引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 政府や神が法を統一することはできない?

政府や神が法を統一することはできない?

国会議事堂

エイブラハムの言葉より:

「あなた達が政府に法律を統一してほしいとか

神に法を統一してほしいとか

誰かから皆に一つのまとまった規則を与えてほしい

というようなことを願ったとしても

それは決して起こらない。

あなた達一人一人はそれぞれに

自分自身の波動上でのバランス(安定したポイント)を

探し求めている。

そしてそれを見つけたとき

あなたはあらゆる種類の異なったビリーフ(信じていること)を

歓迎するようになる。

なぜならあなたはもう決してそのビリーフによって

自分の望まない所に連れて行かれるのではないかと

恐れることがなくなるからだ。」

Even though you would like your government to orchestrate the laws

or God to orchestrate the law 

or somebody to give everybody one set of rules,

it’s not ever going to happen.

Each one of you, individually, are seeking your own vibrational balance,

and when you find it, then you will welcome all kinds of different beliefs,

because you will never fear that the belief will take you someplace

that you don’t want to be.

上記のエイブラハムの言葉の中で

「なぜならあなたはもう決してそのビリーフによって

自分の望まない所に連れて行かれるのではないかと

恐れることがなくなるからだ。」

というのは比喩的な表現で

簡単に言えば

「他人の信じていることが

自分に影響を与えることはないとわかる」

という意味よね。

 

エイブラハムはビュッフェという喩え話をしたことがあって

ビュッフェのテーブルには様々な料理が並べられているけど

自分の好きなものだけ取るよね?

 

そして他人が何を取ろうと

自分には関係ないよね?

 

そして他人のチョイスを

歓迎して見ているよね?

 

実は私達の波動もそれと同じなんだって。

世の中には様々な物事や

ビリーフがあるわけだけど

自分の波動に取り入れるのは

その人のフォーカス(目を向けること)によって

選択したものだけなんだってね。

 

要は自分の好きなものだけ

自分のお皿に取ればいいってことなのよね。

 

そうやって自分も自由で

他人も自由だってことがわかれば

他人の選択も自然に尊重するし

他人の選択は自分には

影響を及ぼさないってわかるよね。

なんてったって違うお皿なんだから。 😛

 

エイブラハムは

全員が好きな食べ物はオリーブしかないという理由で

ビュッフェにオリーブしかなかったらどうする?って

言ってたよ。

 

同じように全員が好きな車の色は黒しかないからって

世の中の車が全部黒だったらどうする?って

言ってたよ。

笑ってしまったワ。 😀

 

そういう喩え話で考えたらおかしいことを

私達は日常で真面目な顔して

やろうとしてしまっているよね。

これから気をつけよう~っと。 😛

 

(英語の引用文の著作権はAbraham-Hicks Publicationsにあります。日本語は私が訳しました。)

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *