引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 愛を間違えた所で探すとどうなる?

愛を間違えた所で探すとどうなる?

花とサクランボ

エイブラハムの言葉より:

「私達はあなた達に次のことを聞いてほしい(わかってほしい)。

あなた達は、愛を全て間違えた所で探していると思う。

あなた達は、相乗効果(シナジー、共同作業)を全て間違えた所で探していると思う。

あなた達は、それを自分の外の人々の中に探している—でも、あなたが

それを見つけられる唯一の場所は、あなたの中だけなのに。

だから、他の誰かが来て、あなたの言葉で言うと

「それまでそこを流れていた(平穏な)エネルギーを乱した。」というような場合

その人がエネルギーを乱したのではない;

あなたのそれに対する反応がエネルギーを乱したのだ。

(でも、あなたはそうは思わないから)そういうことがあると

まるであなたにはパワーがないように感じる(無力に感じる)。

言い換えれば、誰かとうまく行きたい(意気投合したい)と思うことは

良いこと(素晴らしいこと)ではある。

しかし、自分自身とうまく行くこと以上に誰かとうまく行きたいと思うことは

それほど良いことではない。

そして、誰が同じ部屋にいるかには関係なく

自分とうまく行くことができるということを

あなたが自分に示した(わからせた)ときに

あなたは真の相乗効果(シナジー、共同作業)を得ることができる。

その相乗効果とは、引き寄せの法則が

いつもあなたに次の論理的な破片(人、物、状況など)を

もたらすことができるということである(いつも次にふさわしい破片を

あなたにもたらすことができるということである)。」

Here’s the thing we want you to hear from us.

We think you’re looking for love in all the wrong places.

We think you’re looking for synergy in all the wrong places.

You’re looking for it in those people who are outside of you,

where the only place that you’ll ever find it is inside of YOU.

So what happens when the other man came in and sort of, in your words,

messed up the energy of what was going on, that’s not what messed up the energy;

it was your response to that. And that’s what sort of renders you seemingly powerless.

In other words, to want to click with someone is a nice thing.

But to want to click with someone more than wanting to click with yourself is not so good.

And when you show yourself that you can click with yourself regardless of who else is in the room,

then you’ve got that true synergy going on

where Law of Attraction can always bring the next logical piece to you.

エイブラハムは「あなた達は愛を全て間違えた所で探している。」

「あなた達は愛を全て間違えた所に見つけようとしている。」

というようなことをよく言います。

 

英語では

looking for love in all the wrong places とか

finding love in all the wrong places というような言い回しです。

 

あまりにもいろいろな話のシメとして言われているので

あえてその言葉を取り上げるのを今まで忘れていました。

すみませんです。

 

この上の引用文は、大まかに言うと

他人がどんなことをしていようとも、そんなことには関係なく

自分のバランスを保つことができることを知れば

他人によってエネルギーを乱されるというような

無力な状態(自分にはパワーがないと思うような状態)を

経験する必要がなくなると言っていますね。

 

そして、愛というのは自分の外の人々の中に見つけるものではなく

自分の中にだけ見つけられるものだと言っていますね。

 

でも、この話はもっと奥が深くて

愛は自分の中に見つけるものだとは言っても

この私達が自分だと思っている

気分屋で気まぐれな小さな個人という意味ではないですね。

 

本当の自分というものは、Inner Being(内なる存在)とか

Sourceにまで広がっているものなので

この愛というのは、無条件に、常に変わることなくふり注がれている

Sourceからの完璧な愛のことですね。

個人の気分や都合によって変わる不安定な愛ではないと言えます。

 

エイブラハムは、唯一の意味ある関係というのは

Sourceと自分との関係であり

その他の人や物との関係をそれ以上に大切な基準としてしまうと

ゆがみが生じると言っています。

 

そして、うれしいことに、Sourceとの関係を基準にして行けば

どんな人や物や状況に対しても最善の関係でいられて

全ての人や物や状況のためにもなると言っています。

 

つまり、アライメントの状態でいることを目的にしていれば

外的要素に左右されない無条件の愛を他人にも与えられるし

条件つきの人生を生きなくてもよくなるということですね。

 

条件つきの人生というのは、周りによって

自分の価値やアライメントが左右される人生のことですね。

(本当は左右されないそうですが

自分の反応がそうさせているということですね。)

 

上の引用文は、誰かから認証を受けることや他人の言動を

自分の状態を決める基準とせずに

Sourceと自分とのアライメントの状態や

Sourceとの共同作業を最優先に考えて行けば

引き寄せの法則によって論理的に次にふさわしい物事が

運ばれて来るという意味ですね。

 

この「愛を間違えた場所で探している」という話は

ものすごく応用の幅が広いので

他のセミナーで話された例も出してみますね。

 

例えば、全ての人間は完璧ではないので

全ての親というのは何らかの欠陥のある親業をするわけですが

それはSourceの視点から見れば親も子も同時に成長して行くのだから

完璧なシナリオに見えるわけです。

 

しかし、多くの子供(誰でも一度は子供だったので多くの人)は

自分の親が「良い人ではない」ことはいけないことだと思い

親に対して何らかの不満や欠点をつつくような気持ちを持っているわけです。

 

そして、自分は愛情不足に育ったから自分には欠陥があるとか

あのとき親がこうしてくれたら自分は今のようにはならなかったとか

いろんな意見や責める気持ちを持って、その結果苦しんでいるわけです。

 

そういうときにエイブラハムは

「あなた達は愛を間違えた所に探している。」と言います。

つまり、親という自分の外の人の中に

愛や承認を探すというその場所自体が

もう見当違いなんだそうです。

 

親はSourceではないから、もともと無条件な愛を与えるようには

作られていないそうです。

そういう「親だから〜ねばならない。親だから〜するべきだ。」という約束は

親が子供に約束してあげたいと思ったとしてもできないのが人間だそうです。

 

親は自分がアライメントの状態にいるかいないかによって

愛情を与えられたり、与えられなかったりするのが

当たり前なのだそうです。

 

だからエイブラハムは、もし自分が親で、機嫌が悪いときには

子供にもそう言って、隠すのをやめなさいと言っています。

 

そして「自分の機嫌が悪いのは自分のせいだということを知っている。

これは自分が自分に対してやっていることだ。

だから他の部屋に行って機嫌をなおして来る。」と子供に言って

その場を離れなさいと言っていました。

そして、アライメントの状態になってから

また戻って来なさいと言っていました。

 

そのように子供に言うと

子供は、親にもアライメントの状態のときと

そうではないときがあるということをよく理解するし

その状態は全て「親自身がやっていること(their own doing)」

つまり「その人次第」ということもよく理解するそうです。

 

そうすると、子供は親の中に愛を見つけられるときと

見つけられないときがあっても

それは当たり前だと思うようになるそうです。

そして、親に完璧を求めない、

つまり親にSourceの役割を負わすことをしなくなるそうです。

 

他にも「愛を間違えた所に探している」という例はたくさんあるのですが

これは、親でも、恋人でも、配偶者でも、子供でも

自分の支持者(芸能人の場合だったらファンや観客など)でも

お金でも、所有物でも、名誉でも、地位でも・・・

そういう全てのことに言えるそうです。

 

Source以外に無条件の愛を求めようとしても

そんな責任を負うように作られた人はいないし

そんな責任を負える人や物や状況も存在しないそうです。

 

人に感謝されないとき

それはあなたが感謝されるべき存在ではないから

という理由ではなく

相手が感謝モードにいないときは感謝しないという

ただそれだけの理由なのだそうです。

 

そして、感謝モードにずっといるべきだという責任を負った人は

誰もいないそうです。

ずっと感謝モードや愛情モードにいるべきだ

という責任を負った親も、恋人も、パートナーも、先生も、ファンも・・・

そんな人は誰もいないそうです。

 

もちろん自分も、誰に対してもそんな責任は負っていないし

負いたいと思ったとしても負うことはできないそうです。

 

ところで、もちろん自分がSourceとつながって

そこから自分の対象物(パートナー、子供など)に

無条件の愛を流すということはできるそうです。

 

夫婦の愛、親子の愛、友情など、そういう場面はたくさんあります。

でもそのときに、自分は相手のアライメントを促進しているもの、

つまり触媒(catalyst)であるということを忘れてはいけないそうです。

 

触媒(catalyst)というのは化学反応を促進するもの、

つまり化学反応を起こりやすくするものですね。

 

自分は、相手に無条件の愛を自分を通して与えることによって

アライメントとはどういう感じがするものなのか

ということを相手が感じるお手伝いはしているけれども

相手は自分と融合しているわけではないそうです。

あくまで、相手はSourceと融合しているそうです。

 

そして、Sourceと融合するのは相手次第だから

自分を通した愛に応えようと応えまいとそれは相手の仕事だとわかるので

相手が愛を感じなくても、がっかりすることがなくなるそうです。

触媒(catalyst)は化学反応を早めるお手伝いをするだけですからね。

 

でも、キリストとかブッダとか親とかパートナーとか子供とかペットいうのは

素晴らしい触媒の役を負ってくれやすいですね。

もちろん芸術や仕事やスポーツなど、様々な触媒はありますよね。

それを理由に無上の愛や喜びを感じるということはよくありますね。

でも、それはあくまでも理由(触媒)であって

それをどう使うかはその人次第なんですね。

 

ところでエイブラハムは、流行りの歌には

「あなたがいないと私は生きて行けない〜♪」

「あなたが私の足りない部分を埋めてくれた〜♪

まるでジグゾーパズルの破片(ピース)のように〜♪」

「あなたが私を完全なものにしてくれた〜♪」

「あなたがいないと私の毎日は暗闇で、日も昇らない〜♪」

などという歌詞が多いけれども、そういうことを言う人からは

全速力で逃げなさいと言っていました(笑)

理由はもうわかりますよね。

愛を間違えた所に探しているし、Sourceと自分を混同されていますね。

私があなたのことを嫌いになってもSourceはあなたに永遠の愛を与え続けていて

あなたの価値は最高の最高のこれまた最高っていうのは変わらないよって

最初に言っておいたほうがいいですね。

でも、そういうことはわかってもらえない可能性があるから

はっ、早くっ!逃げて!!

 

こういう歌が流行るということは

そう言われると最初はうれしいからなんでしょうけどね。

でも、2年もすればうざったくてしょうがなくなるのでは・・・?

というか、私がいなくてもあなた絶対生きてるから大丈夫と言ってあげたい(笑)

ま、もちろん相手も言葉のあやで言ってるんでしょうけど(本気にするなって?)

 

本当は「あなたといると楽しい。でもいないときも楽しい。」

と言うのが健全なんでしょうが、これだと告白には説得力がないかな?(^o^)

 

私も子供達に「あなた達のおかげで人生がすごく明るくなったよ。」

というようなことを言うけれど

じゃあ、いなかったら暗かったのかというと

そういうわけではないんですよね。

夫婦2人だけの生活というのもこれまた楽しいですからね。

 

子育ての最後にはしっかり親離れ、子離れするのが目的だけれども

今はSourceからの愛を私を通して流してあげると

子供はアライメントの状態とはどんなものなのかを体験しやすいですよね。

もちろん私自身も子供以上にその行為によって

アライメントの状態を体験しているわけですけどね。

 

でも最終的には親が周りにいなくても、親の機嫌が悪くても

いつでも自分がSourceとつながればその無限大の愛は感じられると

子供はわかるようになるわけですね。

自分の価値は周りによって左右されないということもわかるようになりますよね。

 

いやはや今日の内容は幅が広すぎて、私の手には負えませんでした。(^◇^;)

長い割にはわかりにくくてすみません。

いろんな動画の寄せ集め情報なので、寄せ鍋みたいですみません。

もういい加減に終わります。

 

あっ、でも最後にもう一つだけ!

愛は自分の中にしか探すことができないという意味は

他の人の中には愛がないというような悲しい考え方ではなくて

自分の中にしっかりSourceの無限大の愛を見つけることができれば

他の人の中にも物の中にも全ての状況の中にも愛を見ることができる

というような意味です。

だって、見るのは自分だから。

見えないのも自分だから。

Sourceはどこにでも流れ入っているということは、どこにでも愛はあるということですよね。

愛は自分の中に見つけることができれば全ての所に見つけられる

という矛盾した結論が最後には出るそうです。

さっき間違えた所で探しているって言ったじゃん!と言われそうですが・・・

それも本当です。

両方が真実だという矛盾の中に真実はあるのですね・・・とバシャールも言っていました。

 

それでは、最後まで読んで下さって本当に、本当に有難うございました。

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

10 thoughts on “愛を間違えた所で探すとどうなる?

  • メアリーさん、こんにちわ。

    今月も大変素晴らしい内容ですね~(^^♪

    感服しております。

    この内容は分かる人には本当に分かるんですけどね・・・・

    話変わって←突然ですが(^^;

    明日で100歳になる祖母は先週から体調を崩してしまい病院で治療を受けていました。が、昨日祖母の強い希望で家に戻ってきました。

    職場→病院→家→病院の繰り返しの日々はかなりキツイものがありました。、両親は葬儀場を探したり参列者を考えたりと最期の日を意識したプロセスの中、ずっと個人的に感じていたのは、「祖母の孫で良かった」という感謝の一言になっている自分がいることです。

    若い時は本当に憎くて何度も殺してやろうと思っていたし、実際先日まではうっとおしくて溜まらなかったのに、最期まで生き切る様子を見ていると本当に尊敬してしまいました。

    昨夜祖母が私に「長生きはするものではない。こんなに辛い思いをするのは嫌だ」と言っていましたが、本人は100歳目指して色々この一年頑張って来たし、明日までは気力で生きていると思います((´∀`))

    抜けたら元の世界で自由だけれど、物質世界を楽しめない・・・

    メアリーさんのお蔭で本当に色々な事を感じさせて頂いております。

    祖母の最期は祖母が決めることだけど、居なくなったら寂しくなるんだろうな。。と思います。

    メアリーさん、毎舜・毎舜を楽しんでくださいね。

    今月の内容は本当に良かったですよ。私がずっと今年に入って思っていたことだったのでメアリーさんが言わんとすることは本当に良く分かります。

    いつも、本当に有難うございます。
    ~ありったけの感謝を込めて~

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、大変な時期にコメント下さって有難うございます。
      お祖母様のこと、本当にびっくりしました。
      明日で100歳だなんて、本当におめでたいことですね。
      やはりお家に帰りたいと思われるお祖母様のお気持ちもとてもよくわかります。
      それを実現させて差し上げているご家族や病院の方々も
      ご自分のことのようにお祖母様のお気持ちを大切にされていて、本当におやさしいですね。
      エイヴリィさんは、この最後のひと時ひと時を本当に大切にお祖母様と過ごされていて、
      その上、このお祖母様の孫で良かったと感じるところまで到達されていて本当に素晴らしいですね。
      頭が下がります。
      すごいですね、エイヴリィさん!
      「若い時は本当に憎くて何度も殺してやろうと思っていたし・・・」というところ
      読んで笑ってしまったというのが正直なところですが、
      エイヴリィさんはそのようにすごく自然に自己開示できるところを心から尊敬しています。
      人間にはかっこつける気持ちがあるから、なかなかそんなに正直には言えないと思います。
      エイヴリィさんはそうやって不完全であるご自分をさらっと他人に見せることができるので
      きっと他の人の欠点や不完全さも存在するのが当たり前だと思っていらっしゃるから
      他の人もエイヴリィさんといっしょにいるととても居心地がいいと思います。
      そして、エイヴリィさんご自身もとてもスッキリとした楽な気持ちで
      人との関係を楽しむことができられているのだと思います。
      無条件の愛を生きていらっしゃるのですね。
      私も今回の記事を自分で書いていて「全ての人は不完全に最初から作られている。
      それなのに「こうあるべきだ。」というような役を負わせてしまってごめんなさい。
      そんな役を負った人はいないのに。そんな役を負うように作られた人はいないのに。」と思ったり
      「私も全ての人も不完全でいいんだ。それが無条件の愛を実現できる土壌・環境なのだ。」と思ったり
      「不完全が完璧なんだから、人間が思うような「完璧」になるべきだと思わずに
      みんなでいっしょに楽しく成長して行こう。」というような気持ちになりました。
      自分のことも、他人のことも、誰のことも「こうあるべきだ。」と思わずに生きられるのは本当に楽ですね。
      これが人間本来の姿なんですね。
      これがエイブラハムがいつも言うwho you really areっていうやつですね。
      い・・・今頃わかって感動・・・(^◇^;)

      お祖母様にとって、ご存命のうちにエイヴリィさんとそんなに良い関係を築かれたことは
      本当に素晴らしいことだと思います。
      エイヴリィさんもお祖母様も、生まれて来る前にそれを意図していたのだと思います。
      実現おめでとうございます!
      今日はお祝いですね!!
      そして、なんと言ってもやはり最期まで生き切る様子というのは
      エイヴリィさんのおっしゃるように心から尊敬するものがあると思います。
      そのことを私にも教えて下さって本当に有難うございます。
      私達の祖父母や両親が生きているうちに孝行ができるというのは、本当に恵まれた幸せなことですよね。
      エイヴリィさんもお仕事との両立でお疲れが出ないように
      ご自分のこともやさしく労わりながらなさって下さいませね。

      来月〜再来月ぐらいにかけて、生死についてエイブラハムが言っていることについて
      ご紹介できたらと思います。
      どうぞお祖母様と楽しく充実した感動的なお時間をお過ごし下さいませ。
      私も波動的にそこに参加させて頂きたいな〜と思います。
      水入らずのところ、お邪魔ですけどね・・・(^^;)
      私の心はエイヴリィさんのところにご一緒させて頂いていますね。
      そして、100歳のお誕生日本当におめでとうございます!
      心からお祝い申し上げます。
      エイヴリィさん、本当に有難うございました。
      Thank you so very much, Avery-san. Much love to you.

      Reply
  • メアリーさま
    おひさしぶりです。いつもためになる翻訳ありがとうございます。
    恥ずかしい話なんですが辛い失恋をして(いつも同じパターン)また相手に軽く扱われたな…
    でも、私の価値には関係ないんだよ…気分の問題だよって エイブラハムも言っていたよねと
    いつかこちらで読んだ記事を思い出しながらも、涙が…(笑)
    こういう場合って、まだ自分を大切にできてないのでしょうか?対話不足かしら。
    そうしてコメントしようとしたら
    エイヴリィさんのコメントに今度は感動して、泣けてきました。
    勝手に読ませていただきすみませんが、お二人とも、ありがとうございます。

    Reply
    • メアリー Post author

      らぶたんさん、お久しぶりですね。
      いつも有難うございます。
      辛い失恋をされたそうで、らぶたんさんのような素敵な女性をふるなんて
      その男性もどれだけ損をしているのかわからなかったのでしょうね。
      でも、その経験を通して素晴らしい理想の男性が
      ヴォルテックスには既に出現しているそうで
      らぶたんさんがそれを楽しみにして進んで行かれると
      次にはもっと素晴らしい出会い(出愛?)が待っているそうです。
      そんなこと言われても今は悲しいというのが本音だとは思いますけどね。
      それはそれでいいんですよね。
      かわいそ〜う(涙)今夜はそばにいてあげられたらよかったのに・・・
      心だけは寄り添って、らぶたんさんを応援しています。
      うちの義母は失恋した孫に「男性は買い物と同じで買ってみないとわからないんだから
      また次に買ってみたらいいから。」というアドバイスをしていて
      周りの親戚皆に「何言ってるの!」と怒られていました(笑)
      でももちろんその女の子の孫は、今は幸せな結婚をしています。

      ここでのコメントはフォーラムのような形でオープンにされているものなので
      読者さんどうしの意見の交換の場となってもいいものですから
      「勝手に読んではいけない」なんてものではないですよね。
      そんなに細かいところまで読んで下さって、こちらのほうが感謝しています。
      どうも有難うございました。
      エイヴリィさんの今日のお話は衝撃的ですね。
      私もとても教えられました。
      今日のひと時ひと時をとても大切に感じさせて頂いています。

      らぶたんさん、どうぞお元気でお過ごし下さいませね。
      らぶたんさんのお心がまた元気を取り戻して、素敵な笑顔が戻ることをお祈りしています。
      どんな状況からでもまた心は回復できますよね。
      でも、焦らずゆっくりされて下さい。
      私もなんだかんだ言って、失恋の悲しいせつない歌とか好きですけどね。
      歌詞もメロディーもとても美しくて、心に響くと思います。
      人を好きになる心って本当に美しいですよね。
      そういう心を持った私達は素晴らしい存在ですね!

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    こんにちは〜(●´ω`●)

    ようやく日本も強い陽射しになってきました。
    香港は、、、もうかなり暑いんでしょうか??

    今月号は特になんだかめちゃ深い!?
    読んでいて胸があったかくなりました。

    また何回もじっくり読み返します。

    いつも本当にありがとうございます!

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、いつも有難うございます。
      日本もいい気候なんじゃないでしょうか。
      香港は夏らしくなって、30度を超える日も出て来ましたが
      まだまだ余裕です。
      また涼しくなったりもするそうなので、今は過ごしやすいです。
      真夏に備えてエイエイオーです(頭は小学生のまま・・・(^o^)丿)

      読んで胸があったかくなって下さったんですか!?
      お~、それはとてもうれしいコメント!
      どうも有難うございます。
      私もエイブラハムの動画を見たり聞いたりすると
      鳥肌が立ったり、感動して涙が込み上げるときがあります。
      そういうのもご紹介できたらいいな~と思っています。
      でも追いついていなくて・・・なんせ、時間がかかる作業で・・・
      朝起きたばっかりだったのにすぐに夜になっているのはなぜ?
      でも、かみしめるようにゆっくりやっています。
      ゆみこさん、いつも忘れず読んで下さって本当に有難うございます。

      Reply
  • メアリーさん、こんにちは。

    昨年の9月に、メアリーさんのブログにたどり着きました。

    私が、エイブラハムの引き寄せの法則を知ったのは、
    確か2009年頃のことだったと記憶しています。

    幸せなことに、エイブラハムの引き寄せの法則をきっかけとして、
    たくさんの素晴らしい人たちとの出会いがありました。

    その中には、今でもつながってくださる方々がいます。

    いろいろな方が、引き寄せの法則について取り上げている中、
    私は常に、「純粋なエイブラハムの教え」を知りたいと願い続けていました。

    そのため、ここ7年くらいは、日本語に翻訳されたエイブラハムの本やDVDのみを
    何度も繰り返して読んだり、見たりしてきたのですが、
    エイブラハムの教えは、幾度触れても、深い気づきと、軽やかな笑いがあり、
    そのたびに新しい感動が生まれ、その時によって心に響くところが違ったり、
    本当に素晴らしいですね。

    「純粋なエイブラハムの教え」を知りたいと願いつつも、
    私は、英語の方は、「Hello.」「I love you.」「Thank you.」
    くらいしかわかりませんので、
    英語で出ているエイブラハムの本やDVDや動画に出会うたびに、
    もしも、英語ができたら、どんなに素敵だろうと思っていました。

    と同時に、エイブラハムの本やDVDが出ていない国や翻訳されていない言語というのは、
    きっとすごくたくさんあるはずなので、(むしろ、その方が多いかもしれません)
    自分の慣れ親しんだ言葉である日本語で、エイブラハムの教えに触れられることは、
    なんてありがたいことなのだろうと思ってきました。

    そんな中、昨年の9月に、エイブラハムの動画を見終わって幸せな気分に浸っていた時、
    なぜか、ふと、エイブラハム・ヒックスとキーワードを入れて、
    たどり着いたブログがありました。

    それが、メアリーさんのブログです。

    メアリーさんのブログにたどり着いた時の気持ちを一体なんと表現したらよいのか、
    まさに、「波動の天国を見つけた!」という感じでした。

    私がずっと求め続けていた「純粋なエイブラハムの教え」が、そこにはありました。

    しかも、メアリーさんの翻訳が、本当に素晴らしくて。。。。。

    さまざまな方がエイブラハムの教えを翻訳されていますが、
    私は、メアリーさんの翻訳が大好きです。

    いつもいつも、メアリーさんの訳されたエイブラハムの教えを読むたびに、
    感謝の気持ちでいっぱいになっていました。

    いつかお礼を・・・と思いつつ、気がつけば時が過ぎ、
    今日は、ずっと伝えたかったありがとうをお伝えしたくて、
    メッセージを送らせていただきました。

    メアリーさん、いつもありがとうございます。

    これだけの文章を訳されるのは、とても時間がかかる作業だと思います。

    私も、長い文章を書く人なので、
    なんとなくメアリーさんがエイブラハムの言葉を翻訳されている時の様子が
    想像できます。

    なんというか、こう、エネルギーがのって、何かにつながっている時って、
    夢中で、没頭していて、疲れないのですよね。

    そして、はっと我に返ると、時間があっという間に経っていて、
    「わぁ、もうこんな時間!」みたいな。。。。。

    メアリーさんが、ご自分の大切な時間を使って、
    エイブラハムの教えを伝えてくださることに、
    心から感謝しています。

    人間、胸の中で思っていても、
    ブログにコメントでメッセージを書くというのは、けっこう勇気がいることなので、
    たぶん、私以外にも、たくさんの、本当にたくさんの方々が、
    心の中で、メアリーさんに感謝していることと思います。

    私が、今日、ここにメッセージを書こうと思ったのも、
    そんな感謝の波動にあふれたみなさんとの共同創造なのかもしれません。

    最後に、ひとこと。。。。。

    私は、エイブラハムとエイブラハムの教えが大好きですが、
    メアリーさんご自身のことも大好きです。

    もしも、メアリーさんが、このブログを書いていらっしゃらなくても、
    私は、きっとどこかで、メアリーさんに出会っていただろうと思います。

    Reply
    • メアリー Post author

      リリアさん、素晴らしいコメントをどうも有難うございます。
      あまりにも素晴らしいので、どうやってお返事しようかともじもじしてしまいました(笑)
      なんだか褒めすぎに褒めて頂きまして本当に有難うございます。
      リリアさんの心の美しさが伝わって来ました。
      なんて美しい方なのかな〜〜〜と感動しました。
      お礼なんてとんでもないです。
      こちらのほうが読んで下さっていることに感謝です。
      それに私も誰に頼まれて書いているわけでもなく、勝手に書き始めたものを
      なぜかインターネットで探して下さる偶然もあるようで
      その出会いに感謝しています。
      それに今は1ヶ月に1回の更新が精一杯なので
      こんなチンタラしたペースにおつき合い下さって本当に有難うございます。
      ご存知かもしれませんが、在宅で翻訳の仕事をしていますので
      そちらに取り組む時間のほうが断然多いのです。
      でも、私はその仕事が本当に好きです。
      内容はもちろんエイブラハムなどとは全く関係ないものですが
      翻訳は何かを作り上げる作業なので、はっきり言って時間が飛びます。
      その間の記憶がないという感じですね。
      それをやっていることはもちろんわかっているんですけどね。
      洗濯機をさっきかけたばかりなのに終わっていることにビックリします(笑)
      ヨーロッパ式の洗濯機は1時間半〜2時間もかかるんですけどね。

      そしてやりながら、ものすごい喜びと感謝が湧き上がって来るときが多々あります。
      でも、もちろん何よりも家族が最優先なので、そちらに心は向けているのですが
      メリハリのある生活は良いものですね。
      翻訳でなくても、内職のように同じ動作を続けることをしているときでも
      フローの状態(瞑想のような状態)になるときもあります。
      そして、そんなことをしていられる自分に
      ものすごく喜びと平穏さと有難さを感じることがあります。
      とにかく明日死んでも悔いはないとはこういうことを言うのだな
      と思う生活を送らせて頂いています。
      でもまだまだもっと向上したい点がたくさんあるし、
      家族や周りの方々にも喜んで頂ける人格になりたいなと思っています。

      なんだか自分のことばっかり書いてしまって失礼致しました。
      リリアさんもどうぞうれしく楽しい毎日をお送り下さいませ。
      本当に素晴らしいお手紙を有難うございました。
      思いやりに溢れたお言葉を本当に有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん、初めまして!
    昨日、ちょっとした恋愛がらみのコントラストを体験し、それを機に解決策を探していたらこちらのブログに辿り着き、もうワクワクしながら夢中で読んでいます!
    元々「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」が大好きなので、より理解が深まる内容で非常にためになります!
    こんな素敵なブログを運営してくださってありがとうございます〜〜!!

    そして嬉しいシンクロがありました、
    ちょうどこの記事を読む少し前に、恋人に依存してしまうことについて内なる自己に相談していたのですが
    その内容とこの記事の内容が完璧に合致していて、
    なんだか太鼓判を押された気持ちです。
    翻訳だけでなく、メアリーさんによる補足もすごくわかりやすく、あたたかで、読んでいてとてもホッとしました。
    本当にありがとうございます!

    初めてのコメントなのに熱く語り過ぎてしまったかも……。笑
    これからも応援しています!

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆっこさん、初めまして。
      まだ昨日初めて読んで下さったばかりなのに
      早速コメントを有難うございます。
      熱く語って下さって有難うございます。
      そういうのいいですね!
      心の中にpassionがあると
      ずっと若くて、楽しく生きられますよね。

      素敵な恋愛を楽しんで下さい!
      エイブラハムも、この記事の内容をゆっこさんが役立てて下されば
      とてもうれしいと思います。
      私もそうしないとですね。(^◇^;)
      ゆっこさん、これからもどうぞよろしくお願い致します。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *