引き寄せの法則・エイブラハム|香港在住

引き寄せの法則・エイブラハムなどについて英語の動画や本の内容を和訳してご紹介しています。お勧め記事は『ジェリー・ヒックスさんの死は間違いだったのか』『バシャールによるパラレルリアリティの説明』『男女が別れる時はなぜ辛いのか』『生死のプロセス|もう二度と生まれ変わらない方法』『ベジタリアンは動物を救っているのか』『人間は動物として生まれ変わるのか』『ネガティブな考えを過去に百万回持ったらどうなる?』『愛を間違えた所で探すとどうなる?』など多数です。

Home » 若返りの秘伝!玉ねぎの超簡単で超効果的な食べ方

若返りの秘伝!玉ねぎの超簡単で超効果的な食べ方

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎを食べると血管が開いて若返るそうですね。

要は血のめぐりがよくなれば若返る!

 

さらに玉ねぎは血液をきれいにして

さらさらにしてくれるそうですね。

 

斎藤一人さんも病気一元論ということで

さらさらしたきれいな血が体全体にめぐれば

すべての病気は治るとおっしゃっています。

 

玉ねぎを食べて高血圧が下がったという方も

続出していますよね。

 

でも毎日半分~1個食べないといけないそうで

それはちょっと多いなあ・・・

 

そこで・・・(ドラムロール鳴らしてね。)

 

少量で効果バツグンの玉ねぎの食べ方をご紹介します!

それも超簡単なんです!

(1)玉ねぎの茶色の皮をむく。

(根は短くていいので必ずつけたままにしておいて下さい。)

(2)白いまま、丸ごと戸外に7~10日間放置しておく。

 

えっ、それだけ!?

そうです!

これだけで永遠の若さが手に入る!

 

玉ねぎは茶色の皮をむいたらもう腐らないそうです。

だから戸外に10日間も放っておいても大丈夫。

 

それに直射日光に当てるとか気にしなくてよくて

雨が降ってもなんでもよくて

そのまま家の外にごろんと放っておくだけでいいそうです。

 

そうすると栄養価(ケルセチンの量)が4倍以上に増えるので

毎日8分の1から4分の1食べれば充分。

 

玉ねぎの根は短くていいのでつけたままにしておくと

玉ねぎはケルセチンを作り続けることができるそうです。

 

私みたいにめんどくさがりやで

「毎日食べないとしても

どうせ食べるなら栄養価が高いほうがいい!」

と思う方にもぜひおすすめの食べ方ですね。

 

私もやってみたら本当に腐らなくてびっくり!

食べたら味も水分も普通の玉ねぎでした

 

秘伝の若返り法は

「玉ねぎを買ってきたら皮をむいて

ごろんと外に出しておく」

だったんですね。

なんだ、そんな簡単なことだったのか~

 

秘伝の若返り法だなんて

大げさに聞こえるかもしれませんが

心筋梗塞や脳梗塞で、病院でもらう薬ありますよね?

 

あれは血管を2パーセント広げるそうです。

玉ねぎは1.6パーセント広げるんです。

(16じゃないですよ。1点6ですよ。)

だから自然なのに薬に匹敵するんです!

 

そして、健康なうちから食べておけば

病気にならないどころか若返るんです!

血の循環バツグンですもんね。

 

この貴重な情報は日野堅也さんという

滋賀県で自然食品のお店をされている方を

ネット上で見つけて知りました。

 

健康についてのお話を山のようにされています。

ご興味ある方はぜひ検索してみてください。

 

ということで、今日のキャッチフレーズは

「玉ねぎ食べてメルモちゃん!」でした。

 

これがわかるためには

Dr. スランプアラレちゃんの「梅干し食べてスッパマン!」と

メルモちゃんの「赤いキャンディー、青いキャンディー知ってるかい?」が

わからないといけないという

それはそれは高いハードルがあります。

英語で言うとジェネレーションギャップってやつですね。 😉

Name of author

Name: メアリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です