引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『感謝ができ自分の価値も感じられ他人からも評価される方法』『夜寝る前に聞く(読む)といい言葉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » 並木良和さんの動画を見て毎日楽しんで取り組んでいることがあります!

並木良和さんの動画を見て毎日楽しんで取り組んでいることがあります!

調和
Pocket

最近、並木良和(なみきよしかず)さんの存在を知ったのですが

私としては共鳴する部分が多かったので

ここでご紹介させて頂くことにしました。

 

以下の動画は、7月28日に配信されたもので

タイムリーであると同時に

一生のテーマでもあるような内容でしたので

良かったらぜひご覧になって下さい。

 

(でも、べつに絶対8月にやらなければならないという内容ではないと思います。

それに何かをしないとアセンションできないとか、そういう話では全くないです。

私達は生きているだけで、言葉にできないほど全てに貢献しているそうですから

 

今まで本当の自分(=調和と愛そのもの)

我(が)というものの違いがあまりわからなかったのですが

この動画の中ではとてもわかりやすく説明されていると思います。

ハイヤーセルフローワーセルフのどちらに合わせるかという話でもあると思います。

 

並木良和さんがこの動画の中でおっしゃっていることを

毎日意識して行っていくと

その先で自分の住む世界が大きく変わって来ると思います。

 

何よりも心がとても軽く、明るくなって

自分が楽になると思います。

 

この動画を複数回見ると、理解が深まると思います。

なかなか奥が深いですね。

(私はお皿を洗いながら初めて見ました。(^O^)/

あとは寝る前に聞いたりしています。)

 

頭ではなく、心で体感できるレベルまで行けたらいいなと思い

これからワクワクしながら取り組むつもりでいます。

 

それでは以下の動画をどうぞ。

 

ところで、以下の動画はとても長いのですが

並木良和さんのおっしゃる統合の意味ややり方が

非常にわかりやすく紹介されています。

 

この動画を見てから、毎日どうやったら

重い周波数を手放して行けるのかがわかりました。

 

こんなにいっぱい動画見られないよ~とお感じになると思いますが

私も寝る前に毎日10~15分ぐらい聞いて寝る・・・ということを繰り返して

いつの間にか最後まで聞けました。

 

無理なく消化したほうがいいと思いますので

1カ月とかかけてでもゆっくり聞いてみて下さい。

だから今月のコメントは一切なしで結構です(^▽^)/

 

無理なく、楽しんで取り組んで行きたいものですね!

 

(以下の動画ですが、このような注意書きが書かれていました。

≪2020冬至まで公開します≫

オフィス並木の許可のうえ公開させて頂いていますが

2020年12月23日の冬至をもちまして、

本動画の公開は終了させていただく予定です。

ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。)

Name of author

Name: メアリー

22 thoughts on “並木良和さんの動画を見て毎日楽しんで取り組んでいることがあります!

  • 3年前くらいからあなたの記事を見続けています毎日のようにまだかまだかと更新をたのしみにお邪魔しています(笑)なんど心に愛をもらい、救われたかわかりません。毎回すてきな投稿をありがとうございます。感謝しています。

    Reply
    • メアリー Post author

      Linoさん、初めまして。
      心温まるコメントを有難うございます。
      3年も前から読んで下さっているのですね。
      このブログは通常は毎月10日に更新するようにしています。
      たまに何かあれば違うタイミングで更新するときもありますが・・・
      新しい記事が投稿されるとメールでお知らせが来る設定にもできます。

      エイブラハムや様々なスピリットのメッセージによって
      私も方向転換させて頂いていることが多々あります。
      本当に有難いですよね。
      Linoさんも「なんど心に愛をもらい、救われたかわかりません。」
      とおっしゃっていますが、私もその一人です。

      これからも明るく楽しんで取り組んで行きたいですね。
      この旅がどんなふうになって行くのか本当に楽しみですね。
      どうぞお元気でお過ごし下さいませ。
      お優しいコメントを本当に有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん、こんにちは!(^^)/

    実は、私も先月にたまたま並木さんのYouTubeを観て、並木さんのことを知りました。
    で、今回のこの記事だったので、とてもビックリしてしまいました!

    最初の動画は見ていたのですが、最後の長い動画は知りませんでした。

    何だか気になったので、一昨日見てみましたが、その内容に衝撃を受けました!
    この世界のことを、よりクリアに理解できるようになりました♪(^o^)/

    素晴らしい動画をご紹介頂き、ありがとうございます~♪♪(^^)/

    Reply
    • メアリー Post author

      ふなこしのりひろさん、またコメント下さって有難うございます。
      同じ時期に並木良和さんの動画を見ていたとは、とても驚きですね。
      たくさんいろいろな動画が出ていますね。
      長い動画も少しずつ見れば、全部見られるものですね。
      こちらこそいつも有難うございます。
      毎日明るく過ごせることはとても幸せなことですね。
      これからもどうぞよろしくお願い致します。

      Reply
  • メアリーさん、はじめまして。私も数年前から読ませてもらっています。優しさ、謙虚さ、ユーモアなどメアリーさんの愛情がさまざまに伝わってきて、毎月の更新も嬉しいし、過去分を読み返すのも日々の楽しみです。

    最初はエイブラハムのことを知人に教えてもらって検索したのがきっかけですが、メアリーさんには色んなことを教えていただきました。本当に、こんないいブログをありがとうございます!宝物です。今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

    Reply
    • メアリー Post author

      律さん、初めまして!
      数年も前から読んでいて下さったなんて本当に有難うございます。
      このブログをそんなにいいと思って下さって有難うございます。
      このブログが少しでもお役に立ったのなら良かったです。
      お知り合いの方もエイブラハムに感銘を受けたのですね。
      こういう勉強をしながら進むのは楽しいですね。
      毎日楽しいのは何よりも幸せなことだと思います。
      律さんもお幸せな毎日をお送り下さいね!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    自分には、よいところもわるいところもあって、
    よいところもわるいところも大切な自分である。
    自分にわるいところがあるからといって、他人から不当に攻撃されることが、自分の責任なのだと認識して、相手からの不当な攻撃を許すことは、自分を自分で不当に障害することなのだ。これは何人であってもおなじ。
    その逆もまた然り。相手のわるいところを主観的にみつけ、相手を不当に攻撃する自分への免罪符にしてはならない。
    ほんとうに人間関係はややこしい。
    他者との良好な関係を構築することに情熱することは、時間と自分を浪費するだけなのかもしれない。
    他者ではなく、自分に向けた、濃やかで暖かな視線をもつことを、常に心がけるようにしたいとおもう。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      確かにエイブラハムも言っていますが、
      本当の自分(Source)と共鳴することだけ考えていれば
      人間関係も含めて他のことは全てうまく行くそうですね。

      小林正観さんもバシャールも、状況はニュートラルで
      それに善悪をつける心があるだけだと言っていますね。
      自分で意味付けができるなんて、とても自由で有難いですね。
      ・・・と思う心も自分次第なんですね(笑)

      矢作直樹先生も「良いも悪いもないんです。」とおっしゃっていました。
      ジャッジする心を持たなくていいと思うと本当に楽ですね。
      私もにしいひであきさんのような暖かな視線で
      周りの方々や状況を見て行こうと思いました。
      いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    それでも他者からの攻撃と感ずるほどの圧力は、
    心と身体に痛いですね。死を選択する方々の気持ち。
    理解できるような気がします。

    分別することなしに自分に濃やかで、暖かな視線を向けてくれる誰かと出会うことができたら。そして自分もその誰かに同じ視線を向ける心情で過ごすことができたら。
    その出会いこそ、幸せと呼ぶのでしょうね。
    せめて家族。妻とわが子に対しては、
    相手から求めることなく、自分だけは、その心情を向けて過ごせればと願っています。

    夏休みの終わり。こどもたちの自殺が増えるといいます。
    いま、つらく苦しい痛みのなかにいる子。その子たちに、幸せの出会いがありますように。わたしたち大人が、こどもたちに、濃やかで、暖かな視線を向ける、おおきな存在であることができますように。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、また有難うございます。
      「せめて家族。妻とわが子に対しては、
      相手から求めることなく、自分だけは、その心情を向けて過ごせればと願っています。」
      という部分、感動しました。
      お幸せなご家族ですね。
      ご家族に対してそのような取り組みをされれば、それが全てに通じますよね。

      子供の幸せを願うお心というのは本当に美しいですね。
      子供は天真爛漫で、可愛くて美しくて、光のような存在ですよね。
      教えられることは本当に多いです。
      レインボーチルドレンかクリスタルチルドレンか
      なんだか名前はよくわかりませんが、
      どんどん新しい子供が生まれて来て
      どんどん変化して行きますね。
      終わりのない変化というのは本当に楽しいですね!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    自分にとって53回目の8月も、もうすぐ終わります。
    多忙にかまけて、季節を味わう情味を忘れ、気がつけば9月なんてことのないように。最後の夏の一日、一日を、大切に感じられる様。丁寧に日々を過ごしたいです。
    先週の土曜日。ひさしぶりに息子と出かけました。博物館で生物の多様性を感じ、美術館で、日本画とロダンの彫刻を鑑賞し。夜はインド料理を堪能してきました。
    ロダンの彫刻。昔みたときは何も感じなかったけど、今回は圧倒されました。考える人。微細な筋肉のうねりを表現する繊細さと、哀しみ、怒り、憂いをたたえた目元。口元。その大きくて武骨な拳は、いまにもこちらに向かって飛んできそうな激しさを静かにはらんだままそこにありました。地獄門。人間の哀しみ、苦しみ、恐怖の叫びがうねるように伝わってきて。ぐったりしてその場に座り込んでしまうほどでした。インド料理は繊細な味わいと、グローブより大きなナン。美味しいものを食べると、それだけで幸せになれますね。息子も楽しんでくれていて。またこんな日がくればいいな。でも、人が死ぬってことは、もう、こんなふうに一緒に過ごす日が訪れないということ。
    初めて死が怖くなりました。人との幸せを感じられたから。人を失うことが怖くなった。死はいつか訪れるけれど、自分だけの思いで選んじゃいけない。あなたと過ごす時間が失われることを、怖いと感じるだれかが、きっとどこかにいるはずだから。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、素晴らしいご報告を有難うございます。
      おっしゃるように季節を味わう心というのは、今ここをしっかり味わう心となると思います。
      諸行無常を知っていて、今ここにあるものの価値がわかるということですよね。

      御子息様と素晴らしい時を過ごされて本当に良かったですね。
      芸術を味わうお心があるのも人間の深みの表れだと思います。
      今が楽しいと、確かに死にたくないという心になりますよね。
      だから、ある意味死や別れが怖いのも
      今を楽しんでいることの表れなのかもしれないですね。
      そうやって今生きていることの有難さを感じられるように
      死というものが設定されているのかもしれませんね。
      桜も散るからこそ美しいのかもしれません。
      とにかく、今日も楽しくうれしく生きられたことは
      本当に有難いことですね。
      今が天国という生き方は素晴らしいですね。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    苦痛を感じたとき、ストレートに感情を表出することも、ときには必要なのだとおもいます。ただ、その場合でも、表出の開放感からくる快に身を任せずに、もうひとつの自分(分別なく自分を尊重する意識)を顕在化させた状態の自分を保てることが肝要なのだとおもいます。
    もうひとつの自分が、感情表出が、破壊をともなう暴力的行動となることを抑制し、建設的で調和のとれた行動となるように導いてくれるのだと。やはり大切なのは、自分と肯定的に向き合う仕方であり、その仕方を日常から学びたいと願う心情と姿勢なのだと思いました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      いつも自分と向き合っていらして素晴らしいですね。
      毎日いろんなことを考えて、いろんな発見があるのは楽しいですね。
      にしいひであきさんのように一日一日成長して行く姿勢で生きていらっしゃるのは
      本当に素晴らしいことと存じます。
      どんな考え方も自分の人生経験から得た答えなので
      自分が選択して行くのみだと思います。
      正解不正解はありませんよね。
      自分に与えられた人生は、自分の選択で生きて行けるというのは
      本当に有難いことですね。
      この体も本当は自分のものではなく、使わせて頂いているのでしょうが、
      自分の人生も与えられて、生きさせて頂いていると思うと
      本当に有難いことですね。
      このギフトに感謝して、体さんにも人様にも感謝して
      やって行きたいと思います。
      にしいひであきさん、いつも有難うございます。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。いつもありがとうございます。
    自分と肯定的に向き合うことができる心情が、潜在意識にまで浸透されていれば、ダメージを受けたとき、過剰な反応(自己防衛を目的とした。自他への暴力につながりやすい。)をとることなく、適応していけるのかもしれません。分別なく善い自分を観念しているのなら、外部からの刺激に対して、過剰な恥辱や怒り。妬みの感情の想起を抑制し、善い自分としての意識で対応できるはず。
    その心情には、何度も体験し、悩み、迷い、だれかと出会い。少しずつ、少しずつ。近づいてゆけるもの。
    毎日が修行。作務。タスク。
    そう考えると、人生は素晴らしいですね。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、またコメント下さり有難うございます。
      人生を素晴らしいと感じていらっしゃるとのこと、本当にうれしく存じます。
      面白い、興味深い、という感情は
      感謝と同じぐらい波動が高いとどこかで読んだか聞いたかしました。
      そのような好奇心に溢れた気持ちというのは
      とても素晴らしいそうです。
      にしいひであきさんも毎日そのようなお気持ちで過ごしていらっしゃるのですね。
      毎日発見があって、とても楽しいですね!
      もっともっといろんな人や事柄に出会い、いろんなことを知りたいですね!

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。
    先日、とあるお店で。
    年に一度、母親を海外旅行にいかせてあげてるんだ。
    母子家庭で。
    忙しくて。
    学校の行事に母親はきてくれなかったけれど、
    年に一度だけ、僕を旅行につれていってくれた。
    若い時、ずいぶん迷惑かけたけど、母親は受け止めてくれた。だから、今の僕があると思う。
    あの人の子どもでよかった。
    聞いていて、涙があふれました。
    すべての人を愛おしく感じて。
    どの人にも、その人を大切に思うだれかがいる。
    だから、すべての人が大切な命。
    理屈じゃなく。只、そう感じました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、いつも有難うございます。
      そのような素晴らしいお話を隣で聞かれたなんて
      信じられないような偶然ですね。
      こんな感動的なお話をじかに聞いたならば、本当に涙が溢れますよね。

      「若い時、ずいぶん迷惑かけたけど、母親は受け止めてくれた。」というところ
      本当にお偉いお母様だと感動しました。
      母子家庭というだけで大変なのに
      思春期の反抗的なお子様のそばで
      大きな心で見守るという大役も果たされたのですね。
      その頃は辛くても、お子様が大きくなられたら
      そのときのお気持ちをわかって下さって本当に良かったと思いました。

      平凡な家庭であっても
      大きくなったら親の気持ちがわかるようになって
      何年もたってから深く感謝するということがよくありますね。
      それのもっとすごい版でしたね。
      いいお話を教えて下さって有難うございました。

      長い目で見れば、親子というのは喧嘩などをしたとしても
      結局は温かい思いでつながっているものだと感動しました。
      そして、親孝行なこのお子様は
      ご自分もとてもお幸せになられているのだと思いました。

      親を大切にしたいと私も改めて思いました。
      そして、あの両親のもとに生まれられて本当に良かったと
      もっともっと毎日深く感じるようにしようと思いました。
      いいお話を本当に有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    コロナの緊急事態宣言がでていた5月。
    連日お客さんがこなくて。
    今日もだれもかないのかな。
    暗い気持ちになっていたとき、
    私が来店したのが縁で、いろいろお話するように
    なったんです。
    親の気持ち。こどもの気持ち。
    どちらも肌感覚で伝わってきて。
    せつなくて。
    ほんとはずっと一緒にいてあげたいのに。
    それができない。
    ほんとは好きなのに素直になれない。
    せつなくて。
    でも内包した思いはいつか、花になる日がくるんだね。
    こうして人は生きてゆく。
    だからすべての人が愛おしい。
    自分のことも愛おしい。
    生きてゆくことが愛おしい。
    そう思えました。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、お返事ありがとうございます。
      そういうことだったんですね。
      ご縁があって、そんなに深いお話までできる仲になられたなんて素晴らしいですね。
      お相手もにしいひであきさんのお人柄がとても信頼できるからこそ
      そのようなお話をされたのだと思います。

      にしいひであきさんが共感して下さって、お相手もとてもうれしかったでしょうし
      癒されたのではないかと思います。
      にしいひであきさんもそのような温かいお気持ちになられて
      お互いに素晴らしい経験となりましたね。

      おっしゃるようにそのような素晴らしい経験ができるからこそ
      この世に生きているのかもしれませんね。
      「生きてゆくことが愛おしい。」と感じられるなんて
      本当に素晴らしいことですね。

      そのような愛の花を心に咲かせながら過ごせることは、本当に幸せだと思います。
      素晴らしい体験をシェアして下さって本当に有難うございました。

      Reply
  • にしいひであき

    メアリーさん。ありがとうございます。
    まちがうこともあるさ。
    うまくいかないときも。
    だれかと衝突することも。
    吹き荒れる嵐に翻弄されることも。
    でも、大切な自分をみつめて、分別を超えて
    自分を肯定する心情を保ち続けていれば、
    やがて雨もあがり。晴れた青空の下で。
    爽やかな風を感じられる日が訪れる。
    いつか。きっと。
    だから幸せをあきらめないで。
    自分をあきらめないで。
    今日一日を、生きてゆこう。

    Reply
    • メアリー Post author

      にしいひであきさん、素敵な詩をシェアして下さって有難うございます。
      おっしゃる通りですね。
      私もそのような気持ちにさせて頂きました。

      このような素晴らしい詩を書き溜めて後で見返してみると
      その時々の心情が思い出されていいですよね。
      将来お子様にプレゼントされたら、それこそ宝物になると思います。
      こういうのを読むと励まされますよね。
      自分の人生を詩にして行くって素晴らしいですね。

      にしいひであきさんは詩の才能もあられてすごいですね。
      でも上手とか下手に関わらず、魂の言葉が伝わって来ると思います。
      やっぱり生き様というか、人生での体験が一番人の心を揺さぶりますね。
      それを詩から感じられる私達は幸せです。
      どうも有難うございました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください