引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 人間に神を理解することはできるのか

人間に神を理解することはできるのか

鳥かご
Pocket

エイブラハムの言葉より:

「あなた達は皆完璧で拡大している;

あなた達は皆敬愛されていて、素晴らしい価値がある;

あなた達は皆ここで様々なことを経験し

自分のいる場所から自分にできる最善のことをしている。

あなた達はここにテストや試験のために送られて来たのではない;

あなたは拡大する宇宙の一部として、創造者として、ここにいるのだ。

あなたはその両方を持つことはできない。

あなたは自分というものの根底に良好さ(Well-Being)を持ち

そしてその良好さという同じ根底が、あなたを悪だと決める能力を持つ

ということはできない(=ありえない)。

それは波動的に不可能である。

あの判断(ジャッジ)し、復讐心を持った神というのは

人間の最も深い絶望の淵から生み出されたものである。」

You are all perfect and expanding; you are all adored and worthy;

you are all here having your exposure to experiences

and doing the best that you can from where you are.

You have not been sent here in a test or trial;

you’re here as creators as part of an expanding Universe.

You can’t have it both ways.

You can’t have, at the root of that which you are, Well-Being,

and then have that same root of Well-Being have the capacity to pronounce you evil.

It is vibrationally impossible.

That judging, vengeful God is manufactured from humans’ place of deepest despair.

エイブラハムは、神様について話してくれることもありますね。

 

人間が考える神というのは

人間の行いについて批判したり、評価したり、罰したりするのが

役目のように設定されていますが

そういう神の像(イメージ)というのは

「人間の最も深い絶望の淵から生み出されたもの」なんですね。

 

言われてみれば確かに

神が恨みのような感情を抱いて

復讐しようだなんて思うわけがないですよね。

 

そんな個人的な感情に振り回される神というのが

本当にいるとは考えられないですよね。

 

常識的に考えてみても

無条件の愛に溢れた神という存在が

怒るということからしておかしいですよね。

もう怒った時点でアウトですよね。(^^)

 

神というのは完璧な存在なのに

怒りとかイライラとか不満のような感情を感じていたら

ちょっと頼りない感じがしますよね。

「神様が自分で怒っちゃいけないって言ってなかった?」みたいなね。

 

人間が神様に「まあ、そう怒らずに・・・」とか

なだめなくちゃいけないなんて、おかしいですよね。(^_^;)

 

エイブラハムが、他の動画で言っていましたが

そのような神のイメージを作ったのは

宗教の組織の管理職にいる立場の人々だったそうです。

 

やはり多くの人々を宗教によってコントロールしようと思ったら

神を恐れてもらわないと困るんですってね。

そうじゃないと、言うこと聞かないですからね。(^_^;)

 

他の宗教を信じてもらっても困るわけだし

全員が何をやっても無条件に愛されて

フリーパスで天国に行けるなんて

思ってもらっては困るんですってね。

 

だから、人間の行動によって怒ったり、復讐したりする神という

条件付きの愛を持った神の像を作り出し

全員が無条件に天国に行くと決まっているなんてことは

一切言わなかったそうです。

 

それどころか、天国は狭き門だということにして

生きているときの行いや何の宗教を信じるかによって

天国に行けるかどうかが決まり

地獄というものも発明して

不合格だったら地獄に行かされるということにしたそうです。

 

つまり、人間の恐れの感情に強く訴えるような

神の像(イメージ)を作り出したそうですね。

 

人間は神と同等の存在だし

キリスト自身もあなたと私は同じだと言っている

エイブラハムが言っていましたが

そういう部分は全てカットされたそうですね。

 

カットされなかったとしても

全然違う解釈を付け加えられたそうですね。

 

この方法は、かなり成功したと言えますね。

でも神は、そういう像を作り出した自己中心的な人々に対しても

愛の感情しか抱かないというところが

またすごいですね。

 

そういう人々も例外なく、誰でも非物質界に戻れば

純粋にポジティブなエネルギーに帰還するので

誰もが天国に行ったそうですね。

 

愛しかないとはそういうことなのですね。

愛は全ての幻想を消し去り、真実を見させるとは

そういうことなのですね。

もちろん神には「責めの感情」なんてないですしね。

 

それぐらい、私達は誰でも無条件に愛されている

素晴らしい存在なのですね。

無条件に価値があるとは、そういうことなのですね。

 

みんな自分のいる位置で

精一杯できることをしているんだから

エイブラハムも言っていますね。

 

神様について、エイブラハムの次のような言葉もあります。

「神というもの—あるいは人間が「神」と呼びたいもの—が

人間によって理解されるときには

人間は、自分が理解できる形に翻訳する必要がある。

しかし、このエネルギー—この人間が「神」というラベルを貼ったSource(宇宙の源)—は

人間が理解するどんなものにも翻訳することができない(測ったり、置き換えたりすることができない)。

そして、人間がそれをしようとすると、膨大なゆがみやねじれが起こる。」

When that which is god — or that which is that which man wants to call “God” —

is being understood by man, man has to translate it into the format he understands.

But this Energy, this Source that man is giving the label of “God”,

cannot be quantified in anything that man understands.

And as man attempts to do it, the distortions are enormous.

神を人間という立場から理解しようとすることは

はっきり言って無理のようですね。

 

神というのはSourceというエネルギーだそうですが

それを人間が認識できるものに変形した時点で

膨大なゆがみやひずみやねじれが生じるのですね。

 

でもエイブラハムは、Sourceを自分に流れ入れさせれば

その感じを体験できるとは、いつも言っていますよね。

Sourceと融合することはできるんですね。

 

ものすごい感謝の気持ちとかが

それに当たるのかもしれませんね。

 

真の感謝を感じたときには

「これを死ぬ前ではなくて、今感じられて良かった。

死ぬ前に初めてわかっていたら

自分は後悔したかもしれない。

もちろん死ぬ寸前や死んでからわかってもいいことだけれども

自分が既に天国のような所に住まわせてもらっているということを

知らずに今まで感謝しなかったなんて

本当に申し訳なかった。」

と感じるかもしれませんね。

 

全てが当たり前ではないということがわかって良かった。

当たり前のことなんてないとわかって良かった。

アインシュタインもバシャールも全ては奇跡だと言っていたけれども

全ては奇跡だという意味は

全ては当たり前ではないということだったのだ。

その真の意味は、自分は奇跡という天国に

既に生かされているということだったのだ。」

こんなことを心から感じられるときというのは

本当に幸せですね。

 

そういうときは、気づくのが遅すぎなくて良かったと思いますよね。

もちろん遅すぎるということはないのだけれども

今ここで、肉体を持ったまま、このことに気づけて良かった・・・

思いますよね。

 

そのときに神の心境になれるのかもしれないですね。

そして、そういう気持ちがあれば

一生この天国で幸せに暮らして行けますね。

そういう「気持ち」や「心境」ほど素晴らしい報いはありませんね。

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

17 thoughts on “人間に神を理解することはできるのか

  • メアリーさん、こんにちわ。今月も素晴らしい内容、有難うございました。

    この「神」のことをエネルギーとしてとらえられる人間が近年増えて来ているような気がします。

    そしてもっと増えれば、自分自身を深く感じ、愛することが出来、結局は神の目で他を見ることが出来、いわゆる平和がやってくると思います。

    が、コントラストがないと・・・(苦笑)

    軽い喧嘩なら良いですけど、世界にはいまだに古い習慣・伝統・などが優先されて女性が虐げられていますね。

    話変わって、メアリーさんはご存じではないと思いますが、オバマ大統領が先月広島訪問されました。

    個人的には言葉にならないものを感じたと同時に、日本教育の為、私はずっと被害者意識が強かったと認識させられました。

    ハワイに行く機会があれば、パールハーバーを先に訪れようと思います。

    歴史教育は立場によって変わりますね。。。

    最近、心癖がどうしてこんなにも酷くなったのかを考えていたら、幼い日の頃の自分に辿り着き、三日ほど落ち込みました。

    己を縛るものは己のみ  ですね。

    悔やんでも遅いですが・・・

    今年は猛暑と言われています、私は暑さがダメなので、思考で暑いのが大好き女になれるよう努力してみます。全く自信がないですが・・

    次回の投稿、楽しみにしていますね。
    いつも素敵な内容に感謝しています。

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、毎回コメントを本当に有難うございます。
      私もエイヴリィさんの見解を聞かせて頂けて
      そこからたくさん教えられることがあります。
      一人一人の独特の視点というのは、本当に貴重ですね。
      誰もがそういう貴重な、その人ならではの観点を持っていて、
      それを教えて頂けるのは本当に勉強になって、有難いです。
      どんな人も世界に一人しかいないというのは、すごいことですね。

      オバマ大統領の広島訪問など、そういう世界的なニュースは
      こちらでもやっているので存知ています。
      世界的に、以前には考えられなかったような大きく歩み寄るような動きが
      多く見られると思います。
      独特の素晴らしい各国の色を出しながらも
      国境の壁が薄くなって来ているのを感じます。
      まあ、私達の生活の中でも国が違う人と共存する機会は増えましたからね。
      相手が何人(なにじん)かということを忘れる時もあるぐらいで、
      そういうことを超えたお付き合いもありますよね。
      日本人の中でも、相手がどこの都道府県出身かということに関係なく
      お付き合いすることは当たり前になっていますしね。
      それは、その人の独特さを否定することとはまた違いますしね。
      違うからこそ醸し出されるハーモニーがいいんですよね。

      香港でももうすっかり夏到来です。
      汗ダラダラで掃除をした後に扇風機に当たるのは最高ですね。
      これがコントラスト?(^^♪
      お水をガブガブ飲む季節になりました。
      でも、なんだかそういう日々がまた来て、懐かしく感じています。
      ついこないだまで、まだ冬だと思っていたのに・・・(^o^)
      ・・・ってあれは3月の話だったかな。
      ま、とにかく私としては、この猛暑の中
      泣いている赤ちゃんを抱いて歩き回らなくてよくなったことがうれしいです。
      子供達が生まれた頃は、本当に暑かったな~~
      今では、ハグしようとすると「暑いから後で!」と言われるようになりました。
      それは確かにわかる理由だわ・・・

      エイヴリィさんもくれぐれも御自愛下さい。
      健康作りは大切ですよね。
      今年の夏もコントラストをしっかり楽しめるように私も頑張ります。
      とりあえず、今は扇風機の前で幸せ~~

      Reply
  • メアリーさん、お久しぶりです。
    またまた素敵なブログをありがとうございます!

    「感謝」についてですが、昨夜久しぶりにバシャールの言葉を綴った動画を見ました。

    初めて見るバシャールのこ 言葉で
    「あなた方は、コントロールできない。既にコントロールされているのだ。だから、とんなことも感謝すること、コントロールしようとせずに」
    と、いうような言葉は同じではないですが、そんことが書かれてました。

    エイブラハムのいうことをまた違う視点で見せられたように感じました。

    宇宙がわたしたちに与えようとしてくれてるこの上なく素敵な最高のことは、私たち人間には全く予想はできない。

    だから、いつも良い気分で、その最高のことに向かう下流に向かうこと、が大切と教えてくれてますが、その素敵な最高のことって、もう決められてるということなんですね!
    私たちが想像できなくても、たいていは想像以上良いことだから。

    その決められた最高のことは、エイブラハム流にいうと、下流にあって、良い気分でいる、感謝してることが、自分でコントロールしない、してない、ことなんですね!

    イエスキリストがいつも喜んでなさい。
    と、言ったことも同じですね。

    なんてことを昨夜感じました。

    最近はなぜか、嫌なことを忘れることが以前より短い時間で、できるようになって来ました。
    そして、嫌なことは無理してできなくなり、好きなことに気持ちが向くようになってきました。

    これは、友人も同じことを感じています。
    地球が変化してきたからでしょうか。

    私は先月、カードリーディングを久しぶりに受けました。そして、ずうっと自分の心に蓋をしていた、チャネリングがやりたい、ということが本当の気持ち、ということにハッキリ気づかされました。

    天使のワークで、以前3年ほど習いましたが、自分の悩みが解決しなかったので、離れてしまいました。

    そして、今週の土曜日、チャネリングワークショップを受けてきます。
    受けてどうなるかわからないけど、とにかく本当の自分と、いつも繋がっていられたら、素敵だな、と感じます。

    今日もたくさんお話し聞いていただき、ありがとうございます!

    Reply
    • メアリー Post author

      花yuさん、いつも有難うございます。
      私はいつも花yuさんのブログを読ませて頂いているので
      そんなにお久しぶりな感じはしないんですけどね。
      ストーカーみたいですみませんね。(^o^)
      花yuさんのコンスタントな明るい前向きな雰囲気には
      いつも感心させられています。
      ずっと無理せずにそういう素敵な気持ちを持ち続けていられるというのは
      本当に素晴らしいことですね。

      今週の土曜日のチャネリングも楽しんやって来て下さい。
      もちろん最高に楽しんでやって来られることと思いますけどね。
      できるようになったらいろいろと教えて下さいね。
      もちろん、私達は実は誰でも日常的にやっていることですけどね。

      バシャールの言葉もとてもいいですね。
      さとうみつろうさんの神さまもそういうことをおっしゃっていましたよね。
      宇宙の始まりからもう全て起こることは決まっているというのは
      私には衝撃の事実でした。
      でも、そう考えたら誰も責める人はいないと思いました。
      全ては連鎖的に起こっているんですよね。
      でもそれは一つのパラレルワールドの中での話のようですけどね。
      全ては決まっているということと
      自分の心次第で人生を変えられるということは
      実は両方とも真実だというのはおもしろいですね。
      私も都合のいいようにその両方を信じて生きています。(^o^)

      花yuさん、いつも本当に有難うございます。

      Reply
  • メアリーさん、こんばんは。
    久しぶりにコメントさせて頂きます。

    もう、私たちはすでに天国にいるんですね。

    子供の時に、神様は全部見ているから悪い事をすると罰が当たるとか、死んだら天国には行けないとか良く聞かされていました。
    神様って、自分の心の中にいるのかなと私は思っています。
    でも、思うように事が進まない時もありますし…
    それはそれで宇宙の流れに乗っているのかな?
    時の流れに身をまかせって歌もありましたものね^ ^

    Reply
    • メアリー Post author

      くまこさん、いつも有難うございます。
      お忙しい中、読んで下さって有難うございます。

      私達はすでに天国に住んでいると感じられるときというのは
      本当に幸せですよね。
      あの感謝の渦の中にいられるときというのは
      本当に天国そのものですね。

      この世は愛でできているから、神が存在しない場所はないと
      セイント・ジャーメインが言っていました。
      愛のエネルギーが存在しない場所はないそうですね。
      この世の全ては愛というエネルギーからできているって
      なんかすごいことですね。
      そして、神は全ての場所に存在するというのも
      素晴らしいことですね。
      まあ、場所というのは、人間にわかりやすく言ってくれた表現だと思います。
      神には3次元のような場所による分離はないですよね。

      思うように事が進まないということと神が存在しないということとは
      関係のないことですよね。
      思うように事が進むときだけ神が存在するというのも
      考えたらおかしな発想ですよね。
      思うように事が進まないときの自分も可愛いとか思えると
      いいんでしょうかね。
      そういう心の余裕って大切ですよね。
      くまこさんをいつも応援していますね!

      Reply
  • こんばんは
    初めて投稿します♪

    どうしてこちらのブログに来たのかわかりません(^o^;)
    でも、引き寄せられた感じで、夢中になって過去記事を読み始めています。
    一人さんも大好きですので、登場するエピソードも楽しく読ませていただいています。

    これからも、お邪魔します!

    素敵な記事に感謝しています。

    Reply
  • こんにちは
    初めましてrubiaです。
    どうやってこのブログに来たのかわかりませんが・・・

    ものすごく今の自分にぴったりで、夢中で過去記事を読ませていただいています。

    英語部分を書いていただいて、自分でも読みながらニュアンスがつかめ
    なおかつ翻訳が素晴らしいので興奮状態です(笑)

    たっぷりある過去記事をしっかり読ませていただきます。

    一人さんも大好きですので、とても楽しいです♪

    Reply
    • メアリー Post author

      rubiaさん、2回ほどコメントを下さったようで有難うございます。
      打つの大変だったと思います。
      お時間とって下さって有難うございます。

      私も初めてエイブラハムや斎藤一人さんのことを知ったときは
      とてもエキサイトして、夢中になったのを覚えています。
      そして、とても楽しかったです。
      なんか過去形みたいですが・・・
      今も新しいことを知るのはとてもうれしいのですけどね。
      でも最初の出会いって本当にワクワクしますよね。

      今は、このブログは毎月10日に更新することになっていて
      たまにそれ以外の日に更新することもあるのですが
      だいたい1ヶ月に1回というペースになっています。
      なので、過去記事を読んで頂けるとうれしいです、
      どうも有難うございます。
      英語の翻訳もおかしいと思ったときは言って下さい。
      いろんな意見があると思いますので・・・(^_^)

      rubiaさん、わざわざコメント下さって
      本当に有難うございました。

      Reply
  • あら~~
    初め、スマホからコメントしたのですが、送信確認が出来なかったので
    PCから再度挑戦してしまいました・・・(;’∀’)

    連投してすみません・・・

    過去記事から、たくさんのインスピレーションを受け取れ
    関係ないO脚矯正もやってみています(笑)

    お忙しいと思いますが
    ブログ更新楽しみにしております。
    月1ペースで、無理のない範囲でOKですよ~~

    こちらこそ、ありがとうございます!

    Reply
  • 質の高いブログ内容とコメントに感服しました。
    初めてコメントさせていただきます。
    ほとんどのスピリチュアルな書物に判断(ジャッジ)するなと言ってますね。
    私は否定的と思えるものを否定せず、肯定的なものを肯定するまでに何年もかかりました。
    例えば戦争という否定的に思えるものを反対しないで、平和を推奨するほうにフォーカスようなものです。
    これをマザー・テレサは実践していたようです。
    平和の集会には行くけど、戦争反対の集会には行かないと彼女は言及してました。
    判断し復讐する行為は絶望の淵から生まれたとありますが、確かに「~が悪い」「~しなければならない」という口癖の人にあまり人格者はいないように思えます。
    人格者は大抵「~することをお勧めします」と常に相手に選択肢を与えてますね。
    これからも質の高いブログを無理のないペースで更新してください。

    Reply
    • メアリー Post author

      ひろのりさん、お褒めのお言葉を有難うございます。
      ひろのりさんのようにいろいろな書物を読破していらっしゃる方には
      もうご存知の内容も多いかもしれませんね。
      マザーテレサのことなどにも詳しいのですね。
      いろいろと教えて下さって有難うございます。
      大変勉強になります。
      また様々な面からのご意見を頂けたらと思います。
      ブログの内容がおかしいと思われたりしたらいつでも教えて下さいませね。
      わざわざ感想を書いて下さって有難うございました。

      Reply
  • Replyありがとうございます。
    名前を間違えてひろのりにしてしまいました。m(–)m
    正式にはひろやすです。
    ところで私の手放すという方法なのですけど、例えば愚痴ばかり言ってる人がいるとします。
    愚痴や不満は負の回覧が回ってくるようなもので受け取らないほうがいいのが引き寄せの法則などでは常識ですが、
    どうしても気になることがあります。
    その時に頭の中で「感謝することをおすすめします」と何度もコマンドを唱えるように私はしてます。
    とにかくその言葉を連発して、次に感謝している代表の人をチョイスしてありがとうと唱えます。
    例えば「西川きよし師匠ありがとう」という具合にw
    すると思考のプロセスが変わり愚痴や不満に反応しなくなります。(あくまでも私の場合ですけど)
    不足にフォーカスすると同じ不足の状態を維持することになるので、満たされたものにフォーカスするという基本な手法ですね。
    私は失業して就活で13社ほど落ちましたが、こういったことをするようになり2週間後ぐらいに会社から採用されました。。
    今ではある意味手放すスキルをつけるために会社を落ちてよかったと今では思います。
    まだまだ未熟者ですが皆様とこういったことを共有でき活かせたらなと願ってます。

    Reply
    • メアリー Post author

      ひろやすさん、また素晴らしい経験や考えをシェアして下さって有難うございます。
      ひろやすさんがおっしゃっている内容を私はエイブラハムなどの教えを知るまで知らなかったのですが
      ひろやすさんは他の本などから学ばれたのでしょうか。
      すごく幅広くお勉強されているのですね。
      それをしっかり実践していらしゃるのがすごいと思います。
      実践しないと頭でっかちで終わりですもんね。
      これを書いている張本人のように・・・(^^;;
      たくさん教えて下さって本当に有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん こんにちは☆

    素敵な記事をありがとうございます。

    ふらりと立ち寄ってみましたら、神に関しての内容でしたので
    思わず読ませていただきました。

    先週念願の伊勢神宮へ参拝に行ってきました。
    日本の神様にお会いできた実感そして本当にその温かで大きなエネルギーに感動しました。

    「全てが当たり前ではない」これは、ありがとう。
    有ることが難しいでしたっけ。日本語って奥が深いなと思います。

    そうそう伊勢神宮には、叔母と訪れたのですが
    その時に叔母が、第2次世界大戦の時伊勢神宮は被害がなかったのかしら
    と言っていたのですが、その時私は、何も知らず華麗にスルーと言うか
    どうだったんだろうねってうやむやな返答をしました。

    そしたら、3日前に偶然ある方のブログで、その当時のことが
    細かく記事にされていたのです。
    その記事に感動して、涙が止まりませんでした。
    (攻撃を受けたそうですが、焼夷弾が見事にそれていったそうです)

    神、そして神々の皆さんは、本当にすぐ身近にいらっしゃるような
    気がします。

    そして神と感謝(ありがとう)は繋がっているのですね。

    それから話は少し逸れますが、私は仏教をちょっぴり勉強していて
    お釈迦様が、「唯我独尊」と言われたのは、初めて悟りを開かれたからと
    すっと思ってきたのです。
    でも少し広げた視野で物事を見れるようになってきたのか
    お釈迦さまは、すべての生命は、「唯我独尊」と言われたのではと
    思うようになりました。
    キリストの「キリスト自身もあなたと私は同じだと言っている」と
    もしかして同様なのかなって思いました。

    あくまで私見ですが、いろいろ心で思っていたことを、こちらにメッセージさせていただきなんだかスッキリしました。

    ありがとうございました(*’▽’)

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆかゆかさん、素敵なコメントを有難うございます。
      私もとても勉強になりました。
      「唯我独尊」というのも奥が深いですね。
      私もそれはゆかゆかさんがおっしゃるように
      全ての生命は唯一無二で、尊重される存在であるというような意味なのだと思います。
      人は死んでからすごい光の存在に会うけれども
      それが自分でもあるということがわかるというような内容を
      本で読んだことがあります。
      死んでから、自分が神であることというか
      この世には神しかいなかったということがわかるそうですね。
      全ては神で愛だった、全てに感謝ができるのが本当の姿だったということが
      わかるそうですね。
      それなのに不満を持っている私には、言われたくないと思いますけどね。(^^ゞ
      でも、私もそんなふうに思える人間に成長して行けたら本当にうれしいなと思います。
      全てに感謝できる、全ては神で、愛からできている、
      そこに闇があることも当たり前のこととして受け入れられる
      というような心境というのは素晴らしいですね。
      こんなうれしいことはないのではと思います。
      闇が悪いことというような偏見も捨てて
      そんなのがあるのは当たり前と明るくやって行けるといいですよね。
      こういうのを本当の強さというのかもしれませんね。
      泥水から美しく咲く蓮の花のようですね。

      ゆかゆかさん、伊勢神宮のことなど、本当に素晴らしいお話を有難うございました。
      また何かありましたらいろいろと教えて下さいませね。
      どうも有難うございました。

      Reply
  • メアリーさん、とてもご丁寧なメッセージを有難うございます☆
    言葉の一つ一つにやさしさを感じ、拝読していると穏やかな気持ちになりました。

    私たちも実は神であるのですね。(実感はまるでありませんが^^)

    この世に誕生し、感覚器官から入る情報を良くも悪くも
    無意識に観念にし、マインドを曇らせて、光をさえぎってしまって
    いるのでしょうか。

    心からすべては感謝!すべてに感謝!にたどりつきたいです。

    最新の記事も拝読させていただきました。
    また驚くことばかりで、本当に勉強させてもらっています。

    特に

    笑顔や親切な行動の中にあるエネルギーが

    星の誕生や太陽の核を形成する愛のエネルギーと

    同じパワーがある。

    そもそも星の誕生が

    愛のエネルギーによってなされているということ。

    日々小さな積み重ねを大切にしようと思いました。

    それから深呼吸も大切な実践なのですね。

    どちらも忘れないよう、心がけようと思います。

    貴重で愛のあふれる記事を本当にどうも有難うございました!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *