引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 死期について自分で決められるのか?誰が決めるの?

死期について自分で決められるのか?誰が決めるの?

花びらと水滴
Pocket

エイブラハムのセミナーで

死のタイミングについての質問があったので

その内容を要訳してお伝えしますね。

以下がその内容です。

 

男性:私は死のタイミングについて、自分で意識的に選びたいと思います。

(訳注:Sourceや神や運命などに決められたくないということ。

潜在的に、知らず知らずのうちに自分で決めるというのも嫌だということ。)

死のタイミングが自分にとって驚きとして訪れるのは嫌で

自分自身で準備ができたと思うときに死を迎えたいと思います。

私が心の中で創り上げている思考によって

自分で死のタイミングを決めたいのです。

自分より大きいと感じるもの、つまりSourceや内なる存在(Inner Being)が

「もう逝くときが来たよ。」と私に言って、死期を決められるのは嫌です。

自分で死のタイミングを決めるには、どうすればいいのでしょうか。

 

エイブラハム:まずあなたにわかってほしいのは

あなたが至福の状態にいて、心の底から幸せだと感じているときには

今あなたが言ったようなことは、あなたの考えには上らない。

なぜなら、自分の創造する能力の完璧さを信頼しているからだ。

あなたが今言ったことの中には

自分を守らなければならないとか

警戒しなければならないというようなガードの姿勢が感じられる。

 

男性:でも、それが私の願望なのです。

あなたがいつも言っているように

私達は、何でも望むものになれて

何でも望むことをすることができて

何でも望むものが持てるのならば

その願望も叶えられるはずだと思います。

 

エイブラハム:もちろんそうだ。

しかし、その願望を叶える方法というのは・・・(沈黙)・・・

この説明をするのに一番抵抗のない方法を探している・・・

よし、あなたは次のように自分に言うといい。

 

「私は自分の現実の創造者であることを知っている。

私は自分自身の現実の創造者であるから

自分全体(非物質的な部分も含めた自分全体)と常に波動的に共鳴している。

 

死という経験は

自分全体と融合するという経験以外の何ものでもない。

だから私が毎日、つまり30日だけではなく

60日、90日、一年、十年、何十年と

意識的に自分の中のSourceとコミュニケーションを取っているのであれば

私が先ほど言ったような驚き(の死期)

というものは訪れないということは、論理的に考えても明らかである。

 

私が自分全体と完全に共鳴しているとき

そして至福の状態(ステップ4の状態)にあるとき

私は波動的にアライメントの状態にある。

だから、自分の人生にまだ強く関わっていて

人生において自分を呼んでいるものがまだもっとあるうちは

この物質界に残って、まだずっと幸せに暮らすことになるというのは

論理的に考えても明らかである。」

 

今述べたように自分自身に言うといい。

 

死というものは実は存在しないから

死という話題について、私達はいつもおもしろおかしく話しているが

ほとんどの人は、死を不吉なものだと感じている。

なぜそのように感じているのかというと

ほとんどの人は、死というものを理解していないからである。

 

なぜほとんどの人が死を理解していないのかというと

物事というのは言葉では教えることができず

人生の経験だけが真に教えることができるからである。

 

あなた達が肉体を持ったままで

非物質的な存在をもっともっと認識するようになれば

あなた達が「物質的」「非物質的」と呼んでいるものの間の

境界線がぼかされて来る。

 

しかし、私達が一番言いたいことは

あなた達はこの肉体の中にやって来て

それなのに、非物質的なゲームに自分の頭を突っ込もうとは

思っていなかったということだ。

そうではなくて、あなた達はこの肉体を持った姿で

物質的なゲームに参加しようと思ってやって来たのだ。

それがあなた達が生まれる前に意図したことなのだ。

 

だから、人間関係のことを

大切なことだと感じる(care about、気にする)のは正しい。

お金のことを大切だと感じるのも正しい。

物質的な所有物のことを大切だと感じるのも正しい。

人間関係やお互いのことを大切なものとして感じるのも正しい。

 

私達は、あなた達に瞑想の世界に引き込もり

この物質界においては不自由な思いをして

片足を引きずったような心境で生きて行ってほしくはない。

私達は、あなた達にしっかりと人生に携わってほしいと思っている。

そして、人生がどんなときも

あなたを呼んでいるのを常に感じていてほしい。

 

私達は、あなた達が静かに座って瞑想し、沈黙しているよりも

人生を経験しながら感謝と高揚感を感じ

不快なほど暴れているほうがまだずっといいと思う。

(訳注:沈黙(肉体を持っているのに行動しない)よりは

うるさい(下手でも自分なりに一生懸命行動する)ほうが

まだずっといいと思うというような意味ですね。)

 

言い換えれば、あなた達はこの肉体の中で

「生きている」という状態を経験するはずなのだ。

この肉体を持って「生きている」という状態にあることが

あなた達が生まれる前に意図したことなのだ。

 

ところで、エスターもあなたと同じようなことを言うときがある。

「エイブラハム、私は今この人生の中で

本当に本当に本当に本当に・・・良い気分だと感じているの。

私は子犬のように元気いっぱいだし

心から楽しいときを過ごしているわ。

だから、私はまだずっとここにいたいの。

わかる?私はまだまだここにいたい。

わかる?OK?驚きなんて全然ほしくないのよ。

何か大きいものが私の上に落ちて来るとかいうのもやめてね。

道路にはマットレスを敷いて私を守ってほしいわ。

以前そんなふうに、私が危険を回避できるように

導いてくれたこともあったでしょ?」

(皆笑いながら聞いている。)

 

私達は、あなた達がこの世界にもっといたいと言うととてもうれしい。

なぜなら、それはあなたにとって、この人生が

本当に、本当に気分の良いものであるということを意味しているからだ。

私達は、あなた達にずっといつもそのような状態で

生きていてほしいと思う。

そのような心境になっているということは

非物質的なエネルギーが大量に

あなたに流れ込んでいるということだ。

そうでなければ、そのように感じることはできない。

それは、あなたの細胞が目覚めていて

マインドも目覚めていて

周りの人も目覚めている状態だ。

それが、あなた達が望む生き方なのだ。

 

あなたに驚きというものは決して訪れない。

あなたは自分自身の現実の意図的な創造者であるからだ。

他人の死のタイミングについてあなたが理解できないからと言って

そして、他人の死のタイミングがあなたにとって驚きだったからと言って

自分の死のタイミングについてあなたが驚くということは絶対にない。

あなた自身の経験や

あなたが非物質界に移動する(=死ぬ)ということについて

驚くということは絶対にない。

信じられないかもしれないが、それは絶対にないのだよ。

死はいつも調和した(ハーモニーのある)共同創造による経験である。

常に、100%常にそうだ。

 

男性:パーフェクトです。どうも有難うございました。

 

ここで動画は終わりです。

本日もお読み下さって大変有難うございました。

(特に私の感想は付け加えないほうがいいと思いますので、ここで消えます。 😛 )

Name of author

Name: メアリー

15 thoughts on “死期について自分で決められるのか?誰が決めるの?

  • メアリーさん、こんにちわ。

    私の為!?に素敵な内容を用意して頂きありがとうございます。

    祖母の49日も無事終わりましたが、家中祖母の物だらけなので祖母を感じない日はありません。

    私達に死はないことは分かっているのですが、祖母の声が聞けない、姿が見えない・触われないというのは寂しいものですね。

    どれだけ今が大切なのか、何となく経験からわかりかけています。

    そして今回の内容をきちんと理解出来ればな~。。っと本当に思います。
    私にはとても意味ある深い内容です。

    頭では分かっているんだけど・・・・心が付いて行けていません。

    「いつでも逝っていいよ。寂しいけど元の世界へ戻って楽しいんでちょうだい。」と祖母の頭を撫でながら話かけていたのを思い出しました。

    大嫌いな祖母だったけど、最期の最期まで介護したし、最期は「また明日ね」で終われたし、後悔はありません。

    母親同様、私もちゃんと泣けてないので何時の日かちゃんと泣いて彼女の孫であれたことにもっと深く感謝できたらと思います。

    メアリーさんのお人柄のお蔭で本当に救われています。
    心から感謝しています。

    ~いつも助けてくれて有難う~

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさんのコメントを読んで鳥肌が立ちました。
      涙ぐんで感動しました。
      こちらこそいつも助けてくれて有難う・・・です。
      この記事がエイヴリィさんのために少しでも役立ったらいいなと思って
      書かせて頂きました。
      最後まで立派に介護なさって、後悔がないというのは素晴らしいことだと思います。
      悔いがあるとそれを思い出して、
      たくさん泣いてしまうという話も人から聞いたので・・・

      私も理屈ではわかっていても、大切な人が亡くなったら
      それはそれは悲しいのではないかと思います。
      エスターさんもジェリーさんがお亡くなりになってすぐは
      セミナー中でもジェリーさんの話題になると涙ぐんで声が震えて、
      エイブラハムが”Settling, settling…(調節中、調節中・・・)”
      と言ってほんの少し中断することもあって、
      本当にラジオの電波が合わなくなるように
      話が途切れるようなこともありました。
      当然ですよね。
      今ではエスターさんも全然ブレませんが、
      それにはある程度のお時間がかかったと思います。

      エイヴリィさんのお祖母様にはお祈りの中でお会いしているので
      なんだかもう知っているような感じがします。
      それに心の中でお話しすると
      何語でも通じるというのがいいですね。
      エイヴリィさんのお祖母様は、今は英語も中国語も広東語もイケてますよ。
      私よりずっと広東語も上手です(笑)
      フランス語、イタリア語、ドイツ語もチョロいそうです。
      私が翻訳の際にわからないことがあると助けて頂いています(笑)
      ネイティブの人の助けは本当に貴重です!

      エイヴリィさん、どうぞゆっくりとお進み下さいませね。
      私もいつかエイヴリィさんに慰めて頂く立場になると思います。
      みんなにいつかは起こることですもんね。
      お祖母様にも最近は特にお世話になっております。
      いつも助けて下さって本当に有難うございます。

      Reply
  • ゆみこ╰(*´︶`*)╯♡

    こんばんは〜。

    メアリーさん、今月もありがとうございます。

    私も子犬みたいに元気いっぱいです。

    この前、ふと思い立ち、
    その5日後には沖縄と離島の旅をしていました〜。

    梅雨だったので、びっくりするくらいフライトが安くて、
    しかも直前まで雨予報だったのに、
    行くとこ行くとこでは奇跡的に晴れました。

    私が那覇にいる時は離島が大雨、
    私が離島にいる時には那覇が大雨、
    前夜の雷雨予報も外れて晴れるくらい
    天候に恵まれた旅でした。

    心配しないでやりたいように進んでいくと
    楽しいことがさらに拡大する経験をさせてもらいました。

    沖縄は戦争で多くの命が失われた場所。
    お祈りと感謝もさせていただいたのですが、
    朝日の中、空がピンクに光ったりとか
    とても幻想的で美しい光景にほんとに癒されました。

    つくづく、生きてるって最高だなぁと。

    今回、死も共同創造と学べたので、
    ますます安心して
    現世を謳歌しようと思いました(笑)

    メアリーさん、いつも気づきをありがとうございます。

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、いつも有難うございます。
      ゆみこさんが行かれる先が晴れるというのも
      ゆみこさんがいらっしゃるその場所が
      パワースポットだからなんですよね。
      さすがですね!
      沖縄でとても美しい光景を目にされたとのこと
      そして本当に癒されたなんて本当に良かったですね。
      つくづく生きてるって最高だなぁと感じられるなんて
      本当に素晴らしい!
      良かったですね〜〜
      現世を謳歌するっていう言葉も素晴らしいですね。
      そんな語彙は私には思いつかなかった・・・(^_^;)
      いつも素晴らしいバイブ(pipeじゃなくてvibrationです♡)を
      届けて下さって有難うございます!

      Reply
  • まず、最初に、一言。

    感謝!
    です。

    メアリーさんが私のために存在してくれていて、このWebサイトが私のために存在してくれていて、本当に本当に有り難かったです!(ちょっぴりエイブラハム風のジョーク(笑))

    数年かけて、やっとエイブラハムのぶっとい本を読み終えました。
    もちろん、引き寄せに関して、参考になる本も色々と読みました。

    昨日、あることを調べていて(何を調べていたか、もう忘れました(苦笑))、ひょんなことからこのWebサイトを知りました。
    実は、何年か前にも見ていたはずなんです。
    でも、その時はまだ「タイミング」ではなかったのでしょう。
    深く読み込むことはなかったです。ごめんなさい...

    でも、今、このタイミングだから、ここを読んで色んなことが理解できるし、腑に落ちました。
    (実践は、つまり、常に良い気分でいるっていうのはまだまだですが...(苦笑))

    やはり原典を読む、理解するって大事だなって思いました。
    もちろん、いい参考書群がその助けにもなっていますが、やはり原典は大事だと改めて思いました。

    あと、エイブラハムの言っていること、本当に老子と一緒だなって思います。
    香港にお住まいだから、そういう老子や老荘思想、道教にも触れていらっしゃると思いますが、さて、どう思われるでしょう?
    私の中では、老子の思想が、究極の人間の生き方だと思っています。
    (神道は教えなんてありませんから、ちょっと除外。(笑))

    引き寄せの法則を勉強しているのは、願望実現のためもあるのですが、別の目的もありました。

    私の人生は、ずーっと真理の探求。これがテーマ。
    この世の仕組みやら何やら。

    願望実現もいいのですが、それだけだとなんか「面白くない」。
    エイブラハムの本を読み終わって、何かが「足りない」という思いがありました。

    ここを読ませて頂いて、おお!と思うような話題が一杯。
    赤ちゃんのこと、死に関すること、死者との交わり方etcetc。

    なんだ、エイブラハムって色んなこと語っているじゃないのって。
    こういうのをまとめて本にしてくれれば嬉しいのですが。

    宗教的なこと、新宗教的なことも勉強していた自分としては、ものすごく腑に落ちるというか、全てが結びつきました。
    なるほど、宗教ではそう言っているけれど、「実際」はそういうことなんだって。

    ある程度わかっていたことの裏付けにもなり、本当に勉強になりました。
    ああ、自分の感じていたこと、受け取っていたことはそんなに間違っていなかったんだなって。

    さすが、エイブラハムだ!って思いました。(笑)

    あと、私はまだ結婚しておりません。当然、子どももいません。まだお金持ちではありません。

    こういう思想を知って思ったこと。

    ああ、結婚していなくてよかった。
    子どもがいなくてよかった。
    まだ金持ちでなくてよかった、というものです。

    こういう思想を知って実践していれば、最高の結婚生活が送れると思うし(最高のパートナーと出会えると思うし)、最高の子育てができると思うし、最強の金持ちになれると思ったからです。

    と、そうやって前向きに幸せ気分になれるような思考をしています。(笑)

    まだまだ気分的にはしんどいですが、少しずつ少しずつ上向きにして、上記の通り、最強で最高の何々を実現させていきたいと思っています。

    長文になりましたが、お礼を兼ねて書かせていただきました。

    香港には友だちもいるので、いつの日か遊びに行きたいですね。

    メアリーさん含め、ご家族の皆様が最高のヴォルテックスの中で生活されますように。

    Reply
    • メアリー Post author

      Mさん、長くて、奥が深くて、素晴らしいコメントを本当に有難うございます。
      圧倒されています!
      なんとお返事を書けばいいのかわかりません・・・(^◇^;)
      とにかく有難うございました。
      老子とか道教とかいろいろあってよくわかりませんが、
      老子の教えとかすごくいいですよね。
      人をうならすようなすごい教えが満載だと思います。

      Mさんのおっしゃるように
      エイブラハムの教えは、広大無辺なので
      願望実現に限ったことではありませんよね。
      私もこのブログを検索で見つけてもらえやすいように
      「引き寄せの法則」という言葉を含んだタイトルにしていますが
      あまりそのことは意識しないで書いています。
      いまだに自分のブログのタイトルが覚えられない・・・
      なんともつかみどころのない名前のブログですね。
      きっと一生自分がなんという名前のブログを書いていたのか
      知らないで済んで行くと思います。
      読者の皆さんもそうだと思います。(これ本当ですよね。)
      要は、内容がそのときの自分に沁みればいいんですよね。
      それさえもMさんのおっしゃるように
      必要なときにしか入って来ないですよね。

      では、本当に有難うございました。
      M先生、素晴らしいご指導を大変有難うございました!

      Reply
      • メアリーさん、お返事有り難うございます。
        正直、またコメントすることになるとは思ってもみませんでした。後述。

        引き寄せの達人の皆さんに早く追いついて、本当にM先生って呼ばれるくらいの実践家になりたいですね。(笑)

        さて、昨日今日で、このBlogに相応しいと思うネタが出来たので、せっかくなので皆さんとシェアしたいと思い、しつこく長文で書かせていただきます。

        上記のコメントしてから、エイブラハムの動画について調べました。
        あ、そうか、DVDが出ていたんだ、と。「エイブラハムとの対話」「お金」「ヴォルテックス」。
        レビューも良さそうだし、なんとかして入手して観たいなぁ・・・と思っていました。

        もうちょっと調べると、なんと、某有名レンタル店にあるではないですか!
        都会だと普通にあるのかもしれませんが、ここは田舎町。
        普通であれば、そういうのはないはずです。
        でも、私の行動範囲で、1軒だけ置いていたのです。しかも、その3つ全て。
        これは奇跡かもしれません。(笑)

        ただ、そこに行くのはちょっと遠く、面倒くさいのです。
        でも、あ、と思いました。
        明日(つまり、今日)、その近辺を通過するんだ、ちょっと寄り道になるけれど、行ってみようかな、と。

        その後、習慣の瞑想に、せっかくだから、17/68秒メソッドを取り入れてみようと思い、やってみました。

        ただただ、心を静かにして、「エイブラハムのDVDが手に入って観る」という感じです。
        イメージングというより、アファメーションに近いです。
        それに、特にワクワクというような感情もなく、ただただ、心をとても静かに穏やかにしてやってみました。
        それを、今日出発するまでの計3回。

        さて、出かけようということで、ふと店舗情報を見ました。
        いや、これを見てビックリ!
        なんと、今、全てのレンタル商品が半額!!
        しかも、そのお店だけです。
        これにはもう、笑うしかありませんでした。(笑)

        ということで、無事、3種類(対話とヴォルテックスはそれぞれ2枚ずつ)の計5枚を無事借りられました。
        通販で買うよりも早くてに入ったのも面白いです。

        更に面白いのが、その店舗、私の近くの店舗と提携していて、返却はどちらでもいいのです。
        ということで、返却もとても楽になり、言うことなし!でした。

        ここまで都合のいいことが重なるって、なかなかないと思います。
        本当にビックリでした。

        昨日、今日のことだけに、こんなことってあるんだぁって思いました。

        これからそれら3作を観るのが楽しみです。

        ということで、何らかのヒントになれば幸いと思い、書かせて頂きました。

        失礼します。

        Reply
        • メアリー Post author

          M先生、すごい体験をシェアして下さって有難うございます!
          本当にすご~~~い!!
          そこまで映画みたいにうまくいくと
          「これにはもう、笑うしかありませんでした。」とおっしゃっているのが
          本当によくわかります。
          うそみたいな本当の話ですね。
          バシャールがこの世は全てが奇跡だと言っていた意味がよくわかりました。
          Mさんの感情がオーケストラの指揮者のように
          全てをうまくハモらせたのですね。
          やっぱりMさんは、M大先生でした。
          こんな素敵なお話をシェアして下さって本当に有難うございました。
          不思議なことが起こるこの世に生きられて感謝です!
          とってもうれしいです!!

          Reply
          • メアリーさん、お返事有り難うございました。
            このエイブラハムのビデオに関しては、そんなにネガティブな思いがなかったから、あっけなく実現したのだと思います。
            全て観終わったのですが、いやぁ、すごい迫力!
            もう、そういう表現しか出ないですね。(笑)
            本とはまた違った観点というか、文字ではなく、言葉で表現してくれるので、伝わってくるものが多かったです。
            ただ、国が違うからか、言い回しというか、表現が難しかったです。
            メアリーさんはよくもまぁ、翻訳できているな、と感心しましたよ。(笑)

            ヴォルテックスのビデオは圧巻でした。
            息子さんが自殺した話はこれの2枚目に入っていました。
            日本ではこういうのって、絶対に公には出来ないことでしょうね。
            とにかく、このヴォルテックスは一見の価値あり、だと思いました。

            さて、またこうやって書かせて頂いているのは、余計なお世話かもしれませんが、興味のある人がいるかもしれないので、シェアした方がいいかな、と思いまして。

            今、私はあるテーマに取り組んでいます。
            でも、その「正体」が今ひとつつかめず、困っていました。
            今日の朝、それについて調べていると、関係ないところからそのWebサイトを知り、そこからヒントを得ることが出来ました。
            (本当にいい時代になったものです。)
            あとは実践だけです。

            バーソロミューってご存知ですか?
            チャネリングの存在で、今はもうチャネリング自体は終わっているようですが、知る人ぞ知る、という存在だそうです。

            日本では、過去、3冊の本が出ていたようで、今は2冊の本が復刻しているようです。

            私は今日の朝知ったばかりなので、まだきちんとは調べきっていませんが、あるサイトに、どうやら本から抜粋された内容の書かれているWebサイトを見つけたのです。
            (YouTubeには、朗読されているビデオが結構上がっています。)

            私が見たWebサイトでのバーソロミューのトピックはたった7つですが、一つ一つがとても長く、読み応え抜群です。

            エイブラハムのような願望実現系ではなく、「生きる」ことそのものに関係したことが述べられているので、人によっては目を背けたくなるような内容かもしれなせん。

            述べられている内容は、今となっては出尽くしているような内容かもしれませんが、チャネリングの存在によって述べられる観点が違うので、これはこれで参考になるし、勉強になると思います。
            今となっては語り尽くされているような内容ですが、1977年から1995年という18年の間に、また、この手のものとしては結構早い時期にまとめられていた、というのが面白いです。

            翻訳がとてもいいからか、優しさも感じられます。
            でも、その奥には凛とした厳しさというか、しっかりとしたものを感じます。

            直接ページのリンクを張っても良かったのですが、何か問題になるとご迷惑をおかけするのでやめました。
            次のキーワードで検索してみて下さい。

            「バーソロミュー マスター エネルギー域」

            検索結果のアドレスの中に「spaceship」というのが入っているのがそのサイトです。

            メアリーさんにはもしかしたら興味のないことだったかもしれませんが、もしかしたら、他の人にとって参考になるかも、と思って書かせて頂きました。

            もし、不適切だと思われましたら、このコメントを削除して下さい。

            書き込みさせて頂き、有り難うございました。

          • メアリー Post author

            Mさん、とても勉強熱心ですごいですね。
            バーソロミューやメアリーマーガレット・ムーアさんについては聞いたことはあるという程度でした。
            とてもいい内容のようですね。
            すごく感動した!というような感想も多いので、素晴らしい内容なのだと思います。
            リンクは自由に貼って頂いて結構ですよ。
            そのほうが皆さんも探しやすくて楽だと思います。

            それでは楽しい毎日をお過ごし下さいね!
            私も今から外食に行くのでうれしいです!
            やっぱり日曜日っていいですね〜(^O^)

  • あ、と思ったので追記。

    このバーソロミューをチャネリングしていたのは、メアリー・マーガレット・ムーアという人です。

    シンクロですね!(笑)

    Reply
  • メアリーさん、こんばんは。
    24日の夜に父が永眠しました。
    癌の末期でしたが、急変してしまい最後を見届けることができなかったことを後悔しています。

    闘病中は優しいお言葉を頂き、本当に感謝しています。
    明日はお葬式です。
    もう、父の姿を見ることが出来ないと思うと本当に寂しいです。
    死は悲しいですが、痛みからやっと解放されて父は良かったのかな…
    いつかは必ず通る道ですが、いろんなことを考えさせられます。

    Reply
    • メアリー Post author

      そうでしたか・・・
      どうされているのかな、もしかして・・・とは思っていたのですが、そうだったのですね。
      まだ昨日のことですのにこんなに早くご報告を有難うございます。
      明日はお葬式ということは、今夜はお通夜なのですね。
      そんな大変なときにお言葉を下さって本当に有難うございます。
      今夜は私も心を寄せさせて頂きます。
      明日もお祈りしています。
      明日からも毎日お父様にご挨拶させて頂きます。
      お父様も本当に最後まで頑張られたのですね。
      今は真由美さんがおっしゃるように痛みからも解放されて
      やりあげた達成感など、素晴らしいお気持ちでいらっしゃることと存じます。
      真由美さんやご家族の方々にもそのことをわかってほしくてうずうずしていらっしゃると思います。
      霊感も何もない私でも、父のお通夜のときにはすごくはっきりと声が聞こえて
      みんなにも聞こえたものと思い込んだほど大きい声でしたが、
      すごく父がそこにいるのをわかってほしかったという感じがしました。
      兄も父が皆の話を聞きながら「うん・・・うん・・・」と
      うなづいている声が聞こえたと言っていたので、
      亡くなっていないことは確実です。
      ある意味亡くなったんですけど、無くなってはいないんですよね。
      亡くなってから長くたってからでも、私の子供も
      自分が私の父のひざの上にのっているのが見えて
      どうして自分の足の下に大人の足が見えるのかわからなかったそうです。
      直感的にそれが「ママのお父さんだ!」とわかったそうなので
      コミュニケーションは永遠に続くんですよね。
      会ったことがなくてもわかるほどですからね。
      今はお父様はたくさんの先に逝かれた愛する方々に囲まれて
      とても喜びに溢れてお過ごしのことと存じます。
      どうぞ真由美さんもこれから体力的にも大変な時期をお過ごしになると存じますので
      くれぐれも御自愛下さいませね。
      お父様にとってもご家族の皆様が明るくお過ごしになられることが
      一番うれしいことだと思います。
      今日は本当に有難うございました。
      真由美さんがそんなに覚えていて下さってうれしかったです。
      心から御礼申し上げます。
      本当に有難うございました。

      Reply
      • メアリーさんこんにちは。
        とっても素敵な記事ですね!
        心のもやもやが晴れたような気持ちです。
        メアリーさんのブログは、私の心の支えです。

        Reply
        • メアリー Post author

          あけみさん、過分な御言葉を有難うございます。
          全てエイブラハムやその他のスピリットの言うことを翻訳しただけなのですが、
          なぜか私にも役得のような思いをさせて頂いて
          本当に有難うございます。
          私もこのような教えを知ることができて
          喜んでいる者の一人です。
          メッセージ本当にどうも有難うございました!

          Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *