引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 斎藤一人さんは超常現象を信じる?斎藤一人さんの精神論

斎藤一人さんは超常現象を信じる?斎藤一人さんの精神論

超常現象

斎藤一人さんは生涯納税額日本一の

ビッグな商人(あきんど)ですね。

 

斎藤一人さんは精神論やスピリチュアル系のことをどう見ているのでしょうか。

斎藤一人さんは超常現象や物質化現象などを

信じるのでしょうか?

 

一人さんは小さい頃

夜寝ていると頭の上に光の玉が出て来て

その光の玉にいろいろなことを質問すると

すべて答えてくれたと言います。

 

そして一人さんは、この光の玉が

みんなに出て来るものだと思っていたそうです。

 

でも大人になるにつれて

それはみんなに出て来るものじゃない

更にこの話は誰にもしないほうがいいらしい

と思うようになったそうです。

 

そんな話を聞いていたので

私は斎藤一人さんは

精神論というかスピリチュアル系の話というか

超常現象みたいなものを

高く評価する人なのかなと思っていました。

 

でもそういうわけではないようです。

 

斎藤一人さんは超常現象を認めない?

よく外国に行くと、物質化現象と言って

手から宝石や粉などを出す人がいますが

一人さんはあまりそういうものを認めないそうです。

 

というか、もし仮にそれが本当であったとしても

その人達は3度の食事を

手から出すことはできないよね?

と一人さんは言います。

 

それを超能力なんてまったくない

手品もできない

手からは汗ぐらいしか出ない人から

寄付をもらって生きているというのは

どういうことなんでしょう?

と一人さんは言います。

 

電話、郵便屋さん、漁師、お百姓さん、サラリーマンのすごさ

物質化現象が仮に本当にできる人でも

3度3度の食事に

普通の人が額に汗かきながら耕した

田んぼで穫れたお米を食べている

漁師さんが必死になって

海で捕って来てくれた魚を食べている

と一人さんは言います。

 

北海道と九州にいる超能力者が

「あ」とか「う」とか「え」とか

相手が言ったことを当てられたとしても

電話みたいに長い会話ができるのでしょうか

 

郵便屋さんが雨の日も風の日も雪の日も

百発百中で手紙を届けてくれるのと同じように

百発百中で長文を正確に伝えられるのでしょうか

と一人さんは言います。

 

電話局の人や郵便屋さんや

前を歩いているおじちゃんや

黙々とお米を作っているおばちゃんのほうが

よっぽどすごい!と一人さんは言います。

 

そういうすごさがわかるのが

斎藤一人さんの精神論だそうです。

 

みんな本当はすごいのに

変わったことができる人にばっかり目が行くのは

一人さんの精神論じゃないそうです。

 

東大の学長はすごいと言っても

そのすごいと言われる人でも

お百姓さんに食べさせてもらっている。

そういう周りのみんながいなかったら餓え死にする。

「みんなに寄ってたかって食わせてもらっているんだよ。」

と一人さんは言います。

誰もがみんな必要な人なんだそうです。

 

物質化現象だか手品だかわからないけれど

「手からこうやってなんか出して、みんなをびっくりさせて

寄付もらってんじゃないよ。」

と一人さんが言ったときは笑っちゃいました。

いいぞ、いいぞ~!って思いました。

 

サラリーマンで、超能力なんて全くない人が

子供2人を私立の学校に行かせる。

裸で行かせるわけにいかないから

ちゃんと洋服も買って着せて学校に行かせる。

 

これがすごいことだ

何もできない人がやるのがすごいことだ

と一人さんは言います。

本当にそうですね!

 

必要な物や欲しい物があったら

呪文か何かを唱えて出すんじゃなくて

ローンを組んだり大変な思いをして買っている。

それがすごい!と一人さんは言います。

 

サラ金に借りて最後は自己破産した

なんていうんじゃなくて、ちゃんとやった人が

今のお年寄りの中にはいっぱいいるんですよ

と一人さんは言います。

 

目の前の道路だって

何もできない人がえっちらおっちら作ってくれたんだよって。

確かにその通りです。

 

「電話よりすごい超能力があれば

見せてもらいたいよ、ほんとに。」

なんて一人さんは言っていました。 😛

 

おしりが床から10センチ上がったとかで騒いでいるけど

航空会社の人が何百人乗せて空を飛ぶほうが

よっぽどすごい!って。

あの人達は一生懸命働いているんだよって

一人さんが言っていました。

本当にそうですね!

 

斎藤一人さんの精神論

みんなが頑張って働いている。

そういう普通のことにすごさを感じるのが

一人さんの精神論だそうです。

 

そうしたら周りじゅうがすごい人だらけになって

みんなですごいねって言い合って

みんなみんなが嬉しくなるそうです。

 

いい話ですね~

斎藤一人さんは本当に

目のつけ処が違うな~と思いました。

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボットではない証明に計算式にお答え下さい *