引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » ピラミッドはなぜ作られどうやって作られたのか

ピラミッドはなぜ作られどうやって作られたのか

エジプトのピラミッド
Pocket

ピラミッドはなぜ作られたのか?

そしてどうやって作られたのか?

それについてエイブラハムが話してくれたので

今日はその内容をご紹介するね。

ピラミッドはなぜ作られたのか?

ピラミッドは寺院としての建造物という意味もあったけれども

それだけではなくて

中にある遺体が腐敗しないようにという目的で

作られたそうです。

 

そしてそれを作った権力者は

いつか生き返ることを信じていて

またこの世に戻って来たときに

自分の肉体が良い状態であるように

ピラミッドを作ったそうです。

 

は~?って感じだけど、それが理由だったんだって。

私は戻って来るにしても

前の体は使いたくないなあ。

やっぱり新しいのがいいよね。 😛

ピラミッドはどうやって作られたのか?

これはバシャール(ダリル・アンカさんが

チャネリングしている宇宙人)も同じことを言っていたけれども

サウンドエネルギー(音のエネルギー)を使って

重い石などを一つの場所から違う場所に

移動させたそうです。

 

音を共鳴させて

それがある波長(波動の頻度)になると

物が動くらしい。

すごいね~!

 

でもエイブラハムが言っていたことは

サウンドエネルギーだけではなくて

意志の力(will power)がまず先にあって

それによって浮力やその他の考えられないほどの

多くの力が集められて

そのレバレッジ(効力・てこの力)によって

物を移動することができたそうです。

 

そのときには現代の科学者が思いもよらないような

様々な種類の力が働いていたそうです。

ヴォルテックスの威力

ヴォルテックスの中にいる人

言い換えれば宇宙の源と融合している人一人いるというのは

そうではない状態の人が何百万人集まったよりパワーがある

エイブラハムが言っていました。

 

ピラミッドが作られた時代の人々は

このレバレッジのすごさを知っていて

精神面でヴォルテックスに入るときの威力を

物質面にも使っていたそうです。

 

でもエイブラハムは、その時代の人々は

今の人間よりも技術的に進んでいたけれども

精神的に(スピリチュアル的に) 

今の人間よりも進んでいたわけではないと言っていました。

そ、そうなんだ・・・

逆だと思ってた・・・

 

エイブラハムが言ったことで興味深いと思ったのは

その時代を生きた人々が築いてくれたヴォルテックスに

私達が波長を合わせて入ることができれば

それらの技術やそれらよりもっと進んだ技術を

手に入れることができるということです。

 

人は人生を生きることによって

たくさんの願望のロケットを放ち

それがヴォルテックスという波動的な理想の世界

作ってくれるわけだけれども

波動の高い素晴らしい気分を味わうことで

そのヴォルテックスと同じ波長に自分がなることができれば

それらの全ての果実(=願望の成就)を

この物質界の現実として味わうことができるそうです。

 

科学者がそういう状態になったときに

素晴らしい発見がされるそうです。

 

そして科学者が、常識から見たら「おかしい」

と思われるようなアイデアが浮かんだときに

他の人にどうやって説明しよう・・・とか

他の人にどうやってわかってもらおう・・・

というようなことを全く考えずに

ただ自分のインスピレーションを信じて

研究することができれば

もっともっと科学の発展は加速される

エイブラハムが言っていました。

 

他人の見解を考え出したときに

自分のカンやインスピレーションが鈍って

発見のプロセスがスローダウンしてしまうそうです。

 

今回は、古代のピラミッドから将来の科学の発展まで

エイブラハムが話してくれたけど

やっぱりキーポイントはヴォルテックスに入ること

宇宙の源と融合する(アライメント)ということでした。

どこまで行ってもやっぱり感情の力はすごいね〜

Name of author

Name: メアリー

8 thoughts on “ピラミッドはなぜ作られどうやって作られたのか

  • メアリーさん!素晴らしい記事をありがとうございます!
    実は今、「セスは語る」という本を読んでいて、そこでも昔の人たちが使った音の力について書かれているんです。
    エイブラハムもバシャールも同じことを言っていたなんて全く知りませんでした!
    エイブラハムの動画で言っていたのですか?セスの本でも、昔の人たちの技術の高さについて言及していました。
    エイブラハムのメッセージを聞くことによって、バシャールの言っている意味が分かってきて、バシャールのメッセージによって、エイブラハムのメッセージの力強さを再確認し、セスの本を読むことによってみんな言っていることは同じなんだ、と感動し・・・。
    宇宙はブレないんだから、そりゃあそうなりますよね。
    ただ、みんながそれぞれ違う伝えかたをしてくれることによって、逆にそれぞれのメッセージをより明確に理解できてきているんです。
    誰一人同じじゃなくていい、自分自身であればいい、それが一番大切なんだ、っていう共通しているメッセージを、こんな形で今、ぐわあっと感じました。

    Reply
    • メアリー Post author

      りんごさん、素晴らしいコメントを有難うございます!

      『セスは語る(Seth Speaks)』はジェリー・ヒックスさんも
      エイブラハムに出会う前から読んでいて、
      その内容についていろいろなことをエイブラハムに質問していたそうですね。
      エイブラハムもよくセスのことを引き合いに出すことがありますよね。
      私もYouTubeで『セスは語る』の内容を聴きました。
      エイブラハムやバシャールと共通のメッセージがとても多いですね。
      セスをチャネリングしていたジェーン・ロバーツさんの頃は
      チャネリングに対する偏見も今よりずっと強かったようですね。
      それにセスの話し方はいかにもチャネリングされている実在(entity)だという感じの
      変わった話し方ですしね。(^^)
      参考までにSethの動画です。

      https://youtu.be/ZRG-IR3aqec

      今日のピラミッドの内容は下のエイブラハムの動画を聴いて書きました。
      これを聴いたら私のブログなんて読む必要はないですね。(^^)

      https://youtu.be/9azR7bTZ4Mw

      エイブラハム自身もバシャールのことを
      「違う方法(道)を通して表現された同じエネルギーの流れ
      (same energy stream expressing through different avenues)」と
      言っていたから、セスもエイブラハムもバシャールも
      大元のエネルギーは同じだと言えるのでしょうね。
      他のチャネリングされた実在も似ているものが沢山ありますよね。

      りんごさん、本当に感動的なコメントを有難うございました。
      りんごさんの感性豊かなお心が素晴らしいと思いました。

      Reply
  • メアリーさん、今日も素晴らしい記事をありがとうございます。

    とてもとても面白い記事ですね!!

    りんごさんのコメントも読ませていただいて私もなんかうれしくなってしまいました。

    この間ちょうどテレビのふしぎ発見っていう番組で、ピラミッド特集をやっていたのを
    見ていたので、私自身にとっても、とてもタイムリーなテーマです。

    すごいですね。昔の人はそんなことができていたのですね。

    すごいすごい。

    サウンドエネルギーを使えるようになったら素晴らしいですね。

    きっと遠くない未来に実現するのではないでしょうか。

    とりあえずやっぱり一番大切なことはヴォルテックスの中に入るということ(笑)
    ですね。

    今日も素晴らしい記事をありがとうございました。

    私の方もブログ更新しました。良かったら見てやってください

    Reply
    • メアリー Post author

      はつねさん、ピラミッドの特集を最近テレビで見られたそうで
      こういうのをシンクロニシティと言うのでしょうね。
      記事のことをとてもとても面白いと言って下さって有難うございます。
      何だか意外と皆が知っている内容だったかなあと書いてから思ったので・・・
      でも私は、エイブラハムがピラミッドについて語った動画を初めて聴いたときに
      とても面白いと思ったので書きました。
      はつねさんにも面白いと思って頂けて良かったです!有難う!!

      はつねさんのマンガもどんどん展開が楽しみになって来ましたね!
      実はとても深い内容を軽いタッチで書いて下さるのがうれしいです。
      エイブラハムも本当はとても深い内容を
      いつも気軽に面白くリラックスした気持ちで聞けるように話してくれるので
      はつねさんとエイブラハムがやっていることは同じだと思いました。
      みんないろいろな方法で素晴らしいメッセージを伝えてくれているのですね。
      はつねさんははつねさんのインスピレーションに従って
      creative workを進めるのは本当に素晴らしいことですね。
      workとplayの境界がなくなるってこういうことを言うのでしょうね!

      Reply
  • そうなんですよ。テレビの番組では、どうやってピラミッドを建てたのか、
    その謎を一生懸命、研究しているっていう内容だったんです。

    ちょうど三日前くらいに見たばかりで、「面白いな~。本当のところ古代の方たちは
    どうやってあんなに大きくて美しくて立派なものを建てられたんだろう。」と考えていたところのこの記事だったので、色々な意味でとてもとても面白く感じました。

    なんて面白いのでしょうね!

    私のブログについても感想本当にありがとうございます。
    メアリーさんに御縁があったことに感謝しかありません!!

    本当にこのブログにたどり着いてよかった!!

    これからもよろしくお願いします(*^_^*)

    Reply
    • メアリー Post author

      はつねさん、またコメントを有難うございます。
      バシャールが言っていたんですけど、
      最初はサウンドエネルギーや意志の力(will power)だけで物を動かしていたけど、
      少し後世になった頃にはその方法プラス人を使って重いものを引っ張るということも
      含まれて来たそうで、だんだん後世になるほど
      少しアライメントが薄れていったそうですね。
      まあ、それでも今に比べればまだまだwill powerの使い方を
      古代の人はよく知っていたんですよね。

      私もはつねさんがこのブログを見つけて下さって、
      その上、続けて読もうと思って下さって、本当にうれしいです。
      こんなにコメントを書いて下さることにも本当に感謝しています。
      この御縁に心から感謝しています。
      これは本当に大きいことです。This is big!
      こちらこそどうぞこれからもよろしくお願いします。_(._.)_

      Reply
  • こんにちは。
    ピラミッド作りの、サウンドパワー、見たいですよ。
    ダイナマイト爆発位?

    ちなみに、我が家は、子どもたちの口ゲンカで、
    お母さんのサウンドパワー(?)炸裂です。
    で、私だって、こんな言い方したくないの、
    わかってくれよ、、、って、ママしてます(*^。^*)

    今回は、ジブリの、
    「風たちぬ」の主人公をイメージする内容
    ですねぇ。きっと、宮崎監督、アライメントしてるんでしょうね⁉    次回も、楽しみにしてます(^○^)

    Reply
    • メアリー Post author

      ぽんたさん、コメント本当に有難うございます。
      子育て奮闘中のママだったんですね。
      いっしょですね。(^^)/”
      子育てというのは本当に大きな事業ですよね。
      でも私は子育てほど楽しいものはないし、
      自分を成長させてくれるものもないと思っています。
      そして、実は子供達が先生だということもよくわかっています。
      それにしては生徒がえらっそうなんですが・・・(^^;)

      宮﨑駿監督もすごいアライメントなんでしょうね~
      それと共鳴されるぽんたさんも素晴らしい吸収力というか
      物の見方というか、すごいものをお持ちなんですね。
      私が『風立ちぬ』を見たらなんかトンチンカンなことを言ってしまうかも。
      映画評論家には絶対向いていない性格です。(^o^)
      でも映画は大好きです!

      ぽんたさん、素敵な明るいコメントを有難うございました。
      私もぽんたさんのことを思い出して、子育て楽しみます!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です