引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » セイント・ジャーメインをチャネリングしているアシャーマリさんについて

セイント・ジャーメインをチャネリングしているアシャーマリさんについて

稲妻

アシャーマリ(Ashamarae)さんというアメリカ人男性が

セイント・ジャーメイン(Saint Germain)という聖人のスピリットを

チャネリングしているということはご存知の方も多いと思います。

 

このブログでもセイント・ジャーメインからのメッセージを

何回かご紹介させて頂きました。

 

アシャーマリさんにはナラヤニ(Narayani)さんという奥様がいらっしゃって

息子さんも2人ほどいらっしゃると思います。

 

以前はチャネリングの際にはアシャーマリさんだけが皆の前に座って

ナラヤニさんは裏方だったり、チャネリングが始まる前に

少し説明的なことをお話しされる程度だったのですが

最近ではチャネリングの最中にアシャーマリさんの隣でずっと座禅を組んで座られて

動画の画面にもいっしょに映っていらしたので

ナラヤニさんのエネルギーもとても重要なものとなっているのだな~と思いました。

 

ナラヤニさんはヨガの先生でもあるので

そういうことにとても向いていらっしゃるのだと思います。

 

チャネリングが終わるとアシャーマリさんとナラヤニさんが

手を握ったりする場面もよく見られて

同じ志を持った理想の夫婦なのだな〜と思って拝見していました。

 

2015年11月11日に行われたブロードキャスト(ネット上での生中継)でも

下の動画のように仲良く出演していらっしゃいました。

ご参考までにその録画をどうぞ。

(このブログ上で下の動画が再生できない場合はこちらでどうぞ。)

私はセイント・ジャーメインのニュースレター(メルマガ)に登録しているので

先日(1月20日)届いたものもいつものように読み始めました。

 

それを読みながら

アシャーマリも楽しくやってるな〜

この寒い時期に中央アメリカのコスタリカにいて

サンシャインを浴びながらワークショップをしてるんだ〜

幸せそうで何より、何より・・・と思っていました。

 

ところが、途中でビックリすることが書いてあったのです。

特に理由は書いてなかったのですが

ナラヤニさんと離婚することになったそうです。

 

・・・・・・・・!!!???

えっ?えーっ!えーーっ!!今何て言った・・・!?

稲妻

アシャーマリさんにとっても

これはとても辛い経験だと感じていらっしゃるそうです。

簡単ではない大きな変化だとおっしゃっていました。

 

でもそれについてセイント・ジャーメインが

アシャーマリさんに対して話しかけたメッセージが

アシャーマリさんご自身からシェアされていましたので

今回はそれをご紹介します。

 

以下がそのメッセージです。

「愛する息子よ、愛という形で行われる奉仕(つまりアシャーマリさんのお仕事)は

これからも続く。あなた達がこの変化のときにいっしょに仕事をして行くかどうかは

二人の決断である(二人が決めればよい)。

私達はこう言おう—私達は1つもドアを閉めていない。ドアをより大きく開けただけだ。

アセンディドマスター(Ascended Masters)である私達には

(あなた達に)起こっている拡大だけが見える。

誰がどのレンズを通して物事を見るかという選択は

その人の自由意志に委ねられているから

本人以外の人が見方というものを決定することはできない。

アシャーマリよ、私達があなたと共に行っている仕事は

そして、私達がナラヤニや他の人々ともいっしょに行っている仕事は

あなた達が愛と奉仕を選ぶ限り続いて行く。

私達はやろうという意志を持った心だけを必要とする。

私達の目から見たところ、全員がやろうという意志を持っている。

ゆっくりと時間とかけなさい、私の息子よ。

この変化(移行)は二人共にとって死のプロセスであった。

そして簡単ではないものである。

私達は二人共がこの再び生まれ変わるというプロセスを

素晴らしく、優美なものとして許容(allow)することを願っている。

あなたの属するコミュニティが心からの愛と思いやりをもって

あなたとナラヤニと子供達に接することを願っている。

愛と親切の行為だけが

アセンディドマスターと呼ばれる者達と共に仕事をするために必要なものなのだから。

 

私達の愛は全ての者と共にある。

そして、魂の学校(Soul School)と呼ばれるものとそのレッスンに伴うテストは

今でもまだ完全に続いている。

 

私達が全ての者を平等に抱擁しているように

息子よ、私達はあなたを愛で抱擁している。」

 

このような言葉でした。

今回の件について書くかどうか迷ったのですが

ただのゴシップのように受け止めるのではなく

私もここから多くを学ばせて頂けたらと思います。

 

アシャーマリさんからこのお知らせをメールで受け取ってから

私もアシャーマリさんに励ましのメッセージを送りました。

 

そうしたらアシャーマリさんからお返事を頂きました。

ビックリしました。

とても感動しました。

短いけれども愛情に溢れた内容でした。

アシャーマリさんは本当に優しいです。

私が反対に癒やされていてどうするって感じなんですが・・・

 

でもアシャーマリさんを励まそうだなんておこがましい考えでしたよね。

もう全てわかっていらっしゃる方だから

ただあなたのことを応援している人がここにもいますよということだけを

お伝えできればそれで十分だったと思っています。

 

今までアシャーマリさんに今回も含めて3回メールを送ったことがあるのですが

そのうち2回お返事を頂きました。

すごく思いやりに溢れた内容でした。

 

お返事を頂いていないものは

「お誕生日おめでとう!」というメッセージに対してだったので

そんなの一つ一つに返信している暇はないと思うので当然ですよね。

(アシャーマリさんのお誕生日は1月2日です。)

 

アシャーマリさんはAwakening From Withinという運営グループを作って

そこからセイント・ジャーメインなどのメッセージを送っていらっしゃいますが

そこのメールアドレスに送るとアシャーマリさんを始め、ナラヤニさんやスタッフの方に届きます。

 

アシャーマリ(Ashamarae)さん宛に書けば、必ず目を通して下さいます。

お返事も下さるのではないでしょうかね。

念の為そのメールアドレスを記しておきますね。

info☆awakeningfromwithin.com

(☆を@に置き換えて下さい。)

 

この記事を書いた後にアシャーマリさんのメールアドレスが変更になりました。

info☆gracewithinyou.com

info☆pathwaystoillumination.com

(☆を@に置き換えて下さい。)

上記のどちらでもアシャーマリさんに届きます。

 

そしてこの記事を書いた後に運営グループの名前もAwakening From Withinから

Pathways to Illuminationに変更になりました。

もうナラヤニさんはそのグループの中には入っていません。

 

アシャーマリさんを始め、ナラヤニさんもお子様方も全ての方が

益々お幸せになられることをお祈りしています。

Name of author

Name: メアリー

4 thoughts on “セイント・ジャーメインをチャネリングしているアシャーマリさんについて

  • メアリーさん、おはようございます。香港は寒くありませんか?

    私はエイブラハムで手一杯なのでこの二人に関しては興味がないので、何とも言えませんが、ま~、色々ありますよね。彼らだって普通の人間だし、波動が変わったのかも知れないし。。。

    でも、記事の内容で気になったのはAscended Mastersという言葉です。

    私はラリタリアン・レイキを取得しているのですが、ここでAscended Mastersが出てくるのです。

    霊気を始める前にAscended Mastersにアクセスするというイメージでしょうか。。

    無知ってお気楽でいいですよね。私はとても大きなエネルギー体を身体に流していたんですね。

    それにしても奥様はとても美人ですね。。

    素敵なパートナに巡り会えると思いますよ。

    私の知っている素敵な夫婦も離婚して素敵なパートナーと幸せに過ごしていますから。

    離婚時の波動をポジティブに出来て良かったですよね。エイブラハムもそのような事を言っていたような気がします。

    まっ、結婚したことがない私が偉そうなコメントをして一体どうするんだって話ですが・・・・・

    メアリーさん、体調管理にはお気をつけて毎日いい気分でお過ごし下さい!

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも読んで下さって、コメントまで有難うございます。
      香港も1959年以来の寒さになって、週末は日中の気温も4℃になりました。
      山につららを見に行った人達やマラソン大会に出場した人達が低温症というものになって
      救急車や消防車が100人以上を助けに出動したけれども
      山道の路面が凍結していて、滑って歩くこともできない状態でした。
      山道のアスファルトで一人が滑るとそりのようにそのまま滑り落ちて
      前の人にも当たったりと大変そうでした。
      友達は寒いから外に出たくないので出前を頼んだけれども
      「今日は忙しすぎてもうできません。」と断られたと言っていました。
      香港は5つ星ホテルでもほとんどの所は暖房がないので、気温が下がるとがそのまま室温に反映します。
      家の中で登山に行くような格好をしていて、私も子供達に笑われました。
      お互い様だと思ったけど・・・(^o^)
      今日は9℃ー12℃なので、ましになりました。
      でももう2日後ぐらいには15℃ぐらいになるので大丈夫です。
      昨日は幼稚園と小学校はお休みになったので、
      3-4℃で休校とは他の国の人が聞いたら笑うかもしれませんね。
      日本やアメリカだったら毎日休みかな・・・(^o^)

      余談が長くなってしまいましたが・・・
      Ascended Mastersは直訳すると上昇したマスター達という意味ですが
      ネットで調べたら日本語でもカタカナでそのままだったので
      これでも通じるのかなと思ってそのままにしました。
      私のイメージでは、悟って天高く上がって行った魂というような感じです。
      次元を上がるっていう意味も含まれているのかな。
      アセンション(ascension、上昇)した魂とかそういう感じですよね。
      セイント・ジャーメインとかArchangel Michael(アークエンジェルマイケル、大天使ミカエル)とか
      そういうマスター達の総称ですよね。
      アシャーマリさんはその都度違うスピリットをチャネリングすることも多いので
      そういう総称で呼ぶとわかりやすいんだと思います。
      エイブラハムもそういうのに含めてもいいですしね。
      ま、呼び方は何でもいいんでしょうね。

      エイヴリィさんは霊気も学ばれたりとすごいですね。
      私も気功のマスターに会ったりしましたが、体の治療ができるのはすごいですよね。
      不思議だ~と思いました。

      エイヴリィさん、いろいろと有難うございます。
      本当に感謝しています。

      Reply
  • メアリーさん、こんにちは。

    この宇宙では変化は不可避なんだなぁと最近感じてます。

    でも、この世界のカタチにとらわれず、
    本質を見て本当は分離なんてないという学びをしていけたらいいのかもしれないと思います。

    そういった学びができればどんなカタチに見えてもきっと心の平安があらわれるし、
    それぞれの方々にとって一番いい道が現れるのではないでしょうか。

    Reply
    • メアリー Post author

      はつねさん、すごいコメントを有難うございます。
      本当にその通りですね。読ませて頂いて感動しました。
      出会いと別れは経験することとしてはリアルなんでしょうけど、
      心が本当に分かれるということはないそうですね。
      諸行無常の中で変化というものは楽しみでもあり、
      桜の花のように移り変わるからこそ余計にその価値を認めるという面もありますよね。

      はつねさんのブログは奥が深いですね。
      A Course in Miracles(奇跡のコース)の引用文はたくさん読んだことがありますが、
      その全部を読んだことはないです。
      長過ぎて私には無理かな~と思っています。
      最近はいろんな知識を広く浅くインプットするということはしているのですが、
      なかなか一つの分野を深く学ぶという時間がなくって・・・
      でもそのときそのときにできることを精一杯やろうと思っています。

      はつねさんもお元気でお過ごし下さいませね。
      いつも本当に有難うございます。_(._.)_

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *