引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 無条件の愛とは自分が正しいという立場を諦めること

無条件の愛とは自分が正しいという立場を諦めること

無条件の愛
Pocket

エイブラハムのメッセージ、短いのから行ってみます!

 

「喜びは成功である。」

Joy is success.

 

「無条件の愛(無償の愛)とは

自分が正しいという立場を諦めることである。」

Unconditional love is about giving up being right.

 

「どんなことでも

その事柄が本当に起こってほしくて

そしてあなたがその邪魔をしなかったら(=あなたがどいたら)

その事柄は起こる。

必ずそうなる。

それが法則だ。

それ以外のことにはなり得ない。

そのようにこの宇宙は作られている。

その事柄を望んでリラックスすれば

その事柄は起こる。」

No matter what it is, if you really want it, and if you get out of the way of it,

it will happen. It must be. It is Law. It can be no other way.

It’s the way this Universe is established.

If you want it and you relax, it will happen.

 

これと同じようなことを

小林正観さんもおっしゃっていたよ。

 

何かが起こってくれたらいいな~

でもべつに起こらなくてもいいけど

でもそのことが起こってくれたらうれしいな~

っていうふうに軽く思うんだって。

そうすると本当にそうなるんだって。

 

斎藤一人さんも似たことをおっしゃっていました。

「豊かだな~」

と言った後に

「やってやれないことはない。

やらずにできるわけがない。」

っていうのをリラックスして言うんだって。

力んで言っちゃいけないんだって。

そうすると本当にそうなるんだって。

 

エイブラハムも何かを望んだら

その後にはもう宇宙に任せて

リラックスして楽しくしておきなさいって

言っていました。

 

それがエイブラハムの一番教えようとしている

“The Art of Allowing” つまり

「許可の芸術法・許容術ってことになるのかな。

 

「許可の芸術法・許容術って言われても

何のことかわからないと思うけど

そうなることの邪魔をしないっていうのかな

そうなることを許すっていう感じかな。

 

エイブラハムによると

楽しくて喜びに溢れて

平穏で感謝の心でいると

自然に自分の望んだことが起こるけど

心配したり暗くなったり不満に思ったり

悲しんでいたり力んでいたりすると

せっかく起ころうとしている願望が

起こることができないんだって。

 

だから起こることを許しなさいっていうことを

言ってるわけなんですね。

 

私達は邪魔をしないように

「どかないといけない」

っていう意味よね。

 

でも難しく考える必要は全然なくて

要は笑みを浮かべて深呼吸して

リラックスして感謝して

人生を喜んで進んで行こう!ってことよね。

 

私も頑張ってみます。

頑張るっていうのはちょっと違うのかな?

頑張って楽しくするっていうのも

考えたらおかしな話だけどね。

楽しいほうがラクに決まってるのにね。

苦しくしてるほうが苦しいのにね。

 

笑ってるのが普通の状態になったら素敵だね。

子供達のようにね。 😛

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です