引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » ベジタリアンは動物を救っているのか|動物と人間の違い

ベジタリアンは動物を救っているのか|動物と人間の違い

カンボジアで釣り

ベジタリアンの方々は肉や魚、つまり動物を食べないので

動物の命を救っているということになるのでしょうか。

 

まずそれついて考える前に次の話を聞いて下さい。

よくベジタリアンがいいのか、肉も野菜も食べる雑食のほうがいいのかという議論がありますが

エイブラハムは基本的に自分が心から良いと信じる食生活のスタイルを選べば

体の細胞はどんな食べ物からでも最高の要素を引き出す能力があるから

どの食べ物からでも最高の体の状態を創り出してくれると言っています。

 

それぐらい体の細胞というのは

無限の叡智を持った存在なんですね。

 

だから世界全体を見渡してみても

主に木の実ばかりを食べて健康に暮らしている民族もいるし

肉類ばかりで野菜がほとんど手に入らない民族でも

健康に生きているそうです。

 

エイブラハムは「ジャンクフードを食べていても健康な人を見ると腹が立つよね?」

とも言っていました。(^O^;)

 

しかしエイブラハムは、確かに野菜(または肉)しか食べなくても

細胞は全力でそこから最高の体を創り出してくれるけれども

でももし細胞にとって多くの種類の材料(資源)があれば

そこから受ける恩恵は大変大きいと言っていました。

 

様々な種類の材料(資源)が手に入ると

そこから細胞が望むものを生産することが容易になるから

体のパフォーマンスを最高のものにして行くためには

それは大変有益なことだそうです。

 

エイブラハムは、どんな人にとっても

自分の食生活のスタイルが最高のものだと信じているという

そのアライメントの状態が一番大切だから

ベジタリアンがいいとか雑食がいいという議論をする気は全くないけれども

でも様々な種類の物をバランスよく食べるということは

体の細胞にとって大変恩恵の大きいものだというふうに述べていました。

 

そして、ベジタリアンという食生活を選んでいる方の中には

動物を殺したくないという理由からという場合もありますが

もしそれが理由であるなら、どうやらその必要はないようです。

 

まず、動物というのは生まれる前から

自分が生まれる理由を俯瞰した大きな視点から見ているから

最後にライオンに食べられるとか

人間に食べられるということはしっかりと承知(同意)しているし

自分の動物としての人生の意味も大変深く理解しているそうです。

 

動物は死を終わりとして見ておらず

何度も永遠に物質世界に戻って来られることを理解しているそうです。

 

そして、死に至る前の痛みを伴う経験の時点では

既に体を離れているそうです。

 

だからライオンに噛み殺されたり

人間に屠殺される時点で

その経験が喜びでないと判断すれば

動物はいとも簡単に体を離れるそうです。

 

でもライオンに追いかけられて走っている時点では

まだその経験をライオンも追いかけられている動物側も

共にエンジョイしているそうです。

ちゃんとお互いの同意を知っていて、楽しんでいるそうです。

この辺りは人間には大変理解しにくいことだそうですけどね。

 

だからこれも人間には信じられないことだけれども

動物は喜び以外の経験はしないそうです。

つまりどんなときもアライメントの状態にいるそうです。

 

人間に飼われて、人間と同じように感じる習性を多少持ってしまったペットは

例えば怒られたら罪悪感を感じるようになる場合もあるけれど

基本的には動物はいつもアライメントの状態にあるので

たとえ虐待されたり

お腹を空かせて食べ物を探しているようなときであっても

そのもっと大きな視点を理解して

実は喜びしか感じていないそうです。

 

これは人間には到底理解できないことだよねと

エイブラハムが言っていました。

 

とにかく動物は、喜びには感じられない経験だと判断すれば

すぐに肉体を離れるので、まだ生きているのであれば

その経験は動物にとって大変意味があり、喜びであるということだそうです。

 

動物はこの世の全てがうまく行っているという

「All is well.」という概念を心から理解し、その完璧さを知っているので

常に幸福(well-being)を許容(allow)している状態にあるそうです。

 (許容するというのは、要は良い気分を感じているということですね。

明るく、楽しい喜びの波動にいるということですね。)

 

人間は願望がもっとシャープで詳細に及んでいるから

許容する割合が動物に比べて少ないけれども

動物は願望があまり特化していない(詳細に及んでいない)代わりに

許容するということをほとんど100%の時間行っているそうです。

それによって、地球上のバランスが取れているのだそうです。

 

人間と動物のどちらが良いということではなくて

お互いに違う役割を担っていて

全体としてのバランスが保たれているのだそうです。

 

だから動物はいつも人間に

許容することの大切さを教えてくれますよね。

 

動物は自分達の生き方によって

人間に許容するということを思い出させてくれますよね。

 

だから動物といるとホッとしたり、楽しくなったり

自然に笑顔がこぼれたりするんですね。

 

それからもう一つ注目すべきことは

もし人間が肉類や魚類を食べなかったとしたら

この世に生まれることさえなかったはずの動物の生命が

数え切れないほどあるということです。

 

私はエイブラハムに言われて初めてそのことに気づいたのですが

確かに肉や魚を食べるためにお金を出して買う人がいなかったら

牛や豚や鶏や羊や魚を育てるための費用もなく

そういう産業仕事も成り立たないから

多くの動物達はこの世に生まれることさえなかったわけですよね。

 

よく考えてみれば、多くの動物を育てるということは

本当に大変で時間も技術も必要なことだから

趣味や片手間でできることではないですよね。

 

資金がなかったらできないことですし、仕事としてではなかったら

そこまで土地代や建物代や養育費や自分の一生を費やせないですよね。

 

そして、エイブラハムは

最後に殺されるのなら生まれて来ないほうがいいと思うのかい?

若くで死ぬとしたら最初からその生命は存在しなかったほうがいいと思うのかい?

というようなことを尋ねていたけれど

それは動物だけについてではなくて、私達にも言えることだと思いました。

 

人間はどうせ最後に死ぬのなら生まれて来ないほうがいいのか

人生の中で苦しみ(コントラスト)も経験するのならこの世に生まれて来ないほうがいいのか

老衰するまで生きられないのなら最初から生命が存在しないほうがいいのか

というような問いについては、全部「そんなことはない!」と思いますよね。

 

それに動物は何歳まで生きられるかなんてことは

全く考えないで生きているし(つまり、そんなことは知っているというか最初から忘れていないし)

そんなことを考えて今の喜びを減らすなんてことはしませんよね。

 

そして、これは私が個人的に思ったことですが

エイブラハムの言うように人間が肉や魚を食べるからこそ

動物達がもっと多くこの世に生まれて来られるのなら

動物の生命の数は人間に比例して増えるのかも・・・と思いました。

そして、この共創は素晴らしいものだと思いました。

 

全てが全てのものの役に立ちながら共創しているんですね。

そして、みんなそれを喜んで行っているんですよね。

 

ということで、どんな食生活のスタイルが良いのかということは

人それぞれの好みや選択なので答えはありませんが

ただエイブラハムが言っていたことをお伝えさせて頂きました。

 

ところで、斎藤一人さんがおっしゃっていたんですけど

私達は生きているものしか食べられないそうです。

 

いくら何でも食べられると言っても

お皿やフォークやペンや物を食べて生きることはできないんですってね。

 

確かにそうですよね。

そこに素晴らしい生命の循環図相互関係があると私は思いました。

 

その反対の思想として

生きているものを食べるのは可哀想だから

自分が最初から生まれて来なければいいとか

自分が最初から存在しなければいいというような考え方は

Sourceとは全く違う視点から生まれた見解だから

そのような宇宙の視点からかけ離れたことは考えないで

食べ物はしっかりエンジョイして頂くのがいいですよね。

 

真にアライメントの状態で食べ物を頂けば

お肉や魚や野菜がどんなに喜んで

この共創を行っているかということを感じられると思います。

 

自分の食べ物としての役割がどんなに意味のあるものかということを感じて

本当に生まれて来てよかった!と思っているような気がします。

 

私ももし動物に生まれたら

最後は人間に食べられて死にたいな~

なんだかそれが一番自分にとって意味のある死に方のような気がします。

(でももちろん森の中で静かに死ぬのも全ての存在の役に立っていますよね。)

 

人間に食べられた後は

人間の一部となって更にいっしょに共創を行っていけますね。

 

そして本当に「あなた」と「私」の境界線はないということを

感じられると思います。(あくまで動物としての私の見解です。^^)

 

やはり人の役に立ったときに

本当に生まれて来てよかったと思うことが多いですよね。

 

そして、共創とはいっしょに創り上げて行くことだから

お互いに対する感謝の気持ち

ものすごく大きいですよね。

 

人間は動物に感謝し、動物も人間に感謝して

いっしょに生きているんですね。

 

私達は動物と、そして全ての人々と

心から感謝し合い、支え合って生きているんですね。

なんて素晴らしい生き方でしょう!

動物はそのことを知っているから

うれしくって楽しくってしょうがないんでしょうね。 😀 

Name of author

Name: メアリー

18 thoughts on “ベジタリアンは動物を救っているのか|動物と人間の違い

  • メアリーさん、本日も大変素敵なお話を有難うございます。

    You are what you eat

    という言葉がありますが、何を食べるかも大事ですが、どのような思考・感情で頂くがが、大事なんですね。

    どんなに身体によい食べ物を、高級食材をだされても、頂く本人が独りぼっちで寂しく食べたら。。。
    それとは対照的に、お茶漬けでも皆でワイワイ美味しく食べるのとでは、全く異なる結果が出ますよね。

    動物が殺される前に身体から抜け出る話を聞き、本当にホットしています。ずっと疑問でしたので。。

    また、最近日本では乳児・幼児が猫や犬と一緒にゴロゴロしている動画が流行っているのですが、観ていると、二つのエネルギーが愛で交じり合っていてそこに人間と動物という境界線が全くないように感じます。

    メアリーさんに出会わなければ、見方がもっと違っていると思いますが、出会ってしまい、エイブラハムの声を聴いているうちに少しづつですが、エイブラハムが言っていることが分かってくるようになりました。

    メアリーさんはエイブラハムの声をブログを通して私達に伝えてくれている表現者さんですよね。
    恐らくブログを書かれている際は完全に繋がっている状態なのでしょうね。
    だから、非常に分かりやすく、読み手に伝わる。

    思うように願うように引き寄せが分からず、悶々としていましたが、メアリーさんのお蔭でその理由が良く分かり始め、感謝しています。

    私はベジタリアン歴が24・5年でビーガン歴が18年目ですが、何故そうなったのか、と聞かれても「何となく」そうなったので自分でも不思議です。

    昔は職場で「変な宗教にハマっている」と噂されたこともありますが、現在日本では、グルテンフリーや大豆ミート、ハラルマーク食品なども抵抗なく出回り、日本もやっとここまで来たか~。と嬉しく思っている次第です。

    ビーガンとは言え、かなり緩めのビーガンなので、お菓子だって野菜天ぷらだって普通に食べます。

    ただ、年齢のせいもあってか食べ物は本当にシンプルになってきました。

    一食・一食をもっと感謝して食べなければなりませんね。
    生きとし物・者すべてに感謝です。

    長々となりましたが、素敵な一週間をお過ごしくださいね。

    Reply
    • メアリー Post author

      エイヴリィさん、また今回もコメントを有難うございます。
      いつもうれしいです。(^o^)丿
      エイヴリィさんがビーガンだと聞いてビックリしました。
      ビーガンって乳製品とかはちみつとか卵など動物性の食品も一切摂らないそうですが、
      お菓子とか野菜天ぷらとかも頂かれるんだったらそんなに厳しくないですね。
      私も一週間ぐらいビーガンになったら痩せるかな?ハハハ・・・

      きっと実はエイヴリィさんも私も似たような体型(そしてもちろん健康状態も)をしているのだと思いますが、
      自分が一番好きな食生活のスタイルを選んで、後は体がちゃんとやってくれていますよね。
      おっしゃるように同じ物を食べていても人によって体型も健康も違って来るので、
      体の細胞がフルに食べ物の良い面を吸収できる心の状態を私達が作ることが大切ですよね。
      そして、美味しく楽しく喜んで感謝して食べると身になりますよね。(全ての結果も実になりますよね。)

      ハラルマークって何のことか私は今日まで知りませんでした。
      香港もムスリム(イスラム教徒)の方が大勢いらして、もちろん豚肉は召し上がりませんが、
      皆さんどうしてらっしゃるのかな?と思いました。
      反対にものすごくイスラム教徒の方が多いから
      そういうマークもなくてもちゃんとわかっている場所で買っていらっしゃるのかもしれないですね。
      インドネシア人のお手伝いさんには豚肉を食べない方が多いですが、
      そんなに厳しく食品を選んでいないのかもしれないですね。
      友達の家のインドネシア人のお手伝いさんが作って下さるお料理は本当に美味しいです!

      何だかよくわからないお返事になりましたが、
      エイヴリィさん、本当にいつも有難うございます!

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    こんばんは(≧∇≦)

    いつも素敵な記事を本当にありがとうございます!

    久しぶりにお礼をコメントさせて下さい。

    毎週メアリーさんからの学びを重ねられたおかげで、
    体重変わらないのに気づいたら体脂肪率が3%減っていて
    周りから雰囲気が変わった綺麗になったと褒められるようになり、
    仕事でも成果を出すことが出来、
    気になり始めた抜け毛もなくなり(笑)、
    素敵なパートナーが出来ました(≧∇≦)

    そして!
    一昨日、急に彼が
    「年末に香港行こうか」と言い出し、
    27日から3日間の弾丸スケジュールで
    先ほどチケットもゲットしました。

    メアリーさんと同じ空気を吸えると思うとそれだけでますますハッピー(≧∇≦)

    細胞が欲するものすべて食べて来ようと思います(笑)

    メアリーさん、改めていつもありがとうございます。

    いつかタイミングが合えば、、、
    飲茶しながらいろいろお話しさせて下さいませ(≧∇≦)

    Reply
    • メアリー Post author

      えっ!ゆみこさん、香港にいらっしゃるんですか?
      それも彼氏と!
      それはおめでとうございます。
      ゆみこさんは今年は本当にいろいろあられたのに(離婚調停とか本当に辛い体験がねえ・・・)
      本当によく頑張られて、もうこんなに早く幸せいっぱいになっていらっしゃるんですね。
      お聞きして本当に、本当にうれしい限りです。
      ゆみこさんの前向きな態度というのはすごいものがあって、本当にあっぱれです!!
      すご過ぎて、まいりました!!
      今日の夜はゆみこさんのお幸せにうれしさ全開で
      もう天にも昇るような気持ちで寝させて頂きます。
      本当に良かったですね。
      そして、本当にゆみこさんはすごいですね!!

      27日から29日とは短いですね。
      私は28日は朝から夕方まではダメなんですが、夜は空いています。
      27日と29日も空いています。
      どこかでお時間が合えばお会いしたいですね。
      ついに化けの皮がはげる日が来てしまいました。(^^;;
      ゆみこさんはもう今年はいらっしゃらないんだな〜と思っていたので
      最後のどんでん返しにビックリしています。
      でも彼との大切なお時間にお邪魔するのも悪いので
      ご都合が良かったらでお願いします。

      お会いできるかどうかも御縁ですが
      何と言っても、会ってからビックリして逃げて行かないでね〜
      どんな印象を持たれるのかドキドキです。(^o^)

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    きゃー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    メアリーさんとお会い出来たら、
    もう何にもいりませんっ(≧∇≦)
    ってくらい天にも上る気持ちです。

    目覚めてすぐに幸せなことに68秒以上もフォーカス出来てさらに幸せ*\(^o^)/*

    ぜひ!よろしくお願い申し上げます。

    弾丸旅行になった理由は、
    私が年末に実家で家族と過ごす予定を優先したからなんです。

    最初は家族を大切にしたいし、急だし無理と断ったんですが、

    一晩寝て起きて、再度ツアーを検索してみたら、
    年末年始値段のいつもの倍くらい高い香港ツアーではなく、

    比較的安く、彼も私も無理なく行けるタイミングのプランが見つかり、
    短いけど、せっかくだから行こうかという流れで決まりました。

    そしてカード決済して、すぐにコメントさせていただいたのですが、
    あー、まさかもうこんなに早くにメアリーさんにお会いできるかと思うと
    胸が張り裂けそうです。
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    彼には、香港には私が憧れる方が住んでるの!(≧∇≦)とけっこう前に話したことがありました。
    その時に会えたらいいねと盛り上がったので、きっと喜んでくれます。

    ちなみにフリープランで
    27日午後早くに着き、29日の夕方発で
    セントラル近辺のホテルです。

    偶然にも28日日中は私たちも別の用事があるので、
    27.29日、28日の夜は完全に空いています。

    29日は出発日で慌ただしいかもしれないので、
    27日か、28日夜はいかがでしょうか?

    今から彼にメールします。
    彼は英語出来るので、メアリーさんご家族と御一緒させていただいても大丈夫です。

    と、勝手に妄想ばかり膨らませていますが、

    深呼吸して、とりあえず仕事開始します。

    彼といっても、15年くらい前からの知り合いで、ラブラブ感はありません。笑

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、お互いに予定が合うようで良かったです。Yay!
      でもそんなに憧れてもらうと何だかお会いしてその夢を壊さないほうがいいんじゃないかと思ってしまいます。
      ただの暗い人が来たらどうする??ドイーン!(と子供達がよく言うもので・・・^^)
      ゆみこさんはとっても明るくて、前向きで、私のほうが学ばせて頂くことが盛り沢山です。
      ま、現実とはそんなもので、それでもお友達でいて頂けたらうれしいです。

      27日か28日の夜どちらでもいいのですが、レストランの予約などもしてみてからまたご連絡しますね。
      家族では日本語で話すので、共通語は日本語ということでお願いします。

      ゆみこさんは妹さんとも仲がいいし、お二人で御両親様をとても大切にしていらっしゃって
      素晴らしい御家族だな〜と以前から思っていました。
      年末年始を御家族とお過ごしになることを御両親様も大変お喜びだと思います。
      うちの実家の母も12月31日から1月3日まで香港ーマカオに遊びに来てくれます。
      ゆみこさんがいらっしゃるのがその時に重ならなくて良かったです。

      それでは、お仕事頑張って下さい。
      15年もお知り合いの彼だったら信頼感もあっていいですね。(≧∇≦)

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    私もめっちゃ嬉しいです!
    ありがとうございます!

    私の方こそドイーンかもしれませんが、
    このトキメキはいつ以来だってくらい嬉しいです。
    よろしくお願い申し上げます。

    レストラン!*\(^o^)/*
    共通語日本語☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    ワガママを申し上げるなら
    観光客があまり行かないような、
    地元の方に愛されているような、
    大衆食堂的なところでお願いします。

    私は好き嫌いありませんが、
    彼は蟹以外の海鮮が苦手です。
    (>人<;)

    27.28日どちらでも大丈夫です。

    よろしくお願い申し上げます。

    ちなみに、、、15年くらい前、、、
    初めて会った時に私この人と一緒になりたいって圧倒的に一方的に一目惚れした人なんですよね。笑

    最初は緊張し過ぎて連絡先も聞けず、
    いつかまた会えるだろうと放置して、

    2年後に偶然再会出来てようやく連絡先を聞けて、
    それからは友達になりました。

    私の結婚式の二次会にも来てるんですよ。笑

    途中また数年会わなかったりしたけど、
    私のいいとこも悪いとこも分かってるのは
    良かったなぁと思ってます。

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、それでは28日の夜でいいですか。
      月曜日のほうが日曜日よりは空いていていいんじゃない?という主人の意見でそうさせて頂きますね。
      ゆみこさんは香港に慣れていらっしゃるからモンコック(Mong Kok/旺角)という地下鉄の駅に
      ご自分達でいらっしゃれますか。
      OKだったら時間や出口などの詳細をゆみこさんのEメールまで送らせて頂きますね。
      もちろん無理だったらセントラルのホテルまでお迎えに上がりますね。
      私の携帯電話番号もメールでお知らせしますね。
      ゆみこさんはラインかWhatsAppを利用していらっしゃいますか。
      あ、でももちろんこのコメント欄にIDなどの個人情報は書かないで下さいね。
      私からメールを差し上げるのでそちらでまたそういうことは教えて下さい。

      待ち合わせでわかりやすいようにメールで前もって顔写真も送ったほうがいいかな?
      でもそれを見て「やっぱ会うのやーめた!」とか言われる可能性もあるからどうしようかなあ・・・
      でも会ってから大打撃を与えるよりはワンクッションあっていいかもしれない・・・う〜ん、悩む・・・

      彼との出会いは不思議な御縁なんですね。
      でも彼が今availableで良かったですね。
      いろんな経過を得て二人のタイミングがバッチリ合って幸せに辿り着くという道筋が素敵ですね。
      お二人にお会いできるのを楽しみにしていますね!
      もう1週間もないなんて信じられないな〜〜

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    本当に本当にありがとうございます!
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    28日夜、ぜひよろしくお願い申し上げます。

    モンコック近辺よく行きますし、
    地下鉄も慣れたので大丈夫です。

    連絡先もお気遣いいただき、ありがとうございます。

    iphone歴長いのにラインとか全くやってないアナログ人間だったので、
    この機会に始めます。( ̄^ ̄)ゞ

    昨日1日メアリーさんと会える嬉しさから、ずーっとボルテックスにいたみたいで、
    いいことが連発しました!

    極め付けは、、、
    夜中3時にふと目が覚めて外を見ると、
    窓から下が雲海でした!

    出張でホテルの高層階に泊まったのですが、
    下は真っ白な綿菓子みたいな世界、
    上は満天の星空、
    遠くは澄んでいて夜景がキラキラ。

    この世とは思えない景色にただただ感動しました。

    寝る前に、メアリーさんの俯瞰、広い視野での記事を見てから眠ったのですが、
    まさにその景色が広がっているようでした。

    まさかビルから雲海が見えるとは!
    地上にいる人達は雨や霧が降っていたようですが、
    30階くらいまで上がるとまさに絶景でした。

    エイブラハムの感情のスケールが
    ホテルの階数みたいでした。

    こんな風に突き抜けた感があるのがステップ4なのかな?とも思いました。

    途中、もし雲が愛を示していたらすごい!
    と、誰もが愛に包まれて休んでいるイメージをして見たり、
    散々遊び尽くしました。

    感動して、朝両親に伝えたら、
    雲海=運開だから今日まで発売の年末ジャンボ宝くじを買いにいけ!
    と言われました。爆笑

    メアリーさんにお会い出来るドキドキ感で
    ボルテックスにいられて、本当に幸せです!

    待ち合わせですが、
    彼にちょんまげのカツラでもかぶせましょうか?

    あ、でも逆に近寄りたくなくなりますね。

    彼も、おー∑(゚Д゚)それはスゴイ!いいじゃん!と楽しみにしています。

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、雲海のお話すごいですね!
      雲海は運開だなんて縁起がいいですね!
      そんなラッキーな人に会える私もラッキーのお裾分けをして頂けるかな。
      (クックック・・・変なたくらみの笑い)

      ゆみこさんはいつもすごい体験を教えて下さいますよね。
      心が美しい人にふさわしい美しい光景に遭遇できるのですね。
      この世のものとは思えない美しい光景だなんて、本当にすごいですね!
      香港に住んでいると高層階に住んでいるなんてことはざらにあるのですが、
      そのような美しい光景に出逢えることは本当に稀です!
      もちろん百万ドルの夜景はいつも見られますが、
      それを美しいと感動する心がないと、あっても勿体無いということになってしまいますしね。
      12月から2月の旧正月ぐらいまではちょうどクリスマス〜新年イルミネーションが素晴らしく美しい時期なので
      本当にいい時期にいらっしゃいますね。
      クリスマスツリーも1月初めのお正月が終わるまでは飾ってあるので
      クリスマスデコレーションも見られますしね。
      日本はクリスマスツリーは12月25日でしまいますけど、
      西洋でもニューイヤーまではクリスマスデコレーションはそのままだそうです。
      日本以外では、1月2日から普段の日に戻るという感じですからね、

      雲海を見て、全ての人が愛に包まれているというイメージを教えて下さって
      私も本当にそうだな〜と思って感動しました。
      本当にそうなんですよね〜〜
      ゆみこさんは詩人ですね。
      ちょんまげのカツラというところも詩人ですね。(^o^)

      ラインですけど、ないならないほうがいいと思います。
      そういうものがあると日々の生活がもっと忙しくなってしまって
      お仕事にも邪魔になると思います。
      考えたらラインがあったとしてもWi-Fiがないと使えないから
      ホテルなどでフリーWi-Fiがあるときはいいけど、
      それ以外で外出しているときはどうせお金がかかるから携帯電話でも同じですよね。
      それに待ち合わせでもし問題があったら連絡するというだけの話なので
      ほとんど問題はないと思います。
      最後の手段は公衆電話で1ドル(約15円)を入れれば無制限に話せます。
      香港の電話料金は毎月の基本料金だけで、どれだけ話しても変わらないんです。
      お店とかで言ったらただで電話を貸してくれます。
      どうせ香港内はかけ放題だから・・・(^o^)

      やっぱり写真は前もって送らないほうがいいかな?
      なんかお見合い写真みたいに写りのいいのを先に送って「よし!」と思っても
      お会いしてから「全然違う!詐欺だ!」となっても困るしね。(^^;
      洋服だけ前もってお知らせしますね。

      数日中に詳細をメールしますね。
      どうぞお気をつけていらして下さいね。
      彼にもよろしくお伝え下さいませ。

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    たくさんのあたたかいお気遣いありがとうございます!

    これまで香港は夏の暑い時期しか知らなかったので、
    冬の香港がそんなに綺麗だなんてさらに楽しみが増しました*\(^o^)/*

    よく考えると師走の多忙時、さらに急な訪問にもかかわらず、あたたかく迎えていただき、
    なんとお礼を申し上げたら良いのか、
    本当にありがとうございます。

    この瞬間、宇宙一幸せものだと
    雲海見ながら幸せを噛み締めました。

    本当にスゴイ勢いで、
    一見簡単に、パッとすべてがうまくいっていて、夢みたいです。
    本当にありがとうございます。

    いつも香港に行くときは仕事の関係上、海外用WiFiをレンタルして行くので、
    メールのやりとりは大丈夫です。

    しかし、香港の電話事情がそんなに素晴らしいとは知りませんでした!
    日本高すぎ∑(゚Д゚)

    履歴書用の修正写真ならありますが、
    私の場合完全に詐欺なので、
    I ♡ 香港 Tシャツ 着て待ってます。笑

    ご主人様によろしくお伝え下さい。

    追記
    雲海記念に宝くじ買いました。笑
    当たっちゃうと思います(≧∇≦)

    感謝と愛を込めて

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、何度も有難うございます。
      WiFiをレンタルされるのでしたらバッチリですね。
      出張の方は普通そうされていますよね。
      さすがゆみこさん、かっこいい!
      では、何かあればメールでもすぐに連絡できるので大丈夫ですね。

      数日内にEメールでご連絡しますので、今しばらくお待ち下さいませね。)^o^(/”

      Reply
  • 遅ればせながら↑のゆみこさんのコメント拝見させていただき、
    ゆみこさんの変化に感動しました!
    どんどん良い方向に向かっていっていて、本当に素晴らしいですね!
    素敵なパートナー、しかも圧倒的に一目ぼれされた方って、、、ゆみこさんが素晴らしいボルテックスに入っていて、その中に彼がいたんですね。
    すてきな報告のコメントを発見できて良かったです。
    ありがとうございました。
    お2人の会合、楽しんできてください!

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさん、コメントして下さって有難うございます。
      ゆみこさんの大きな変化、すごいですよね!
      私もうれしくて寝られないぐらいでした。
      ゆみこさんはヴォルテックスに入る天才だと思います。
      もちろんりんごさんもすごいですけどね。

      ゆみこさんとの初対面、楽しんで来ます。
      りんごさんも良かったら現地集合で来て下さい。(*^^*)

      それでは、メリークリスマス!

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    りんごさん

    わー、りんごさん、
    コメントありがとうございます。
    (>人<;)

    そうなんですよ、ほんとに一方的な一目惚れでした。

    15年位前にあるチャリティパーティに参加した時に出会いました。

    でもそういうのってなんだかんだ偽善だよなーという冷めた感じで、
    いろんな方が話すのを適当に聞き流していたのですが、

    彼のスピーチが始まるとすぐに、
    自分でも理由が分からずに、
    信じられないくらい号泣して、
    生き方が大きく変わる経験をしたんです。

    人生ってすっごく面白いですね。笑

    実は離婚した時に、
    今年のイブは最高のパートナーとケーキを食べる!と夢を引き寄せ日記に書きました。

    でも、イブは彼は遠方に長期出張中で、、、。

    あー、やっぱりなかなか書いた通りには引き寄せられないんだなと、
    当日朝がっかりしたんですが、

    あ、でも、
    もしかしたら、最高のパートナーは彼じゃないかもしれない!笑
    まだ見ぬ最高のパートナーと今夜一緒に過ごす気分で過ごそう!と
    楽しく過ごしていたら、

    昼には彼から
    急に仕事がなくなったから今夜帰れる。
    ケーキでも食べる?と連絡がありました。

    やっぱり、人生は相当面白いなぁと思いました。

    香港楽しんで来まーす。

    コメントありがとうございました!

    またりんごさんブログでもたくさん学ばせていただきます。
    よろしくお願いします。

    Reply
  • メアリーさんはじめまして。興味深く、すばらしい記事の数々をありがとうございます。わたしはジェリーヒックスさんが結構前にお亡くなりになっていたとはずっと知らず、今知りビックリして検索したところ、こちらのブログにたどり着きました。(ヒックスさんが本を読みながらあまりにも生き生きと感じられたため、ますます驚いたのです)

    そしてその結果として、こちらのブログで多いに私の助けになるこの記事に出会えたので、お礼を言わせてください。
    私はずっと、この生物と食事の関係で悩んでいました。私の家は魚介類を扱う仕事をしており、そのおかげで私は成長しました。子供のころからずっと密かな大問題だったのですが、もしこの環境でなければ、いとも簡単にベジタリアンになって納得していたかもしれません。でも、こうして家族で生きてきたわたしは生き物の命を戴くというあり方を当然否定すべきではなく、受け入れるべきだと思っていましたが、何かスッキリとしないところがありました。カニや貝を茹でるときは逃げ出したくなるくらいに感じ、その仕事を家族のために引き受けている親は大丈夫だろうか、どうか許してくださいと思いました。美味しいと食べていても、心のどこかでひとかけらの辛さを感じました。
    でも、ここの記事を読んでとても救われました。今でも可能な限り生物が苦痛をもって扱われるべきではないと感じますが、ひとつ違った視点を得ることができたのです。彼らが苦痛の前に肉体を離れてくれていたとは。そして、多くの意味でもそのおかげで私は生きています。
    自分のことを長々と書いてすみません。誰にも言えないがいつも心に存在していた問題だったので。。。貴女の記事のおかげでとても助かりました。ありがとうございます。この巡り合わせに感謝しています。

    Reply
    • メアリー Post author

      マリさん、とてもうれしいコメントを有難うございました。
      マリさんにとってはとても大きいテーマだったのですね。
      私のような凡人から見ると、魚介類をたくさん食べて育つことができられたなんて
      本当に体に良くてうらやましい、最近では魚介類を食べる日本人が減って来たから
      サプリなどで補う人もいるほどなのに・・・と思います。
      日本の魚介類はこれまた最高ですね!
      外国から見れば、これまた贅沢品ですからね。
      でも、おうちが生きている物を取り扱うお仕事だとそういう疑問も出て来たりするのですね。
      この記事で、マリさんのやさしいお心の中から罪悪感などがなくなって良かったです。
      本当は素晴らしいことをしていらっしゃる御両親様のお仕事だったということもわかって良かったですね。
      今までマリさんに食べられたものもやっとその誤解が解けてとても喜んでいると思います。
      まあ、もうとっくに数えきれないほど生まれ変わっているとは思いますけどね。
      でも、マリさんの一部にもなっているから、そういう境界もないほどですね。
      私からもマリさんの御両親様にそのようなお仕事をして下さって、心から感謝申し上げます。

      私ももちろん生き物を愛を持って扱うことは、人間として大切なことだと思います。
      ところで、この記事の中には書いていないのですが、エイブラハムがセミナーの中で言っていたことで
      ハンターでさえもSourceからの呼びかけ(call)とかinspirationに沿って
      ハンティングに出かけている人もたくさんいると言っていました。
      動物愛護運動によってハンティングができなくなると
      それによって保たれていたバランスが崩れて、動物が増え過ぎて飢えてしまったり、
      人間が生活している場まで入って来てしまったりということもよくあるそうです。
      動物愛護運動はもちろん善意から出たことで、やさしい気持ちからの行動だと思うのですが、
      もしそうではなくて、ネガティブな感情(責める感情など)から出た行為である場合は
      そのように結果的に動物も人間も苦しめることになるのかなあと思いました。
      まあ、でも動物はそこにも完璧さを見るので苦しむっていうことはないですけどね。
      エイブラハムのこれらの話は、私にはとても衝撃的でした。
      人間も動物の一部だと考えると、
      ハンティングという行為もライオンなどのように
      Sourceからの呼びかけに答えて行っている場合も多いのですね。
      ハンティングも釣りも、獲ったものを頂く(食べる)ので
      食べるという行為は共創だから、とても喜びが溢れますよね。
      毛皮とかバッグとか靴なども、共創の芸術なんでしょうね。
      もちろん動物に感謝とか愛着がない乱獲は違うと思いますけどね。

      おっと、個人的な見解もまじってしまってすみません。
      エイブラハムの言っていたことを客観的になるべくお伝えするだけに留めないとと
      いつも思っているんですけどね。
      調子にのって偉そうに話していたら、叱ってやって下さい。
      人間謙虚さがなくなったら終わりだと思います。

      マリさん、どうも有難うございました。
      これからもよろしくお願い申し上げます。

      Reply
      • メアリー様
        ご返信いただきありがとうございます。こういう話はもちろん、あまり他人に内心を話したりしたことがないのですが、初めての人間の話なのに、理解を示してくださって、あたたかいコメントをくださっておかげでとても気持ちがほっとしました。内容はもちろん、メアリーさんのように優しい方がいてくださってるということが、私の癒しになりました。

        他にも興味をそそる記事がたくさんあり、読ませていただきたく思います。エイブラハムなど大好きで本も読んでいますが、こうしてとても適切な解説してくださるサイトがあると、一段と理解の助けになります。ありがとうございました。’

        Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *