引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 香港の医療制度ってどうなってるの?病院の選び方は?

香港の医療制度ってどうなってるの?病院の選び方は?

医療
Pocket

香港の医療制度についてお話しますね。

 

香港の病院には3種類ある

病院には3種類あって

政府の経営する病院

私立の病院

開業医の経営するクリニックがあります。

 

私立の病院と開業医のクリニックは

政府の病院に比べて

治療費がかなり高いです。

 

でも政府の病院は税金で賄われているので

私立の病院や開業医に比べ

治療費が格段に安いです。

 

政府の病院について

政府の病院は外国人でも

IDカードパスポートという

身分証明書を持っていれば

誰でも利用できます。

 

ちなみにIDカードは香港に居住するビザがあれば

住んでいる期間に関係なく誰でももらえます。

 

しかし、政府の病院はいつも長蛇の列で

待ち時間が長いです。

手術の予約でも

何ヶ月も待たされたりします。

また、政府の病院で経験をつんだ優秀な医者は

開業していく人も多いです。

 

そういう理由でやはり普通は

私立の病院や開業医のクリニックに

行く人が多いです。

なので香港で病気になるとお金がかかります。

健康第一ですね。 😉

 

私立の病院と開業医について

普通、開業医が手術を行うときは

自分の提携している私立の病院で行います。

 

だから腕のたつ開業医は

病院での手術、入院者の診察

そして自分のクリニックでの診察などで

毎日目が回るように忙しくしています。

 

クリニックで予約をしていても

「先生が手術が長引いてまだ来ていません。」

と言われることもよくあります。

産婦人科なんて特にです。 😀

 

私立の病院の食事はメニューでオーダー?

ところで、私立の病院に入院すると

食事のメニューがあって

毎食オーダーできます。

日本のように全員が同じ食事をしたりはしません。

 

手術後はおかゆだけにしておいて下さい

などという指示はありますが

基本的に何を頼んで何を食べてもいいです。

 

もちろんその分のお勘定は自分持ちです。

外の食事と同じです。

 

家族もそこでいっしょに食べたりできますしね。

面会に来てるのか食べに来てるのか・・・

ケーキセットがまたおいしかったりするんですよ・・・ :mrgreen:

 

私の友達のイギリス人の御主人は

奥さんが一人目の子供を産んだときに食べた

チャーハンの味が忘れられなくて

それを楽しみに二人目の子のとき

また頼んでいました。

じゃあ、病院のレストランに行ったらって

思ってしまったけど。 😀

 

もちろん病院のレストラン

患者さんも家族も友達も

食べに行くことができます。

そこではたくさん看護婦さん達も

食事をしています。

 

階下にはスターバックスや

いろんな売店なども入っていたりして

明るい病院生活を送っている病人が多いです。

家族もちょっと遠足気分だったりする。 😛

まあ、でももちろん病気をしないのが一番ですけどね。

 

香港の病院は意外に最新式!

香港の医療費は高いけど

設備は意外にびっくりするほど最新式で

他の先進国にも劣りません。

 

やはり海外で勉強して医者になった人が多いからか

西洋の技術がタイムリーに入って来ます。

 

また病院ではお医者さんや看護婦さんに

英語が通じるのもとても便利です。

 

私は出産の時にしか入院したことはないですが

何の不自由もなく

なかなか快適に暮らせました。

 

日本人の友達の何人かは政府の病院で出産しましたが

なんと言っても医療費が格段に安く

また最新設備の所を選べば

とてもいいと言っていました。

香港の政府の病院でも

私立より設備が最新なところもありますからね。

うまく利用していくといいってことですね。 😉

 

余談ですが、香港の病院で出産すると

アメリカなどと同じように

自然分娩だと約3日

帝王切開でも約6日で退院です。

日本ではその倍以上入院しますよね。

 

それではみなさんも

楽しく香港の病院を利用してみてください!

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です