引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 夢の中の不思議な部屋で何色のドアから出る?

夢の中の不思議な部屋で何色のドアから出る?

何色のドア
Pocket

新潟県のBSNラジオで

新潟青陵大学大学院教授の碓井真史(うすいまふみ)先生

おもしろい心理テストをしていたのでご紹介します。

 

BSNラジオは新潟近辺でしか聴けませんが

FeBe(フィービー)というオーディオブック配信サービスがあって

そこでそのラジオ番組の録音を購入しました。

値段は1話につきたったの108円です。

 

碓井真史先生は本当に明るい方で

教授というより学生の仲間みたいな方です。

私は1度聴いただけで大ファンになりました。

 

ここではその内容をダイジェストにお伝えしますが

ラジオの音源をネット上で購入して

明るい碓井先生の詳しいトークを聴くのもオススメです!

それでは本題に・・・

 

あなたは夢の中で不思議な部屋にいます。

出口は色の違う4つのドア。

さあ、あなたは何色のドアから出ますか。

次の4つの中から選んで下さい。

(1)赤

(2)青

(3)緑

(4)茶色

 

これはもう完全にフィーリングですね。

パッと思いついたものを選んだらいいそうです。

 

私はまあ、この中だったら赤だと思いました。

何となく明るい色だと思いました。

 

さて、これで何がわかるのでしょうか?

これで今年のあなたの気持ちと

注意点がわかるそうです!

(ちなみにこのラジオ番組は

2012年1月7日に放送されました。)

 

(1)赤を選んだ人

 

情熱の色、赤を思い浮かべた人は

とても前向きで積極的だそうです。

ただし、前向きで積極的でやる気がある人は

けっこうおだてに弱いそうです。

「OOさん、素晴らしいー!」などと言われると

「いやー、そうですか~?じゃあ、これも下さい!」

と乗せられやすいそうです。

また、けっこう熱しやすく冷めやすいところがあり

飽きっぽいそうです。

新年早々分厚い日記帳を買って来て

「よし、今年は日記をつけるぞー!」

と言っていても

3日で終わり・・・ということもあるそうです。

なので、飽きっぽい点に注意して下さいとのことです。

 

(2)青を選んだ人

 

青は理性的な色だそうで

これを選んだ人は

落ち着いていて穏やかだそうです。

でもこのタイプの人は

自分でしっかり考えるので

「私はこう思う!」

「オレはこういう考えだな。」

というのがあって

他の人が何か言っても

「でもこれはこうでこうで違うでしょ?」

と思いやすいそうです。

なので、考え方の違う人とも

うまくやっていきましょう

という碓井先生からのお言葉がありました。

考え方の違う人と出会ったときに

腹が立ったり悲しくなったりするのか

「あー、なるほど!

そういう考え方や感じ方もあるんだね~。」

というふうに発見した!と思えるかが

大きく違いを生むそうです。

 

(3)緑 を選んだ人

 

緑を選んだ人は

人間関係を大切にする人だそうです。

とても親切で

みんなと仲良くできる人だそうです。

でも時には1人でゆっくり休むことも

必要だそうです。

緑は平和の色だそうで

これを選んだ人は

周りにけっこう気を遣うそうです。

なので、誰もいない大浴場に

1人でゆっくり入って

泳いじゃう~みたいなことをするのも

いいそうです。

 

(4)茶色を選んだ人

 

ドアの色で茶色というのは常識的ですし

茶色は落ち着きを表す色だそうで

これを選んだ人は

今年も真面目にしっかり生きよう!

と思っている人だそうです。

でも今年はちょっと新しいことに

チャレンジしてみるのもいいかもしれません

とのことです。

普段から地道にコツコツ生きている人なので

ちょっと冒険してみるのもいいかもしれません

という碓井先生からのお言葉がありました。

 

いかがでしたでしょうか。

今の心の状態がわかっておもしろかったですね。

今回ご紹介したBSNラジオの音源は以下の通りです。

書影

碓井先生の歌声や笑い声も満載です。

「聴くだけで元気になる薬」と私は呼んでいます。

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *