引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 今の状況は必ず過去より良い:引き寄せの法則

今の状況は必ず過去より良い:引き寄せの法則

春景色

エイブラハムの言葉より:

「今現在どんなふうに感じていようとも

今の事柄というのは過去のことよりも

「もっと(more)」になったものであるから

過去よりも良いものなのだということを

受け入れる代わりに

過去にとどまっていたり

過去のことを恋しく思っていたり

過去の事柄を今のことに

悪い意味で比べているときがある。

 

現在が過去よりも良いものだというのは

すごく大きな意味を持つだろう?

でも時間の中を進んでいる人にとって

—みんなそうしているわけだが—

そして自分が意図的な創造者であり

意図的創造というのは

目的を持って考えているということだ

というのを理解している人にとっては

次のことを認めることが

大きな意味を持つ。

それは喜びに大変関係があることだが

今というのはどのように見えようとも

過去よりも良いものだ。

なぜならそれは「もっと(more)」

になったものだから。

 

もし今のことが過去よりも

良いものだという感じがしないのなら

—でもそれは本当に良いものなんだよ—

そしてもしあなたには今の状況が

以前より良いように感じられないなら

あなたは今おかしな

(screwy=ばかげた、気が変な)ふうに

フォーカスしているということになる。

その意味するところは

今すでにそうなっているあなたの姿の全体像に

フォーカスしていないということだ。」

If you hold back, if you long for the past,

or you compare something that was with

something that is in a negative way,

rather than accepting that ‘what is’ is more

and therefore better than what was,

no matter how it feels right now.

 

Now that’s big, isn’t it?

But for those of you who are moving through time,

and all of you are, for those of you who are understanding that

you are deliberate creators, and that deliberate creation means,

you’re thinking on purpose, for those deliberate creators:

a big piece for you in your joy factor will be in accepting that now,

no matter what it looks like, is better than what was,

because it’s more.

 

And if it doesn’t feel better than what was — here it is; it’s really good —

If what is right now doesn’t feel better to you than what was,

then you’re focused right now in a screwy way.

Meaning, you’re not focused into the fullness of all that you’ve become.

上記の英文は少し文章が

完了していないところもあったので

わかりやすく意訳している部分もあることを

ご了承下さいね。

 

なんか今回の言葉は長くて

わかりにくかったかもしれないけど

とにかく現在は過去よりいいものなんだ

ということよね。

 

なぜなら今というのは過去よりも

更に増えて大きくなったものだから

なんだってね。

 

例えば失恋した人が

その人を知らなかった過去の方が

幸せだったと思ったとする。

 

何も知らなかったときの方が

幸せだったと思ったとする。

 

でもエイブラハムは

何かを知って願望ができたということは

宇宙の源では

それがすでに実現されているわけだから

いい感情を持つことによってそこに行けば

以前より良い状態になれる

教えているよね。

 

失恋してもそれによって

もっといいパートナーが

すでに創造されていて

良い感情で過ごせば

それが現実に起こって来るってことよね。

 

次のように思ったことはあるかな?

成就しなかった恋や

離婚してしまった結婚や

破れた夢に意味はあるのか?

 

そういう経験はなかったほうが

良かったんじゃないか?

 

誰もがそんなふうに思ったことが

一度や二度はあるかもしれないけど

そんなことはないんだってね~

だって次にはもっといいものが

創造されたからね。

 

同じパートナーとでさえ

ケンカしてしまって

関係がこじれたように見えていても

そこで感謝や暖かい気持ちを持てば

以前より更に仲良くなれるという

図式ができ上がっているのよね。

 

そういう全体像に

フォーカスできるかどうか

鍵のようですね。

 

これはコントラスト(対照・正反対のもの)

話にも似ていると思います。

(コントラストについての

以前の記事もご参考にどうぞ。)

 

願望が生まれて

それが叶っていない状態は

ある意味苦しいと

感じるかもしれないけれど

新しく何かが創造されたことを喜んで

その新しい世界に行こう!

って思ったら

絶対以前よりいい世界に行けるよね。

 

今のほうが全ての面で

過去より「もっと」になっているから

表面的にはどう見えていようとも

絶対今の方が良いものなのよね。

 

自分が今「なった」もの

つまり宇宙の源では

すでに実現されているもの

にフォーカスすれば

この人生の完璧さが見えてくるよね。

それが自分の全体像ってことなのよね。

 

こういうことを知っているかどうかが

時間と共に生きる私達の

喜びというものに

大きな影響を与えるのね。

 

この事実だけは忘れないように

私もいつも覚えておくね。

 

そして世の中のお年寄りも

絶対今日の方が昨日よりいいんだって

わかったらいいね。

 

私達は良くなり続けるんだから

喜びも増え続けるわけですね。

 

成長する喜び以上のものって

あるのかなあ~って思うね。 😛

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *