引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則、エイブラハム、バシャール、セイント・ジャーメイン、マット・カーンさんなどについて英語の動画や書物を和訳してご紹介しています。おすすめ記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるフリーエネルギーを生み出す方法』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『自分が嫌いで自分を愛することができなくても大丈夫!』『感謝ができ自分の価値も感じられ他人からも評価される方法』『夜寝る前に聞く(読む)といい言葉』など多数です。毎月10日に更新しています。

Home » マレーシアでサテーを残さず食べたら迷惑だった!?

マレーシアでサテーを残さず食べたら迷惑だった!?

サテー
Pocket

マレーシアのクアラルンプールに

主人と2人で旅行に行ったことがあります。

 

そのときそこに住んでいた友達家族のおごりで

サテーを食べに行ったんですけど

残したら悪いと思って一生懸命食べたら

すごく迷惑をかけたんです!

なぜでしょう?

 

みなさんもご存知のように

シンガポールやマレーシアやタイなどは

サテーをよく食べますよね。

串焼きにしたチキンやポークやビーフなどです。

 

マレーシアはイスラム教の人が多いから

あまりポークはメインじゃないかもしれないけど

とにかく頼めば山のように出してくれます。

サテー専門のお店に行くとそうですよね。

 

そういうサテー専門のお店に

マレーシアに住んでいる友達家族が

連れて行ってくれました。

 

真ん中の大皿に

山盛りに出された串焼きの山。

すごい、これ全部食べるんだ!と思って

もりもり食べ始めたわけです。

 

ピーナッツソースをつけたりして

本当においしい。(^^)/

ほふほふ、あちちと思いながら

おいしいからどんどん食べた!

 

本当に本当においしかったので

腹12分目までたらふく食べました。

でもまだいっぱい残ってたの。

 

勿体無いなあ、せっかく頼んでもらったから

どんどん食べないとと思って

一生懸命食べました。

 

でも食べても食べても全然減らない感じ。

うーー、もう限界!

ごめん、私はもう食べられないと思って

手を止めました。

 

目は食べたいけど口がついて行かない。

もうこれ以上ムリ!と

赤ん坊のようにぐで~となってました。

 

すると何やら友達がお店のおばさんに叫びました。

たぶん「お勘定お願いします!」

と言ったんでしょう。

 

おばさんがやって来て

私達が食べたたくさんの串を手に束ねて

片付けてくれました。

 

と思いきや・・・・・・串を数えている。

えっ?なんで串を数えるの?

えーーっ!!食べた分だけ数えるの?

食べた分だけお金払うの?

 

知らなかったーー!!

思わず私のあの頑張りは何だったんだと

倒れそうになりました。

 

いやー、日本人の感覚からしたら

一度お客さんの前に出したものは

他の人には出さないもん。

 

ごめーん!そうだったのか。

必要以上に意地汚く食べて

すんませんでしたー!

と思ったけどもう遅かったです。

 

それを主人の友達の華僑家族に

主人に広東語で伝えてもらいました。

あのときは私は全然広東語がわからなかったから。

 

主人は知ってたらしくって

たぶん最初に広東語で

そんなことを言っていたんでしょう。

 

とにかく私は残したら悪いと思い

必死で食べたわけです。

それで迷惑かけてしまいました。

 

でもそう言ったらみんな笑ってた。 😳

いっぱい食べて良かったと

私に言ってくれました。

みんなやさしかったです。(;_;)

 

ということで、そういう所に行く機会があったら

食べた分だけ串を数えると覚えておいて下さい。

無理しなくていいんですね。

貧乏性の私の失敗談でした。^^);

 

関連記事もどうぞ。

『ミニバスの運転手さんの反応も私次第だった?』

『香港にネパール人が多いのはなぜ?』

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください