引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』『死んだ人は死後どのように変化するの?』『死期について自分で決められるのか?誰が決めるの?』『運動をするのとしないのとではどちらが健康?』など多数です。

Home » ウェイン・ダイアー博士とエイブラハムの対談動画

ウェイン・ダイアー博士とエイブラハムの対談動画

勢いのついた車
Pocket

(ウェイン・ダイアー博士は

2015年8月29日の夜中か30日未明にお亡くなりになりました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。)

 

ウェイン・ダイアー(Wayne Dyer)博士という

有名なスピリチュアルティーチャーであり

心理学博士であるアメリカ人男性がいらっしゃるんだけど

その人とエイブラハムとの対談があるので

今日はその内容についてご紹介するね。

(動画の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。)

最初にウェイン・ダイアー博士が

素晴らしいインスピレーションが来るときのような

非常に波動の高い意識の状態について

エイブラハムに聞いているけれど

エイブラハムはインスピレーションが起こるときの状態のことを

次のように説明しています。

(インスピレーションというのは

何か素晴らしいことをしようという思いに駆られるときの

ヒラメキのようなもののことですね。

自分が素晴らしい気持ちのときには

素晴らしいインスピレーションが来るよね。)

 

エイブラハムによると

私達が眠っているときには

私達は何も考えていないから

引き寄せの法則が働く点が止まるそうです。

 

思考の波動が出ていないから

引き寄せの法則も働かなくなり

自分の引き寄せの点が静止するわけですね。

 

だから私達が朝目覚めたときというのは

純粋にポジティブなエネルギー(Pure Positive Energy)の

状態にいられる可能性が一番高いときだそうです。

 

朝目覚めてから、昨日うまく行かなかったことや

今日やらなければいけないことを考え出す前というのは

ウェイン・ダイアー博士が最初に話したような

非常に波動が高くて

純粋でポジティブなエネルギーの中にいる可能性が

一番高いそうです。 

 

そこで、その純粋でポジティブなエネルギーにフォーカスして

そこから思考に少しずつ勢いをつけて行くといい

エイブラハムが言っているね。

 

でもこれは自然に起こることではなくて

自分がフォーカスしてそちらの方向に

意図的に持って行く必要があるそうです。

明るい方向にフォーカスを進めていくってことよね。

 

源(呼び方は神様でも仏様でも

宇宙でも大いなる存在でも何でもいいです)は

いつも私達一人一人が何をしているのか知っていて

常に私達一人一人の存在を感じているけれども

「源」がそこにいるということを

朝目覚めてすぐのときに私達は一番わかるそうです。

 

私達は源が常に共にいるということを本当は知っているのに

ネガティブな感情を持つことによって

朝の目覚め以外の時間には

それを知らないような状態に

自分でしてしまっているそうです。

 

だからネガティブな感情を持たなければ

非常に波動の高い素晴らしい気持ちに

実はいつでもなれるそうですね。

 

朝起きてすぐは

まだ思考に勢いがついていないから

それがやりやすいということよね。

 

常に素晴らしい気持ちでいる人のことを

私達はマスターと呼ぶけれども

それは誰にでもできることで

「マスターというのは

フォーカスの仕方をマスターしている人

というだけのことだ。」

とエイブラハムが言っているね。

 

そしてウェイン・ダイアー博士が

毎晩、夜中の3時13分に目が覚めるんだけど

それは天使か神か何かが私に

「これがあなたの目的だ。」と

話しかけているのか、一体何なのでしょう?

とエイブラハムに聞いているね。

 

エイブラハムの答えは次の通りです。

「私達が一番言いたいことは

私達はいつもそのように

あなたに話しかけているということです。

だから私達がおもしろいと思うのは、その時間(だけ)に

あなたは私達の話を聞こうと決めたということです。」

 

“The thing we most want to say is that

we are with you saying that all the time.

So what’s interesting to us is that

that’s the time you decide to listen.”

(動画の3:16辺りです。)

 

ここでみんな大笑いしているね。

私も大爆笑。

なんかウェイン・ダイアー博士ほどの

スピリチュアル業界では大御所と言われる人でも

エイブラハムの前に出ると少年のようですね。

 

でもウェイン・ダイアー博士って

すんごい人なんだよ~

他のセミナーなんかでは大先生っていう感じで

いろんな人の質問にも答えているし

素晴らしいトークも大観衆の前でしているし

たくさん本も書いているしね。

えっ?知ってるって?

あ、そっか。

ま、それはおいといて・・・ 😉

 

その後エイブラハムは

どうしてその時間には私達と共鳴できるのか。

どうしてその時間には私達を受け取ることができるのか。

それはあなたの思考の勢いがストップしていて

自分の中で矛盾した波動がないからです。

だから私達の言っていることが

聞こえやすくなるわけです。

その時間には、意識的にその高い波動に気づいている

つまり意識的に私達の存在に気づいているという状態に

なっているわけです。」

と、そんなふうに言っているね。

 

そして、エイブラハムは

17秒間ある思考を考えると

引き寄せの法則がそれに似た思考をまた運んで来て

それが継続すると思考に勢いがつき・・・

という話をしているけれど

それについての詳細は過去記事を参照してね。

 

ある思考を長く考えると

それに勢いがついて強くなり

それが習慣的な思考となって

belief(信じていること)に変わるそうですね。

 

だから「ビリーフ(信じていること)というのは

あなたが継続して考えていることというだけのことだ。」

とエイブラハムが言っているね。

 

だから朝目覚めてすぐというのは

普段のあなたのビリーフがまだ静まっている状態だから

そこから新鮮な新しいビリーフを

見つけることができると言っているね。

 

源から来るビリーフや

「本当の自分」から来るビリーフや

真に自分が知っていることであるビリーフ

見つけることができるってね。

 

だから良い思考が浮かんだときには

それをもっと考えたり、書いたり、人に話したりして

意図的にその勢いを強めるといい

エイブラハムが言っているね。 

 

でも望まないような悪い思考が浮かんだときには

それについて大まかに(一般的に)

つまり、ぼかして考えるといいって言っているね。

 

細かく具体的に考えると考えに勢いがついて

大体という感じで大まかに考えると

勢いが弱まるそうですね。

 

思考というものは波動だから

引き寄せの法則によって

必ず勢いがつくものだそうだけど

その思考が勢いをつけたいものなのかどうか

自分に問うべき問題だ

エイブラハムが言っているね。

 

そして次にエイブラハムが車の喩え話をしています。

例えば高い丘の上から誰も乗っていない車を

ギアーもブレーキもかけない状態で走らせたとして

丘の上から手を放したすぐに止めるのは簡単だけれど

丘の下まで走って来た勢いのついた車を止めるのは

ものすごく難しいよね。

勢いのついた車

思考もそれと同じで

勢いがつくとなかなか止められないそうです。

だから早めに止めるのがコツなんだってね。

それを意識的にできることが大切なんだ

エイブラハムが言っているね。

 

そしてウェイン・ダイアー博士が

病気の人が「私は強い。私は元気だ。私は治った。」と

話すことに効果はあるのかと聞いているね。

 

エイブラハムはまず

どんな問題(テーマ)も

実はそれは2つの問題(テーマ)であって

「望んでいること」と

「望んでいることが欠如していること」に分けられる

と言っているね。

 

一本の棒が一つの問題(テーマ)であるとして

その棒のどちらの先について話しているかということが

問題になって来るんだってね。

 

だから自分が強いとは感じていない病気の人が

「私は強い。」と言ったときに

その人は一本の棒の「私は強い」という先のほうか

「私は弱い」という先のほうか

どちらを活性化(activate)させているのかな?

とエイブラハムが聞いているね。

 

そしてエイブラハムが努力をすればするほど

波動的なものを言葉で乗り越えようとしてしまっている

と言っているね。

そうすると結局は自分の望んだこととは反対の波動に

なってしまうそうですね。

 

波動的に望まない方向に進めてしまった勢いを

言葉や行動やアファーメーションによって

反対に向かせようとしても無理なんだってね。

 

一生懸命に逆らうような感情で

言葉やアファーメーションを唱えても

効かないんだってね。

鉄砲を逆発射しているようなものだ

エイブラハムが言っているね。

 

もちろんエイブラハムも

アファーメーションは素晴らしいと思う

言っているけれども

アファーメーションを唱える前には

まず素晴らしい気持ちになるべきだ

と言っているね。

 

なぜなら宇宙はあなたの言ったことを聞くのではなくて

あなたの意味することを聞くのだから

と言っているね。

 

自分がどう感じているかという感情

あなたの意味することになる

と言っているね。

 

だから体が弱いと感じている人が

「私は強い!」と大声で叫んでも

宇宙は「自分が感じていないことを要求している」

という波動を受け取るだけなんだってね。

 

つまり「要求する」とか「必要だ」という状態を

更に引き寄せてしまうのね。

 

そしてエイブラハムは

人間は何かを得るために

もがいたり苦しんだりしないといけないと

思っているけれども

引き寄せの法則というものは

一番抵抗が少ない道(path of least resistance)を選ぶ

と言っているね。

 

私達は誰もが源とつながっていて

その源の延長が私達なのだから

安心感、気軽さ、気楽さ(ease)というものが

必ず常に感じられるものなんだってね。

幸せとか楽しさということよね。

 

でも自分は源の延長線上にいるんだと

もがいて宣言すればするほど

その道から外れてしまったりするから

それよりは昼寝でもしたほうがいいよって

エイブラハムは言っているね。

 

やっぱりまずはリラックスなのね。

寝て、考えを一度静めて

目覚めたときのやりやすい点から

もう一度勢いを少しずつつけて行ったほうが

いいみたいね。

 

もう車が丘の下まで暴走してしまっている状態のときは

いっそ寝て静かになったほうがいいのね。

 

エイブラハムがよく言う「頭を冷やしなよ。(Chill out.)」

というのもそういうことなのね。

 

今日の動画は盛り沢山の内容でしたね。

これで今年の投稿は終わります。

皆様良いお年をお迎え下さいませ。

私はこの記事を予約投稿して行くので

この記事が投稿される頃には旅行に行っています。

マカオで年を越して来ますね~

 

皆様、今年はお逢いできて本当にうれしかったです。

いつも読んで下さって本当に有難うございます。

皆様のお蔭でこのサイトは成り立っています。

本当に有難うございます。

この感謝の気持ちは言葉では言い表せません。

どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

みんな本当にありがとう!!

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です