引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » バシャールによる運命と自由意志とカルマの関係:引き寄せの法則

バシャールによる運命と自由意志とカルマの関係:引き寄せの法則

バランス

バシャールが運命自由意志カルマの関係について

話してくれた内容をご紹介しますね。

以下、バシャールの英語の言葉の要訳です。

 

あなた達は生まれる前に

高い波動レベルの意識の視点から

この人生でどのようなことを経験したいかを決めるのですが

その際にいくつかのテーマを選択します。

 

このいくつかのテーマは、あなたが物質世界に生まれ出てから

何度も人生の中で経験する事柄として登場します。

 

何度も同じテーマが出て来るので

あなたはそれを運命だというふうに感じます。

 

しかし、その運命(テーマ)をどのように経験し、取り扱うかについては

自由意志によって決めていきます。

 

そのテーマから何を学ぶのかや

そのテーマをどのように探求し、人生を切り開いて行くのか

ということについては、全てあなたの自由意志の選択です。

 

よって運命自由意志というものは

魂の経験というものを生み出すために

相互に深く関り合っているわけです。

 

そして人が一生を終え、次に生まれ変わる前には

その前の経験を魂の成長の旅という俯瞰した全体像から眺めることを行います。

 

その際に、次の人生でまた同じテーマを更に深く探求することを選んだり

その前の経験とバランスすることを選択した場合に

カルマと呼ばれるものが出て来るわけです。

 

カルマは全て自分によって自分に与えられるもので

罰という意味は全くありません。

 

単にエネルギーをバランスする経験を自分で選択した場合に起こることなので

人間によって理解されているようなカルマというものは存在しません。

 

そして運命(テーマ)というものはもちろん変えられます。

最初に設定されたテーマ(運命)自体が

「そのテーマを見つけ出してそれを変えること」という場合も多々あります。

運命を変えることが最初に定めた運命であるという場合も多くあるわけです。

 

あるいは、人生の途中で新しいテーマ(運命)を設定したとしても

生まれる前に設定したテーマ(運命)も同時に探求して行くことができます。

 

よって、運命と自由意志というのものの境界は

あまり明確ではないとも言えます。

 

そしてテーマは、魂の旅という全体像から見て大変重要なものですが

そのテーマを変更したり、そこに新しいテーマを追加したりすることは

全てあなた次第だと言えます。

 

結局一番大切なことは、魂の経験というものを通して

「真になりたい自分の姿(who you truly prefer to be)を見つける」ということなのです。

 

テーマ(運命)が存在することの本来の、そして唯一の目的

真になりたい自分の姿(=本当の自分の姿)を

あらゆる可能な方法を使って、明確に発見することにあるのです。

 

そしてこの発見という経験」こそが全ての目的なのです。

それが重要なポイントなのです。

 

何を発見するかということよりも

発見するという経験のほうが重要なのです。

 

あなたの物質世界の中で何が本当(real)なのか

という質問をよく受けますが

経験ということだけが本当(real)なのです。

 

現実そのものが本当なのではなくて

現実を経験することだけが本当なのです。

 

なぜなら経験こそがあなたの魂に

エネルギーを与え、波動を変化させるからです。

 

経験があなたの魂を成長させ、拡大させ

向上・高揚(uplift)させることができます。

 

現実はあなたに経験を与えるために

投影されたものにすぎないのです。

 

その投影を使って

あなたは本当の自分になって行くのです。

 

以上がバシャールによる説明でした。

 

バシャールの言う運命(fate、destiny)というものは

人間が思っているような外部から与えられた課題ではなく

純粋に自分が人生の中で経験したいと思うテーマであるから

完全に自分の手中にある選択なんですね。

 

テーマの変更や追加はいつでもできるけれども

俯瞰的な視野から見ると最初のテーマは大変重要なものであるから

実はそう簡単には変えたいと思わないもののようですね。

 

言葉では言い表せないぐらいの喜びが隠されたテーマだし

全ての叡智を使って、高い視点から選ばれたテーマですからね。

 

でももちろん自由意志だから、生まれた後でも

そのテーマを選ばないことはいつでも可能だということを知っていると

やっぱりこの運命は自分で選んでいるものなんだと実感できて

「やらされてる感」がなくなりますよね。

そして「喜び感」や「自分って偉い感」も出て来ますね。 😀 

 

運命と自由意志とカルマとは

結局は「本当になりたい自分になる旅」を可能にしてくれているんだ

バシャールに教えてもらえてうれしいです!

Name of author

Name: メアリー

2 thoughts on “バシャールによる運命と自由意志とカルマの関係:引き寄せの法則

  • メアリーさん、こんにちは^_^
    今日も素晴らしい内容の記事をありがとうございます!

    私、長い間カルマについて誤解していました。

    カルマは全て自分によって自分に与えられるもので

    罰という意味は全くありません。

    単にエネルギーをバランスする経験を自分で選択した場合に起こることなので

    人間によって理解されているようなカルマというものは存在しません。

    私は自分が同じような問題で悩むのは私のカルマだからそれを乗り越えなきゃいけない幸せにはなれない。だから苦しくても耐えて頑張らなきゃって、ずっと修行僧のような日々を送っていました。
    常に不安でイライラして何にも喜びを感じることができませんでした。
    で苦しくて苦しくてどうにもならなくなった時にバシャールやエイブラハムの言葉に出逢いました。
    その瞬間、これが本当だ!と雷に打たれたように感じました!

    今まで信じてきた自分の観念を一瞬で手放せるほど衝撃的でした!

    そして今発見する経験を楽しんでいます^_^

    又、私にはあの苦しい修行僧時代も必要な経験だったのだな〜と感じます。
    そこまで自分を追い詰めなければ、心から手放せなかったのだと思います。

    自分に正直に生きれるって本当に幸せなことですね^_^
    不安やイライラすることも大分無くなりました^_^

    こうして改めて振り返る機会をいただいてありがとうございます!

    信じられないような暑さが続いている日本ですが、香港も暑いですよね?
    元気に乗り切りたいですね^_^

    Reply
    • メアリー Post author

      ミミさん、暑い日本からコメントを有難うございます。
      香港も暑いですけど、香港は5月から10月ぐらいまで暑いので、
      体が慣れているということと、冷房が強いということで、
      日本のように熱中症という言葉もないぐらいです。
      水も一年中ガブガブ飲むし、食事に塩分も比較的多いので、
      あえて塩アメをなめるという発想もないですね。
      それに日本のほうが香港よりは乾燥しているから日中の最高気温が高いですよね。
      香港は普段は33-34度ぐらいまでしか上がりません。
      でもその代わり夜でも30度を超えていることが多いです。

      日本はなぜか暖房は強すぎるぐらいだけど、冷房は弱いから
      夏はレストランで食べても汗が出たりしますよね。
      あ、冬もかな。
      だから私は日本の夏のほうが、朝晩以外は暑い感じがします。
      それから香港はビルが高いので日陰が多く、
      直射日光に当たることが日本より少ないですが、
      日本は炎天下を歩いたりして、本当に暑いですよね。
      雪国のほうが実は暖かい環境に身を置く機会も多いように
      亜熱帯性気候の香港のほうが日本より体をクールダウンさせる機会が多いです。
      文明の力のクーラー(や扇風機)をうまく利用できるといいですよね。
      私はクーラーを発明してくれた人にノーベル賞をあげたいぐらい感謝しています。
      そのお蔭で快適な生活を手に入れられて、寿命も伸びたと思います。

      なぜに気候についてこれほど長く書いているのか・・・
      井戸端会議か世間話に花が咲いているようでした。(^o^)
      実はカルマという難しい話でしたね。
      えっとー、なんかよくわかりませんが、そういうことのようですね。
      ミミさんのご理解がスンバラしすぎて、それ以上のコメントもありません。
      おっしゃる通りです!はい、まったくその通り!アッパレ!
      私達はきっとカルマを魂の奥底では楽しんでいるんでしょうね。
      難しい上司や同僚や家族や親戚や友人やその他諸々のそうそうたる最強メンバーが勢揃いして
      これでもかと難しいゲームを繰り広げ、
      それを愛情や感謝に変えるというすごいことをやっているような気がします。
      実は苦労ではなくて、自分が選んだすっっっごいゲームなんでしょうね。
      そう思ってやって行きたいです。

      ミミさん、素晴らしいコメントを有難うございました。
      ミミさんもくれぐれも御自愛下さいませね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *