引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』『死んだ人は死後どのように変化するの?』『死期について自分で決められるのか?誰が決めるの?』『運動をするのとしないのとではどちらが健康?』など多数です。

Home » 病気の原因とは?診断に惑わされないで!

病気の原因とは?診断に惑わされないで!

病気の診断
Pocket

エイブラハムの言葉より:

「診断や治療、或いは他の人がそれについて何をしたかという統計に

惑わされてはいけない。

あなたが気分が悪いときは

エネルギーが(自分に)流れるのを

許し受け入れるようなことを

考えていないからなんだ。

あなたが自分が愛している人に対して

本当に、本当に腹を立てたなら

それだけで自分の体の中の全ての筋肉を

硬直させることができる。

そしてあなたは私達に聞く。

「どうして私の体はこんなふうに感じているの?」

私達は答える。

「それは自分の中で波動的な綱引きが起こっていたからだよ。」

自分の体がどうしてそのように感じているかについての答えを

自分の心と感情的な状態以外のものに

見つけようとするのはやめなさい。

全ては波動だ — 例外はない!

そしてそれがわかったとき

どんな診断があなたに下されたかは問題ではなくなる。

それはどうでもいい。

それは一時的なものなのだから。」

Don’t get lost in the diagnosis, the medicine,

or in the statistics about what somebody else did about it.

If you don’t feel good, it’s because you’re not thinking

in a way that allows the Energy to flow.

You could just get really, really mad at someone you love

and make every muscle in your body stiff.

And you would ask, “Why does my body feel this way?”

And we say, because you’ve had a Vibrational tug-of-war going on…

Stop looking for anything other than 

your mental and emotional state of being

as answers to why you feel how you feel in your body.

It is all Vibrational – no exception!

And when you get that, then it doesn’t matter

what diagnosis has been given to you – it doesn’t matter – it’s temporary.

今回は健康についての話ですね。

体の状態は必ず心の状態が先にあって

その結果として起こって来るのよね。

 

もちろん雨に濡れたから風邪を引いたとか

目に砂が入ったから目が炎症を起こしたとか

物理的な原因があるにしても

それは感情が先にあって、だからこそ

その感情に等しい状況を自分に引き寄せた

ということになるようですね。

 

だから何か体の不調があるときは

その前に自分の心の状態は

どうだったかなーと考えてみると

あ、そう言えば夫婦喧嘩した!とか

子供に怒っちゃったな~とか

上司のことを心の中で責めてたな~とか

絶対思い当たることがあるよね。

 

そういう感情が積もり積もって大病したりもするけど

その感情がなくなれば

自分の波動も変わるから

体は健康な状態に戻れるってことですよね。

 

一時的な状態なんだから

診断や病名に惑わされないで

心の状態を改善することを

忘れてはいけないってことよね。

 

でも私も全然えらそうに言える立場じゃないんだけど

病気のときはこの言葉を思い出して

心と感情の改善に頑張りますね~

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

5 thoughts on “病気の原因とは?診断に惑わされないで!

  • メアリーさん、はじめまして。
    引き寄せの法則を実践しているもののなかなか上手くいかずどうしたら良いものかと悩んでいるうちにこちらに辿り着きました。
    私は20年ほど前から耳鳴りや難聴に悩まされていてその進行を毎日恐れています。実際にかなり進行しています。今まで数えきれないほどの病院で「もう治らない」と言われ続けました。3ヶ月前、それに加え難病の可能性まで指摘された時からは耳鳴りも難聴もさらに進みました。なのでストレスがとても影響していることは分かっています。
    そこで私は色々な本を読みあさりました。やっと辿り着いたのが「引き寄せの法則」でした。はじめはとても簡単なものだと思いましたが、元々不安症で疑い深い私にはかなり難しいものでした。実際、実践していると、なかなか良い気持ちにはなれません。今まで医師から言われたことが次々と頭に浮かんで恐怖に陥ったり、人の悪口を聞いてしまったり…一番大変なのは四六時中「キーン!」という激しい耳鳴りがあるものですからそこから良い気持ちになるのはとても難しいのです…それでも諦めず実践していると(しているつもり?)今度は歯が痛くなったり、他にも違う症状が現れたり、さらに良くないことが続いています。悪いことばかり引き寄せているんです。涙。思い起こせば、私は昔から「これやりたくないな」というものが高確率で当たってました。こうならなきゃいいなということも。
    やはり、こんな私が引き寄せの法則を実践するのは無理なのでしょうか。。

    長々とごめんなさい。。

    Reply
    • メアリー Post author

      こなつさん、コメントをどうも有難うございます。
      耳鳴りや難聴に20年も悩まされて来られたとは、本当に大変でしたね。
      今もずっとキーン!という激しい耳鳴りがされているとのことで、
      確かにそこから気分転換するというのは本当に難しいことですよね。
      お大事にされることを心から祈るばかりです。

      こなつさんは「こんな私が引き寄せの法則を実践するのは無理なのでしょうか。」とおっしゃっていますが、
      実は引き寄せの法則が働かないところで生きている人というのはいませんよね。
      良いことを引き寄せられたときだけ
      自分には引き寄せの法則を実践する能力があるというふうに多くの人に思われているようですが、
      本当は引き寄せができない人というのはいませんよね。
      でも、そのことは、こなつさんもよくご存知ですよね。

      こなつさんも引き寄せの天才ですし、
      「ストレスがとても影響していることは分かっています。」とおっしゃっているので
      やはり感情が先だということはよくご存知なんですよね。
      こなつさんももう全てご存知ですし、私もエイブラハムの言っていることを
      翻訳してお伝えしているだけなので、アドバイスとかはできない人間です。
      ただ、私もいつも思っているのですが、
      私が今いる状況とは別に何かを感じることは、状況を変えなくてもできるので
      ほんの5分でも10分でも「私が~のような立場にいたらどんな感じだろう?」とか考えて
      その感情自体を楽しんでいます。
      1分で感情的には何にでもなれますしね。
      感情でなれれば、本当になっているのと同じですよね。
      どうせなってもその感情と同じことを感じるので、同じですよね。
      例えば今、条件なしの素晴らしい感謝や喜びを感じることは、
      病気が治っていなくても、お金が少なくても、そういうことには関係なくできますよね。
      生きている意味は、素晴らしい感情を感じるところにあると思うので、
      それは自由にできますよね。
      そんなに長く待たなくても、今すぐにこの5分だけでも幸せになれるということは
      本当に有難いことだと思います。
      この感情を練り上げるような、美術の作品を作り出すようなプロセスは
      本当に楽しいと思います。
      自分はバカかな?と思うときもありますが、バカは風邪ひかないので助かってます。(^▽^)/
      自分が機嫌がいいと、すごく周りの役にも立っているようですしね。
      実はこれが一番の周りの人に対するギフトなのだと思います。
      でも、周りにギフトをあげようなんて全く思っていなかったのに
      自分が自分にとって最高の感情を感じることを楽しんだだけで、
      結果的にそうなったという感じですけどね。
      これからもやることは、趣味の「感情作りの時間」を楽しむことだけですけどね。
      もちろん物質界の事柄とも合わせて感じるときもありますしね。

      こなつさん、また何かありましたらいつでも話しかけてくださいませ。
      話すことでもかなりご気分は変わると思います。
      どうぞお大事になさって下さいませ。
      どうも有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん
    お返事いただきましてありがとうございます!
    先日は、ちょっと体調も気持ちもあまり良くない状態の時で…すみませんでした(>_<)

    確かに私も引き寄せしてますね!分かっているつもりがやっぱり分かってなかったみたいです。

    私も、メアリーさんのように「趣味の感情作りの時間」が楽しく持てたらいいなぁ…
    これからも楽しみに読ませていただきますね!
    ありがとうございました(*^.^*)

    Reply
  • メアリーさん、はじめまして。您好!

    私は日本の関西に住んでる中国人です。私は中国の東北出身なので、メアリーさんがいらっしゃる香港とはかなり遠いですね。二年前から、ある出来ことをきっかけに、バシャール、エイブラハムなど高次元存在を知ることになり、不思議なことに、この方たちのメッセージを読むと悩みがスーッと消えたり、心が軽くなるので、毎日欠かさずに動画を見たりしてしている間に、偶然にメアリーさんのこのサイトにも出会い、外国人の私にもとても分かりやすい日本語で、心にすっと入ってくるので本当に助かります。いつも素敵なメッセージを届けて下さって、本当にありがとうございます。

    私は何年も派遣社員(技術翻訳)として働いていますが、国の派遣改正に伴い今年4月から派遣先の会社の期間社員として採用されることになりましたが、採用検診で二項目が引っかかり、来週月曜日に再検査をすることになりました(T_T)。検査結果によっては不採用になるかもと、気持ちが憂鬱になってるときに、こちらのメッセージが目に入り、だいぶ気持ちが落ち着いたような気がします。

    「一時的な状態なんだから診断や病名に惑わされないで、心の状態を改善することを忘れてはいけないってことよね」とメアリーさんがまとめて下さった言葉にとても納得がいきました。どんな病名や診断がくだされても、心の状態を良くしようと思いました。

    私、文章を書くのがとても苦手なので、あまりコメント書かないのですが、今日はなぜかメアリーさんあてにコメントを書きたくなったので、思うがままに書きました。分かりにくい文章で本当に申し訳ございません。今後ともメアリーさんのサイトを読ませていただきますので、よろしくお願い致します。

    今后还请您多多关照。

    尹より

    Reply
    • メアリー Post author

      尹(いん)さん、初めまして。
      コメント下さってとてもうれしいです。
      本当に有難うございます。
      技術通訳をされているなんてすごいですね。
      尹さんの日本語はネイティブレベルで、日本人と全く変わりませんね。
      中国人とおっしゃらなかったら完璧な日本語なので全然わからなかったです。
      話せる上にこんなに書くのもお上手で、プロの翻訳家ですね。
      「私、文章を書くのがとても苦手なので」とおっしゃっていることに本当に驚きました。
      それは全く間違った思い込みだと思います。
      まあ、才能がある方ほど謙虚なんでしょうけどね。
      「能ある鷹は爪を隠す」と言いますしね。
      私なんか爪がないのに無理やり見せようとするタイプですから困ったもんです(笑)

      お体のことは「どんな病名や診断がくだされても、心の状態を良くしようと思いました。」とおっしゃってるので
      全く問題ないと思います。
      どんなときもその心で進んで行くことが最善の道ですよね。
      私も心から応援しています。

      私は中国語(北京語)となると広東語よりもっとわからないのでお恥ずかしいのですが、
      書いて下さったぐらいの中国語はわかります。
      こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願い致します。
      尹さん、素晴らしいコメントを本当にどうも有難うございました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です