかるく。やさしく。つよく。そして楽しく。この肉体を精一杯使わせていただいて、今この時をまっとうすることである。

    真の自分は、わたしにも、あなたにも、あのひとにも、草木にも、虫にも獣にも、鉱物岩石にも、大気にも、雲にも、雨にも、この世に存在するすべてのもののなかに在る。すべてのものは、ひとつのものとして繋がっている。そんなふうに考えると、勇気が湧いてきます。

    未熟で傲慢なわたしは、まだまだ幸せを感得できず、言葉を紡ぐことで勇気を創り、自分を激励しています。言葉の杖をつきながら歩く道中です。がんばります。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつもいろんなことを教えて下さって有難うございます。
      にしいひであきさんの人生の道程で
      このように書かれた文章に触れられることは本当に幸せです。
      よく素晴らしい文章や詩を読んだときに
      この作者はどのような状況で、どんな気持ちでこれを書いたのだろう?
      と思うことがありますが、現在進行形の歩みの中で
      作者が今現在、書いたばかりの文章を読ませて頂けることは幸せです。
      大変な状況にいらっしゃる中で書かれている分、本当に心に響きます。
      まだ結果が見えなくてもちゃんとそれを知っている強さが伝わって来ます。
      いつも本当に有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    出来事が起きて、つらいと嘆くのは、私の傲慢。出来事は、私に足りぬところを教えてくれて、更なる向上を促してくれているし、私には、たくさんの心強い味方と、毎日休むことなく動き続けてくれている私自身の身体がある。だから感謝。すべてに、ありがとう。今この時点で私が感じた思いです。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      にしいひであきさんの感謝のお心の深さはすごいと思いました。
      また、「出来事が起きて、つらいと嘆くのは、私の傲慢。」というふうに思えるのも
      本当にすごい!と思いました。
      そういうふうに思える方は、過去のつらいことも
      「全部忘れました。」と思えるのだと思います。

      にしいひであきさんがおっしゃるように、つらいことが
      「私に足りぬところを教えてくれて、更なる向上を促してくれている」ものであれば
      その役割を果たしたつらいことは、もう必要ないので忘れて、
      今の幸せに目が行きますよね。
      そう思うと、つらいことの最中にるときでも、自分の向上がうれしくなりますね。
      つらいときも人生の意味を感じていられれば最強ですね。
      いつも素晴らしい思いをシェアして下さって有難うございます。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください