引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 感情はただの指針にすぎない|涙と体と波動の関係

感情はただの指針にすぎない|涙と体と波動の関係

涙

エイブラハムの言葉より:

「あなたの感情、つまりあなたの波動の計測器は

あなたが現在フォーカスしている願望と

その同じ願望についてあなたが信じていることや考えていることとの間の対比を示すものである。

何かについての怒りや恐れ・・・その感情の名前は何でも良いが

ネガティブな感情を感じるときというのは常に

そのとき(瞬間)にあなたの中にある願望と

何か他の思考とが矛盾しているということを意味する。

あなたの感情というのは、常にあなた自身の願望とあなたとの関係を示していて

それ以外の何物でもない。

だから感情について単にもっとリラックスして考えることを始めるべきで

それを自分自身の勇気・価値・誠実さなどの個人的な問題として捉えるべきではない。

言い換えれば、それは単に「何回この考えを持っただろう?」ということだけなのだ。」

Your emotion, your indicator of vibration, is indicating the ratio between your currently focused desire

and any other belief or thought that you hold about same.

When you feel negative emotion, anger about something, or fear… the name of the emotion does not matter,

it always means that there is a desire within you that, in this moment, you are contradicting with some other thought.

Your emotions are always about your relationship with your own desire, and nothing else.

And it’s time for you to just begin relaxing about it, and not make it a personal issue of your own valor,

or your own value, or your own integrity.

In other words, it’s just, how many times have I thought this thought?

引き寄せの法則などを勉強していると

「こんな感情を持ってはいけない!」とか

「こんな感情を持ってしまう自分はできていない!」

などと思いやすいけれども

エイブラハムは感情についてもっとリラックスして

計測器として単純に考えなさいと言っていますね。

 

感情はただ単に自分の願望と思考とのギャップを測定するものにすぎないのだから

それを自分の価値や性格などの問題だと捉えて

自分をジャッジする必要は全くないとエイブラハムは教えてくれていますね。

 

ネガティブな感情を感じたら

「あれ?この考えを以前にも持ったことがあるけれども

今までに何回こういうふうに考えたことがあるのかな?」

と思うだけのことだそうですね。

 

ある思いを持つとネガティブな感情が出るということを

いやというほど何度も経験して、本当に自分がそれをいやだと思ったら

次からは違う考えを持つようになるとバシャールも言っていました。

 

人間は本当にそれが「痛み」だと思ったら

そこから離れる方向に進むものだそうです。

 

まだ同じことをするというのは、それのほうが

あることに比べて痛みが少ないと自分が信じているからだそうです。

 

そこでポジティブな感情やネガティブな感情が指針として登場するのですが

感情は自分がそのテーマについて何を信じているのか

どんな思いをそのテーマについて持っているのか

ということを教えてくれるので、とても便利な測定器だそうです。

 

自分の思いや信じていることを改善するために

感情という測定器を使うというのは

とてもいいアイデアですね。

 

そうやってリラックスして自分の感情を

客観的に測定器として見ることができると

感情を変える、つまり測定器の値を変更して行くこと

もっと楽にできるようですね。

 

ところでちょっと話が違うんですが

バシャールは、涙が出るときというのは

常に抵抗を手放しているときだと言っていました。

自分をアライメントの状態に持って行く行為だと言っていました。

 

感情が改善されるときというのは

自分が今まで信じていたことや持っていたネガティブな考えを手放すときなので

そのネガティブな考えや信念に付随して体の中に存在していた化学物質

涙が洗い流してくれるそうです。

 

その化学物質はもう体には必要ないので

文字通り、体から出て行くそうです。

涙というのはそういう化学反応の結果だそうです。

 

ネガティブな感情・信念の波動に付随した(マッチした)化学物質というものは

必ず体の中に生成されているものなので

その感情(波動)がなくなれば

それに対応した物質も体外に排出されるそうです。

涙がそういうものだったと知るのはおもしろいですね。

 

で、これは私の考えなんですが

それじゃあ泣けば泣くほどいいのかというと

そういうわけではないんじゃないでしょうか。

 

悲しいことにフォーカスして

それによって体に良くない化学物質を自分で自分の体の中に生成して

それを泣くことによって私達の体

一生懸命外に排出してくれるのですが

それだったら悲しい気持ちを生み出すようなフォーカスを

最初からしないほうがいいですよね。

体もそのほうが助かりますよね。

ごめん、体ちゃん・・・ 🙁 

 

泣く必要がなるべくないように自分のフォーカスを保つことは

自分の体に迷惑をかけない一番の方法なんじゃないでしょうか。

 

それでもある程度涙を出すことで、感情を改善する必要があるときは

体にお世話になったらいいですよね。

 

「もう泣くのはいやだ!悲しいのはいやだ!」と本当に思ったら

そういう感情を生み出すフォーカスを自分からしないようになるから

そうしたら体も喜びますよね。

やれやれ、やっと船長が改善してくれたって感じでしょうかね。

乗組員は事後処理に大変なんだから・・・(^_^;)

 

ということで、いろんな話題に飛んでしまいましたが

感情を指針(測定器・計測器)として

賢く使って行くといいですよね。

 

でもあくまでも感情はただの計測器だから

それによって自分の価値がないとかなんとか

大騒ぎするのはもうやめたらとエイブラハムも言っていますね。

「こんな感情を使う自分はダメ人間だ~」とか

私って大げさすぎだったんですね。

なんだ、そっか~ ま、私ったら (^_^;)

ドンマイドンマイってことでしょうかね。

アハハ・・・(≧∇≦)/

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

21 thoughts on “感情はただの指針にすぎない|涙と体と波動の関係

  • メアリーさん

    こんにちは。

    今回もすごいお話ですね。

    感情は計測器なんですねぇ。

    すごいな。

    こんな自分がだめだ!
    存在自体が無駄だ!
    とか
    大騒ぎをしているのは私だけで
    周囲の人は痛くもかゆくもなくて
    一人舞台をしているんですねぇ。

    とっとと素晴らしい存在だと認めて
    ワクワク生きたらいいよーっていう
    ことなのにー!

    今日もいいお話ありがとうございました。

    Reply
    • メアリー Post author

      さやかさん、いつも読んで下さって有難うございます。
      私もエイブラハムに感情が計測器だと教えてもらえて良かったです。
      どうせなら素敵な感情を感じて、計測器の針をブーン!といい方に振ってみたいですね。
      もちろんネガティブな方に振ってもまた違う方にも振れるから
      全然余裕のよっちゃんですね。(サムッ!)

      自分の存在がその計測器によって条件付きで評価されるという考え方は
      考えてみたらおかしな話ですよね。
      エイブラハムがよく言う”Chill out.(頭を冷やして。落ち着いて。どうどう・・・)”
      という言葉を思い出して、私もサラッと気分転換して行ってみますね!

      さやかさん、いつも読んで下さって感謝しています。

      Reply
  • メアリーさん
    こんにちは。
    何度もお返事ありがとうございました!
    今日から少しダチ??フレンドリーに行かせてもらいます。
    今日の内容は私のため?と思えるほどタイムリーでした。
    真面目な性格で、つい考えすぎてしまいます。
    「感情は願望と思考のギャップを測定するもの」
    重く考えすぎでした…私…。
    もっと気楽に自分を客観視して自分で自分にダメ出しして笑ってみます!
    メアリーさんの解説が本当にわかりやすくて嬉しいです。
    本当にありがとうございました。
    心からの感謝を込めて。

    Reply
    • メアリー Post author

      ふうちゃん、またコメントを有難うございます。
      あれ?ふうさんに変わったのかな?
      前回のコメントのお名前のまま、ふうちゃんでいいですよね。

      実は今日の記事は前回のふうちゃんのコメントを読んでから
      ちょうど関係のある内容だからこれを先に公開しようと思って、
      本当は違う記事を今日公開する予定だったんだけど
      これに変更しました。
      そうなんです、これはふうちゃんのためだったんです!
      いや、実は自分のためなんですけどね。
      このブログを書いているのは、自分が書くことによって
      その内容をもっと深く理解して、忘れないようにするためというのが大きいです。
      それでも忘れているからもう助けようがないんですが・・・
      しっかりせーよーって感じですね。

      自分のことを笑えたらそれは大人な証拠だとどこかで聞きました。
      誰が言っていたんだったかな・・・?
      あ、思い出した。それはある子供から聞いた言葉です。
      オーストラリアでホストファミリーといっしょに住んでいたときの
      8歳の女の子が言っていました。
      その子は何か自分のことを言われるとムキになってしまうんだけど
      「私も大人になって自分のことが笑えるようにならないとね・・・」と言っていたなあ。
      そうそう、あの廊下で話していたシーンを思い出した。
      けっこうよくわかってた子だな~
      今は年月がたって本当にすっかり大人だけどね。

      8歳でもそう言っていたんだから私も頑張ります。
      80歳でも自分に入り込んでいたらどうしよう・・・
      「ば、ばあちゃん笑って!」とか言われたくないわ~(^_^;)

      ふうちゃん、ご丁寧なコメントを有難うございました。
      感謝がいっぱいで私もうれしいです。
      何だか夜空が人々の感謝でいっぱいになっているみたいですね~
      美しい夜空だわ~ 夜景が最高!
      (えっ?日本は台風か。ごめんごめん。気をつけてね。)

      Reply
  • メアリーさん

    こんにちは。

    ふうさんのための記事が私にもいい影響を与えてくれました。

    昨日起こった出来事です。
    母と姉と話をしていて
    私は気分が悪くなることに気づきました。
    話さなければいけない内容でした。
    常に自分発信で自分が気分が良くなるためだけにそうしました。

    どんどん2人とも不安に入っていき
    私も引きずられるところで
    気づきました。

    気分が大事だ。
    気分が良くなるように行動しよう。

    それだけをやりました。

    電話をきったあとモヤモヤとしたものが残りましたが
    いつかエイブラハムが言っていた
    「鬱」から「喜び」にジャンプすることは出来ない。
    ということを思い出して
    モヤモヤは、鬱よりいい気分だ。
    と感じました。

    状況は問題ではない
    問題はどう反応するか、という言葉も
    感じていました。

    自分の気分に注目できて
    良かったー。

    せーふ。

    素晴らしい記事をいつもありがとうございます!

    Reply
    • メアリー Post author

      さやかさん、ご自分の体験をシェアして下さって有難うございます。
      さやかさんのブログでその詳細は読ませて頂きました。
      いろいろと大変ですね。
      本当によくやっていらっしゃると思います。

      やっぱり相手は変えられないから
      さやかさんがおっしゃる通り、自分がそれについてどう対応するかですよね。
      気分転換をして、自分の波動を下げないことが大切ですよね。
      その状況下にいるときは難しいとしても
      そこから離れた他の時間をどう楽しく過ごすかですよね。

      斎藤一人さんの振動数(波動)を上げる話があるのですが
      よかったら聴いてみて下さい。

      Reply
      • メアリーさん

        斎藤一人さんの講演リンクありがとうございます!

        ピンポイントで必要な言葉がたくさん聞けてうれしいです。

        斎藤一人さんのお名前はこのブログで
        初めて知りました。

        先日本屋さんに行って
        一人さんのお弟子さんが書かれた本を読んでみたら
        とても感動したんです。

        実践してみて自分に合ってると思いました。

        必要なものは必要な時に与えられますね!

        じっくり聞かせて頂きます。

        がんばっていると言って頂いてありがとうございます。

        私はもう幸せになると決めたから~。

        私の波動が変化してると感じます。

        もっともっと波動あがれ~。

        メアリーさんのされていることは

        本当に素晴らしいですね。

        いつもありがとうございます。

        Reply
        • メアリー Post author

          さやかさん、やさしいお言葉を有難うございます。
          私のしていることが素晴らしいと言って下さって感動しました。
          いつも家族へのエネルギーというか時間というかそういうものが
          このブログを書くことによって減ってしまってはいけないと思って
          一生懸命になり過ぎて深入りしないようにと思っているんです。

          その気持ちは同じですが、さやかさんのように言って下さると
          本当にうれしいです。
          有難うございました。

          斎藤一人さんやそのお弟子さんのお話を聞くと
          本当に明るくなりますよね。
          すごく波動の高い方々だと思います。
          私達もその恩恵を受けられてうれしいですね。
          さやかさんも根が明るいからどんどん自分の素晴らしさを発揮していらして
          周りの方もお幸せですね。
          私もさやかさんに幸せにして頂いています。
          本当に有難うございました。

          Reply
  • 実は昨日、他人の言動に対して不安な気持ちに胸がざわざわしていて、集中できない状態だったのでした。
    「私はよく他人の言動を気にして自分の時間を費やしすぎてしまう傾向があるな」とは前から気づいていて、
    私ってなんでこんなにメンタル弱いんだろう~、とヘコんでしまっていたんですけど、
    この記事を読んで、「ただ、そういう傾向があるだけなんだ。そこに良いも悪いもないんだ」とふと思いました。

    「感情はただ単に自分の願望と思考とのギャップを測定するものにすぎないのだから

    それを自分の価値や性格などの問題だと捉えて

    自分をジャッジする必要は全くない」

    そうだったんですね!!
    私はもう、そういう傾向は必要ないので、
    じゃあ、そこから離れる方向にただ向かえば良いだけなんだ!
    と思えました。ありがとうございます!

    そして、涙ってそういう意味があったんですね~。
    こどもはよく泣くけど、気分の転換もとっても早いですよね。
    手っ取り早いデットクスの方法を無意識に心得ているのかな~ なんて思いました^^

    感謝の気持ちで涙が出たり、感動して泣いたり、ってときも、
    自分は意識していなくても、自分の中にある不必要な物質を、身体が良いかんじにチョイスしてデトックスしてくれているのでしょうかね。
    だとしたら、本当、からだ様様ですね。

    素晴らしい気づきをありがとうございました!

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさん、いつも有難うございます。
      自分を裁いたり、良いとか悪いとかジャッジすることもなくなってよかったですね。
      もっと気軽に行ってよかったんですね。
      相手が1ミリとも変わらなくても自分の心が穏やかでハッピーで落ち着いていられるって
      究極の自由ですよね。
      イエイ!って感じですね。

      子供の気分転換の速さは本当に学ぶところが多いですよね。
      感情のスケールの階段をタッタッタッと走って上る感じですね。
      迷わず落ちて、迷わず上がるから後に残らないですね。
      エイブラハムの言う、どれだけ落ちても上がるから全然問題じゃないというのは
      そういうことを言うんですね。
      だから子供は体の新陳代謝も速いのかな。
      心の新陳代謝がものすごく速いもんね。

      感謝や感動の涙というのは、バシャールの言うように本当にアライメントの動きを表していますよね。
      そこまでのすごいアライメントを経験できるのは素晴らしいことですよね。
      両親や配偶者や子供への感謝で涙が出たら本当に素敵なことだと思います。
      一番身近な人に対して感謝・感激・雨アラレになるというのは本当にすごいことだと思います。

      りんごさん、毎日頑張っていらっしゃるんですね。
      見習わせて頂きます。
      ま、私の大切な役目として、今日も美味しい夜ご飯が作れるように頑張ります!

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    こんにちは!
    素晴らしい記事の更新と部長話への返信ありがとうございました。

    最近ようやく
    「ネガティブな感情」があることは私の測定器が正常に機能している証拠!私はなんて立派な測定器を持っていたんだろうと、
    ネガティブな感情にも感謝をすることが出来るようになったような気がします。

    メアリーから教えてもらったことがきっかけでようやく腑に落ちた感じがしています。ありがとうございます。

    これまでの人生で
    測定器は自分自身が本当は何を望んでいるのかを何度も丁寧に示し続けてくれたし、
    24時間無休でいつも幸せの流れにつながるチャンスを与えてくれました。
    最高のパートナーであり、自分を見守る存在のようでもあるのかな?と、時に愛おしく感じます。

    ま、でもネガティブの渦中にいるときはよく泣くし、どっぷりとマイナスを味わい尽くすし、
    私もひとしきり大騒ぎしますね、はい。(;^_^A

    泣くとスッキリする理由を今回初めて知り、ガッテンガッテン(NHK番組知ってますか?)みたいな感じで、勉強になりました。

    こういう仕組み、法則って面白くてよく出来てるなぁと感動、感謝せずにはいられません。
    いつも大切なことを学ぶ貴重な場をご提供いただき、本当にありがとうございます。

    追記
    部長ネタのオチです。

    二ヶ月前の部長の退職時に
    かっこいい!こんな理想の上司になりたい!と強く思いました。

    そして
    つい、、、強く思ってしまった結果、、、

    先日急に部下の人数が増える話が舞い込み、
    さらには本社勤務社員以外から初の所属部署の教育研修担当になってしまいました( ゚д゚)

    思考にはほんとにほんとにほんとに気をつけよう(´・Д・)と改めて痛感しました。

    こんなにかっこいい人に出会いたいと思うべきでした(笑)

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、またコメントを有難うございます。
      感情というものにそこまで感謝できるなんて素晴らしいですね。
      私は感情のことを最高のパートナーだとか愛おしいとか思ったことがなかったので
      ゆみこさんにとても教えられました。
      本当にその通りですよね。

      あ、ためしてガッテンは日本に帰ったときに少し見たことがあります。
      とても人気番組だそうですね。

      ゆみこさんは、もし会社でお会いしたら
      とっても偉くて私なんかそばに寄れないような部下の多い上司なんですね。
      教育研修をされる立場だなんて、私なんかすごく怒られそう・・・(^_^;)
      あ、でも長所を見てもらえるから大丈夫かな。
      ゆみこさんも伝説の部長になれますね。
      超偉くなっても私のこと忘れないでね~(^o^)丿”

      Reply
  • ゆみこ(≧∇≦)

    メアリーさん

    私、根っからのド庶民ですぅー(;^_^A

    本社から400㎞離れた田舎在住の契約社員に過ぎません(`_´)ゞ

    仕事中にイラっとした時は
    その度に、「お!ナイスセンサーー。今日も完璧」とつぶやいています。

    測定器なんだから、両極に触れてこそ完璧なんですね。
    やっぱりいいも悪いもないんだなぁ。

    自分だと思っていた姿の多くは実は有能な測定器の部分で、
    本当の自分に気づかないで
    測定器の反応が自分のすべてだと錯覚してそれに振り回されていたのかなぁと思いました。

    ほんとの自分についてはまだ良くわかりませんが、
    ほんとの自分とつながっている状態が幸せの状態であり、幸せが本来の自分の姿なんだと思うと超嬉しいです。

    今回もたっぷり学ばせていただきました。ありがとうございます。

    メアリーさんは世界中に幸せの機会と流れを創造し続ける天使です。

    たまにほんとに実在する人間かなと思ったりします(笑)

    Reply
    • メアリー Post author

      ゆみこさん、有難うございます。
      褒められすぎてブーッ!と吹き出してしまいました。
      ゆみこさんから主人と子供にそれを言ってほしい・・・(^^♪
      主人と子供達は私がブログを書いているということは知っているのですが
      内容は読んだことがないのです。
      なんか照れくさくて特に知らせてないです。
      だからこんなにゆみこさんが褒めて下さったと知ったら
      吹き出して笑うと思います。

      やっぱりゆみこさんの心が美しくてアラインメントがすごいから
      私もそんなにいい人に見えるんですね~
      そのイメージを壊さないためにも
      実在しませんとか言ってどっかに隠れてるほうがいいかな~(^o^)

      ゆみこさん、契約社員でも正社員でもそんなことは関係ないです。
      多くの部下を持って、それを育てて行く立場にいらっしゃるなんて
      それはゆみこさんの人間力がすごいからですよ。
      会社にとっても社会にとっても本当に有難い存在だし、
      ゆみこさんならと思って、上司の方々も任せて下さるんですね。
      周りはよく見ていますからね。
      このコメントに書いて下さったような素晴らしいことを感じて生きていらっしゃる方を
      周りは放っておきませんよね。
      やっぱりオーラがすごいんですよ!
      生き生きしていらっしゃるもんね。

      今日は私にもその生き生きしたエネルギーを送って下さって
      有難うございました!

      Reply
  • メアリーさんこんにちは♡

    現在、2人のおチビの育児真っ只中の私にとって、「感情」はとても大切なテーマです。

    特に、間もなく3歳になるお兄ちゃんとの間には、沢山の「感情」についてのチャレンジが毎日起きてきています。

    感情をまんまぶつけてくる息子、それに対してなるだけなるだけ感情を抑えようと必死な母…。

    がしかし、もう何度感情の計測器が壊れそうになった事か…!
    つい先ほども、怒りのメーターが振り切れそうに…(#゚ロ゚#)

    そしてまさに、「こんな感情を持ってしまう私はなんてダメなんだ〜」と毎度のように落ち込んでしまっています。

    感情は計測器、問題はフォーカスのほうなんですよね!
    解ってはいるんです。母ちゃんが好きなだけなんだよね。無邪気なだけなんだよねって。
    でも疲れていたりすると、そんな事もすっかり忘れてコラーッ!となってしまう私です(›´ω`‹ )

    今回は子育て相談みたいなコメントになってしまってすみません…(*_*)

    Reply
    • メアリー Post author

      ばじるさん、貴重な体験談を有難うございます。

      ばじるさんのおっしゃることは、子育てをしたことがある人なら誰でも
      「そう。そう!そうなのよ!!」と共感することだと思います。
      3歳とその下にも更におチビちゃんが・・・驚愕・・・(*_*;)
      手がかかる大変な時期ですね~~~
      可愛いことはわかっているんですけど
      でもその状況っていうのは、時にはお釈迦様でも怒る状況だと思います。
      2-3歳というのは自我が芽生える時期で、健全な発育過程だとはわかっているんですけど、
      でもそんな理屈じゃあ割り切れないことがいっぱい起こって来ますよね。

      それが数年するとウソのように穏やかになって、
      「なんで3歳のときはあんなに泣いたりわめいたりしてたの?」と聞いても
      「なに100年前の話をしているんですか。」という表情で見られて
      ほとんど子供は記憶喪失になっていますよね。

      ばじるさん、どんな人でも子育て中は感情が波打つので
      計測器を100個ぐらい壊しても平均値だと思って
      自分は本当によくやっていると褒めてあげて下さいね。
      いや、本当によくやってらっしゃいますよ。
      そんなのハンドルできる人いないわ・・・

      私は自分が子育てをしてみて、
      あんなにたくさんの人がやっていること(みんながやっていること)で、
      こんなに大変なことがあるのかと思いました。
      世の中のお母さん、今まで知らなくてごめんなさいと思いました。

      ばじるさん、ばじるさんがそんなに大変だと今まで知らなくてごめんなさい。
      心から応援していますね!

      Reply
      • メアリーさん♡

        お優しいコメント嬉しいです!
        うわーん。泣いちゃいますよ〜。
        かなりウルっときてます…

        はははっ!計測器100個壊しちゃっても大丈夫ですかね(笑)
        だいぶ気がラクになりました(笑)

        いつかこの暴れん坊が穏やかになる日が…くるのかな?!そしたら、今の大騒ぎの日々もいい思い出になりますね。毎日をもっと大切にしなくては。。。

        子育て、感情波打ちまくりです。
        怒りも100倍だけど、その分喜びや感動も100倍に感じます。

        メアリーさんのblogは最近育児の合間の楽しみなんです(*^o^*)
        アーカイブも時々読ませて頂いて、ホント勉強になってます。
        いつもありがとうございます♪

        Reply
        • メアリー Post author

          ばじるさん、子育ての喜びや感動を100倍感じるというのは
          本当にそうですよね。
          子育てほど楽しいことは私にとってはないと思っています。
          あれはすごい大事業ですね。
          あんなに意味のあることも珍しいと思います。

          子育ては自分の子供にしていることでも
          その後ろの軽く100代ぐらいの子孫にも影響を与えていると思うと
          自分はすごいことをしていると思いますよね。
          もちろん子どもと関わる周りの方々にも影響を与えていますしね。

          まあ、だからってべつに気負って深刻に考える必要はないと思うのですが、
          Pay It Forwardという映画のように
          自分にしてもらったことをまた次々と自分が関わった人にして行くという
          ものすごく美しい構図が子育てには特に反映されていますよね。
          もちろん子育て以外でもそうですけどね。

          ばじるさんもあの子育ての喜びを知っていらっしゃると思うと
          私にも何とも言えない感動が伝わって来ます。
          子供がうれしそうなときのあの喜び・満足感・心の躍動感・高揚感など・・・
          本当にあのお蔭で自分がどれほど助けられていることかと思いますね。
          あれで自分が何とか若く保たれているのかも・・・とも思います。(^o^)

          ばじるさん、いつも有難うございます。
          素敵なコメントを有難うございました。

          Reply
  • メアリーさん

    今回の記事が私のためだったなんて感激です!
    少しずつ過去のブログを読ませていただいています。
    今までの「点」だった引き寄せの知識が「線」で繋がった感じです。
    本当にありがとうございます。

    昨日のばじるさんのコメントを読ませていただいて、私も自分の子育て期を思い出しました。
    息子(25)は障害があるため、上手く行かない子育てに苛立ち、どれだけ息子を傷つけたことか…。
    罪悪感で自分を許せず生きてきました。
    フラッシュバックで昔のことを言われ胸が壊れそうになることも度々ありました。

    でも息子が数か月前に『お母さんを責めるつもりじゃなくて、生まれ変わったら、あんなことは嫌だと伝えておきたいから言うんだ。それから、いつだって僕はお母さんのことが大好きだったよ』と言ってくれました。
    全部許された気がしました。
    一生懸命に息子を育ててきたつもりでいましたが、息子は私を育てるために生まれてきてくれたんだと思いました。

    子育て期の不安と罪悪感でいっぱいだった自分に会いに行って『大丈夫だよ、未来はこんなに幸せだよ』と言ってあげたいです。
    精一杯頑張って生きていた自分を、いま初めて愛しく思えました。

    今、自分の体の内側と外側がぴったり合っている感覚です。思考と言動がずれていないというか…
    上手く説明できませんが、とにかく幸せです。

    メアリーさん、本当に素敵な方ですね!憧れます!大好きです!
    これからもブログを楽しみに頑張ります。

    Reply
    • メアリー Post author

      ふうちゃん、今がお幸せで本当に良かったです。
      息子さんは本当に素晴らしい方ですね。
      「いつだって僕はお母さんのことが大好きだったよ。」という美しいお心の息子さんも素晴らしいし、
      そのように息子さんにおっしゃって頂けるに等しいふうちゃんも本当にすごい方ですね。
      美しい親子像ですね~~(涙ものですね。)
      子育て・親育てを通して
      お二人が共にお幸せになられているのが本当に素晴らしいと思います。
      もちろんお父様にも感謝ですよね。

      「過去は現在から作られるものだ。」とバシャールも言っていたので
      過去はどんなふうにでも現在から作ることができるから
      今幸せになることが全てのことをtake careしてくれますよね。
      (へんな日本語ですみません。ルー大柴みたいかな。)
      過去なんて後でなんとでも思えますよね。

      ふうちゃんのようにしっかりと幸せになって行かれる方は
      本当に根性のある方だと思います。
      本当に強いな~~と思います。
      これからもいろいろと教えて下さい。
      ふうちゃんの生き方から学ばせて頂くことは本当に多いです。

      あ、それからあ、あ・・・憧れます~ぅ?と言われて
      な、何をもってそう思って頂けるのか・・・全然わかりませんが
      とにかく有難うございます。
      ちょっ、ちょっと聞いたー??
      ・・・と家族に言っても誰も聞いていません。
      現実はそんなもんです。(^o^;)

      褒めて下さって、元気を下さって有難うございました!

      Reply
  • メアリーさん

    本当に素敵ですよ!!
    お若いのに、しっかりと生きていらして本当に憧れます。ご主人様もお子様も絶対にお幸せですね!
    そして私もメアリーさんとの出会いは宝物です。メアリーさんのブログ、コメントのお返事、温かくて泣けてきます。
    きっとブログを読まれている方は皆、そう思われていると思います。
    私ももう少し早く引き寄せに出会っていたら…と思ったこともありますが、私にとっては必要な経験ばかりで、すべては完璧なタイミングなんですよね!

    それから…私の主人ですが、メアリーさんのおっしゃる通り、感謝感謝なんです!
    大好きな人と結婚でき、大好きな人の子供を産み、大好きな人と一緒にいられる毎日に心から感謝をしています。
    そして、その感謝を今は毎日主人と息子に伝えています。長い結婚生活の中で、今が一番楽しく充実しています。

    メアリーさん、これからも沢山学ばせて下さいね♡

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *