引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 引き寄せの法則とSource(宇宙の源・大いなる存在・神)との違い

引き寄せの法則とSource(宇宙の源・大いなる存在・神)との違い


エイブラハムが引き寄せの法則

Source(宇宙の源・大いなる存在・神)とは

違うものなのだという話をしてくれました。

 

まず、エイブラハム自身もSourceなわけですが

Sourceというのは、宇宙の叡智の集合体とか

無条件の愛のエネルギーというふうに

考えるとわかりやすいですね。

 

Sourceというのはそういう神的なもののことだけれども

それと引き寄せの法則は違うんですね。

 

まず、引き寄せの法則の定義は次のようになっています。

「それ自身と同様のもののエッセンスが引き寄せられる。」

The essence of that which is like unto itself, is drawn.

(詳細は『引き寄せの法則の誤解と真実:波動の本当の意味』でどうぞ。)

 

簡単に言えば「似たものが引き寄せられる」とか

「同様のものは集まる」ということですね。

 

でも「引き寄せの法則なんてない。」

「私の人生にはそんな法則は働いていない。」

「その証拠に(かくかくしかじか・・・)ということがあった。」

とおっしゃる方々も世界には多くいらっしゃるそうですが

エイブラハムは「そこに引き寄せの法則の完璧さがある。」

と言っていました。

 

どっ、どういうことー??

全然完璧じゃないと思うけど・・・

引き寄せの法則を信じている人にしか

引き寄せの法則は働かないのかな?

だってその信じていない人には

引き寄せの法則が働いていないという証拠

ごまんとあるんだからね。

 

・・・と私が思っていたら、エイブラハムは

「引き寄せの法則がないと思っている人には

引き寄せの法則がないという現象・証拠がどんどん引き寄せられる。

それが引き寄せの法則というものなんだ。」

と言っていました。

 

な・・・なっ・・・なるほど!!

自分が信じていることと同じ波動の

事柄や人や物が引き寄せられて来るんですね。

 

自分の思いをサポートする(強化する)証拠

どんどん引き寄せられて来るから

何を信じていようともそれが正しいという証拠

次々に、延々と引き寄せられるのね。

 

だから人は冷たいと思えばそういう人を運んで来るし

この世は終わりだと思えばそういう証拠を運んで来るし

毎日有難いと思えばそういう証拠が引き寄せられて来るんですね。

そこには何の謎もなかったんですね。

 

ところでエイブラハムは

引き寄せの法則というのは法則だから

誰にでも平等に働くわけで

そこにえこひいきや好き嫌いなんてものはないと言っていました。

 

でもSourceは違う!

Sourceはあなたが自分のことをダメな人間だと思おうとも

この世は冷たい人で溢れていると思おうとも

地球がもうすぐ滅びると思おうとも

あなたのそういう意見に決して同意することはないんだってね。

 

引き寄せの法則は、あなたの思いを

どんどん強化する(支持する)ことを運んで来るけれども

Sourceは決してネガティブな意見に

同意することはないと言っていました。

 

Sourceはどんなことがあっても

あなたは素晴らしい存在だと思っているし

この世には心の暖かい人が溢れていると思っているし

地球は良好な状態を保つ力があると思っているそうですね。

 

そして、あなたがネガティブな思考を持ったときに

いや~な感情が感じられるのは

Sourceの思考とあなたの思考の間に

ギャップがあるからだそうですね。

 

もしSourceも、あなたはダメな人間だと思ったり

この世は終わりだと思ったとしたら

あなたがそのような思考を持っても

ネガティブな感情というのは湧かないそうですね。

 

心配や不安や罪悪感や怒りの感情が

全ていや~~な感じとしてあなたに感じられるのは

Sourceとあなたの思考の間にギャップ(差・ズレ)がある

つまりSourceがあなたの思考と同意していないという証拠に

他ならないそうですね。

 

そして、感謝や喜びや希望や楽観的な思考が

とても気持ちがいいものとして感じられるのは

Sourceと同じ考え方をしているからだそうですね。

 

ギャップがなくて、Sourceと同化している状態

つまりアライメントの状態最高の気持ちとして感じられるそうです。

 

だからエイブラハムは、いつも感情を指針として

自分が今持っている思いが

Sourceと同じものであるかどうかを

チェックするといいと言っていますね。

 

そして苫米地英人博士も勧めているように

「歌うように歩き、踊るように生きる」

Sourceといつも同化した状態にいられるそうですね。

 

それってサウンド・オブ・ミュージックの世界かな?

メリー・ポピンズ?

それじゃあ、まずは柔軟体操からいってみるかな。 😀

ballerina

 

今まで知らなかったけど

Sourceが頑固なまでに

神聖な明るい世界観を持ってくれているからこそ

私達はいつも感情というコンパスを使って

Sourceが呼んでくれている方、導いてくれている方に

進んで行くことができるんですね。

 

そして、Sourceの目を通して世界を見ていれば

その素晴らしい世界観に等しいものを

引き寄せの法則がどんどん運んで来てくれるんですね。

 

だからこそ、その世界観が

決して壊されない頑丈なものへと

強化されて行くんですね。

 

「その逆もまた然り」というところが

自由意志が完全に尊重されているっていう感じがするよね。

 

でももちろんSourceはいついつまでも

私達を宇宙の源の方へと呼んでくれているのよね。

そっちじゃないよって教えてくれているのよね。

じゃ、そろそろ呼ばれている方に行ってみるかな。 😛

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

4 thoughts on “引き寄せの法則とSource(宇宙の源・大いなる存在・神)との違い

  • メアリーさん、今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

    本当にそうですね。Sourceがいつも愛そのものでいてくれているからこそ、
    私たちは感情をナビゲーションシステムとして信頼できるんですね。

    いくら、この肉体にいる私がネガティヴになろうと、本当の私はいつも幸せと愛で満ちていると考えると安心感が湧いて来ます。
    そういう意味では本当の私はいつもいつでも信頼できるのですね。

    そこを常に思い出せる自分でいたいと思います。

    Reply
    • メアリー Post author

      はつねさん、早速のコメントを有難うございます。_(._.)_

      本当の自分(who you really are)とSourceは
      はつねさんのおっしゃる通り常に幸せと愛で満ち溢れているから
      その視点で全てのことを見られるようになったら素敵ですよね。
      どれだけ目の前に人に感謝できて
      どれだけ今日を幸せに生きられるのかと思うと
      本当にそれは自分次第なんだなと思います。

      私もそういう波動にいつもいられたら
      自分と関わる他人もそうだけど、自分が一番幸せだなと思います。
      ちょっとでも長くその波動の上に乗っていられるように努力しますね。

      はつねさん、今日も本当に有難うございました。
      素敵な週末をお過ごし下さいね!

      Reply
  • メアリーさん、こんばんは^_^
    今日もありがとうございますm(_ _)m
    とてもとても私にとってタイムリーな内容です!
    実は今やりたい事があって(前回書いた事とは又別の事で)、考えるとワクワクする反面、どうも胸がざわつく感じが拭いきれない…そんな感じがしています。
    心配や不安や罪悪感や怒りの感情が

    全ていや~~な感じとしてあなたに感じられるのは

    Sourceとあなたの思考の間にギャップ(差・ズレ)がある

    つまりSourceがあなたの思考と同意していないという証拠に

    他ならないそうですね。

    そうなんですね^^;
    私はどうもワガママで、やりたい事は今すぐやりたーい!と時々駄々っ子になります。
    が、その時は「最高の気持ち」ではないのは自分が一番良くわかります^^;
    でも、こうしてメアリーさんのブログを通して
    「本当にそうしたいの?胸の中はスッキリしてる?」と問いかけられているようです。
    私の答えは「やはり今は違うかな」です^^;
    そう思うと少しホッとしている自分がいたりします^_^
    本当に私達愛されているのですね!
    メアリーさん、ありがとうございました!

    Reply
    • メアリー Post author

      ミミさん、実体験をシェアして下さって本当に有難うございます。

      エイブラハムは、何かをする時に「hell yes(「絶対にYes!」とでも訳すのがいいかな)」
      というふうに自分の中で感じなかったら
      それは「hell no(絶対にNo!)」という意味なんだよと言っていました。
      そして、本当に何かをしたい時というのは、
      野生の馬が走るように、誰にも止められないぐらいの勢いを感じると言っていました。
      ・・・確かにwild horseの前に立ったら危ないよね。ひかれるわ。(^^;)

      エイブラハムは、ためらいがあるうちはやらない方がよくって、
      自分のエネルギーをきちんとアライン(align)してから
      つまり迷いなく、やる気いっぱいになって、情熱と喜びに溢れて
      行くぞー!という気持ちになってから
      物事に取り組むことが大事だと言っています。

      エイブラハムは何を選ぶかということ以上に
      そのことに対して、自分の状態を完全に喜びや情熱や感謝で溢れた状態にすることが
      大切だと言っていますよね。
      そしてまだその準備が整っていないのなら
      やるべき時ではないと言っていますよね。

      エイブラハムは、迷いによって、
      自分のエネルギーが綱引きのように二方向に引っ張り合っていると
      Sourceとアライメントの状態にはなっていないと言っていました。

      確かに、段取り八分という言葉もあるぐらいだから
      物質的な段取りの他にエネルギー的な気持ちの段取りも重要なんでしょうね。

      ミミさんが「やはり今は違うかな」と思うとホッとするということは、
      ホッとすると抵抗が手放される(今よりいい気分になる)ということだから
      それで合っているんでしょうね。

      私がいろいろ書いてしまいましたが、
      ミミさんの感情を指針にして、進んで行って下さいね。
      今日もいい日だったな~と思いながら進んでいるミミさんは素敵ですね。
      今日も素敵なコメントを本当に有難うございました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *