引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 他人からの批判を気にしなくなる方法

他人からの批判を気にしなくなる方法

他人からの批判
Pocket

エイブラハムが「他人からの批判を気にしなくなる方法」

平たく言えば「人の言うことを気にしなくなる方法」について

話してくれたので、今日はその内容をご紹介するね。

 

まず、他人が「あなたのことについて」言っていることや

「あなたに対して」言ったことであっても

個人的に取らないこととエイブラハムが言っていました。

 

なぜならどんな人でも他人に批判的なことや

ネガティブなことを言うときというのは

自分が宇宙の源とつながっていないとき

言い換えれば本当の自分の姿を生きていないとき

もっと簡単に言えば機嫌が悪いときだからなんだって。

 

どんなに個人的に言われているように見えてもそうではなくて

その批判を発している人自身のアライメント(源との融合)

その原因があるそうです。

 

アライメントの状態にある人が、人を批判したり

他人に敵対的な態度を取るということはあり得ないんだよ

エイブラハムが言っていました。

 

だからいつでもその批判を発している人の中に原因があると思うと

思いやりというものが湧いて来るはずだよね

エイブラハムが言っていました。 

 

私達は道端で血を流して倒れている人を見たら

すぐに助けようと思うけれども

他人に敵対心を向けたりしている機嫌の悪い人

助けようとは思わない

でもそういう人が一番助けを必要としているんだよ

とエイブラハムが言っていました。

 

そして、そういう人が常に気分良くしている人に出会うと 

自分がそうではないということが明確に示されるから

何とかしてその気分の良い人を

自分と同じ機嫌の悪い場所に引きずり降ろそうとして

それが敵対心批判という形で表現されるそうです。

 

それが意図的に行われていようともそうではなくとも

そういうリアクションは何とか気分良くなろうとする

彼らの必死の努力だそうです。

 

そういうことがわかれば

他人からの批判を個人的に取ることはなくなるよね

エイブラハムが言っていました。

つまり自分が本当の原因ではないとわかるよね。

 

そういう思考を繰り返していくと

他人が何と言っているかに関係なく

常に安定的に機嫌が良い人間になれるそうです。

 

結局やはり自分を機嫌悪くできるのは

自分しかいないってことよね。

 

人からの批判を謙虚に受け止めて

自分の行動を改善させるのは

もちろん自分の選択だけど

それと自分の機嫌を悪くすることとは全くの別問題だしね。

 

ネガティブな思考にネガティブな思考で対処していては

同じネガティブな波動に落ちて共振するだけだしね。

 

ま、お相手にとってはそれで目的達成~!

不機嫌な世界へようこそ!ってなるわけだけどね。

Welcome to the Fukigen World!って感じかな。

 

そんな所で紙吹雪で歓迎されても困っちゃうよね。

いや~どうもどうも・・・”\(^^\)(/^^)/”とか言ってね。

のせられてる場合じゃないって? :mrgreen:

花吹雪

こんなところでオヤジギャグで失礼しました。

私のイメージが・・・(そんなものはもうとっくに崩れてるって?)

 

ところでオヤジギャグって英語でもUncle Jokeって言うんだと

インターナショナルスクールに通っている娘達が言っていました。

uncle’s jokeじゃなくてuncle jokeね。)

それを知ったときの私の驚き!

あれは日本独特の概念だと思っていた。

 

でも香港人の主人は、中国語ではそんな表現はないと

言っていました。

そりゃそうよね~

(一体うちはどんな会話をしている家族なのか・・・ 😀 )

 

さ、ここで話を戻すと・・・

不幸な人というのは、他人も不幸だと知ると

うれしく感じるものですね。

 

だからもし自分が他人の不幸をうれしいと感じるときは

自分も不幸だということですね。

自分が幸せだと他の人にも幸せになってほしいと思うからね。

 

そう言えば少し話は違いますが、小林正観さん

他人の評価を気にすることは幼児性の現れだ

とおっしゃっていました。

私ってまだ幼児性がいっぱい残っていたのね・・・

 

それからバシャール(ダリル・アンカさんが

チャネリングしている宇宙人)

他人の批判に腹が立つことの理由は

自分がその批判(意見)に同意しているからだ

と言っていました。

 

例えば「あなたの黄色の靴は変だ!」と誰かが言ったときに

あなたが青色の靴を履いていたら「何の話?」と思うけど

本当に黄色の靴を履いているのなら何か感じるよね?

とバシャールが言っていました。

 

そっかー、バカと言われて腹が立つのは

「私はバカだ。」と思っているか

「私はバカかもしれない。」と

少しでも自分が思っているってことなのね。

見破られてしまった・・・ :mrgreen:

 

エイブラハムも小林正観さんもバシャールも

宇宙の源と同じ見方で自分を見れば

それで問題はすぐに解決されるよって言っているようですね。

 

宇宙の源(Source)の意見と他人の意見と

どっちを信じるんだ?って話かな。 😀

 

それに機嫌の悪い他人と同じ位置まで落ちてしまったら

自分が相手を引き上げることもできなくなってしまうよね。

 

そういうものに惑わされないほど

自分や他人も含む人間っていうのは

素晴らしいものなんだ!と知っていないとね。

その人だって本当の姿は光なんだ!と知っていないとね。

(それについての関連記事もどうぞ。

『解決策の流れの一部になる方法』

 

それは、例えば御主人様が機嫌の悪いときでも

「この人は本当に優しい人だけど、今日はきっと何かあって

たまたま機嫌が悪いだけなんだ。」

と知っている奥さんのようですね。

 

子供がたまに機嫌の悪いときも

「この子は素晴らしい子だけど

今はたまたまお腹が空いていて機嫌が悪いだけなんだ。」

と知っている母親のようですね。

(案外これが当たっている! 😛 )

 

批判に惑わされないというのは

自分も人も含めて宇宙の源の目(神の目)で見る

ということですよね。

そんな幻にはダマされないよ~ってことよね。

私も日夜、楽しくがんばってみます。 😀

Name of author

Name: メアリー

4 thoughts on “他人からの批判を気にしなくなる方法

  • メアリーさん、今日も素敵な記事をありがとうございます。
    すごく役立つ知識だと思います。

    私も思い当たることがたくさんあります。
    確かに他の人から批判されたと感じるというのは自分が中にそのような考えがあるっていうことですね。

    と、いうことは、もし他の方に批判されて傷ついたって感じるようなときは自分の古い観念に気づくチャンスになり得るってことですよね。

    批判で傷つくのは、癒しのチャンスですね(^◇^)

    Reply
    • メアリー Post author

      はつねさん、さすが気づきのレベルが違いますね。
      すごく謙虚で素晴らしくて脱帽です。
      同じ情報を与えられてもはつねさんの学びというか気づきってすごいですね。
      私もそういうふうに思おうと思いました。

      はつねさん、いつもコメントを有難うございます。
      また素晴らしい気づきや理解された内容を教えて下さいね。
      本当に有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん、こんにちは^_^
    とても素晴らしい内容ですね‼︎

    人の不幸は蜜の味という言葉を聞くことがありますが、そう思う人も不幸なんですね…

    私も以前、目の前や陰で他部署の人たちから悪口を言われ、悲しい経験をしたことがあります。
    同じ部署の人たちからは、気にしない方がいいと励まされましたが、気になり仕方なかったです。

    それから時間がたち、逆に私のことをそう思う相手が可哀想な性格なんだなと思うようになりました。

    そして今は、機嫌が悪いんだろうなと思い、ある程度距離を置くようにしています。

    私は私で、笑顔でいようと思います。
    笑顔でいたら、明るい人たちが集まってきます‼︎

    Reply
    • メアリー Post author

      くまこさん、お褒めの言葉を有難うございます。
      「とても素晴らしい内容ですね‼︎」と書いて下さって本当にうれしいです!
      くまこさんは人を褒める能力があるからご自分もきっととてもお幸せな方ですね。
      斎藤一人さんも褒める才能というのは天が与えたすごい才能で
      それをきちんと使える人は幸せになれるとおっしゃっていますよね。

      私は人を褒めるのが上手な方は、ご自分もすごく出来る方だと思います。
      人を褒めても自分が低いということを意味しないと感じているから
      どんどん他人を褒めて、その長所ばかりが目につくんだと思います。
      自分のことが好きではなかったり、自分を認めていなかったり、
      自分はだめだと思っていると、人を褒めることによって
      自分の低さが浮き彫りにされるような気がするから
      なかなか褒めることが出来ないんじゃないかな~と
      私は思うようになりました。
      私のお友達でも学歴もすごく高くて
      仕事でもびっくりするほど成功している人が
      そんなことは全く言わずに他の人を褒めているのを見て、
      後でそのお友達の背景を知って、この人はすごいな~と感心しました。

      ところで『夢をかなえるゾウ』という本の中のガネーシャも
      「成功したいんやったら絶対誰かの助けもらわんと無理やねん。
      そのこと分かってたら、人のええところ見つけてホメるなんちゅうのは、
      もう、なんや、大事とかそういうレベル通りこして、呼吸や。
      呼吸レベルでやれや!
      二酸化炭素吐くのと同じくらいナチュラルにホメ言葉言えや!」
      と言っていますね。
      私はガネーシャのトークが大好きです。

      関係ないけど、もう一つガネーシャの言葉で好きなのは
      「人間ちゅうのは不思議な生き物でな。
      自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、
      一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、
      つまり自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。
      たとえば・・・親や。」です。
      私達ってインターネット上で会ったこともない人には気を遣って
      「返事を書かないと。」とか思うのに
      親や兄弟や配偶者や子供や家族をぞんざいに扱ったりしますよね~
      あ、もちろんくまこさんは違いますけどね。
      それは私だった・・・(^^;)
      (もちろんこうしてブログで知り合ったくまこさんのような方も
      私は大切に思っています。
      でもお互いにプライオリティというか優先順位はありますよね。
      変な気を遣わないでいくことが幸せの道ですよね。)

      くまこさん、会社での貴重な経験をシェアして下さって
      本当に有難うございます。
      「笑顔でいたら、明るい人たちが集まってきます‼︎」って
      本当にそうですよね。
      私も自分の機嫌を自分でとって、
      そしてベストを尽くしたらお人様のことはある程度割り切って
      やって行こうと思います。

      私も人間関係で体験したことを下記の記事に書いたので
      良かったらシェアさせて下さい。

      くまこさん、本当に素晴らしいコメントを有難うございました。
      『ミニバスの運転手さんの反応も私次第だった?』

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です