引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『子供が登校拒否でうつ病でリストカットをする理由』『会社の上司がネガティブな場合はどうすればいいの?』など多数です。

Home » 引き寄せの点をどのように操作すればいいの?

引き寄せの点をどのように操作すればいいの?

引き寄せの点
Pocket

エイブラハムの言葉より:

「自分の周りを取り巻くものに目を向けて

目に入って来るものに感謝の気持ちを感じるとき

あなたは、自分の見るもの全てが持っている波動の中で

その最善の部分とマッチすることになる。

すると、大いなる全て(All-That-Is)の最善の部分が

あなたの目に入る全てのものとなる。

(=あなたの現実の全てとなる。)

これがあなたが自分の引き寄せの点を操作する方法だ。」

When you look out into the environment that surrounds you,

and you feel appreciation for what you see,

you tune yourself to the frequencies of the best of all that you are.

And then, the best of All-That-Is, is all that you will see. 

That is how you manage your point of attraction.

自分の引き寄せの点というものが存在していて

それは自分で設定が可能だそうですが

では、どうやってそれを望む位置に設定すればいいのか

という問いに対する答えがこれですね。

 

自分の目に入って来るもの、人、状況などに対して

感謝の気持ちを感じるときは

自分の波動が上がって

波動の高い世界に自分がマッチする

ということになるそうですね。

 

エイブラハムはよくラジオやテレビの電波を例えとして

波動や波長の話をしてくれますね。

 

私達の周りには、目に見えない電波が飛び交っていますね。

そして、ラジオやテレビなどを

あるヘルツ(周波数)に合わせると

その音が聞こえたり、その映像が見えるようになるわけですね。

 

それと同じで、私達はすでに様々な波動の世界というか

パラレルリアリティというか

名前は何でもいいのですが

大いなる全て(All-That-Is)の様々なバージョンの中で

生きているのですよね。

 

自分から感謝の波動が出ているときには

大いなる全て(All-That-Is)のベストの波動バージョンの中で

生きることができるんですよね。

 

周りの世界が変わるという意味は

自分の波動が変わると

それにマッチした電波(波動)の世界に

移動するということですね。

 

あるヘルツのラジオを聞いているときには

その番組しか聞こえないですし

テレビのあるチャンネルを見ているときには

そのチャンネルの番組しか見えない

ということと同じだそうですね。

 

この切り替えは本人だけに主導権があるので

チャンネル争いをする必要はなくて

独断と偏見で好きなものが見られますね。(^o^)/"

 

「私の体の中に入って、私の代わりにこの周波数で振動してくれない?

お願い!頼む!あなたうまいから・・・」

とか言っても無理だそうですね。

私達も他人に変わって振動することはできないそうですしね。

 

この特権を生かして

自分の引き寄せの点をしっかりと操作したいものですね。

 

よく耳にする「引き寄せをやっています。」

という言葉の真の意味は

「感謝などの高い波動の感情を感じて生きています。」

ということだったんですね。

 

決して「何かを強く願ってこだわりの波動を出しています。」とか

「ステップ1(願望のロケットを飛ばすこと)ばかりやっています。」

という意味ではないのですね。

 

ステップ3の受容・許容(allowing)のプロセスをすること

真に望むことを引き寄せるという意味になるのですね。

 

でもステップ3のおもしろいところは

やっている本人は「引き寄せている」というような

力みを全く感じていないところですね。

 

「楽しくて、うれしくて、有難くて

もうこれ以上何もいらないと思っているのに

まだこれ以上にいいことが、これからも起こって来るの?

生きるってエンドレスに幸せが高まって行くことだったの!?!

もう有難すぎて、すごすぎて、何と感謝していいのかわかりません!」

と感じていることが受容・許容ということですよね。

 

でも、そういうことを知っていようといまいと

誰にとっても物事はどんどん良い方向に進んでいるそうです。

表面がどう見えていようともそうなんだそうです。

 

いつでも、今までのことは全て精算できるそうです。

そして、以前に起こった”悪いこと”なんてどうでも良くなるほど

人との間に愛が生まれたり

幸せになったりするそうですね。

それが人生っていうものだそうです。

 

今どこにいようと

それはそれで完璧にオーケーだそうですよ。

精算できない過去なんてないんですね〜!

 

そして、今ものすごく幸せな人でも

更にもっと上の幸せがあるという

すごい仕組みになっているそうですね。

 

その関連記事がありますので

そちらも良かったらどうぞ!

『今の状況は必ず過去より良い』

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

8 thoughts on “引き寄せの点をどのように操作すればいいの?

  • メアリーさん、
    初めまして、Toshiと申します。2年前ぐらい前に偶然にこのサイトに出会い、ずっとROM(Read Only Member)でいました。毎月10日を楽しみに待っております。今回のエイブラハムの言葉とその翻訳がとても秀逸でしたので、思い切ってメールします。エイブラハムが語っているステップ3は、要するに、願いが実現していく過程なので、「感謝すればいいんだ」ということだとよくわかりました。そしてリンクされているところも、素敵です。まずは、ファンとしてお礼まで。

    Reply
    • メアリー Post author

      Toshiさん、始めまして。
      というか、2年も読んで下さっていたんですか!
      本当に有難うございます。
      ROMという言葉があるんですね。勉強になりました。
      もちろんコメント下さらなくて大丈夫です。
      そんなに熟読して下さっていてうれしいです。
      書いた私よりよく理解していらっしゃると思います。
      今回の記事良かったですか?
      有難うございます。
      様々な方が様々な人生を歩んでいらっしゃると思いますので
      なるべく広い範囲(話題)を網羅して
      共鳴(共感)できる部分があるといいなと思っています。
      私もその時々によって、共鳴する教えの内容が異なって来ますので
      幅広く勉強しないなと思っています。

      感謝は本当に気持ちの良い感情だと思いますので
      幸せのもととして、大切に扱って行きたいと思います。
      Toshiさんは本当に心の澄み切った方ですね。
      こういう内容に共鳴するなんて素晴らしい!
      人間感謝できない心境の時もありますが
      感謝できる心を持っているというのはそれ自体が本当に幸せなことですよね。
      「私は幸せです。こんなに幸せにして下さって有難うございます。」と
      誰とも比べずに言える自分というのは本当に幸せな存在ですね。
      それを寝る前に言って寝られる毎日というのは
      本当に貴重な有難い毎日ですね。
      「日本米は本当に美味しい。」と味わえるのも感謝ですよね。
      そういう幸せを見逃さずに毎日丁寧に過ごして行きたいですね。

      Toshiさん、どうも有難うございました。
      幸せな人生を送って下さい。

      Reply
      • メアリーさん、返信ありがとうございます。
        今、返信を読ませていただいて、ひとつ学びました。
        それは、少しでも褒められるとうれしいものという当たり前のことです。ということは、自分が感謝しにくいときは相手を褒めれば、相手が喜ぶ、相手が感謝する。
        感謝されると、こちらはうれしくなる→自然に感謝できる。

        感謝か、あるいは褒めることであふれている毎日なら、喜びもたくさんでしょうね。
        ありがとうございました。

        Reply
        • メアリー Post author

          Toshiさん、またお返事を有難うございます。
          素敵なお考えをシェアして下さって有難うございます。
          感謝と褒めるのダブルパワーはすごいですね!
          褒めるというのは相手のことを思い、相手の幸せを願うことになりますから
          本当に素晴らしい行動ですよね。
          相手の良いところを探し、その価値がわかるというのは
          自分の心の土壌も豊かでないとできないことですよね。
          そういう豊かな心を育てて行くことは、実は自分の幸せにつながりますね。
          他人と自分が同時に幸せになって行くという素晴らしいシナリオですね。
          真の幸せというのはそういうものなんでしょうね。
          Toshiさん、素晴らしいことを教えて下さって有難うございました。
          お知り合いになれて本当にうれしいです!
          (あ、もう2年前からお知り合いだったんですよね(^o^)/)

          Reply
  • メアリーさん、今月も引き寄せの神髄をありがとうございます!

    余裕があるときは「そうそう!」なんだけど。。

    転職して以来、胃痛が(笑)

    ただ、転職前の「穏やかな人達と仕事が出来たら・・」は叶っているような気はします。

    恋愛は・・・

    お金と恋愛は不得意部門なのかも知れません。

    まっ、それも自分だし、仕方ねぇ~べぇ~(^^♪

    今日もメアリーさんが幸せで楽しくありますように(*^^)v

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、今月も感想を教えて下さって大変有難うございます。
      とても明るい気分にさせて頂きました。
      でも胃痛大丈夫ですか??
      あまり思い詰めないで、淡々と流して行かれることをお祈りしています。
      やはり新しい職場に慣れるのは時間薬のようなところもありますからね。
      人間の適応能力はすごいですから、時間が解決してくれることをお祈りしています。

      「穏やかな人達と仕事が出来たら・・」は叶っているというのは
      すごいことじゃないですか!!!
      それは本当に貴重なことですね。
      自分に等しいことが引き寄せられて来て良かったですね!
      笑いも、一生懸命さも、充実感も、いろいろな素晴らしいことがある会社だと思います。

      お金とか恋愛とか部門に分けて考えなくていいそうですよ。
      ・・・とエイブラハムも言っていますよね。
      10個の話題の中で、9個がうまく行っていないとしても
      残りの1個だけ自分が気分良くなれることがあるのなら
      それにフォーカスして、感謝したり、
      嬉しい気分を出していたりしたらいいそうですね。
      その波動が全てをtake careしてくれるそうですね。

      反対に不得意なことをfixしよう(直そう)としないほうがいいそうですね。
      やっぱり自分が不得意な土俵で戦ってはいけないんだと思います。
      斎藤一人さんも、カメはうさぎとかけっこで争ってはいけなくて
      水中に持って行って水泳で争わないと・・・と言っていましたね。
      波動とかもそういうことのようですね。

      ちょっと話は違うかもしれませんが
      そうやって自分の得意なことで他の人をカバーし(=他人のお役に立たせてもらい)、
      自分の不得意なところは他の得意な人にカバーしてもらうのが
      調和のある会社や社会なのでしょうね。
      美しい生き方ですよね。
      短所のある自分を責める必要なんてないことがわかるし、
      短所があるからこそ、他の人に花を持たせてあげることができるんですよね。
      他人の役に立つというのは素晴らしい気持ちがすることですからね。
      他人も自分も毎日そういう機会があるんですよね。
      みんなが輝ける社会になっているんですよね。

      今日も本当に有難うございました。
      私もエイヴリィさんが幸せで楽しい日々を送っていらっしゃることを
      心からお祈りしています。
      でも楽しくない日々だって、それには意味があって
      それが一番自分のためになっていると思うと
      なんか良かった~という気持ちになりますね。
      宇宙がどんなことを計画してくれているのか楽しみですね!

      Reply
  • いつもありがとうございます。
    3月10日の記事を読み、思い出したことが有りまして、
    コメントさせていただこうと思っているうちに
    2か月たっていました。
    信じられないほど、時のたつのが早いです。

    以前どこかで読んだのですが、
    (メアリーさんのところで教えてもらったことでしたらごめんなさい。)
    テレビのアンテナを扱う仕事をしている人の話で、。
    例えば、NHKにチャンネルを合わせると、アンテナからその同じ微量の電波を出すことによってNHKの電波を引き寄せ、受信するという仕組みだそうです。
    なんか引き寄せと同じで面白いなぁと思いまして書かせていただきました。

    4月も5月も興味深いお話でした。
    ありがとうございました。

    Reply
    • メアリー Post author

      いずみさん、コメント有難うございます。
      テレビアンテナの工事も同じ原理でやるんですね。
      おもしろいです。
      人間の波動だろうと物質から出ている波動だろうと同じことなんですね。
      科学的に考えれば確かに同じことですけど、なんか自分だけ違う気がしちゃって(^^;)
      人間も自然の一部であり、科学の一部なんですね。
      おもしろいことを教えて下さってありがとうございました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください