引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 香港では車が優先?ランチタイムは何時?ミニバスの乗り方は?

香港では車が優先?ランチタイムは何時?ミニバスの乗り方は?

香港の旗
Pocket

香港生活で困らないために

日本の人がおそらく知らない役に立つ情報

いくつかご紹介しますね。

 

香港では歩行者より車が優先

香港では日本と違って

歩行者よりも車が優先です。

 

車は止まってくれないので

ちゃんと車が通りすぎるのを待ってから

安全を確認して道を渡ります。

 

香港では、日本のように

車が左折する信号

横断歩道の信号

同時に青になることはないので

横断歩道を渡るときに車が来ていないか

確認をする必要は基本的にないです。

 

とは言ってもやはり

車が優先だということをいつも頭に入れて

車が左右から来ていないか

一応は確認したほうがいいと思います。

 

車が信号無視をしたとかいう場合は別ですが

車が止まってくれると思って歩いていて

はねられても歩行者が悪いので

あまり保険も出ないそうです。

 

ところで英語圏と同じように

香港でも青信号のことは緑と呼びます。

 

日本でも信号の色自体は緑色なのに

それをなぜ青と呼ぶのか

外国人からは不思議がられますが

日本語では昔

緑色も青と呼んでいたそうですね。

 

緑色の葉っぱでも青葉と呼んだりするのと

同じですね。

熟れていない果物も「まだ青い」と言いますしね。

本当に青色の果物というのはないですけどね。(^^)

 

話が雑学に行っておりますが・・・

ちなみに香港もイギリス式なので

イギリスやオーストラリアなどと同じように

車は右ハンドルで左側通行です。

これは日本と同じで、日本人には便利ですね。

 

香港のランチタイムは午後1時から

香港の学校でも会社でも

ランチタイムは普通午後1時からです。

 

日本のように午後12時から1時がランチタイムだと思って

仕事のアポイントを

「午後1時からお願いします。」と言ったりすると

この人はランチをいっしょにしたいんだと思われます。

 

午後1時から2時までは

普通どこの会社でもランチタイムで

社員も外出していたりしますから

やはり会社訪問は午後2時以降がいいですね。

 

ちなみにディナータイムは午後7時からというのが

一般的なので、レストランなども

午後6時から夜の部は開店する

というところが多いです。

 

午後7時ぐらいからはレストランが混むので

開店後すぐの午後6時頃から行くと席も取りやすいですが

午後6時前はまだお店に入れてくれないことが多いので

気をつける必要があります。

もちろん予約を取るのがベストですけどね。 😉

 

ミニバスには立って乗ってはいけない

小巴(スィウバー)と呼ばれるミニバス

16人乗りぐらいの小さなバスですが

これには立っては乗れません。

 

なので席がなかったら次のミニバスを待ちます。

席がないと運転手さんが乗る前に

「席がないよ~」と教えてくれます。

 

あるいはあと2人とか3人とか

具体的な席数を教えてくれます。

 

運転手さんが

後ろのほうの席が空いているか見えないときには

後ろのほうの乗客に

「まだ席あるかー?」

と聞いたりして、みんなも

「1個あるよ~」とか

「ないよ~」とか言っています。

やっぱり香港は下町のノリです。

 

ということで

国が違うといろいろと知らない習慣もありますが

香港生活に日本人は比較的すぐに慣れるので

これからお仕事などでいらっしゃる方は

楽しみに香港生活を始めて下さいね!

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です