引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 愛の力 by セイント・ジャーメイン

愛の力 by セイント・ジャーメイン

スイレン
Pocket

アシャーマリ(Ashamarae)さんというアメリカ人男性がチャネリングしている

セイント・ジャーメイン(Saint Germain)という聖人のスピリットが

愛の力(power of love)について話してくれたので

その内容を要訳してご紹介させて頂きますね。

 

以下、セイント・ジャーメインの言葉の要訳です。

 

この「今」というときに

あなた達とつながるためだけに

私達はここに来た。

 

実感のある方法でつながるために。

(注:本当はいつもつながっているけれども

それをもっと実際に感じられる方法で・・・という意味ですね。)

 

私達は皆、心(ハート)の中で

つながっているのではないかい?

 

私達は皆、心(ハート)でつながった

一つの家族なのではないかい?

 

(イエス・キリストの写真を見せてから)

イェシュア(Yeshua=イエスのヘブライ語の発音)からのメッセージは

何であったかわかるかい?

 

彼からのメッセージについて

本当に多くのことが書かれ、話され、チャネリングされて来た。

 

しかし、彼のメッセージは、たった一つだった。

これからも彼のメッセージは、たった一つである。

「存在しているのは愛だけだ。

そしてこれから存在するのも愛だけだ。

(All there is, and all that ever will be, is love.)」

これが彼からのメッセージである。

 

人間は、このシンプルなメッセージを

大変複雑なものにしてしまった。

 

こんなシンプルなメッセージを

様々に誤解して解釈してしまった。

 

「全てあるのは愛だけ。」

これが彼のメッセージである。

 

でも、そうではないと言う人もいる。

「周りを見渡せば

たくさんの愛がない行動が見られる。

人をジャッジする人もたくさんいる。

悲しみもたくさんある。」

 

私達もそれに同意しないわけではない。

(私達もそれは本当だと思う。)

 

しかし、そのような意識から

どうやったら違う方向に行けるだろう?

 

どうしたらそこから愛のある行動を

とって行けるだろう?

 

(少し微笑んで)

多くの人は、何かすごく偉大で

大げさななものを求めている。

 

実は、愛はものすごく偉大なものである。

しかし、それと同時に、愛は繊細で、静かで

ソフトなもの(やわらかいもの)でもある。

 

星が誕生するときに存在する愛のエネルギー(愛のパワー)は

笑顔を出すときに存在するエネルギーと同じである。

 

そのことに気づかないのかい?

 

太陽の核を作り出しているのと同じ愛の力(愛のエネルギー)が

人を助ける親切な行動(ジェスチャー)の中に

同じ程度(同じ量)存在しているのだ。

 

それなのにあなた達の中には

水の上を歩けるようになったり

死人を生き返らせることができるようになったり

水をワインに変えるようなことができるようになるまでは

そのような愛を自分の中に存在させようとしない人がいる。

(注:これらはキリストができたことですね。)

 

でも、おもしろいことは、そうであってもなくても

あなた達の中には愛が流れ、愛が存在しているということだ。

人生の中のどんな瞬間でもだ。

 

しかし、一日の中のそれぞれの瞬間において

普遍的な愛をあなたに見えなくさせてしまうものは何だろう?

 

このほとばしるほど広がっている愛が見えなくなるほど

あなたを盲目にさせてしまうものは何だろう?

 

それは、マインド(mind)だ。

 

では、マインドに支配されないようにするには

どうすればいいのか。

その方法を教えよう。

 

まずは、深呼吸をする。

 

そして、次にこのことを思い出すのだ。

「この今というときを通して

自分は誰か(自分は何者か、who I am)

ということを知ることほど重要なことはない。」

という真実を思い出すのだ。

 

つまり、「この今というときを通して

本当の自分を知ることほど大切なことはない。」

という真実を思い出すのだ。

 

自分は誰か(何者か)ということ知るため

つまり、本当の自分を知るためには

まずは深呼吸をしなさい。

 

そして、目には見えないけれども

自分を助けてくれている存在全てに

呼びかけるのだ。

 

それは、誰でもいい。

(注:イェシュアでもセイント・ジャーメインでも

ブッダでも観音様でも御先祖様でも仏様でも神様でも

誰でもいいということです。)

 

どうして人生が本当に困難になるまで

自分を助けてくれている見えざる存在全てに

呼びかけるということをしないのか。

 

どうしてやせ細って飢え死にしそうになるまで

私達をあなたの食事のテーブルに呼ばないのか。

 

食事がたくさんあるときにすでに

私達をあなたのテーブルに招待すればいいのだよ。

 

そしてこう言うんだ。

「私といっしょに座って下さい。

 

そして、このハートを通して呼吸することを

サポートして下さい。

 

あなたも以前自分の体の中にいたときのように

私も息が吸えるようにサポートして下さい、イェシュア。

 

このハートを通して呼吸をしながら

私は自分の呼吸の意識を手放します。

そして、私は呼吸をさせられている状態になります。

(=生かされているという状態になります。)

 

すると、周りの全ての速度がゆっくりになる。

 

そして、この瞬間には

全てのことが大丈夫(OK)になる。

 

私がもっともっとリラックスするにつれて

私のハートが、体とハーモニーを奏でる。

 

愛が、私の神経を

もっとおだやかに落ち着かせてくれる。

 

私は本当にリラックスしている。

 

どこにも行かなくていい。

何もすることはない。」

 

そして、イェシュアに次のように頼むのだ。

「愛するイェシュアよ、あなたの愛を

私のハートに吹き込んで下さい。」

 

そして、イェシュアの愛を感じなさい。

あなたがリラックスすればするほど

それをもっと感じるようになる。

 

そして、彼の愛はあなたの体の中の

全ての細胞を満たして行く。

 

あなたのオーラも周りの環境も

全てのものがキリストの意識(Christ Consciousness)によって

満たされて行く。

 

あなたの心の中の笑顔(inner smile)を感じなさい。

 

そして、イェシュアに

あなたについて何か具体的な、特定のことを頼みなさい。

 

あなたにとって何か重要なこと

あなたにとって何か本当に意味があることについて

イェシュアにお願いするのだ。

 

それがどのような方法で叶うかについては

考えてはいけない。

 

ただ単に、その願いを彼に渡すのだ。

サレンダーして彼に渡すのだ。

 

そして、イェシュアがあなたを抱きしめるのを感じなさい。

イェシュアは、彼独特の方法で

あなたを抱きしめるだろう。

 

ただ静かに呼吸して

それを感じるのだ。

 

深呼吸をして。

 

ここまでで、セイント・ジャーメインからのメッセージは

終わっています。

 

セイント・ジャーメインは

イェシュアのことを兄弟(brother)と呼んでいるので

大天使ミカエルとか大天使ラファエルとか大天使ガブリエルなど

あのあたりはみんなお友達のようです。

(キリスト教では三大天使と呼ばれているそうですね。)

みんな同じようなエネルギーということですね。

 

愛のエネルギーというのはすごいのですね。

笑顔親切な行動の中にあるエネルギーが

星の誕生太陽の核を形成する愛のエネルギー

同じパワーがあるというのは知らなかったです。

 

そもそも星の誕生

愛のエネルギーによってなされているということを

私は知らなかったです。

 

セイント・ジャーメインは

それらのエネルギーが同じ愛のエネルギーで

同じ程度(量)にまで存在するということについて

「そのことに気づかないのかい?(Do you not realize this?)」

と言っていたけれども

私は全然気づきませんでした!

えーっ!?すっごーい!と感動しました。

私達って毎日すごいことをしているんですね。

毎日爆発ですか!キャ~

 

それから、上記のメッセージの中には書けなかったのですが

セイント・ジャーメインは、こんなことも言っていました。

 

戦争とか飢餓とか、そのようなネガティブなことについて話すときに

その対象物にエネルギーを与えずに話せる人は

地球上では、まだ全人口の1.5%しかいないそうです。

 

ネガティブなことを話しながら

それに波動を影響されないでいられる人というのは

地球上の1.5%の人だけだそうです。

少な~い!!

 

だから、私達はネガティブなことにフォーカスしないで

ポジティブなことにフォーカスしなさいと言っていました。

同じ棒のどちらの先端にフォーカスするかが大切だというのは

エイブラハムも常に言っていることですね。)

 

平和を望むのなら戦争について話さずに

家族の和や人々との協力・団結などについて

話しなさいということですね。

 

1.5%というのは、私にとってはビックリする数字でした。

私は明らかに98.5%に入ってますから・・・(^_^;)

1.5%って誰かな~?

聖人かな。

 

では、長くなりましたので、もう終わりますね。

私がベラベラしゃべると

セイント・ジャーメインの美しいメッセージの余韻を

壊しまくりですね。

すみません。

最後まで読んで下さって、本当に有難うございました。m(_ _)m

Name of author

Name: メアリー

6 thoughts on “愛の力 by セイント・ジャーメイン

  • メアリーさん、今月も素敵な投稿有難うございました。

    メアリーさんは「セイント・ジャーメインの美しいメッセージの余韻を」と言われていますが、私にはよく分からない言葉の波動です。言葉が数珠つなぎで宗教的で、言いたい事は何となく分かるのですが、万人には伝わり辛さがありますね。真実なのかも知れませんが、宗教色が強いのは否めない感があります。

    受け取り方が皆違うのは、面白いですよね。

    先日バングラデシュでテロがあり、日本人7人の方が亡くなりました。

    人は何を信じても良いのですが、彼らの信じる神とやらは一体何を思うのでしょうか。

    イエスやブッタも本当はもっと違うことを伝えたかったのは確かだと思いますが、長い時が経ち口伝えだと個人的に勝手な解釈になってしまうので、ブレまくりますよね。

    自分達の本来の姿を思い出さなければ、人は皆何かに依存したり盲目的になったり、自分以外の何かを信じ始めてバランスを崩していくのでしょうね。

    自分以外の他がないと自分が分からず、コントラストが生まれないから成長・拡大が起こらないのですが、自分以外の何かに何かを求めて真似してみても、本当の自分から外れてしまうと修正が厳しくなってきますね。

    それでも、全てOKというのが大いなる全てなのですが・・・

    話が変わって、英国の国民投票の結果で香港もざわついていると聞きましたが、実際どうですか?

    私はロンドンオリンピック辺りから、英国がEUから離脱すればいいのにと思っていました。
    結果、予想通りでした。不思議なのですが、心の底から深い安堵感を感じ、イングランドが素晴らしい経済国へと発展するのをハッキリと感じてしまいました。私、日本人なのに。(笑) 

    話が大きくそれてしまいましたね。
    でも、テロと英国離脱はメアリーさんに話したかった内容なので、満足しています。
    ここはメアリーさんの世界なのは頭では分かっていますが、自分の心に従ってみました。

    「だから、私達はネガティブなことにフォーカスしないでポジティブなことにフォーカスしなさいと言っていました。

    (同じ棒のどちらの先端にフォーカスするかが大切だ」というのはエイブラハムも常に言っていることですね。

    日々ネガティブとポジティブを行ったり来たりしている私ですが、無理せずポジティブへフォーカスするように努力中です。*個人的にはネガティブ・ポジティブという言葉が好きではないのですが。

    メアリーさん、今年も暑い夏を楽しんで下さいね。
    無理せず、体調管理して下さい。
    毎月素敵な投稿、感謝しています。

    私は水分補給と梅干でアミノ酸摂取し猛暑を乗り切ります!

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、いつも素晴らしいコメントを有難うございます。
      ほんっとうに感謝しています。
      エイヴリィさんが正直なコメントを下さるので、私は本当にうれしいです。
      本当に有難うございます。
      今回は、あえて宗教色が濃い内容を選んでみて、バランスを取ったつもりでした。
      エイブラハムは神を人間の尺度で翻訳しようとすると必ず変形が起こるということを
      言っているということを以前の記事で御紹介したので
      でも宗教も素晴らしいものだということもお知らせしてみようかなと思いました。
      エイブラハムもバシャールも言っていますが、宗教でも何でもいいから
      それを自分をアライメントの状態に持って行く理由として使うのは、素晴らしいことだそうですね。
      セイント・ジャーメインも「誰でもいいから」と言っているので
      べつにそれは宗教ではなくても、自分のお父さんでもお母さんでも何でもいいわけですね。
      とにかく美しい心になるということは素晴らしいことですよね。

      英国の選挙は香港でももちろん大騒ぎです。
      いろんな人の意見を聞いて、勉強させて頂いたという感じがしています。

      エイヴリィさん、本当にいつも有難うございます。
      また、遊んで下さいね。(^▽^)/

      Reply
  • 1.5パーセントでだれだろー!
    メアリーさん、お久しぶりです!

    今回の記事、すごくすごく大切なことを教えてもらいました。
    星を作るのと笑顔のエネルギーが一緒だなんて!
    私も知らなかったです。
    実は昨日、笑顔って本当に大切なんだなって実感する出来事があって、その次の日にこの記事を見たので、
    何か大きな宇宙からの教えを感じずにはいられません。
    素晴らしい記事をありがとうございます。

    そういえば、この記事の写真の花って何て花なんですか?
    すごく綺麗だな~っておもって!

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさん、いつもコメントを有難うございます。
      りんごさんの今回の「祈り」についてのブログ記事も良かったです。
      祈りは感謝の気持ちを表すいい機会なんですね。

      写真の花は睡蓮、スイレン、蓮の花、ロータスと呼ばれるものですよね。
      お釈迦様が座っていらっしゃる台座の花ですよね。
      本当に美しい花ですね。
      泥の中から美しい花を咲かせるのがいいんですよね。
      人間もいわゆる泥のようないろんなことがある世間に住んでいても
      素晴らしく美しい心でいられるものなんですよね。
      だからこそ、美しい花を咲かせられるんですよね。
      斎藤一人さんもおっしゃっていましたけど
      あの水がきれいでもダメだそうですね。
      あの美しい花が咲くためには泥水でないとダメだそうです。
      おもしろいですね。

      笑顔大爆発のりんごさんを応援していますね。
      私も笑顔ではじけられるように頑張ります。(^▽^)/

      Reply
  • スイレンですか!すごくきれいだったので、これからお気に入りの花になりそうです☆
    美しい花が咲くためには泥水でないと・・・
    深いですね。

    こちらの記事、本当に素晴らしい内容で、この記事に出会えて本当によかったです。
    勝手ながら自分のブログでも紹介させていただきました。
    これからも更新首を長~くして楽しみにしております。

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさんのブログでもご紹介下さったそうで
      大変有難うございます。
      りんごさんは、更新を楽しみにして下さっているそうで
      本当に有難うございます。
      毎月10日に更新することにしていますが
      それでも覚えて下さっているなんて
      本当にうれしいです。
      もうすっかり忘れられて行くと思っていました。
      どうぞこれからも無理のない範囲で
      よろしくお願い致します。
      いつも応援して下さって本当に有難うございます。
      心から感謝しています。m(._.)m

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です